正月三が日は、パン粉に限るぜ!「メンマのつまみ」と「パン粉炒め」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。スペシャルゲスト吉田戦車さんと伊藤理佐さんを迎えた本日のレシピは、「メンマのつまみ」と「パン粉炒め」!「何もしません。食べごろはパン粉が教えてくれるんです」という吉田戦車さんの攻めの一言に一同拍手喝采!驚きのレシピが登場します!(神楽坂のグルメ居酒屋

正月三が日は、パン粉に限るぜ!「メンマのつまみ」と「パン粉炒め」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20170104145444j:plain

 

今回の料理:「メンマのつまみ」と「パン粉炒め」

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

ようこそ!! 吉田戦車さん、伊藤理佐さん

西原 今日はおかん飯正月スペシャル! お友達の吉田戦車さん、伊藤理佐さんご夫妻が遊びに来てくれました!

枝元 わーい! ようこそ!

吉田伊藤 明けましておめでとうございます。楽しみにしてました。

枝元 じゃあ早速、乾杯!

吉田 ベルギービールですね。うまい!

枝元 つまみにどうぞ。

伊藤 赤いコンニャク!?

枝元 滋賀近江八幡市の名産で、鉄分が含まれてるんですって。一説では織田信長が「赤く染めろ」って言ったとか。

西原 謀反人の血を吸わせたんだ。

吉田 (信長が弾圧した)一向宗の門徒の血だな。

西原 どくろの皿に盛ってね。

伊藤 肉片が浮かんで……。

枝元 赤コンニャクでどこまで引っ張るんですか。今日はご夫妻の料理を紹介していただけるとか。楽しみ!

吉田 はい、まずは私から。「メンマのつまみ」を作ります。白ネギを切って、水でさらします。

枝元 吉田戦車さんが我が家でネギを切ってる。感激! そして西原さんも一緒に淡々と仕事してるのが面白い。

西原 料理って、私にとって気分転換なんですよね。

枝元 まさに吉田さんの「逃避めし」ですか。

西原 そう。「逃避皿洗い」とか。

吉田 これは朝、家で戻してきたメンマなんです。コツは味付けメンマじゃなくて、塩漬けメンマを買う。以上。

伊藤 うん、戻し加減ナイス。

吉田 うちで中華風スープとか作るときに塩漬けメンマを細かく刻んで入れるんです。な、おいしいもんな。

伊藤 うまいけど、くさいんだよね、台所に近寄るとくさくてしょうがない。

吉田 発酵と腐敗は紙一重。タレをかけて完成です。

伊藤 次がメインでしょ?

吉田 「パン粉炒め」です。

西原 何それ!

枝元 ニンニクとか、いらないですか。

吉田 もうシンプルに、パン粉本来の味を楽しもうという料理です。

西原 さすが、かましてきたな。

枝元 かっこいい! こういうのなかなかできないですよ。

西原 いや、キャベツ焼いただけっていうのも、なかなかでしたよ。

伊藤 芋をチンしただけとか。

枝元 えへへ、照れちゃうなあ。

伊藤 これは指をなめてつけて食べるので、一人一皿で。

西原 ああ、二度づけじゃなくて、二度ナメオッケーだもんね。

枝元 この料理はいつごろ編み出したんですか?

吉田 そうだなあ、伊藤さんとつきあい始めたころですね。

伊藤 酔っ払って何にもなくて、「パン粉でも炒めよう」ってなったんだよね。

西原 一番愛のテンションが高いころですね。パン粉ですら、うまいころだ。

枝元 焼き時間あるんですか。

吉田 分からないなあ。色が変わってくるので、それを見てですね。

西原 そうですね、パン粉が教えてくれるんですよ。

吉田 来た!

枝元 あはは、色変わってきましたね。香ばしい匂い。ほら、トーストをいい感じに焼く男の人ってかっこいいし。

伊藤 パン粉を上手に焼いてもねえ。よりによって有名な料理家さんの家で。

西原 しかもお正月に!

枝元 あのー、これ、油垂らすとキツネ色になるんですけど、そんなことも不要でしょうか。

吉田 なるほど、じゃあバターを入れますか。

伊藤 邪道! 邪道だわ!

西原 「何も足さない、何も引かない」じゃないんですか!

吉田 でも絶対うまくなるでしょ。できました。

枝元 これ、お店のお通しで出てきそうじゃない?

西原 高いフレンチレストランとかで出たら「おお、これが本場の」ってなるけど、居酒屋で出したら刺されますよ。

枝元 これはスプーンで?

西原 やっぱりお互いの指から食べるのがいいんじゃないですか。愛の力で。

枝元 あはははは!

西原 いろいろやり方はあると思いますよ。幸せの絶頂のカップルならば。

伊藤 ベッドの上で、体にふりかけて食べるとか?

西原 「あははは、くるくるくるー」って。バカップルだなー。

吉田 私たちはやってませんからね。

西原 そのおかげで、にゃーちゃん(吉田・伊藤夫妻の長女)が生まれてきてくれたんだね。

伊藤 よかった、よかった。

枝元 さあ、パン粉炒めのお味は?

伊藤 みんな、指をなめて!

吉田 いや、箸でいいです。

西原 パン粉を箸で!

伊藤 うん、パンの味がする。

枝元 トーストですよね。

吉田 バターきいてます。おれはうまいと思うんだけどなあ。

西原 やっぱり正月三が日は、パン粉に限るね!

 

【構成・中川聡子、写真・梅村直承】

 

 

「メンマのつまみ」と「パン粉炒め」

f:id:g-gourmedia:20170104180241j:plain

材料

〈メンマのつまみ〉

  • 塩漬けメンマ   120グラム
  • 長ネギの白い部分 5センチ
  • タレ(しょうゆ・みりん・酒・水各大さじ1、長ネギの青い部分1本、豚肉100グラム)

パン粉炒め〉

作り方

〈メンマのつまみ〉

  1. 白ネギを輪切りにして水にさらす。
  2. メンマの塩を洗い流す。2~3時間水につけ、食べておいしく感じる程度の塩分が残るように戻し、湯通しする。
  3. タレを作る。材料を鍋に入れ、火にかける。アルコールが飛んで、豚肉に火が通るまで煮る。豚肉とネギを引き上げる。
  4. 2.にタレをかけ、1.のネギをのせる。

 

パン粉炒め〉

  1. パン粉をフライパンに入れ、焦げつかないように木べらでかき混ぜながら、キツネ色になるまで炒める。

 

 

 

人物略歴 

よしだ・せんしゃ、いとう・りさ

ともに漫画家。2007年に結婚、10年1月に長女誕生。吉田さんは1963年生まれ。「伝染るんです。」で文芸春秋漫画賞。「まんが親」「おかゆネコ」など一連の作品で手塚治虫文化賞短編賞。他に料理エッセー「逃避めし」。伊藤さんは69年生まれ。「おいピータン!!」で講談社漫画賞少女部門。「女いっぴき猫ふたり」などで手塚治虫文化賞短編賞。2月2日に「おかあさんの扉」最新刊発売。

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第2弾が発売!

f:id:g-gourmedia:20151214161038j:plain

この連載の単行本第2弾「親子でがっちょりおかん飯」が毎日新聞出版から2015年12月10日に発売されました。掲載した41のレシピのほか、西原さんと枝元さんがお薦めの食材や料理道具9アイテムを紹介しています。西原さん描き下ろしのカットも見逃せません。
オールカラー128ページ、950円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る