スナック菓子みたいにペロリ!これ売れるぞ!「豚モモのスティックフライ」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「豚モモのスティックフライ」。花見シーズンに重宝しそうな食べやすいトンカツです。スティック状にすると早く揚がるから肉が硬くならないし、ヘルシーで、良い点ばかり。軽いおやつ感覚で食べられちゃいますよ。(吉祥寺のグルメ串揚げ

スナック菓子みたいにペロリ!これ売れるぞ!「豚モモのスティックフライ」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20170313142701j:plain

 

今回の料理:豚モモのスティックフライ

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

糖質の誘惑

枝元 お花見シーズンもすぐそこ。コンビニでよく空揚げ売ってるでしょう。食べやすくてお総菜として売れるようなトンカツを考えました。

西原 私もこないだ800グラムも豚肩ロース肉買って、揚げまくったところですよ。1回でどっさり揚げないと、なんかもったいない気がして。

枝元 分かる、私も揚げ物するときは、家中の揚げられるもの揚げる。

西原 そのときも、最初はエビフライを作ってて、ついでに冷凍してたホタテも揚げたけど「エビとホタテじゃメインにならんな」と思って最終的に近所に豚を買いに走ったんです。揚げ揚げ大会になりました。

枝元 豚モモ肉って人気ないんですけど、スティック状にすると早く揚がるから肉が硬くならないし、ヘルシー。下味をつけたモモ肉に小麦粉と卵つけてパン粉をまぶしてと。

西原 粉と卵がちょっと余ったね。

枝元 そうだ、これも揚げちゃおうか。子どもの頃、砂糖まぶしたのをよく食べたなあ。

西原 うち、うどんこねたら、その端っこでドーナツもよく作ってもらってた。昭和のおやつですよね。

枝元 「衣を減らして糖質オフ」って言われる時代に、最後まで揚げて、がっつり食べようとしてる私たち。

西原 糖質プラス!

枝元 さあ、カツも揚がりました。

西原 軟らかい! 息子だったらスナック菓子みたいにぺろりだわ。これ売れますよ。コンビニの方、エダモンにすぐ連絡すべし!

枝元 でしょー、軽いおやつ感覚で食べられちゃうでしょ。

西原 しかもこのトンカツソースのアレンジがさっぱりしてて大人味! 明太マヨも極悪なうまさ。

枝元 家だと、二度づけし放題だし。

西原 カツにポテトにドーナツ!  ああ、糖質万歳!

 

【構成・中川聡子、写真・中村藍】

 

 

豚モモのスティックフライ

f:id:g-gourmedia:20170313143059j:plain

材料(4人分)大は大さじ小は小さじ

  • 豚モモ肉 500グラム
  • A(塩小1/3~1/2、コショウ・ニンニクのすりおろし各少々、しょうゆ・酒各大1/2)
  • 薄力粉  大4
  • 溶き卵  1個分
  • パン粉  適量
  • 新じゃが 適量

 

作り方

  1. 豚モモ肉を繊維に沿って細い棒状に切る。Aで下味をつけ、しばらく置く。
  2. 新じゃがを鍋に入れ、ひたひたまで油を注ぐ。強火にかけ、シュワシュワと気泡が出たら中火で約10分揚げ、塩を振る。
  3. 薄力粉と卵を混ぜる。1.のモモ肉をつけ、パン粉をまぶす。2.の油に入れ、3.~4.分揚げる。
  4. トンカツソース・マスタード・レモン汁を混ぜたものや、明太子マヨネーズなどを添える。

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売決定!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から3月11日に発売されました!フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る