「女性とバーに行ったらどんなカクテルを注文すればいいのか問題」を解決したい!

バーでの注文の仕方は、悩むところですね。順番やマナー、オススメなど初心者では分からないことばかり。こちらの記事で勉強して、女性と一緒にバーに行った時は、スマートにオススメのカクテルを注文してくださいね。今回、バーでの注文の仕方を教えてくださったのは、元AKB候補生の女性バーテンダー、小栗絵里加さん。舞台は小栗さんのバー「アルジャーノン シンフォニア」(東京都港区赤坂3-10-6 雪華堂ビル3F)です。どんな話が聞けたのでしょうか。(赤坂のグルメバー

「女性とバーに行ったらどんなカクテルを注文すればいいのか問題」を解決したい!

f:id:notefm:20170725165353j:plain

こんにちは、ライターの宇内です。

今年で34歳になりました。大人の男と言ってもいい年齢ですよね。

大人の男といえば、何を思い浮かべますか? おそらくみなさんは、こう答えるでしょう。

 

f:id:notefm:20170824173740j:plain

そう、バーです。

30代半ばともなれば、女性とバーでデートするなんて当たり前という人も多いのでは? しかし僕はバーに行ったことがありません。なぜかというと……

 

f:id:notefm:20170824173745j:plain

そう、バーのことを知らなすぎるので、思わぬところで赤っ恥をかいてしまうのではないかと心配なのです。バーには「レモンサワー」がないことも、つい最近知りました

というわけで今回は、

 

「バーで恥をかかない注文の仕方」

「カッコいい注文の仕方」

 

など、バーについての気になる質問を、最適な人に聞いてみたいと思います。

 

出演者紹介

今回ご協力いただくのはコチラの方。

 

f:id:notefm:20170824173750j:plain

女性バーテンダー・小栗絵里加さんです!

小栗絵里加(おぐり えりか)
赤坂のバー「Algernon Sinfonia(アルジャーノン シンフォニア)」メインバーテンダー兼マネジャー。元AKB48候補生。元アイドル。芸能界引退を機にバーテンダーの道を志し、キャリアは10年以上。シガーソムリエ、テキーラマエストロの資格を持つ。女性バーテンダー日本一を決める競技会「なでしこカップ」第5回の優勝者。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
女性バーテンダーさんなら、お酒に詳しいだけでなく女性目線からの意見ももらえそうなので、今回は最適な人選だと思っています。元アイドルで美しい小栗さんの画像を盛り込めば、記事が一段と華やかになるという狙いもありますので、どうぞよろしくお願いします。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
いきなりハードル上げないでください!

  

バーに行くなら最低限知っておきたいこと

f:id:notefm:20170725151124j:plain

f:id:notefm:20170824174643j:plain
バーで恥をかかないために、「最低限これは知っとけ」というポイントってありますか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
なんでもお酒がそろっているわけじゃないってことは、覚えておいたほうがいいと思います。たまに、緑茶ハイとかウーロンハイを注文されるお客さんがいるんですよ。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
レモンサワーもないんですよね?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
はい。バーは基本的に洋酒がメインなので、焼酎や日本酒、生ビールは置いてないところのほうが多いです。もちろん例外もありますけど。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
お客さんからレモンサワーを頼まれることってありますか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
ありますよ。レモンサワーを頼まれたら「レモンサワーみたいなカクテルがありますよ」って勧めます。ジンフィズとか、TUMUGI(つむぎ)フィズとか。

 

f:id:notefm:20170725162236j:plain

こちらがTUMUGI。日本発のスピリッツ(蒸留酒)で「和ピリッツ」とも呼ばれる。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
レモンサワーが好きな人は、ジンフィズとTUMUGIフィズの2つは覚えておいたほうがよさそうですね。今「カクテル」と聞いて思ったんですけど、そもそもカクテルって何なんでしょうか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
「お酒+何か」を混ぜたものを「カクテル」と呼びます

f:id:notefm:20170824174643j:plain
なるほど。カクテルって何種類くらいあるんですか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
無限ですね! 例えば、家にあるヨーグルトとジンを混ぜたら、それもカクテルって言えます。「お酒+何か」なら、なんでもカクテルになり得るんですよ。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
へー! 無限もあったら覚えられないですよね。ある程度カクテルの名前とか由来なんかを暗記しておいたがほうがいいですか? 女性にお酒のウンチクを披露するために。

 

f:id:notefm:20170725150321j:plain

「ウンチクをひけらかすのはNGです」

f:id:notefm:20170824174643j:plain
えっ……!? バーって男がウンチクを披露するための場所じゃないんですか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
女性ってよっぽどお酒に詳しい人でない限り、お酒の雑学を聞かされても面白くないと思うんですよね。バーテンダー相手にお酒の話をするのはいいんですけど。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
なるほど。女性から言われると説得力があるな……。

  

女性のお酒はどう選べばいい?

f:id:notefm:20170725151905j:plain

f:id:notefm:20170824174643j:plain
ウンチクNGってことでしたけど、ある程度はお酒に詳しくないと、お連れした女性にお酒を選んであげられないですよね。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
女性のカクテルを男性が決めるのは、私は基本的にNGだと思ってるんですよ。

 

f:id:notefm:20170725152936j:plain

「えっ……!? なんで?」

f:id:notefm:20170824174902j:plain
男性に勝手に決められるのって、ちょっと怖いですよね。ある男性の方が、飲み口が良くて度数の高い「ロングアイランド・アイスティー」を女性に勧めておきながら、自分は女の子が頼むようなやさしい「スプモーニ」を注文していたことがあったんですよ。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
……つぶそうとしている?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
そうなんです! 女性をつぶそうとしてるんだなってわかったから、ちょっとやさしめに作って出したんですけど。結局、一口飲んで「こんな強いの飲めない!」って女性に言われて、男性が自分で飲むハメになってましたね。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
コントっぽい! そういう飲みやすくて強いお酒は「レディーキラー」って言うんでしたっけ?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
そうです。自分がレディーキラーを頼まれたら嫌だし、もうその人と飲みたくないって思うはずなんですよ。だから、女性に「次もまた来たい」って思わせるような頼み方をしてほしいですね。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
例えば、どんな感じですか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
女性から好みや苦手なものをうまく聞き出せるとスマートですね。「お酒は強い?」とか「炭酸は入っていても大丈夫?」とか。それをバーテンダーに伝えて、「あとはおまかせでお願いできますか?」ってパスを出す。こういう男性ってステキだと思います。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
やだ、ステキ……。

 

自分のお酒はどう注文するのがスマート?

f:id:notefm:20170725155403j:plain

f:id:notefm:20170824174643j:plain
マティーニとかギムレットって、なんかカッコいいカクテルってイメージがありますけど、実際、頼まれるお客さんって多いですか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
ギムレットはさっぱりして飲みやすいので、夏場はとくに多いです! カッコいいというよりも、うちのお店では飲み慣れている人が注文するカクテルですね。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
カッコつけ目的ではないんですね。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
「カッコよさそう」だけで頼むと、失敗するリスクがあります。ギムレットもマティーニも「お酒にお酒を混ぜたカクテル」だから度数が高いんですよ。アルコールに弱い人だと飲めないと思います。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
チョイスを失敗したみたいなお客さんっていましたか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
むかし働いていたお店で、マティーニ1杯飲むのに1時間以上かかってる人がいましたね。ずっとお水ばっかり飲んでいて。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
マティーニを入れるグラスはどれですか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
コレです。

 

f:id:notefm:20170824173835j:plain

f:id:notefm:20170824174643j:plain
結構小さいですね。これを1時間以上もチビチビと?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
早い方だと、3口くらいで飲んじゃいますね。知らずに頼むと、濃くて飲めたものじゃないのかもしれません。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
それはちょっとカッコ悪いなぁ……。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
カッコつけて失敗するくらいだったら、飲んだことのあるものを頼むか、バーテンダーと相談しながら決めるほうがスマートだと思います。

 

「わかってる人だな」と感じる注文は?

f:id:notefm:20170725155210j:plain

f:id:notefm:20170824174643j:plain
この人やるなぁ、と思う注文の仕方ってありますか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
カクテルを飲んだから次はウイスキーみたいに、軽いものからどんどん重たくしていく。そういう「コース仕立て」で頼まれるとカッコいいなって思います。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
そういう人って、店に来る前から、自分の中でコースを組み立てているんですかね?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
そうかもしれません。バックバーを見てコースを考える人もいますね。

 

f:id:notefm:20170725152100j:plain

バックバーとは、カウンターの後ろにある、お酒のボトルを並べた棚のこと。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
あとは、「今日は5杯飲もうと思っている。2杯目までは軽いカクテルで、残りの3杯はウイスキーにしたいんだけど、決めてくれる?」みたいに頼まれると、やるなぁって思います。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
それはスゴい。バーテンダーの腕前を試しているんですかね。めちゃくちゃ「こなれてる感」があるなぁ。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
「いつもコレ飲んでるんですけど、似たようなお酒でオススメはないですか?」と聞かれたり、「今日は気分を変えて、コレいってみませんか?」って提案して乗ってくれたりすると、楽しい人だなって思います。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
毎回同じお酒を頼むより、そっちのほうが楽しそうですね。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
お酒の広がりを楽しめる人はオシャレだと思います! もちろん飲みたいものを飲むのが一番なんですけど。

 

バーテンダーを困らせる注文

f:id:notefm:20170725151727j:plain

f:id:notefm:20170824174643j:plain
バーテンダーさんを困らせちゃうのはカッコ悪いと思うんですけど、困る注文ってありますか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
僕をイメージして作って」は、ちょっと困りますね。仲のいいお客さんならわかるんですけど、初めての方だと……。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
「知らんし」ってことですよね。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
はい……。でも、バーテンダーはお客さんに恥をかかせないのも仕事の1つなので、初めていらっしゃった男性にそう言われた場合は、「アドニス」というカクテルをよくお出しします。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
どんなカクテルなんですか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
アドニスは、ギリシャ神話に出てくる絶世の美男と言われていた男性の名前です。なので、「美男のカクテル、お客さんにピッタリですね」って言ってお出しします。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
なるほど。お世辞を使うわけですね!

 

f:id:notefm:20170725153246j:plain

笑ってごまかす小栗さん。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
アドニスは、美の女神・アフロディーテの恋人だったんですけど、最期は他の男に嫉妬されて殺されちゃうんですよ。お客さんにその話をした後、「くれぐれも気をつけてくださいね」って。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
うまいな〜!

f:id:notefm:20170824174902j:plain
その人の見た目じゃなくて、背景を教えていただけると決めやすいですね。たとえばアメリカに留学していた人なら、アメリカ産の何かを混ぜたカクテルとか、そういうふうに決めることもできるので。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
なるほど。ほかにも困ってしまう注文はありますか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
う〜ん、そうですねぇ……。

 

f:id:notefm:20170725155456j:plain

「エクストラ・ハードシェークって言われた時とか」

f:id:notefm:20170824174643j:plain
なんですかソレ? めちゃくちゃ強く振るってこと?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
ハードシェークよりも強く振るっていう意味の造語だと思います。シェーカーで強く振ると、氷が溶けてお酒の味わいがやさしくなるんですよ。やさしいお酒が好きな方なんでしょうね。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
エクストラ・ハードシェーク、やったんですか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
私なりのエクストラ・ハードシェークでお出ししました。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
とことん恥をかかせませんね。さすがです。

 

みんな、最初の1杯は何を飲んでるの?

f:id:notefm:20170725153108j:plain

f:id:notefm:20170824174643j:plain
実際、お客さんからはどんなお酒を注文されることが多いですか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
夏なら1杯目はだいたいハイボールかビールです。(※取材日は7月25日。暑い日だった)

f:id:notefm:20170824174643j:plain
あ、居酒屋と大差ないんですね! ハイボールのベースって、ウイスキーでしたっけ?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
厳密には、ソーダ割りならなんでもハイボールになるんですけど、バーでいうハイボールは基本的にウイスキーですね。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
でも、ウイスキーにもいろいろ種類があるんですよね?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
はい。たくさんあります。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
ハイボールを頼んで「どのウイスキーにしますか?」って聞かれたら、初心者は答えられないと思うんですけど……。

 

f:id:notefm:20170725145828j:plain

f:id:notefm:20170824174902j:plain
それ、あるあるなんですよ! ベースのウイスキーの好みを聞いても、意図が伝わらないことがありまして……。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
サワーだけじゃなくて、ハイボールにも恥をかくリスクがあるってことか!

f:id:notefm:20170824174902j:plain
ハイボールを頼むときは、バーテンダーに「オススメのハイボールは?」とか「飲みやすいハイボールは?」って聞くといいかもしれません。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
それ、初心者は知っておいたほうがいいですね。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
私はお客さんが恥をかかずに済むように「クセのないウイスキーと、クセのあるウイスキー、どちらで割りますか?」って選択権を与えるようにしています。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
やさしい……。じゃあ、ウイスキーの銘柄を暗記しておかなくても、なんとかなりそうですね。

 

女性と一緒にいる設定で、実際に注文してみた

f:id:notefm:20170725164013j:plain

f:id:notefm:20170824174643j:plain
いろいろ教えていただいたので、うまく注文できる気がしてきました。ちょっと練習してもいいですか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
いいですよ!

f:id:notefm:20170824174643j:plain
僕の隣に女性がいるっていう設定で、女性にいろいろ聞き出して、小栗さんにパスを出しますね。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
わかりました。

 

f:id:notefm:20170725151236j:plain

「次は何飲む? お酒は強いんだっけ? ビール3杯くらいなら余裕か、なるほど……えっ? 飲むとすぐほっぺが赤くなっちゃうんだ? 血行がいいのかもしれないね!」

 

f:id:notefm:20170725145343j:plain

「……」

 

f:id:notefm:20170725151251j:plain

「好きな食べ物は? オッサンみたいな食べ物? 例えば? ナマコ酢と、白子。たしかにオッサンくさい(笑)。外見はかわいいのに、またそのギャップがいいよね。でも、痛風にならないように、くれぐれもご注意を(笑)」

 

f:id:notefm:20170725145343j:plain

「……」

 

 f:id:notefm:20170725151236j:plain

「好きなフルーツは何? かんきつ系か……。輪切りのレモンが入っているアイス? もしかして『サクレ』のこと? あれ確かにめっちゃうまいよね!」

 

f:id:notefm:20170725154352j:plain

f:id:notefm:20170824174643j:plain
小栗さん。そんな彼女に、おまかせで見繕っていただけますか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
わかりました。じゃあ、「テキーラ・サンライズ」にしましょうか!

f:id:notefm:20170824174643j:plain
スゴい! すぐ決まった!! テキーラ・サンライズはどんなカクテルなんですか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
朝日が昇ってくるところをイメージしたカクテルです。テキーラにオレンジジュースを入れて、最後に赤いザクロのシロップを沈めます。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
なるほど。彼女の好きな、かんきつ系を選んでくれたんですね。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
あと、底に沈めた赤いシロップをかき混ぜると、オレンジから赤に色が変わるんですよ。「ギャップ」のある彼女にピッタリだと思います。あと「飲むと頬が赤くなる」とも言っていたので。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
おお、ピッタリですね!

 

f:id:notefm:20170824173951g:plain

こちらが、テキーラ・サンライズ。テキーラと聞くと度数が高いイメージがあるが、一般的に、テキーラは38〜40度ほど、ジンは47度くらいのものを使っているので、テキーラ・サンライズは一般的にジントニックよりも口当たりがやさしいんだとか。

 

f:id:notefm:20170725165326j:plain

甘くて、ジュースのようにグイグイ飲める。これなら女性も喜びそう。

 

自分のお酒も頼んでみた

f:id:notefm:20170824174643j:plain
僕のカクテルも選んでもらっていいですか? ちなみにお酒はまぁまぁ強い方だとは思うんですけど、悪酔いしないように、量もアルコール度数も抑えて飲むことが多いですね。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
なるほど。さきほどからお話している感じだと、宇内さんは、はっちゃけるタイプの人ではないですよね。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
そうですね。温和で人懐っこく、気さくな人柄です。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
それ、ふつう自分で言わないですよね。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
でも、昔はわりとはっちゃけてたかも……。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
それなら、はっちゃけたカクテルにしましょうか。「パローマ」はいかがでしょうか? テキーラ、グレープフルーツジュース、トニックウォーターを混ぜて作る、夏っぽいカクテルです。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
いいですね! では、パローマをください。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
わかりました!

 

f:id:notefm:20170725164320j:plain

こちらが、パローマ。シンプル・イズ・ベストといった見た目だ。

 

f:id:notefm:20170725165051j:plain

さわやかな飲み口で、確かに夏っぽい。ほろ苦くて、大人の味がする。 

f:id:notefm:20170824174902j:plain
テキーラ・サンライズもパローマも、同じテキーラベースのカクテルです。同じベースのカクテルで乾杯しているカップルって、つながってる感じがしてステキだと思うんですよね。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
ステキ……。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
「ブルイックラディ」っていうスコッチ・ウイスキーがあるんですけど、同じ蒸留所でジンも作っているんですよ。それを知っている男性のお客さんが、「僕はブルイックラディのストレート。彼女には同じ蒸留所のジンで、ジントニックを作って」って注文されて、ステキだなって思いました。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
ステキすぎ……。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
さっき「男性が女性のお酒を選ぶのはNG」って言いましたけど、こういう頼み方ならすごくいいと思います!

f:id:notefm:20170824174643j:plain
同じ蒸留所とか、同じベースで注文するのは上級者って感じがしますね。マネしよう。
ちなみに、上級者は「ツーフィンガーで」とか言うんですか?

 

f:id:notefm:20170824174026j:plain

f:id:notefm:20170824174902j:plain
ツーフィンガーって……昭和感がありますね! 今はダブルって言います。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
えーっ! ツーフィンガーって言わないんですか!?

 

f:id:notefm:20170824174030j:plain

日本では、シングルは約30ミリリットル、ダブルは約60ミリリットル。ワンフィンガー(指1本)でシングル、ツーフィンガー(指2本)でダブルとするやり方がある。 

f:id:notefm:20170824174643j:plain
中学の頃、『稲中卓球部』っていうマンガが流行ってて、マンガのなかで男子たちがツーフィンガーを知ったかぶりするシーンがあったんですよ!

f:id:notefm:20170824174902j:plain
たぶん、ワンフィンガーとかツーフィンガーって、死語に近いと思いますよ。でも、場が和むので、一周まわってアリかもしれません!

f:id:notefm:20170824174643j:plain
そうなんだ……。知ってる用語を調べもせずに使うのは危険ですね。

 

結論

f:id:notefm:20170725164500j:plain

f:id:notefm:20170824174643j:plain
じゃあ、まとめてみましょう。

 

f:id:notefm:20170824174039j:plain

f:id:notefm:20170824174643j:plain
……こんな感じでしょうか?

f:id:notefm:20170824174902j:plain
そうですね! 聞くことは全然恥ずかしいことじゃないですから。バーテンダーの仕事は好みを教えてもらって、そこから先を考えることなので。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
それを聞いて安心しました。では最後に、バーという空間をより楽しめるようになるポイントがあれば教えてください。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
何か1つでもいいから、自分好みのお酒を見つけること。見つけたら、そのお酒に似たようなものを飲んでみる。そこからまた枝分かれして、どんどんお酒が広がっていきます。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
好きなお酒を超えるものが出てきたら、テンション上がりそうですね。

f:id:notefm:20170824174902j:plain
あとは、バーテンダーとの会話も1つの楽しみとしていただければ。お酒に関することじゃなくて、雑談でいいので。

f:id:notefm:20170824174643j:plain
ツーフィンガーの話とか?

 

f:id:notefm:20170824174045j:plain

 

(おわり)

 

 

小栗さんのお店

店名:Algernon Sinfonia(アルジャーノン シンフォニア)

住所:東京都港区赤坂3-10-6 雪華堂ビル3F

TEL:03-3586-0535

営業時間:17時半〜24時(金曜は17時半〜翌2時)

URL:http://atcf.jp/algernonsyn/

r.gnavi.co.jp

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

 

筆者プロフィール

f:id:notefm:20170825141003j:plain

宇内一童(うない いちどう)

コンテンツメーカー・ノオトのライター、編集者。気さくな人柄。
Twitter:@EinsWappa

 

撮影:藤原葉子

                             
ページ上部へ戻る