とろっとろの卵をオムライスにのっけたいなら、ひっくり返さなきゃいいんですよー!【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「オムライス」。ふわとろ卵のオムライスの作り方を紹介していますが、これがもう簡単なのに絶品!牛乳はご飯の方に入れることで炒めやすくなります。コツは卵をフライパンでひっくり返さないでそのまんまのっけることです。ぜひ試してみてくださいね。(秋葉原のグルメオムライス

とろっとろの卵をオムライスにのっけたいなら、ひっくり返さなきゃいいんですよー!【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20170125111949j:plain

 

今回の料理:オムライス

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

笑顔になる料理

枝元 春が恋しくて、あったかいイメージの料理が作りたくなりました。題して「春を待つオムライス」。

西原 すてき。オムライスって家族の思い出の料理です。子どもがもりもり食べて「おいしい!」って言ってくれるのがうれしかったなあ。

枝元 家の味があるよね。

西原 私は唐辛子入れてちょっとアラビアータ風にするのが好き。

枝元 大人の味ですね。

西原 白ご飯!!

枝元 赤くしちゃう前に一口いく?

西原 いや、オムライス待ちます。それがおはぎになるなら、今すぐ救出しますけど。

枝元 あはは。白米原理主義者もオムライスには目がないね。

西原 牛乳入れるんですか?

枝元 牛乳入れると、ご飯がもちゃっとならず、炒めやすくなる気がします。今日は西原さんにならって、ちょっとスパイス振っちゃう。クミンやコリアンダーを混ぜた通称「エダモンミックス」。

西原 こりゃいい。鶏肉や魚にも合いそうなスパイス。

枝元 私、洋食屋さんだと、オムライス頼むか、ハンバーグか、エビフライか、すっごい悩んじゃう。

西原 私はだいたい、ハンバーグにエビフライや目玉焼きをトッピングして、もりもり幸せセットにする。

枝元 そうすると、オムライスは諦めるでしょ。でも誰かが頼んだのを見ると、もやっとしちゃうんですよ。

西原 私はお店では永遠にオムライスいけないんですよ、ハンバーグとエビフライにあらがえない。

枝元 だからオムライスって家庭で作るものなのかも。卵はチーズや牛乳入れると、火の通りがゆっくりで、半熟を作りやすい。さあ、完成!

西原 うーん、もうどうしよう! 口いっぱいの幸せ!

枝元 うれしいなあ。仕事が料理って幸せだな。

西原 永遠に食べていたい。飲み込むのももったいない。

枝元 わーい! こんな笑顔を見ちゃうと「100万回でもあなたにオムライス作ります!」って気持ちになるね。胸いっぱい!

 

【構成・中川聡子、写真・中村藍】

 

 

オムライス

f:id:g-gourmedia:20170125113334j:plain

材料<2人分>大は大さじ 小は小さじ

  • 鶏モモ肉           1/2枚
  • ご飯             400グラム
  • マッシュルーム        4個
  • タマネギ           1/4個
  • ニンニク・塩コショウ・バター 各少々
  • 油              適量
  • ケチャップ          大4
  • 牛乳             大1/2
  • 卵液(卵3個、ピザ用チーズ30グラム、牛乳大1/2)

 

作り方

  1. モモ肉、タマネギはみじん切り。マッシュルームを薄く切る。モモ肉に塩コショウを振る。
  2. フライパンに油をひき、ニンニクを炒める。香りがたったらタマネギ、肉、マッシュルームを加える。肉の色が変わったら、ご飯、ケチャップ、牛乳、バターの順に加えて炒める。
  3. フライパンを熱して油をひき、卵液の半量を流して半熟になったら2.にのせ2皿つくる。

 

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第2弾が発売!

f:id:g-gourmedia:20151214161038j:plain

この連載の単行本第2弾「親子でがっちょりおかん飯」が毎日新聞出版から2015年12月10日に発売されました。掲載した41のレシピのほか、西原さんと枝元さんがお薦めの食材や料理道具9アイテムを紹介しています。西原さん描き下ろしのカットも見逃せません。
オールカラー128ページ、950円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る