二日酔いの朝に欲しかったのはこれだったのか…!「餅入り鶏ガラスープ」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「餅入り鶏ガラスープ」。インスタントの鶏ガラスープの素も便利ですが、鍋でイチからとったスープは絶品です!2羽分で2.5リットルのスープが取れますのでたっぷりストックできそうです。寒い日にぴったりですよ!(表参道・青山のグルメ中華

二日酔いの朝に欲しかったのはこれだったのか…!「餅入り鶏ガラスープ」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20170206123444j:plain

 

今回の料理:餅入り鶏ガラスープ

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

この中で泳ぎたい

西原 やった、鶏ガラだー!

枝元 最近は無添加の粉末が売ってるし、便利で大好きですけど、ガラからスープとると、やっぱり全然違うんです。お友達にも好評で。

西原 わざわざやろうと思わないからなあ。楽しみ。

枝元 2月はぐっと冷え込むでしょう。ずっと火にかけておくだけだから、暖房がわりにもなりますよ。

西原 わっ、鶏ガラってエイリアンの子どもみたい。先に洗った方が良いんですか?

枝元 一回ゆでこぼしてから、アクを流しつつ洗います。2羽分で2.5リットルのスープが取れます。これを塩味にして、おでん作ると最高なの。

西原 圧力鍋でもいいの?

枝元 はい、圧力かかってから15分ほど煮れば大丈夫。私ね、ガラスープ取るの、嫌いじゃないんですよ。高いもの買わなくても、すんごいぜいたくな感じしません? 先日、金沢行ったら、市場中にカニが並んで海の底みたいになってたけど、買えないんだよね。小心者だから。

西原 私はこないだ金沢のカニを10パイもいただいちゃって、ゆでたのを毎日持ち歩いてましたよ。

枝元 持ち歩くの!?

西原 味が落ちるから毎日食べなきゃ。下さった方に「届いた日にゆでて食べたよ」って伝えたくて、その日偶然プロレス見に行く約束があったので、リングサイドでカニ持ってる写真を撮って送りました。

枝元 あはは、カニ好きな人って財産潰すね。正月のお餅が残ってるので、今日は変わり雑煮にして完成!

西原 いただきます。うん、これは……うまい! 粉末と全然違う!

枝元 やったー! これ、細い中華麺やうどんもあうんです。

西原 いや、もうもったいなくて、何も入れたくない。スープだけ一気のみしたい。この中で泳ぎたい!

枝元 そんなに!? うれしいなー。

西原 二日酔いの朝、おなかすいてるのに何にも食べたくないときあるでしょ。一番ほしかったのはこれですよ! 全部持って帰っていい?

枝元 あはは、どんだけ二日酔いする気ですか!

 

【構成・中川聡子、写真・中村藍】

 

 

餅入り鶏ガラスープ

f:id:g-gourmedia:20170206123749j:plain

材料

 

  • 鶏ガラ        2羽分
  • 水          3リットル
  • 長ネギの青い部分   1本
  • ショウガの薄切り   4枚
  • 塩、餅、水菜、明太子 各適量

 

 

作り方

 

  1. 鍋に湯を沸かし、鶏ガラを入れる。色が変わり、再沸騰したら、鶏ガラを取り出し、アクや血を洗い流す。
  2. 1.を鍋に入れ、水、長ネギの青い部分、ショウガを加えて、火にかける。沸騰したら、アクを取り、弱火にする。時々水を足しながら、約2時間煮る。
  3. 2.をざるでこし、3カップ分(2人分)を温め、塩で味を調える。ざく切りにした水菜と、焼いた餅を入れる。器に盛り、明太子をのせる。

 

 

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第2弾が発売中!

f:id:g-gourmedia:20151214161038j:plain

この連載の単行本第2弾「親子でがっちょりおかん飯」が毎日新聞出版から2015年12月10日に発売されました。掲載した41のレシピのほか、西原さんと枝元さんがお薦めの食材や料理道具9アイテムを紹介しています。西原さん描き下ろしのカットも見逃せません。
オールカラー128ページ、950円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る