「ナスの和風グラタン」は手間かけた分、トロトロ感が最高においしい~!【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「ナスの和風グラタン」。フライパンで仕込む肉味噌がポイントです。ナスはアク抜きなど手間がかかりますが、料理自体は簡単!ケチャップを使わず和風ですのでカロリーも抑えめ。献立に加えたくなる一品です。(新宿のグルメビストロ

「ナスの和風グラタン」は手間かけた分、トロトロ感が最高においしい~!【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20161025163121j:plain

今回の料理:ナスの和風グラタン

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

「男捨離」のススメ

西原 私の憎いナス!

枝元 秋も深まるとおみその味が恋しくて。人気者のナスのミートグラタンを和風にアレンジです。

西原 こら、ナス! 塩水でアク抜いて水気切って拭いて……って、焼くまでにどんだけ手間かけさすの!

枝元 その間に肉みそを作ります。タマネギを最初に炒めてからひき肉を入れると、タマネギの湿気で肉が固まらない気がします。

西原 それは大賛成です。ひき肉は炒めると固くなると思ってて。

枝元 肉みそはキノコ類入れてもいいし、作り置きに便利。それとは別にナスを軽く焼いておきます。

西原 えっ、ナスは別で!?

枝元 大して稼ぎのない男に尽くしてる気分ですよね。

西原 あーあ、別の男と一緒になっとったら、苦労せんですんだのに。

枝元 働きもせんでな。風呂出たら自分で体ふいてほしいわ。

西原 どうせ手かけるなら、A5の牛肉がええわ。

枝元 あはは。焼いたナスをオーブン皿に一枚一枚並べて敷き詰めます。重なってると油の吸い具合にむらができるので。

西原 ええ!? 一枚一枚丁寧に?

枝元 せやけど、そのちょっと手のかかるところが好きやねんなあ。

西原 別のん探した方が早いで! 忙しい女ほど男を捨てられないんです。「男捨離(だんしゃり)」! 使えない男は捨てる! 幸せをつかむにはそこから!

枝元 ナスと、肉みそ、チーズを順に重ねてオーブンにイン!

西原 ああ、長かった。

枝元 さあ、焼けましたよ〜。うーん、このナスのとろっと感が最高。

西原 おいしいですよ。ナスを食べるのは好きなんですよ。これだけ手間かけるには値しないってだけで。

枝元 いいヤツなんやけど〜。

西原 こうやって安いナスに手をかけて手をかけて、面倒みる女は幸せを逃しますからね。

 

【構成・中川聡子、写真・中村藍】

 

 

ナスの和風グラタン

f:id:g-gourmedia:20161025163601j:plain

材料<4人分>大は大さじ 小は小さじ

  • ナス              6本
  • タマネギ            1/2個
  • ひき肉             200グラム
  • ニンニク、ショウガのみじん切り 各小1
  • ピザ用チーズ          80グラム
  • A(トウバンジャン小1、鶏ガラスープの顆粒(かりゅう)小1/2、酒・みりん・みそ各大3、水1/2カップ)
  • サラダ油            少々

 

作り方

  1. ナスを長さ半分に切って、縦に3〜4枚に切る。水4カップに塩大さじ1を溶かした塩水(分量外)に3分ほどつけてアクを抜き、水気を切って拭いておく。タマネギはみじん切りにする。
  2. 肉みそを作る。フライパンにサラダ油を引いて、ニンニクとショウガを炒め、香りが立ったらタマネギを炒める。ひき肉を加え、色が変わったら、Aを順に加え、軽く煮詰める。
  3. ナスは別に、軟らかくなるまで焼き、オーブン皿に重ならないように広げて敷き詰める。ナスの上に2.を広げてのせ、その上にチーズを散らす。更にナス、2.、チーズの順に重ねる。
  4. 3.を190度に余熱したオーブンまたはオーブントースターに入れて、12分ほどチーズがとろけるまで焼いて完成。

 

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第2弾が発売!

f:id:g-gourmedia:20151214161038j:plain

この連載の単行本第2弾「親子でがっちょりおかん飯」が毎日新聞出版から12月10日に発売されました。掲載した41のレシピのほか、西原さんと枝元さんがお薦めの食材や料理道具9アイテムを紹介しています。西原さん描き下ろしのカットも見逃せません。
オールカラー128ページ、950円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る