ネバネバが豚の脂で完全生命体に変身!本日のレシピは「ツルムラサキ炒め」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「ツルムラサキ炒め」。ネバネバがたまらない、近年人気上昇中のお野菜です。人気のレシピはおひたしやナムル、スープで、ベーコンとの相性は抜群です。本日は人気1位クラス、「炒め」のレシピです!ぜひお試しを!(表参道・青山のグルメ中華)

ネバネバが豚の脂で完全生命体に変身!本日のレシピは「ツルムラサキ炒め」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20170613154148j:plain

 

今回の料理:ツルムラサキ炒め

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

脂でテカテカに

西原 うちのばあちゃん、ツルムラサキ大好き。でも、ゆでてからゴマポン酢をあえるだけで、炒めたことはなかった。

枝元 炒めるとおいしいですよ。

西原 納豆みたいにねばーってならない?

枝元 ゆでる方が糸を引く。粘りが出やすいのかもしれない。私、この土臭い香りが本当に好き。もし茎が太かったら、縦半分に切ってください。軟らかいんですけどね。

西原 もう糸引いてますよ、奥さん。ねばねばっ。

枝元 最近、ツルムラサキの粘りけが減ったような気がするんですけど。あっさりした性格に変わろうとしているのかな?

西原 皆にこびているのかもしれない。このツル草野郎め!

枝元 お肉は何にしようか迷いましたが、パンチがあるツルムラサキには豚のバラ肉が合うかと。

西原 半分が脂でございます。本当によい脂ですね。

枝元 そう。あとはニンニクとショウガのみじん切り。材料以上!

西原 私と枝元さんがニンニクとショウガを封じ込められたら、どうやって料理しましょうね。

枝元 生でかじりつくしかない。フライパンにひく油は少なめで。

西原 少なめとは珍しい。

枝元 豚肉からいっぱい出るので。まずニンニク、ショウガを熱しますが、今回は豚肉を同時に入れます。

西原 ああ、いい匂い。

枝元 しばらく豚肉から脂が落ちるまで待ち、火が通ったら塩コショウをし、ツルムラサキを茎の方から入れます。豚の脂でテカテカに光ったツルムラサキ大好き。

西原 確かに青物ですから油で炒めるのが一番効率いい。

枝元 私、空心菜より好きかもしれない。癖はあるけどえぐみはあまりないんです。見て、このつやつや。

西原 まあ照りっ照り。

枝元 豚の脂をまとったツルムラサキが私を誘っている! うまみ出しと臭み取りで酒をふり、好みでトウバンジャン。最後にナンプラーを。

 

【構成・矢澤秀範、写真・内藤絵美、渡部直樹】

 

 

ツルムラサキ炒め

f:id:g-gourmedia:20170613154601j:plain

材料(2人分)大は大さじ 小は小さじ

  • ツルムラサキ         150グラム
  • 豚バラ薄切り肉        100グラム
  • ニンニク           小1かけ
  • ショウガ           1/2片
  • 塩・コショウ         各適量
  • 酒              大2
  • トウバンジャン        小1/2
  • ナンプラー(またはしょうゆ) 小1
  • サラダ油           少々

作り方

  1. ツルムラサキは5センチ幅に切り、太い軸は縦半分に。
  2. フライパンに油少々と、みじん切りにしたニンニクとショウガ、2~3等分の長さに切った豚肉を入れる。
  3. 肉の色が変わったら塩とコショウをし、1.のツルムラサキの茎を入れ、温まったら葉の部分を加えて炒め、酒をふる。
  4. つやが出たらトウバンジャン、ナンプラーを加えて混ぜる。

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売決定!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る