読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蒸しものとレンジの相性はばっちり!「ホタテとギンナンのおこわ」がお手軽なのに美味しいぞ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「ホタテとギンナンのおこわ」。電子レンジで簡単に中華おこわを作っちゃいます。もち米にうるち米を少し入れることで、ぐっと食べやすくなりますよ。蒸し器やせいろ、土鍋も圧力鍋も使わず簡単ですよ!お手軽におこわを作りたい方は必見です。ホタテと銀杏の風味がたまりません。(表参道・青山のグルメ中華

蒸しものとレンジの相性はばっちり!「ホタテとギンナンのおこわ」がお手軽なのに美味しいぞ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

中華 レシピ 西原理恵子

f:id:g-gourmedia:20170214170903j:plain

 

今回の料理:ホタテとギンナンのおこわ

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

米はやめられない!

西原 中華おこわだ。大好き。

枝元 お手軽に電子レンジでおこわです。もち米とか蒸すものとレンジは相性よくて。

西原 本当にレンジ使いがお上手ですよね。

枝元 いやあ、仕事っすから。もち米にうるち米を少し混ぜるとぐっと食べやすくなります。

西原 それは初めて聞いた。そしてホタテ缶!

枝元 おいしいですよね。まず汁を取り出して、水を加えて、鶏ガラスープと塩足してレンジにかけます。その間に、ギンナンの準備。ギンナンを割って、お湯に入れて、おたまの底でころころ転がすと、薄皮がむけます。

西原 こんなに手間かけさせやがって。どんどん、ギンナンに憎しみが……。

枝元 頑張って! すぐむけるから。薄皮むいてる状態で売ってるのを使っても便利ですね。おこわを一旦レンジから取り出して、ギンナンとホタテを加えて、またレンジに。

西原 ん? 水多くない?

枝元 あれれ? 私、水の量間違えちゃったかも。

西原 おかゆみたいになってますけど。

枝元 うそー、もう一回やり直す! しばしお待ちを。

西原 あ、でもこの軟らかいの、おいしいよ。

枝元 焦ったー、水の分量やり直したのができました。

西原 うん、こっちの硬めのもおいしいけど、おこわおかゆもいいですよ。年取るごとに軟らかめ、しかもちょっと冷めたのがおいしいなって思う。

枝元 そうですね、何とかなるもんだな。内心「本番なのにやっちゃった! どうしよう……」って心臓バクバクしてました。

西原 私は「あの失敗作捨てられたらどうしよう、私が全部持って帰るのに」って内心ドキドキしてました。お米とお酒は何があっても捨てられない。

枝元 ほんとに、炭水化物は嗜好(しこう)品です。やめられない!

 

【構成・中川聡子、写真・中村藍】

 

 

ホタテとギンナンのおこわ

f:id:g-gourmedia:20170214172038j:plain

材料(2人分)

 

  • もち米              1カップ
  • うるち米             大さじ2
  • ホタテ缶             1個
  • ギンナン             16個
  • 鶏ガラスープ(顆粒(かりゅう)) 小さじ1/2
  • 塩                小さじ1/3

 

 

作り方 

  1. もち米とうるち米を洗い、耐熱ボウルに入れる。
  2. ホタテ缶からホタテを取り分ける。ホタテ缶の汁と水を、足して1カップにして、ボウルに入れる。塩と鶏ガラスープを加え、ふたをして、レンジに約5分かける。
  3. ギンナンの硬い殻を外し、鍋でゆでながら、おたまの底で転がして薄皮をむく。
  4. 2.にギンナンとホタテを加え、もう一度レンジに約5分かける。

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第2弾が発売中!

f:id:g-gourmedia:20151214161038j:plain

この連載の単行本第2弾「親子でがっちょりおかん飯」が毎日新聞出版から2015年12月10日に発売されました。掲載した41のレシピのほか、西原さんと枝元さんがお薦めの食材や料理道具9アイテムを紹介しています。西原さん描き下ろしのカットも見逃せません。
オールカラー128ページ、950円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る