米万歳!アツアツの「たこめし」が言葉にならないほど美味いっ!【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「たこめし」。炊飯器を使っても土鍋を使ってももちろんOKです。味の素を使わなくても、生だこを使わなくても簡単にプロの味ができちゃいます。がっつり系の炊き込みご飯が好きな方には絶対オススメです!(松山のグルメ海鮮料理

米万歳!アツアツの「たこめし」が言葉にならないほど美味いっ!【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20161206171102j:plain

今回の料理:たこめし

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

言葉にならない

枝元 枝元流たこめしです。私はどうも上品な炊き込みご飯ができなくて、ついニンニクとショウガを入れちゃう。こくが出てうまいんです。

西原 がっつりたこめしですね。

枝元 タコ、酒、しょうゆを加えたら、火を止めて蒸らします。

西原 おお、タコの蒸し汁が出てきますね。これがうまいんですよね。

枝元 そう、この汁捨てちゃう人がいたら、パンパンパンってお仕置きです! 蒸し汁でご飯を炊いていきます。しばし休憩。洗い物でも。

西原 うちと一緒の食洗機だ! 家族やお客が多い家だと便利だよね。

枝元 仕事柄、洗い物がたくさん出るから欠かせないんですよ。

西原 前に漫画でね、朝みそ汁を作るのがどんなにしんどいかって話を書いたら、「5分で作れるのに、そんなこともできないのか」ってすごく批判が来たのね。

枝元 前日の疲れがあるのよね。

西原 前の晩にたまった仕事を終わらせて、ご飯作って、子供の面倒見て、疲れ切って台所を片付けられなくて眠るの。もう何年来って疲れが朝どっと来るんだよ。一から説明しないと分かんないわけ?って。

枝元 台所がきれいなドイツのお宅は、夜にはあまり火を使わない食事を取ることが多いって聞きましたよ。パンとハムとワインだけとか。

西原 日本人くらいだよ、朝からしっかり食べようなんて言ってるのは。みそ汁なんて作ってらんない。たまごかけご飯で十分!

枝元 リアルな朝ご飯ってそんなものですよね。さあ、ご飯がたけましたよー。オープン!

西原 うわー、この香り!

枝元 ご飯が熱いうちにタコを戻してできあがり!

西原 ……。うう、言葉にならないほどおいしい。

枝元 白米も相当フィーバーしますけど、炊き込みご飯もまたうまい。

西原 米万歳! 私が米を食べなくなったら、それはもう終わりの日です。私のお墓の前に、白いおむすびを置いてください。

枝元 あはは、白いお花のかわりに白むすびですね。任せて!

 

【構成・中川聡子、写真・中村藍】

 

 

たこめし

f:id:g-gourmedia:20161206171442j:plain

材料<4人分>大は大さじ 小は小さじ

  • ゆでタコ            足2本(250グラム)
  • ニンニクとショウガのみじん切り 各大1
  • サラダ油            大1と1/2
  • 酒、しょうゆ          各大2
  • 米               3合
  • ナンプラーまたは塩       少々

 

作り方

  1. フライパンに油を引き、ニンニクとショウガを炒め、香りが立ったら、そぎ切りにしたタコ、酒、しょうゆを入れさっと炒め、火を止める。ふたをして1分半~2分蒸らす。ボウルにざるを重ねてタコと蒸し汁に分ける。
  2. 炊飯器の目盛りに合わせ、蒸し汁に水を足して米を炊く(鍋なら蒸し汁と水で約600ミリリットル)。
  3. ご飯が炊けたら、熱いうちにタコを戻してさっくりと混ぜ、ナンプラーか塩で味を調える。

 

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第2弾が発売!

f:id:g-gourmedia:20151214161038j:plain

この連載の単行本第2弾「親子でがっちょりおかん飯」が毎日新聞出版から昨年12月10日に発売されました。掲載した41のレシピのほか、西原さんと枝元さんがお薦めの食材や料理道具9アイテムを紹介しています。西原さん描き下ろしのカットも見逃せません。
オールカラー128ページ、950円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る