あのデカ盛り居酒屋はやっぱり赤字だった……上板橋「花門」がそれでもデカ盛りをやめない理由

上板橋にある、人気の居酒屋「花門」を本日はご紹介します。板橋でデカ盛りのランキングがあれば間違いなく1位なのがこちらの居酒屋「花門」。おすすめの理由はなんと言ってもそのリーズナブルさと、店主さんと奥さんの人情と心意気です。赤字なのにデカ盛りをやめないのには、ふか~い理由がありました。(板橋のグルメ居酒屋

あのデカ盛り居酒屋はやっぱり赤字だった……上板橋「花門」がそれでもデカ盛りをやめない理由

こんにちは!

最近は昼ご飯が1食じゃ足りず、友人とのランチの後にこっそりもう1軒行っている大食いグルメライターの猫田です。

 

f:id:nekotashigeru:20170504181832j:plain

この頃、テレビやネットで話題に上がっている上板橋の「花門」。イラン人店主が経営する居酒屋で、とにかくデカ盛りで安いと評判です。一体どれだけすごいのか、怖いもの見たさで突入してみました。

 

お店は上板橋駅から徒歩7分ほどの商店街はずれにあります。

f:id:nekotashigeru:20170504181848j:plain

 

外観からして「普通の店ではないな」ということが分かります。

f:id:nekotashigeru:20170504181902j:plain

 

店内に入ってもカウンターの上が尋常じゃないことに気付きます。

f:id:nekotashigeru:20170504181920j:plain

 

店主のマンスールさんは底抜けに明るい53歳。「今お店が流行ってもねえ~若い時にいっぱい来てほしかったヨ!」と笑います。

f:id:nekotashigeru:20170504181934j:plain

 

噂どおり全品税込400円

f:id:nekotashigeru:20170504181949j:plain

カルボナーラパスタ、チャーハン、オムライス、ジャージャーめんなどメニューは50種ほどあり、まさかの全品400円です。冷やしトマトとオムライスが同じ値段というのも不思議ですが、欲のない人はコスパなど考えずに食べたいものを頼むのでしょう。

オススメを尋ねると、メニューに小っさい字で書いてある「おまかせサラダ」とのこと。早速、前菜程度にオーダーしてみます。

 

「その時計で2分待ってね」と言われたが・・・

f:id:nekotashigeru:20170504182041j:plain

見ると針がありません。脱力・・・。ただ、針がない理由については深い理由があるのでまた後ほど

 

じゃーん!おまかせサラダができました。直径30cmはある皿に、野菜たちがボロボロと雪崩を起こしながらかろうじて標高を保っています。

f:id:nekotashigeru:20170504182100j:plain

 

かなり雑に切られた豆腐に、

f:id:nekotashigeru:20170504182110j:plain

 

ホール1缶?と思えるコーンや、1玉輪切りにしたトマト。

f:id:nekotashigeru:20170504182121j:plain

 

卵入りのポテトサラダ。

f:id:nekotashigeru:20170504191445j:plain

 

これは序の口なのでしょうが、とても一人で食べきれない量です。

f:id:nekotashigeru:20170504182130j:plain

 

 「次できたよ~!」。振り返ると、そこには何かの逆襲のような唐揚げの山が。 

f:id:nekotashigeru:20170504182157j:plain

 

マヨネーズも大放出です。 

f:id:nekotashigeru:20170504182207j:plain

 

1個10cm・・・。

f:id:nekotashigeru:20170504182217j:plain

 

箸で持つのも重い。

f:id:nekotashigeru:20170504182226j:plain

 

せっかくなので何かイラン料理を出してくださいとお願いすると、カメラ慣れしたポーズとともに出てきたのは「イラン人気ロール」

f:id:nekotashigeru:20170504182244j:plain

 

トルティーヤのような皮に、クミンで味付けしたジャガイモや野菜の煮込み、豆、ゆで卵、チーズなどが巻いてあります。ここの料理の中では量が控えめかななどと思い始めたら、麻痺している証拠です。

f:id:nekotashigeru:20170504182300j:plain

 

ベーコンエッグを注文すると、「卵1個から9個まで選べるよ」と言われぶったまげました。迷わず9個でお願いすると、想像通りのものが出てきました。

f:id:nekotashigeru:20170504182310j:plain

 

黄身も固めのものから半熟のものまであり、大勢で来たら好みの焼き具合のものを選べそうです。

f:id:nekotashigeru:20170504182321j:plain

 

・・・何かを作っている。

f:id:nekotashigeru:20170504182332j:plain

 

フライパンに大量のご飯を投入し、手際よく炒め、

f:id:nekotashigeru:20170504182343j:plain

 

卵で閉じ・・・(閉じられてない)

f:id:nekotashigeru:20170504182353j:plain

 

 「オムカレーチャーハンだよ~!」 

f:id:nekotashigeru:20170504182403j:plain

 

チャーハンは普通のチャーハンとキムチチャーハン、オムチャーハンがありますが、オムカレーチャーハンはドライカレーのようなご飯が卵にくるまれたもの。まるで枕ですね。

f:id:nekotashigeru:20170504182432j:plain

これで寝たらいい夢見られそうです。

 

どう見てもおかしい食卓

f:id:nekotashigeru:20170504182454j:plain

4~5人の宴会のような食卓ですが、全部1人前です。400円×5品=2,000円なのです。

 

f:id:nekotashigeru:20170504182517j:plain

 

肝心の味は・・・

f:id:nekotashigeru:20170504182530j:plain

唐揚げはちゃんとモモ肉を使用していてカリッとジューシーです。 

 

f:id:nekotashigeru:20170504182547j:plain

イラン人気ロールは皮の強度が具の重量感に耐え切れず形状保持が困難。時間が経つと皮が破れ始めますが、中身は野菜のシャキシャキ感や豆のゴロゴロ感が楽しめて食べ応え十分です。

 

f:id:nekotashigeru:20170505223056j:plain

オムカレーチャーハンもいい味! 炒め方が大雑把で時おり味のない白飯が混ざっているのもご愛嬌。カレー粉とエキゾチックなスパイスの風味がクセになります。

 

丼で何かが出てきた

f:id:nekotashigeru:20170504182558j:plain

「これ何ですか?」と聞くと「サラダのドレッシング!」。・・・つけ麺のタレかと思いました。オーロラソース(ケチャップ×マヨネーズ)で、これもカロリストにはたまりませんね。

 

チャーハンはご飯4~5合

f:id:nekotashigeru:20170504182611j:plain

オムカレーチャーハンの断面も絶景です。ご飯4~5合ほど使うそうです(!)

 

f:id:nekotashigeru:20170504182625j:plain

しかも食べきれなかったら持ち帰り用にパックを無料でくれます。

 

赤字じゃないのか?「赤字でーす!」

f:id:nekotashigeru:20170504182635j:plain

マンスさんはこう見えても画家で、二科展でも入賞経験があるほどの腕前。ですが決してお金持ちでも土地持ちでもありません。1988年に日本に日本語を勉強に来て、奥様のきよみさんと出会って結婚し、学生時代に居酒屋でアルバイトをした経験を活かして今の店を25年前にオープン。ただし当時はデカ盛りでも激安でもない、普通の居酒屋でした。

f:id:nekotashigeru:20170504182650j:plain

 

それがなぜこんなになってしまったのかというと・・・

f:id:nekotashigeru:20170504182715j:plain

 

全ては「赤ちゃんのためにお肉を食べさせてあげたい」から始まった

f:id:nekotashigeru:20170504191358j:plain

それは23年ほど前まで遡ります。ある日、お店に若い夫婦がやってきました。女性は妊婦。メニューの中にある「サイコロステーキ」を食べたいと言った奥さんに対して、旦那さんは「800円・・・高いよ」と別のメニューにするよう促したのを、マンスさんは聞き逃しませんでした。

結局夫婦は380円の焼きそばを頼みましたが、マンスさんはその日の夜、胸が痛みました。

「サイコロステーキがもっと安ければ、妊婦さんは食べられたのに。お腹の中の赤ちゃんのために栄養をつけられたのに」。

そして決心しました。

「じゃあ全部380円にしよう。そうすれば好きなものを食べてもらえる」。

早速メニューを全部380円に赤字で書き換えたマンスさん。その理由を聞かされていなかった妻のきよみさんは唖然とするものの、特に反対はしなかったそうです。

f:id:nekotashigeru:20170504183049j:plain

それからしばらくして、くだんの夫婦がやってきました。「あれ?全部380円になってる」と驚く2人。旦那さんの「好きなもの食べていいよ」という言葉に、奥さんはあの日食べられなかったサイコロステーキを注文。マンスさんはつい嬉しくなってしまい、量を2倍にして出してしまったそうです。なぜ半額なのに量は2倍になってしまったのか、という質問に、マンスさんはこう答えたと言います。

 

「うちは儲かってるからね、値段を安くして量を増やすことにしたんだ」

 

絶対に本当のことは教えません。「嘘も方便っていう言葉覚えてね〜」と笑うマンスさん、なんと優しい嘘つきなのでしょう。ここから激安デカ盛りが始まってしまったのです。

 

しかしデカ盛りは加速。「期待を裏切りたくないから、どんどんデカくなった」

f:id:nekotashigeru:20170504191907j:plain

とはいえ、当時は今ほどデカ盛りではなかったとか。全品380円なのに大盛りの店、として雑誌やテレビに取り上げられるようになると、それを見たお客さんが期待を膨らませて店にやってきます。マンスさんは「ガッカリさせたくない!」という一心で、テレビより盛るように心がけ、さらにそれが取材されるとまた盛り、増量に増量を重ねて今の状態になったそうです。「テレビが嘘をついたって、テレビ局の人たちにも迷惑かけたくないからね」とどこまでも善良です。しかも今でも「期待を裏切りたくない」と増量は続いているそうです。 

 

ドリンク1杯が花門を救う!!

f:id:nekotashigeru:20170504182918j:plain

激安デカ盛りを貫くために、マンスさんは並々ならぬ仕入れの工夫をしています。毎日スーパーや八百屋をスクーターで回り、1円でも安く買うため必死です。ですが最近は食材高騰で原価は高くなるばかり。「このままじゃ潰れちゃう。でも、来た人がドリンク1杯でも頼んでくれると助かるんです」。

そう、皆さん間違えないでください。花門は“居酒屋”です。デカ盛り食堂ではないのです。居酒屋というからには、お酒を飲むのが本筋です。居酒屋に来てお酒を頼まないのは、寿司屋に入って「魚ヌキで」と言うのと同じようなものです。

過去にはデカ盛りマニアが8人で来て料理5品と水だけで帰ったこともあるそうです。でも、マンスさんはそんなお客さんに何も言いません。笑顔で見送りますが、心は切ない気持ちでいっぱいです。皆さんに私からお願いします。花門がずっと存続してくれるよう、ドリンクを頼んでください!もちろん飲めない方にはソフトドリンクもあります。

 

針のない時計にも泣ける話が・・・

f:id:nekotashigeru:20170504182959j:plain

先ほどの針のない時計。しかもたくさん飾ってあります。なんの冗談かと聞いたら、「東日本大震災の後、あの時間を忘れないように2時46分で止めた時計をたくさん飾っていた。でも、震災で子供を亡くしたお父さんがお店に来て、それを見た途端泣き出してしまった」。だから全部の針を取ってしまったそうです。本当に心の優しいマンスさんです。

 

激烈に忙しくてもにこやかなスタッフ

f:id:nekotashigeru:20170504183012j:plain

妻のきよみさんを始め、スタッフも和気あいあい。どんなに忙しくても笑顔で冗談を言いながら楽しそうに働いています。取材日も団体客で満席。「さあ今日も忙しくなるよ、カンパーイ」とお茶で出陣式をする3人。このお店の人気の理由はデカい・安いだけではないのです。

 

笑顔で「自転車操業です!」

f:id:nekotashigeru:20170504183034j:plain

マンスさんのダジャレに本心から爆笑しているきよみさん、本当に仲良しです。そんなきよみさんに「こんなに安くて不満じゃないのか」と問うと、まさかの「不満ですよ!値上げしろって言ってます。25年間自転車操業を貫いています」。そう言いつつも笑顔。マンスさんの儲けより人に喜んでもらいたいという経営方針に異論はないのです。

 

f:id:nekotashigeru:20170504185443j:plain

ちなみにマンスさん、このお店でまだあまり知られていない「食べ放題コース」なるものが存在しているとこっそり明かしてくれました。なんと1人3,000円で食べ飲み放題!料理は「ストップがかかるまで出す」という暴力的なバカ食いコースですが、マンスさんは「絶対お得よ!」とアピール。いや、また赤字になるからやめといたほうが・・・。

 

f:id:nekotashigeru:20170504193448j:plain

花門のブログもあります。けっこうこまめに更新してるのね~と思いきや、このブログ全く別人が書いているのだとか!しかもお店のファンであるというだけで、2015年から写真や記事をせっせと投稿し続けている「メルシィ」さん。マンスさんのけっこうまじめな画家活動についても紹介されているので、ぜひ「花門にカモン!」をご覧ください。

 

紹介したお店

花門

住所:東京板橋区上板橋3-6-7

TEL:03-3935-9222

r.gnavi.co.jp

 

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

 

 

 

 

プロフィール

猫田しげる

デカ盛りと食べ放題を求めて津々浦々。おいしいものもおいしくないものも大好きです。

 

猫田しげるの以前の記事はこちら

r.gnavi.co.jp

 

r.gnavi.co.jp

 

r.gnavi.co.jp

 

r.gnavi.co.jp

 

r.gnavi.co.jp

r.gnavi.co.jp

                             
ページ上部へ戻る