凍らせた牛乳をミキサーで砕くだけ!超簡単な「氷牛乳のフラッペ」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。冷凍庫で氷を作る際に使う型に牛乳を流し込んで凍らせて作る「牛乳氷(氷牛乳)」を皆さんご存知でしょうか。夏場のちょっとしたデザートで作った経験がある方もいらっしゃるかもしれません。今回の記事では、この牛乳氷を使った簡単レシピをご紹介します。牛乳氷とインスタントコーヒーを一緒にミキサーでクラッシュするだけで出来るコーヒーフラッペ(フラペチーノじゃありません、悪しからず)と、練乳をかけて食べるあっさり味の氷ミルクです。(表参道・青山のグルメカフェ・スイーツ

凍らせた牛乳をミキサーで砕くだけ!超簡単な「氷牛乳のフラッペ」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

f:id:g-gourmedia:20160823183910j:plain

今回の料理:氷牛乳のフラッペ

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

 

懐かしい甘さ

枝元 お盆も過ぎましたけど、残暑厳しい折です。まだまだ冷たいお菓子が恋しいですよね。

西原 うちの息子は市販のレモンシャーベットを箱買いして、冷蔵庫がパンパンですよ。

枝元 今日は超簡単なフラッペを作ります。凍らせた牛乳をミキサーで砕くだけ!

西原 牛乳って凍らせていいとは知らなかった。

枝元 ほら、旅行とかで家を不在にするときに牛乳が残ってると困っちゃうでしょ。凍らせれば心配ご無用。

西原 これがその氷牛乳ですか。……あ、歯にくる。

枝元 知覚過敏。でもちょっと甘い味。これに濃いめのインスタントコーヒーを加えて。よし、ミキサーで粉砕していきますよー。

西原 お、なかなか難儀ですね。水分が少ないからか。

枝元 ギュイン、ギュイン! もうちょっとだ、ブウンブウン! ……なんか、暴走族になった気分。

西原 パラリラパラリラパラリラ。3連ホーンで。

枝元 詳しいっすね。

西原 高知はヤンキーだらけだったから。

枝元 高知は多いんですか。

西原 私の若いころは、第2次全盛期ですよ。とにかく暴れて、集団で暴走するのが一番かっこいいっていう時代。多様性がなかったですよね。オタクとかいないし、本だとか映画だとか、そういう情報がない。

枝元 あはは、若者に多様性がない時代。さあ、できました。

西原 懐かしい。子供のころ、高知のデパートの地下で食べたコーヒーソフトクリームの味。あれ、おいしかったなあ。ごちそうだった。

枝元 もう一個は、氷牛乳だけ砕いて、練乳をかけて。

西原 市販のアイスは生クリームとかも多くて、おばちゃんには重いけど、これはあっさり。

枝元 しゃりしゃりしてね。かき氷は難しいけど、これなら簡単。

西原 うだる暑さでも、これ食べたら目が覚めた!

枝元 ああ、おいしかった!

 

【構成・中川聡子、写真・中村藍】

 

 

氷牛乳のフラッペ

f:id:g-gourmedia:20160823184310j:plain

材料<2人分ずつ>

【コーヒーフラッペ】

  • 氷牛乳        12個分(1個あたり約20ミリリットルの製氷皿使用)
  • インスタントコーヒー 小さじ2
  • 水          50ミリリットル
  • 砂糖         大さじ1と1/2

【氷ミルク】

  • 氷牛乳   12個分
  • 砂糖    大さじ1と1/2
  • 練乳、ハチミツ、アイスクリームはお好みで

作り方

【コーヒーフラッペ】

  1. インスタントコーヒーを水に溶かし、氷牛乳、砂糖と一緒にミキサーにかける。お好みでアイスクリームをのせて完成。

【氷ミルク】

  1. 氷牛乳と砂糖をミキサーにかけ、練乳やハチミツなどをお好みでのせて完成。

 

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第2弾が発売!

f:id:g-gourmedia:20151214161038j:plain

この連載の単行本第2弾「親子でがっちょりおかん飯」が毎日新聞出版から12月10日に発売されました。掲載した41のレシピのほか、西原さんと枝元さんがお薦めの食材や料理道具9アイテムを紹介しています。西原さん描き下ろしのカットも見逃せません。
オールカラー128ページ、950円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る