水ナスがこんないい働きをする生き物だとは!「水ナスとアボカドとタコのカルパッチョ」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「水ナスとアボカドとタコのカルパッチョ」。火は使いません。切って並べるだけ!水ナスがアボカドの油やタコの塩分を中和してくれて、すごくおいしいのでぜひお試しを!(池袋のグルメイタリアン

水ナスがこんないい働きをする生き物だとは!「水ナスとアボカドとタコのカルパッチョ」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20170704120938j:plain

 

今回の料理:水ナスとアボカドとタコのカルパッチョ

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

切って並べるだけ

枝元 水ナスはさっぱりと塩やだしで食べると思いますが、ジャーーン!! 今回は火を使わずに並べるだけです。

西原 アボカドは日本の食卓でよく見るようになりましたね。昔はどこか遠いよその国の食べ物って感じだったんですけど。

枝元 森のバターと言われますね。

西原 今はうちでも常備菜。酒飲んでる最中、これにマヨネーズをつけてムチャムチャ食べる。もうドレッシングも何も面倒臭いんですよ。

枝元 切った水ナスとアボカドは変色しないようレモンを搾ります。

西原 そうしないと、食べているうちにどんどん色が変わる。飲みながら「誰に断ってんねん」ってアボカド相手にけんかしちゃいます。

枝元 西原さんと話していると、どうしても夜中に食べる話になるのは何でなんだろう。

西原 その前に寝なきゃいけないんですよね。夜中に急におなかが減るまで起きてちゃいけないんですよ。

枝元 私もこういう仕事ですから、撮影が夕方に終わった時点で味見しているからおなかがいっぱい。夕飯を正しい時間に食べられないんです。おなかが減るのは夜10時とか。

西原 そんな時に竹輪や糸コンニャクや豆腐、アボカドを食べて寝る。

枝元 ゴマをつまんだりね。でも、そんなに気遣っているはずなのに痩せないでしょ。

西原 この体形が直らないのは、十分に食べているってこと。「ダイエットは簡単な足し算と引き算」と言われます。食べないのに太るのはあり得ないことなんです。

枝元 わっはっは。どうしてその簡単な計算ができないんだろう。さて、タコも切ったら、後は好きなように皿に並べます。シソを乗せて塩とオリーブ油、コショウをかけておしまい。水ナスが果物みたい。

西原 アボカドの油やタコの塩分を中和しています。水ナスは油をよく吸う高分子吸収体でできている。こんないい働きをする生き物だとは思わなかった。水ナス君、ごめんよー。

枝元 すごくおいしい。切って並べておしゃれな一品です。

 

【構成・矢澤秀範、写真・渡部直樹】

 

 

水ナスとアボカドとタコのカルパッチョ

f:id:g-gourmedia:20170704121219j:plain

材料(4人分)

  • 水ナス        1個
  • アボカド       1個
  • ゆでダコ       120グラム
  • レモン        1/2個
  • シソ         5枚
  • 塩・粗びき黒コショウ 各適量
  • オリーブ       油大さじ2

作り方

  1. 水ナスは縦に半分に切り、5ミリ幅の薄切りにする。アボカドも縦に半分に切ってから皮をむき、5ミリ幅の薄切りにする。それぞれにレモン汁をまぶす。タコは薄くそぎ切りにする。
  2. 1.を水ナス2枚、アボカド・タコ各1枚くらいの割合で好きなように皿に並べる。
  3. 細切りにしたシソを乗せ、塩、オリーブ油(またはサンショウ油)、コショウをかけて完成。

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売中!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る