鬼平もべっくりの凶悪複合犯罪!「豚のショウガ焼き・カレー風味」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「豚のショウガ焼き・カレー風味」。定番のロース肉をショウガ汁に漬け込み、はちみつやタレや片栗粉は使わず、カレー粉に味付けを任せます!これがもう、美味しいのなんの…ご飯が進みすぎる、「あかん飯」です。豚コマや豚バラでもぜひお試しください!(渋谷のグルメ焼肉

鬼平もべっくりの凶悪複合犯罪!「豚のショウガ焼き・カレー風味」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20161108122629j:plain

今回の料理:豚のショウガ焼き・カレー風味

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

恐ろしや恐ろしや

枝元 今日は基本のショウガ焼きにカレー風味をプラスします。

西原 豚の脂にカレーじゃ、食欲が進むばかりじゃないですか。

枝元 ショウガ焼きは鉄板のおかずですよね。西原さんは甘い派? きりっと派?

西原 私はきりっと派ですが、子供は甘い派ですね。

枝元 そしたら、お肉100グラムあたり酒・しょうゆは大さじ1ずつ、みりんは少なめで。カレー粉とショウガ汁を加えて10分ほど置きます。

西原 お肉は焼く前に室温に戻すとおいしいんですよね。

枝元 はい。肉って冷たいところから急に熱いところにいくと縮みやすい気がします。さあ、フライパンで油を熱して肉を焼いていきましょう。ショウガ焼きって手早くできるからいいですよね。

西原 それでいて、立派な料理感がありますよね。

枝元 ショウガ焼きってお肉の厚さとか、タマネギを入れたり入れなかったりとか、いろんなバージョンがありますしね。

西原 おうちの味やお母さんの得意料理にしやすいのかも。

枝元 最後に半分残しておいたショウガを追加すると、ショウガの風味が更に強くなります。

西原 追いショウガですね。

枝元 そうそう。できました! 何とも男子好きのする色合い。そしてここに……。

西原 マヨネーズ!?

枝元 行かせていただきます!

西原 豚にカレーにマヨ! また出たよ、「あかん飯」!

枝元 うん、ご飯が進む。

西原 うわっ、うまっ。カレーにショウガが勝ってますね。

枝元 もうちょっとマヨ追加しちゃおうかなー。

西原 奥さん! 思いとどまって!

枝元 ぶちゅー。

西原 きゃー! 肉の脂にマヨでさらに潤滑がよくなって、そうめんのように肉がするすると入っていく。恐ろしや、恐ろしや。

枝元 あはは、完食早っ。食べ盛りの方々、ぜひどうぞ!

 

【構成・中川聡子、写真・中村藍】

 

 

豚のショウガ焼き・カレー風味

f:id:g-gourmedia:20161108123248j:plain

材料<2~3人分>大は大さじ

  • 豚ロース薄切り 300グラム
  • カレー粉    大1/2
  • A(酒・しょうゆ各大3、みりん大3)
  • ショウガ    1片(60グラム)
  • サラダ油    適量

作り方

  1. 豚肉にAを振る。ショウガをすり下ろし、半量分の搾り汁をもみ込み、カレー粉をまぶす。10分ほど置いて下味をつける。
  2. フライパンにサラダ油をひき強めの中火で熱する。1.の肉を汁気を切ってから並べ、肉のふちが白くなれば裏返して両面を焼き、肉を重ねる。空いたところに残りの肉も広げて同様に焼き、1.で残った調味料と残りのショウガを加えて絡める。
  3. お好みでキャベツやトマトを添え、マヨネーズをかけても。

 

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第2弾が発売!

f:id:g-gourmedia:20151214161038j:plain

この連載の単行本第2弾「親子でがっちょりおかん飯」が毎日新聞出版から12月10日に発売されました。掲載した41のレシピのほか、西原さんと枝元さんがお薦めの食材や料理道具9アイテムを紹介しています。西原さん描き下ろしのカットも見逃せません。
オールカラー128ページ、950円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る