読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料理研究家の出す料理じゃねえ!「餅豚キムチーズ」は取扱注意のメニューだ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

鶴橋でいただけるトッポギに通じるメニューが登場です!毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。本日ご紹介するメニューは「餅豚キムチーズ」。キムチやコチュジャンと餅の相性が抜群の危険なメニューです。ぜひお試しください。(鶴橋のグルメランチ

料理研究家の出す料理じゃねえ!「餅豚キムチーズ」は取扱注意のメニューだ【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

鶴橋 ランチ レシピ 西原理恵子

f:id:g-gourmedia:20160315023606j:plain

f:id:g-gourmedia:20160315023629j:plain

 

今回の料理:餅豚キムチーズ

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

男子飛び込み飯 

西原 お好み焼きやもんじゃのメニューにありそう。キムチ、チーズは息子が大好きなトッピングですよ。

枝元 うまいんです。「正月の餅がまだ残ってる!」なんてお困りの方に試してほしい。

西原 まずくなるわけがない組み合わせですよね。

枝元 餅に焼き色をつけます。

西原 餅は急に溶けたりするから、焼くの意外と難しい。

枝元 はい、急にくっついちゃって、団体戦になる。お餅は食べますか。

西原 子供は食べますけど、私は食べないですねえ。

枝元 お子さんは何味が好き?

西原 やっぱりバターしょうゆが一番人気ですね。あと、お雑煮は餅が液状化するまで溶かす派。

枝元 へえー。肉を炒めたら、餅を戻して最後にチーズでーす。

西原 だめだ、こりゃ。これ、男の料理だよ! おっさんの「よーしお前ら、うまいもん食わせてやる!」っていう料理。いたよね、近所にそういう気のいいおっさん。女性の繊細さがどこにも……。

枝元 あはは。でもこういう料理が、意外と女子をとりこにしたりして。

西原 息子の友達の女の子とかもうすでにおっさん化してるよね。「いやーん、私おなかいっぱいー」とかいうのはもう終わり。女子女子してるのは、中学から高校1年ぐらいまで。高校2年にもなったら、もうがっつり肉を食べてる。

枝元 そうでしょ、そうでしょ。早速いただきましょうよ。

西原 もう間違いないよ。キムチと餅ってこんなに合うのって感じ。男子はこの中にダイブして喜ぶね。「男子飛び込み飯」ですよ。

枝元 餅とチーズがかりっとしてるところがまたうまい!

西原 デブのもとだよー。

枝元 これね、実は白飯入れてもうまいんですよ……。入れてみる?

西原 餅をおかずにご飯!? 悪魔のささやき! 5キロは太るで!

枝元 大丈夫、大丈夫。

西原 危険、危険! みなさん、今回の料理は十分に注意なさって取り扱ってください!

 

【構成・中川聡子、写真・関口純】

 

 

餅豚キムチーズ

f:id:g-gourmedia:20160315023606j:plain

材料〈4人分〉

  • 餅      4
  • 豚バラ    150グラム
  • ごま油    小さじ1
  • キムチ    150グラム
  • ピザ用チーズ 70グラム
  • コチュジャン 小さじ1
  • しょうゆ   小さじ1
  • 塩、コショウ 各少々

作り方

  1. 餅を半分に切る。キムチはざく切りにして、豚バラは3〜4センチに切る。
  2. フライパンにごま油を引き、強火で餅を焼く。両面に焼き色がついたら、一旦取り出す。
  3. 肉を炒めて、色が変わり始めたら、塩、コショウを加え、キムチ、コチュジャン、2. の餅を入れる。
  4. 全体に油が回ったら、しょうゆを加え、最後にチーズを入れて、溶けたら完成。

 

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第2弾が発売!

f:id:g-gourmedia:20151214161038j:plain

この連載の単行本第2弾「親子でがっちょりおかん飯」が毎日新聞出版から12月10日に発売されました。掲載した41のレシピのほか、西原さんと枝元さんがお薦めの食材や料理道具9アイテムを紹介しています。西原さん描き下ろしのカットも見逃せません。
オールカラー128ページ、950円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る