炭水化物の誘惑に負けちゃダメ!夜の締めのラーメンを「もずくの酸辣湯」に替えるべき【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日のレシピは「もずくの酸辣湯」!もずくといえばもずく酢、もずくそば、沖縄のもずくの天ぷらが有名ですが、今回は低カロリーが嬉しいもずくの酸辣湯!深夜に炭水化物を食べなくて済む、命びろいのスープです!ぜひお試しを!(金沢のグルメ中華

炭水化物の誘惑に負けちゃダメ!夜の締めのラーメンを「もずくの酸辣湯」に替えるべき【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20160913172616j:plain

今回の料理:もずくの酸辣湯

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

命拾いのスープ 

西原 もずくね、仕事の最中のおやつですよ。冷蔵庫の通りすがりにつるっと飲んでね。夜でもカロリー気にしなくてすみますもんね。

枝元 味付けもずくをそのまま入れて、食べ応えのある簡単酸辣湯(サンラータン)を作ろうと思って。

西原 あら、大好きな豚バラ肉。

枝元 下味を付けてかたくり粉をまぶすので、だしがらにならなくてうまみが残ります。お湯を沸かして、お肉や豆腐を入れて、味を調えて、もずく、ネギを加えます。ラー油で辛みを加えて完成!

西原 うまいー! これは、体に染み渡りますよー。もずくは洗わずそのまま?

枝元 はい、お酢ごとドボンと入れて。麺がわりにもなりますよね。おかずスープです。すっぱいのがお好きな方はお酢を加えてくださいね。

西原 夜のラーメンがわりだ。夜中仕事してておなかがすいたときにこれがあると、「砂漠で水を見つけた」って気分になる。

枝元 辛くて血行もよくなるから温まりますしね。これ、麺を入れてもいいですよ。

西原 いやいやいや。

枝元 あと、ご飯を入れてもいいかなって。

西原 いやいやいや。夜中に炊飯器を開けたら終わりですよ。新米の季節ですからね。開けたら最後、止まりませんよ。とんでもないしっぺ返しが待ち受けてますよ。

枝元 もずくで我慢できるだろうか……。

西原 これは命拾いのスープです! 中高年女子、聞いてますか!? そっと目を閉じて、これはラーメンだと念じて食べてみて。

枝元 ……あっさりしたラーメンだなあ。

西原 すっぱいのがおいしいって思えるのは大人の特権。

枝元 ご飯入れられない、麺も入れられないっていうのも大人になった証拠ですね……。

西原 ダメダメ! 炭水化物の誘惑に負けちゃダメ! あなたの心の隙間(すきま)に酸辣湯!

枝元 大人の味よー。

 

【構成・中川聡子、写真・中村藍】

 

 

もずくの酸辣湯

f:id:g-gourmedia:20160913174745j:plain

材料<各4人分>大は大さじ 小は小さじ

  • 味付けもずく    200グラム
  • 豚バラ肉(薄切り) 100グラム
  • 豆腐        1丁
  • ネギ        1/2本
  • しょうゆ      小1
  • 酒         小1
  • かたくり粉     適量
  • 鶏ガラスープのもと 小2
  • 酢         大1
  • ごま油・コショウ  各少々

作り方

  1. 豆腐は水切りし、棒状に切る。ネギは長さ4センチの細切りに。
  2. 豚肉を1センチ幅に切って、しょうゆ、酒、コショウをもみ込む。かたくり粉をまぶす。
  3. 水1リットルを沸かし、ごま油と鶏ガラスープのもとを加える。2.を入れ色が変わったら豆腐を入れる。温まったら、しょうゆ少々(分量外)で味を調え、もずく、ネギ、酢を加える。お好みで花椒(かしょう)、ラー油、パクチーを加える。

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第2弾が発売!

f:id:g-gourmedia:20151214161038j:plain

この連載の単行本第2弾「親子でがっちょりおかん飯」が毎日新聞出版から12月10日に発売されました。掲載した41のレシピのほか、西原さんと枝元さんがお薦めの食材や料理道具9アイテムを紹介しています。西原さん描き下ろしのカットも見逃せません。
オールカラー128ページ、950円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る