一瞬でできる!混ぜるだけの「ピータン豆腐」と調味料は醤油だけの「春菊の炒め煮」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。新年に際しスペシャルゲストの伊藤理佐さんと吉田戦車さんご夫妻を迎えた本日のレシピは、混ぜるだけの「ピータン豆腐」と調味料は醤油だけの「春菊の炒め煮」!これがもう一瞬でできちゃうスピードメニュー。おかずがお酒のアテばかりという吉田家の食卓にお邪魔した気分になれますよ。(表参道・青山のグルメ中華

一瞬でできる!混ぜるだけの「ピータン豆腐」と調味料は醤油だけの「春菊の炒め煮」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20170110181209j:plain

 

今回の料理:「ピータン豆腐」と「春菊の炒め煮」

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

一瞬でできちゃう!

伊藤 枝元さん、西原さんと私ってなんか似てません?

西原 ほんとだ、並ぶとどれが吉田さんの嫁か分からない。

伊藤 「白むち」三姉妹。

枝元 あははは。みんな良いもの食べてるから、お肌ぴかぴかなのよー。

西原 酒飲みにとって、豆腐は一番大事ですよね。

伊藤 ピータン豆腐はうちの定番おつまみです。お客さんにも評判で。ただ、手で混ぜるだけなんだけど。

西原 台湾にこういうのあるよね。

伊藤 そうそう、出されたまま食べたら、「分かってないね」っていわれるやつ。ぐっちゃぐちゃに、よく混ぜるとおいしい。

西原 豆腐は絹で?

吉田 この料理には絹がいいよね。麻婆豆腐のときは、西原家ほどではないけど、固いやつ。

西原 うちはがっちがちの島豆腐ですからね。

伊藤 殴られると痛いやつ。

吉田 キャッチ豆腐できるやつ。

枝元 あははは、うまい!

西原 枝元さんに教わったんだけど、味の濃いものは白いものに合わせるのがいいんだって。だから、ピータンも豆腐と相性いいんだよ。

枝元 そうそう。この味どうしようかなっていうのは、ごはんや餅やはんぺんなどに合わせると、不思議になじむ。

吉田 「混ぜるのは3品まで」とかね。書籍版『おかん飯』読んで、枝元さんの金言、学んできました。

枝元 わーい、毎度ありです!

伊藤 もうできた。次は春菊です。これも、一瞬でできちゃうんです。

枝元 すてきです! 調味料は?

伊藤 しょうゆだけです。

西原 だしは? おかかは?

伊藤 フライパンに油も引かず、ただ炒めるだけ。何も入れない方が好きなんですよね。ゆでるより簡単だし、栄養も出ていかないし。

西原 私は卵いれて、ツナいれてって余計なことばっかしちゃう。

枝元 潔い。うん、これはいい。春菊の苦みがしょうゆで引き立つ!

西原 目からうろこ。湯を沸かしてゆでてたのが無駄だったなんて。

伊藤 このシンプルさにはまって。吉田家の料理はこんな感じです。

吉田 おかずが全部「あて」。

西原 にゃーちゃん(※吉田・伊藤夫妻の長女)は立派な酒飲みに育つな、

枝元 吉田さん、伊藤さん、ごちそうさまでした!

 

【構成・中川聡子、写真・梅村直承】

 

 

「ピータン豆腐」と「春菊の炒め煮」

f:id:g-gourmedia:20170110181210j:plain

材料

〈ピータン豆腐〉

  • ピータン
  • 豆腐
  • シャンサイ
  • ゴマ油(分量はすべて適量)

〈春菊の炒め煮〉

  • 春菊
  • しょうゆ(分量はすべて適量)

作り方

〈ピータン豆腐〉

  1. ピータンを手でちぎり、豆腐も崩しながら、シャンサイ、ゴマ油を加え、全体をよく混ぜる。

〈春菊の炒め煮〉

  1. フライパンに春菊の茎から入れ、あたたまったら葉としょうゆを加え、しんなりするまで炒める。

★伊藤さんからメッセージ★

「後日、ふと少なめの木綿豆腐で、ピータンを汚すようにして作ったら、こっちの方がおいしくて! く、悔しい~! 絹か木綿かはお好みでどうぞ!」

 

 

人物略歴 

よしだ・せんしゃ、いとう・りさ

ともに漫画家。2007年に結婚、10年1月に長女誕生。吉田さんは1963年生まれ。「伝染るんです。」で文芸春秋漫画賞。「まんが親」「おかゆネコ」など一連の作品で手塚治虫文化賞短編賞。他に料理エッセー「逃避めし」。伊藤さんは69年生まれ。「おいピータン!!」で講談社漫画賞少女部門。「女いっぴき猫ふたり」などで手塚治虫文化賞短編賞。2月2日に「おかあさんの扉」最新刊発売。

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第2弾が発売!

f:id:g-gourmedia:20151214161038j:plain

この連載の単行本第2弾「親子でがっちょりおかん飯」が毎日新聞出版から2015年12月10日に発売されました。掲載した41のレシピのほか、西原さんと枝元さんがお薦めの食材や料理道具9アイテムを紹介しています。西原さん描き下ろしのカットも見逃せません。
オールカラー128ページ、950円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る