旨みのミルフィーユやで!「昆布煮豚」が泣くほどウマい【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「昆布煮豚」。豚肩ロース塊肉と昆布を使って絶品の煮豚を作ります。炊飯器や圧力鍋は使わず、紅茶や八角も使いません。でも「グルタミン酸とイノシン酸の旨みが口の中で永遠に殴りあうようなウマさ」と西原先生は形容されています。ぜひお試しを!!!(表参道・青山のグルメ中華

旨みのミルフィーユやで!「昆布煮豚」が泣くほどウマい【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20170220163941j:plain

 

今回の料理:昆布煮豚

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

うまみがぐるぐる

西原 きれいな豚肉ですこと!

枝元 今日はどどーんと800グラムです! しかも今日は昆布のうまみもプラスです。

西原 豚と昆布ですか。

枝元 昆布は新品でもいいけど、だしを取って冷凍したものでオッケー。十分うまみが残ってるんです。豚の脂が染みた昆布が、また最高なんです。

西原 最近ばあちゃんがまた根昆布を買い込んでるからちょうどいい。

枝元 でも、ぽんちゃん(西原家の犬)が何でも食べてくれるからいいですよね。

西原 大型犬だからね。「歩く掃除機」って言われてるんです。クズ野菜とか、出されたものは全部、何のちゅうちょもなく食べる。ばあちゃんのまんじゅう盗んでくわえて、ばあちゃんに「食べて良いですか」って聞きにいって、「何くわえちゅうがね!」ってよく怒られてますよ。

枝元 かわいいな。さあ、作りますか。今日はゆで卵も入れちゃおう。

西原 やった!

枝元 肉を転がして表面に味を染ませながら火を通して、水かだしを入れたら昆布でおとしぶた。この上にクッキングペーパーを置くと、昆布も軟らかくなって食べられます。

西原 うまみのミルフィーユやで。

枝元 さて、ここでお肉をひっくり返して、ゆで卵投入!

西原 わーい、煮卵だ! たっぷり10個も!

枝元 黄身やわらかめがお好きな方は、汁につけ込んでもオッケーです。できましたよー。

西原 これは男子弁当に最高。

枝元 翌日に、脂が落ちるまで焼いて食べるもよし。

西原 この豚の脂のうまみを含んだ昆布がうまいんですけど! 奥さん、脂つくだ煮ですのよ!

枝元 でしょー?

西原 卵も最高。このセットが白ご飯の上にのってたら……。

枝元 この肉が並んでる図を見て、高校生男子が狂喜乱舞してる姿が目に浮かぶ。

西原 うまみが口の中でぐるぐるしてる。あー、幸せだ!

 

【構成・中川聡子、写真・中村藍】

 

 

昆布煮豚

f:id:g-gourmedia:20170220164254j:plain

材料(6人分)大は大さじ 小は小さじ

  • 豚肩ロース塊 肉400グラム×2本
  • 昆布     適量(10センチ角2~3枚が目安)
  • A(酒1/2カップ、砂糖大2、しょうゆ・みりん各大3、ショウガ薄切り4枚)
  • B(だし1カップ、しょうゆ・みりん各大2)
  • 水      1と1/2カップ

作り方

  1. 鍋にAを煮立てて、豚を塊のまま入れる。表面の色が変わるまで煮て、水を加える。昆布をのせ、その上にクッキングペーパーで落としぶたをして、約20分煮る。
  2. 肉の上下を返して、ゆで卵5~10個(分量外)を鍋に入れる。昆布を取り出して2~3センチ角に切って戻す。Bを加えて、さらに約20分煮る。

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第3弾が発売決定!

f:id:g-gourmedia:20170220164858j:plain

この連載の単行本第3弾「おかん飯3 てんこもり編」が毎日新聞出版から3月11日に発売されます。フライドオニオンのせ肉豆腐、餅豚キムチーズ、伝説の西原家からあげなど、西原画伯に「うますぎてあかん飯」と言わしめる極旨料理45品掲載。もちろん「名言特盛り描き下ろしマンガ」も掲載しています。

「記念日は揚げ物」「何も足さない、何も引かない」「炭水化物は嗜好品」など名(迷)言続出。ミュージシャンの矢野顕子さん、西原家(おばあちゃん、おにいちゃん、息子)も登場! 一家に一冊の爆笑料理本。

オールカラー128ページ、1,080円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る