春のフキの苦いいい味を楽しむなら「フキと牛肉炒め」がちゃんとフキ味で旨いぞ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「フキと牛肉炒め」。フキの炒め物ならこれだ!という人気のレシピの下ごしらえや調理のコツも枝元さんがばっちり解説しています。(有楽町のグルメ創作和食

春のフキの苦いいい味を楽しむなら「フキと牛肉炒め」がちゃんとフキ味で旨いぞ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20170509131957j:plain

 

今回の料理:フキと牛肉炒め

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

春の味が生きている

枝元 まず、フキをゴロゴロッと傷に塩をなすりつけるように。手のひら全部で触らせていただきます。

西原 激しいセクハラ。執拗(しつよう)に。

枝元 筋が取れやすくなり、色もちょっと鮮やかになります。

西原 もんだなら?

枝元 お湯を沸かしておきました。

西原 湯攻めです。

枝元 えへへ、すげー攻めてる私。フキのことを愛しているからこそ。

西原 ひえー。

枝元 フライパンで3分を目安にゆでます。さっとゆでただけだとアクが残るんです。

西原 きれいな色ですこと。若いのね。

枝元 お主も青いのう。粗熱を取ったら冷たい水に。さあ、ここからが私とフキの至福の時間よ。ちょっとずつむきまして。良いではないか。お代官様、おやめください。あーれー。えへへ。シュッ。

西原 あー、半むけ。

枝元 いいじゃないですか、こういう趣味のフキのむきクラブ。

西原 フキむきクラブ。

枝元 この美しさ。今日はザクザクで。本当はこのまま食べたいんですが、サラダ(2014年3月17日掲載)はやったので汚します。

西原 春のフキの苦いいい味。このままでもいいね。この苦みが分かる年になったんだなあ。この色が体に悪いわけがない。

枝元 ゴマ油を熱したところに、あえるか添えるかぐらいに。

西原 こま肉をフライパンで加熱すると肉同士がくっつく問題、どうしたらいいんです? 本当に腹が立つんです。

枝元 すぐに動かすとくっつくんです。だからしばらく焼いて、色が変わったら混ぜる。

西原 私の悪い癖です。いじりすぎ。

枝元 最後にフキを失礼しまーす。さようなら青春時代! 火が通るとあっという間に色が抜けるんです。

西原 ああおいしそう。

枝元 あい、できました。フキと牛肉が出合いました。

西原 ちゃんとフキの味が生きている。炒めすぎないのがコツですね。

 

【構成・矢澤秀範、写真・根岸基弘】

 

 

フキと牛肉炒め

f:id:g-gourmedia:20170509132732j:plain

材料(2人分)大は大さじ 小は小さじ

  • フキ         1束(300グラム)
  • 牛こま肉       200グラム
  • A(さとう小1、酒・みりん・しょうゆ各大1と1/2)
  • B(コチュジャン小1、ニンニクのすりおろし小1と1/2)
  • 塩・ゴマ油・すりゴマ 各適量

作り方

  1. フキに塩をふり板ずりする。
  2. フキを3分ゆで、冷水にとって冷ます。皮の端を切って、引き下ろしてむく。3~4センチの長さに切る。
  3. フライパンにゴマ油を熱し、肉を入れる。肉の色が変わったらAを加える。しょうゆは火を弱めてから。Bを加え、つやが出たらフキを入れて軽く炒める。
  4. すりゴマを振りかける。

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売決定!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る