豚でカツでニンニク、この間違いない黄金トリオ!本日のレシピは「ニンニクトンカツ」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「ニンニクトンカツ」。豚肩ロースの間に薄切りしたニンニクをはさみ、しっかりと揚げることで旬のニンニクの美味しさを楽しめるレシピです。月曜日にこの臭いさせると、満員電車でにらまれるので、金曜か土曜に食べましょう!(吉祥寺のグルメとんかつ

豚でカツでニンニク、この間違いない黄金トリオ!本日のレシピは「ニンニクトンカツ」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20170620110952j:plain

 

今回の料理:ニンニクトンカツ

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

幸せの揚げる音がする

枝元 まな板に小麦粉をふり、1人分約100グラムの豚薄切り肉をパックから出したままの状態で置きます。肉と肉の間に、薄切りにしたニンニクをみっちりと挟んでいきます。

西原 カツオのタタキの国の人間なので、ニンニクはいくら食べてもいいという文化で育ちました。おしゃれな国はこれがアーモンドナッツですけど、うちは違うよ、みたいな。

枝元 ははは。気持ちはおしゃれなままでいきましょう。ニンニクはしっかり火を通してね。フライパンの油に菜箸を入れて気泡が出たら衣をつけた肉を入れましょう。固まってくるまでは動かさないでね。

西原 ああ、幸せの揚げる音がする。おなかすかせて帰宅したときに揚げ物しているといいよね。

枝元 しかもニンニクでね。豚肉は脇役。おいしくニンニクを食べるためのだしです。昔、居候していたことがあるんですが、そこに中学生の男の子がいたの。その子がおなかすかせてご飯作ったんですけど「俺ミートソース作った。だしに肉を使ってみた」って。超かわいい!

西原 確かにだしに肉はいるね。

枝元 「だしに肉入れてみたんだよ」って。お母さんも大胆だから、弁当の白飯の上にハンバーグ置いたりしてね。それすごくないですか?

西原 男の子はそれくらいのほうが喜びますからね。

枝元 その子を思い出すと(西原さんの息子の)雁治君と似ているなあって。さて、肉の縁が色付いてきたら裏返します。揚がったらざくざく切ります。すごいニンニクの香り。

西原 ニンニクが豚肉に入ったサシみたい。まるでトロ。トロカツです。

枝元 へへへ。このニンニクのたっぷりなところ、いかがでしょう。

西原 おいしいですね。何も言うことない。子どもやお父さんに食べさせる時は土曜日にして。月曜日にこの臭いさせると、満員電車でにらまれます。

枝元 ニンニクの甘みもすごい。ちょうど今、旬な時期ですね。

西原 皆さん、旬のニンニクをおいしくいただきましょう。

 

【構成・矢澤秀範、写真・内藤絵美、渡部直樹】

 

 

ニンニクトンカツ

f:id:g-gourmedia:20170620112007j:plain

材料(2人分)

  • 豚肩ロース肉(薄切り)   200グラム
  • ニンニク          3片
  • 塩・コショウ        各少々
  • 小麦粉・溶き卵・パン粉・油 各適量

作り方

  1. まな板に小麦粉をふり、豚肩ロース肉をパックから出したままの状態で置く。
  2. 肉の間に薄切りしたニンニクを挟み、塩とコショウをして小麦粉をふり、溶き卵、パン粉の順に付け、片面3分ずつ中温の油で揚げる。
  3. 食べやすい大きさに切り、皿に盛る。千切りキャベツなどの野菜(分量外)を添える。

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売決定!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る