イモ洗ってオーブンにぶち込むだけの「安納芋(シナモンホイップ添え)」が最高に美味いぞ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「安納芋(シナモンホイップ添え)」。実は焼き方、簡単なんです!オーブンで30分、放っておくだけ!オーブンがない場合でもフライパンで美味しく焼けますよ。ぜひお試しを!(表参道・青山のグルメカフェ・スイーツ

イモ洗ってオーブンにぶち込むだけの「安納芋(シナモンホイップ添え)」が最高に美味いぞ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20161115141540j:plain

今回の料理:安納芋(シナモンホイップ添え)

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

エダモン料理の神髄

西原 女性って芋好きですよね。寒くなってくると、スーパーに焼き芋コーナーができるでしょ。女性がふらふらーって吸い寄せられてる。

枝元 私もね、ずっと興味なかったんですよ。でも安納芋の出現で、開眼しました。

西原 うちの近所に焼き芋を車で売りに来る女性がいるのね。フェイスブックで「いつ、どこに売りにいきます」って告知してて、それを見た女の子たちがバス停みたいに待ってるんですよ。いいアイデアですよね。ほら、大声でトラックを止めるって女性はできないから。

枝元 なるほどねー!

西原 それが娘連れの母親ってのがおかしくて、可愛くて。

枝元 そしたら芋を焼いていきますかね。芋をまるごと天板に乗せてと。

西原 ただ乗せるだけ? 焼酎吹き付けるとか、何か裏技ないんですか。

枝元 それがないんですー。

西原 うちのばあちゃんは、ぬれた新聞紙で芋をくるんで、上から銀紙でくるんでとか、あらゆることを試してましたよ。

枝元 でも、何にもせずに焼いてみたらできたんだもん。サツマイモでもこれでオッケー。シロップやバターを乗せるとおいしいですよ。

西原 うちのばあちゃんのチャレンジはすべて無意味……! みんなサツマイモに踊らされていた!

枝元 30分ほどやることないから、安納芋にぴったりのシナモンホイップを作ります。これは甘さ控えめで。

西原 途端にお高いデザートっぽい。これは女子殺しだわ。

枝元 お芋焼けましたよ!

西原 何も足さない、何も引かない。エダモン料理の神髄、ここにあり!

枝元 あはは。うん、安納芋甘ーい! またこのクリームが合う!

西原 この芋、甘すぎる! これじゃ芋ようかんの出番がないよ! 昔はこんな芋なかったよね。サツマイモに砂糖絡めてましたよ。

枝元 ほんとに。女の人が芋好きな気持ちが分かるようになりました。

西原 そうですかあ? 私はカツ丼のほうが好きだな。

枝元 あはは、言うと思った!

 

【構成・中川聡子、写真・内藤絵美】

 

 

安納芋(シナモンホイップ添え)

f:id:g-gourmedia:20161115142945j:plain

材料<4人分>

  • 安納芋      3~4個
  • 生クリーム    1カップ
  • きび砂糖     大さじ2
  • シナモンパウダー 小さじ1

作り方

  1. 安納芋をよく洗い、水気をふく。天板に乗せて、余熱はせず、190℃に設定したオーブンで約30分、皮がパンと張ってくるまで焼く。オーブンがない場合は、皮付きのまま厚さ2~3センチの輪切りにして、フライパンにサラダ油少々を引いた上に並べ、中火で約20分、両面を焼く。
  2. 氷水につけたボウルに生クリームときび砂糖を入れて、ゆるく筋が残る程度まで泡立てる。シナモンパウダーを混ぜる。
  3. 焼けた芋に2.のクリームを添えて完成。

 

 

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第2弾が発売!

f:id:g-gourmedia:20151214161038j:plain

この連載の単行本第2弾「親子でがっちょりおかん飯」が毎日新聞出版から12月10日に発売されました。掲載した41のレシピのほか、西原さんと枝元さんがお薦めの食材や料理道具9アイテムを紹介しています。西原さん描き下ろしのカットも見逃せません。
オールカラー128ページ、950円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る