肉だ、肉だ!肉こそ正義だ!焼き肉の脂に包まれると、すべてがうまくなる【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「焼肉」。家で簡単にフライパンで作れる人気のレシピです。野菜はもやしをガッツリ使いましょう!しょうゆこうじ・酒・ゴマ油・コチュジャンを使ったタレも美味しいですよ。(表参道・青山のグルメ焼肉

肉だ、肉だ!肉こそ正義だ!焼き肉の脂に包まれると、すべてがうまくなる【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20170502112802j:plain

 

今回の料理:焼き肉

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

肉こそ正義だ!

西原 肉だ、肉だ!

枝元 まずは付け合わせのたっぷりモヤシから作っていきます。

西原 息子なら「この無礼者!」って叫んでいるな。

枝元 「俺の肉に何をする!」ってね。今日は男子にも食べてもらいやすいようにナムル風の味付けで。さっと鍋でゆでて、お湯を切ったら、鍋に戻して調味料とあえると温度が下がらないし、なじみやすいです。

西原 鶏ガラスープを入れるんだ。

枝元 隠し味に入れると男子ももりもり食べてくれるんですよ。男子はラーメン系の味、好きですよね。

西原 私はよくラーメンスープにモヤシ入れて麺かわりに食べますよ。家では「お母さん、ラー食べるから」って言っている。

枝元 あはは、ラーメンの麺抜きね。

西原 私の知り合いもね、キャベツの千切りで「キャベラー」やるって。豚骨ラーメンのお店で、豆腐入れてくれるところもあるらしいですよ。酔っ払いがよく頼むんだって。夜中にいい年した大人がラーメン食べると、次の日使えなくなるもんね。

枝元 野菜、偉い! でも、ああ、麺も好きなの~。お肉の味付けは、しょうゆこうじをベースにしました。保存瓶にこうじを入れて、2センチ上までしょうゆを注いで一晩寝かせて混ぜれば使えます。なければ、しょうゆとみりんで代用できます。

西原 すごい、しょうゆこうじって甘いんだ。

枝元 これだけでも十分においしいけど、お好みでコチュジャンなどを混ぜて。さあ、肉焼けた! 焼き肉って意外と手間いらずですよね。

西原 ほんと「10分おかず」ですね。面倒な日は肉に限る。

枝元 さあ、モヤシの上にどどんとのせて。モヤシ肉巻き、おいしいよ。

西原 「やめろー!」って息子の声が聞こえる。

枝元 ああ、うまい。

西原 幸せ。肉の脂に包まれると、すべてがうまくなる。

枝元 しょうゆこうじも偉いけど、肉の力も偉大だね。

西原 肉こそ正義!

 

【構成・中川聡子、写真・中村藍】

 

 

焼き肉

f:id:g-gourmedia:20170502112822j:plain

材料(4人分)大は大さじ 小は小さじ

  • 牛肉   400グラム
  • A(しょうゆこうじ・酒各大2~3、ゴマ油・ニンニクのすりおろし・コチュジャン各少々)
  • サラダ油 適量
  • もやし  2袋
  • B(ゴマ油大1/2、塩・ニンニクのすりおろし各小1/3、鶏ガラスープのもと小1/2)

作り方

  1. モヤシを1~2分ゆでて、Bをあえる。
  2. フライパンにサラダ油を引き、強火にかけ、肉を広げて入れる。肉のふちが色付いてきたら、裏返して端に寄せ、残りの肉を広げ入れて同様に焼く。Aを入れて、全体に味がからむように炒め合わせる。
  3. 1. に2. をのせ、お好みですりゴマを振って完成。 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売決定!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る