卵と油でとじたら何でもごちそう!「カニカマタマ」は見た目も味も完璧だぞ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「カニカマタマ」。そう、「かに玉」を「カニカマ」で作ったレシピというものです。酢もケチャップも使いませんが、味はばっちり。ふわっふわの卵とごま油の香りがたまらないご馳走です。お母さん、卵と油でとじれば何でもご馳走になりますよ!(有楽町のグルメ創作和食

卵と油でとじたら何でもごちそう!「カニカマタマ」は見た目も味も完璧だぞ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20170606093932j:plain

 

今回の料理:カニカマタマ

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

見た目ゴージャス

枝元 まず上にかける「銀あん」を作ります。小鍋に水と調味料、かたくり粉を入れて混ぜながら、とろみと透明感が出るまで3分ほど煮ます。卵も溶いておきます。

西原 いい卵。ぷりんぷりんです。

枝元 (6個は)ちょっと多いけど、4人分だからね。1人分は1.5個。明日の朝も食べよう。牛乳と塩を入れています。

西原 ゆっくり固まる?

枝元 はい。ゴマ油で野菜を炒め、カニカマ(カニ風味かまぼこ)を入れて卵を混ぜます。

西原 卵、すごい量ですね。

枝元 うふふ。油を入れてよく熱したら、卵液を入れて手早く仕上げますよ。

西原 いいぐちゅぐちゅだ。たまんないっすね。

枝元 ちょっと多かったかな。でも卵焼きとかさ、10個くらいいっぺんに作りません?

西原 お祭りですからね。景気よくいかないと。カニカマが本当のカニだったら、私、許しませんからね。偽物だから心置きなく許しているんです。タラバガニ、越前ガニは蒸してそのまま食べないともったいない。

枝元 カニカマ本物かと思うたわ。

西原 見た目、ゴージャスでいいですね。卵もふわっふわでね。食べ盛りのお子さんがいるお母さん、面倒臭くて昼飯に何でも残った物を卵でとじて出しちゃうという必殺技があります。うーん、おいしい。ゴマ油と卵は合いますね。

枝元 これ、甘酢でもいいですよね。

西原 とろみを付けたポン酢でもいいかも。魚肉ソーセージだと貧乏臭くなるけど、カニカマだといいね。

 

【構成・矢澤秀範、写真・根岸基弘】

 

 

カニカマタマ

f:id:g-gourmedia:20170606094619j:plain

材料(4人分)大は大さじ 小は小さじ

  • A(鶏ガラスープ小1、塩小1/3、水1カップ、かたくり粉大1と1/2)
  • カニカマ   150グラム
  • アスパラガス 5本
  • シイタケ   3枚
  • ネギ     6センチ
  • 卵      6個
  • B(牛乳大2、塩小1/2)
  • C(酒・薄口しょうゆ各適量)
  • ゴマ油    大3

作り方

  1. Aを煮て「銀あん」を作っておく。
  2. ボウルに卵を割り入れ、Bを混ぜる。
  3. ゴマ油をフライパンで熱し、刻んだ野菜とシイタケを炒めてCで調味し、カニカマも混ぜる。卵液を入れ半熟にまとめる。
  4. 器に盛りつけ1.をかける。

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売決定!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る