読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもの魚肉ソーセージが高級食材に化けた! 「魚肉ソーセージのコチュジャン炒め」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

毎日新聞で好評連載中の「西原理恵子と枝元なほみのおかん飯/うみゃーうみゃー編」とぐるなび「みんなのごはん」がコラボ。「みんなのごはん」でも大好評連載の内容を配信しています。今回のメニューは「魚肉ソーセージのコチュジャン炒め」。西原さんと今回のゲストのお兄さんの貴彦さんにとって、兄妹の思い出の味だそうです。どんな料理よりも美味い魚肉ソーセージと油と白米!安価な食材が至高の味に変わるレシピをぜひお試しください。(渋谷のグルメ魚料理

いつもの魚肉ソーセージが高級食材に化けた! 「魚肉ソーセージのコチュジャン炒め」【西原理恵子と枝元なほみのおかん飯】

渋谷 ランチ レシピ 西原理恵子

f:id:g-gourmedia:20160217105950j:plain

f:id:g-gourmedia:20160217105958j:plain

 

今回の料理:魚肉ソーセージのコチュジャン炒め

f:id:g-gourmedia:20151224124805j:plain

兄妹の思い出の味

枝元 今回の特別ゲストは西原さんのすてきなイケメンお兄さんです!

西原 型落ちのハンサムでしょ。「スカイライン」に乗ってそうな。

枝元 昭和の男前。

貴彦 ギョニソ(魚肉ソーセージ)は兄妹の思い出の味。お菓子屋にばら売りしてて、食べながら遊んでたな。

西原 冷蔵庫にも入ってなかった。直射日光にがんがん当てられて。

枝元 昭和を支えた味ですよね。

貴彦 今でもアユ釣りの時は、腰のポケットに入れて行くんですよ。

枝元 えさ用ですか?

貴彦 じゃなくて、自分のえさ。高知の仁淀川は「NIYODO BLUE」と言われる清流。その渓谷でギョニソをかじる。友達に笑われるんだけど、うまいんですよ。

【この後は毎日新聞ニュースサイトでお読みください】

 

西原理恵子と枝元なほみのおかん飯、単行本第2弾が発売!

f:id:g-gourmedia:20151214161038j:plain

この連載の単行本第2弾「親子でがっちょりおかん飯」が毎日新聞出版から12月10日に発売されました。掲載した41のレシピのほか、西原さんと枝元さんがお薦めの食材や料理道具9アイテムを紹介しています。西原さん描き下ろしのカットも見逃せません。
オールカラー128ページ、950円(税込み)です。

みんなのごはんでも紹介してきた人気レシピの数々。ぜひ、手に取ってご覧ください!

 

リクエスト募集します!

西原理恵子の「おかん飯」with枝元なほみ】では、全国の読者の皆様、生産者や食に関わる方々から、「この食材でレシピを考えて」「ぜひ食べてみて」というリクエストを募集します。野菜、魚介、肉、加工食品、調味料など食材のジャンルは問いません。自慢の一品を「おかん飯」でアピールしてみませんか。

応募はメール(onna@mainichi.co.jp)か、郵便で、〒100-8051(住所不要)毎日新聞生活報道部「おかん飯」係まで。

 

 

 

毎日新聞での連載はこちらから。


西原理恵子と枝元なほみのおかん飯 - 毎日新聞

                             
ページ上部へ戻る