匂いだけでタイの風景が浮かんでくる…!今日のレシピは「アサリとトマトのカレー」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「アサリとトマトのカレー」!青唐辛子や生姜、ナンプラーやパクチーを使ってタイ風のカレーに仕上げました。エビやココナッツミルクを使った本格派も良いですが、アサリとトマトがあるときはこちらの簡単レシピ、ぜひお試しください! (表参道のグルメタイ料理

匂いだけでタイの風景が浮かんでくる…!今日のレシピは「アサリとトマトのカレー」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20170711125616j:plain

 

今回の料理:アサリとトマトのカレー

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

タイの風景が浮かぶ

枝元 アサリを使った料理はみそ汁やボンゴレなどが多いですが、今回はタイ風のカレーです。

西原 いかにもタイ料理っていう匂いがもう漂っています。

枝元 アサリとトマトだけだとボリュームがないので、エリンギで増量します。今回は青唐辛子ですけど、赤唐辛子でもオーケー。パクチーもぜひ。皆さん根っこの部分を捨てるんですけど、ここを使わにゃもったいない!

西原 「朝鮮ニンジンみたいなエキスが入っている」とうわさを流せばもっとみんな大事にするかも。ものすごくパワーが出そう。

枝元 フライパンに油を入れ、少し多めのショウガを熱します。ここで少し時間をかけます。

西原 中華料理もこの時間でおいしくなりますよね。ショウガの香りをじっくり油に染み込ませると、八宝菜やカニを炒めたのが驚くほどおいしくなる。

枝元 ショウガの甘い香りがしてきたらパクチーの刻んだ根っこと唐辛子を入れ、エリンギとみじん切りしたタマネギも入れてなじんだら、カレー粉を。そして殻をこすり合わせて洗ったアサリを投入!

西原 ああ、エダモンがタイ食堂のおばちゃんみたい。

枝元 わっはっは。煮立ったら一口大に切ったトマトとナンプラー、レモン汁を入れ味を調え、完成です。

西原 タイの風景が目に浮かび、労働意欲を一気になくした……。今日はもうこれで終了ですね。

枝元 ビール持ってこーい。

西原 ああ飲んじゃう飲んじゃう。スープカレーだからビールのように飲めてしまいますね。アサリもおいしすぎるなあ。

枝元 まるで汁かけ飯。サラサラしていて茶漬けみたいですね。

西原 タイだとこれにそうめんみたいなのが入ってますよね。

枝元 いいですね、そうめん。アサリの代わりに鶏や豚肉でも。

西原 夏は小麦粉が入ったモッチリした市販のカレールーって嫌ね。こういう大人のカレーがいいですね。

 

【構成・矢澤秀範、写真・内藤絵美、渡部直樹】

 

 

アサリとトマトのカレー

f:id:g-gourmedia:20170711130125j:plain

材料(4人分)大は大さじ 小は小さじ

  • アサリ   400グラム(砂出ししたもの)
  • エリンギ  2本
  • タマネギ  1/2個
  • 青唐辛子  2本
  • ショウガ  1/2かけ
  • パクチー  適量
  • カレー粉大 1と1/2
  • A(トマト大3個分、ナンプラー大1と1/2、レモン汁小2、おろしニンニク小1)
  • 油     大2

作り方

  1. ショウガは千切り、パクチーは根と茎を刻む。
  2. 油にショウガを入れて熱し、パクチーと唐辛子、一口大に切ったエリンギ、みじん切りのタマネギを入れて炒める。
  3. 2.がなじんだらカレー粉を振り、水2カップとアサリを入れ強火にする。
  4. 煮立ったらAを入れてさっと煮る。

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売中!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る