読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

13時以降はカレー食べ放題!東京駅・八重洲地下街の穴場「エリックサウス」で無限カレー天国

東京駅には改札の中にも外にも食事をするのに困らないほど様々な美味しいお店が軒を連ねています。構内から出てさらにグルメタウンを形成しているのが八重洲地下街。カレーだけとってもカレーパンやカレーライス、カレーうどんやナンなど、いろんなカレーを楽しめますよね。ランチをするのも目移りしてしまいますが、八重洲地下街に本格的南インドのカレーが13時以降は食べ放題で楽しめる無限カレー天国があるのをご存知でしょうか…?お店の名前は「エリックサウス」。東京駅地下街ランチの穴場です!これはいくしかありませんね。(東京駅(八重洲)のグルメカレー

13時以降はカレー食べ放題!東京駅・八重洲地下街の穴場「エリックサウス」で無限カレー天国

東京駅(八重洲) グルメレポ

f:id:g-gourmedia:20170303182510p:plain

こんにちは!デカ盛りと食べ放題を求めて津々浦々のライター、猫田しげるです。

 

本日の舞台は、巨大ラビリンス・東京駅地下街。

東京人でもどこに何があるのか覚えられない、ましてや観光客の方なら迷うこと必至ですね。うっかりすると改札の中に入ってしまったり出てしまったり、自分がいるのが1階なのか地下なのか分からなくなってしまう・・・

そんな都内最大級の地下迷宮で「ごはんを食べる」となると、パニクって意向と違う店に飛び込んで後悔しかねません。

 

が!

そのラビリンスに、ここに行っとけば間違いない!というスゴい店があるんです。

今回はそんな知られざる東京駅の穴場をご紹介します。

 

f:id:g-gourmedia:20170303165903j:plain

東京駅八重洲口方面で地下にもぐり、八重洲地下街(通称ヤエチカ)の2番通りをずんずん奥へ進みます。あまり来たことがない人は、こんな奥?と心配になってきますが、信じて進みましょう。

 

f:id:g-gourmedia:20170303170143j:plain

突き当たり付近に見えてくるのが、「エリックサウス」。

 

f:id:g-gourmedia:20170303170157j:plain

ここの何が凄いかというと、

・料理が出てくるのが早い

・かなり本格的な南インド料理なのに安い

・無限〇〇ができる

 

む、無限〇〇って…?と気になるところですが、入ってみましょう。

f:id:g-gourmedia:20170303170239j:plain

カウンター中心で、1人で入りやすさ満点ですね。むしろ1人じゃないと窮屈かもしれません。昼はやはり並んでいますが、回転が速いのですぐに空きます。

 

f:id:g-gourmedia:20170303170253j:plain

 

ランチはカレーのセットが色々あり、最初は全体像が把握できずオーダーに焦ってしまいますが、まずは何も言わずにランチミールス1,000円を頼みましょう。 

f:id:g-gourmedia:20170303170310j:plain

 

これがランチミールスだ!

f:id:g-gourmedia:20170303170325j:plain

  • カレー1種(6種から選べる)
  • 菜食カレー
  • サンバル(豆のカレー)
  • ラッサム(スープ)
  • ヨーグルトまたはサラダ
  • ライス2種(ターメリック&バスマティ)
  • パパド(薄い煎餅)

 

という内容です。

 

どれが何だか分からないと思うので・・・

f:id:g-gourmedia:20170303170337j:plain

ちょっと複雑なので要約すると

「3種のカレーにライスとスープとヨーグルトが付いてくる」

ということです。

さらにもう少し掘り下げると、

  • カレー1:選べるカレー(エリックチキン、バターチキン、キーマ、マトン、野菜、本日の菜食から1種)
  • カレー2:本日の菜食カレー(日替わり)
  • カレー3:サンバル(豆のカレー) 

ということですね。

 

選べるカレーは一番人気の「エリックチキンカレー」にしました。

f:id:g-gourmedia:20170303170350j:plain

ここまでなら普通のお手頃なカレーセットですが、なんとこのミールス、ライス2種が食べ放題なのです。

 

ライスはリッチテイスト&ヘルシー系の2種!

f:id:g-gourmedia:20170303170405j:plain

黄色のターメリックライスとインドのバスマティライス。ターメリックの方はバターで仕上げているのでコクがありリッチな味わいです。バスマティライスは、いわゆるインド米でパラパラっとしていてあっさり系です。糖質が少なくカロリーも低いので女性にオススメです。ライスだけでも際限なく食べてしまいそうですね。

 

しかし!13時からはスゴい宴が待っていた

f:id:g-gourmedia:20170303170420j:plain

13時からオーダーできる「エリックミールス」1,450円。

ランチミールスに「選べるカレーがもう1種」+「ウプマ(セモリナ粉のポテサラ的なもの)」+「ワダ(豆粉で作ったドーナツ)」+「ココナッツチャトニ(調味料)」がプラスされます。

なんとコチラは、ライスに加えてサンバルもラッサムもお替わりし放題なのです!

f:id:g-gourmedia:20170303170839j:plain

13時からって、まだバリバリランチタイムですよね。

ただでさえ混んでいる東京駅地下で、昼に食べ放題なんて暴挙に出ていいのか!? 延々と居座る客はいないのか!?

と、お店の方に聞いたところ

「インドのミールス(定食)はカレーとライス食べ放題が当たり前。無限サンバル、無限ラッサム、無限ライスって感じですから」

 

む、無限サンバル、無限ラッサム、無限ライス・・・。

なんとも魅力的な言葉です。

f:id:g-gourmedia:20170303170853j:plain

 

ところでミールスってどう食べるの? スゲー難しそう!

ミールスってどう食べるの? スゲー難しそう!という人のために、食べ方指南があります。本来はターリー(丸皿)からカトリ(小皿)を外に出して、ライスの上に砕いたパパドをまぶし、カレーやおかずをライスとまぜまぜして食べるのだそうです。

f:id:g-gourmedia:20170303170905j:plain

 

ただ東京駅店では、スペースの関係もあり隣のお客さんに「うわ、何始めるのこの人!」とビビられそうなので、カトリを外に出す際は一言声をかけた方が良いかもしれませんね。

f:id:g-gourmedia:20170303170919j:plain

 

では本場流の食べ方でまぜまぜ。

f:id:g-gourmedia:20170303170936j:plain

 

まずはエリックチキンから、いざ口へイン!

f:id:g-gourmedia:20170303170948j:plain

・・・か、辛えよ!! 

一番人気というから万人ウケする甘口かと油断していましたが、トマトベースにチリパウダーがかなり利いた、さらっとしつつ超スパイシーなカレーです。ですが柔らかいチキンがゴロゴロ入っていてジューシー♡

 

本日の菜食カレーは「小松菜のクートゥ」。

f:id:g-gourmedia:20170303171000j:plain

挽き割り豆と小松菜を煮込んだカレーです。バターが効いていて、クリーミーでマイルドな甘口。できるならこれをお替わりしたいものです。

 

そしてお替わり無料の豆カレー「サンバル」。

f:id:g-gourmedia:20170303171017j:plain

ツール豆(インド食材店でよく見る小さな二つ割れの豆)のペーストと酸味のあるタマリンドで野菜を煮込んだカレー。これもわりと辛さがあります。

 

ラッサムを忘れてはいけません。

f:id:g-gourmedia:20170303171029j:plain

ラッサムもタマリンドベースで酸味が強く、マスタードシード、クミン、ブラックペッパー、チリパウダーなどスパイスが効いたホットな味です。「酸っぱいスープカレー」といったところでしょうか。

 

そして無限が始まる・・・

f:id:g-gourmedia:20170303171041j:plain

ラッサムもスープカレーのようでご飯に合うので、ライスがワシワシと減っていきます。エリックチキンの辛さを緩和しようと、ついライスを多めに口に運んでしまいがちに。ちなみにライスの上にかけられた粉は「きな粉?」と思いきや「ポディ」という豆の粉のふりかけのようなものだそう。ターメリックライスも香ばしく、ライスだけで食べられるほどです。

 

というわけで即座にライスが空になり、お替わりをお願いすると、仰々しいツボのような容器で運ばれてきました。「どのくらいですか?」と聞かれ「(当然)全部!」と答え、さあ無限カレーのスタートです。

f:id:g-gourmedia:20170303171054j:plain

ライスのみお替わり無料ならカレーがなくなった時点で試合終了となりますが、カレーも、ご飯に合うスープもお替わりできるとは、客の帰る気をなくさせる店です。もちろんビジネスマンの方々は何時間も無限カレーを楽しめる立場ではないと思うので、泣く泣くリングを去るのでしょう。

ラッサム→ターメリックライス→サンバル→バスマティライス→ラッサム→ターメリックライス→サンバル→バスマティライス・・・と、いつまでも無限ループにハマっていたいものです。

 

ちょっと難しいのですが、ランチミールス(ライスのみお替わり可能)は11時~15時のみで、それ以降は「レギュラーミールス」1,180円となります。

無限カレーが可能なのは、13時以降の「エリックミールス」「菜食ミールス」1,450円なのでお間違えのないように。

 

単品メニューも充実しており、夜は夜でまた飲み使いもできるのですが、その辺に触れるとまた種類豊富すぎて混乱してしまうと思いますので、レポートはこの辺で。

 

エリックサウスは八重洲店のほか、2016年5月に「東京ガーデンテラス紀尾井町 」に赤坂店がオープン。こちらはさすが、おしゃれな空間で広々としています。なのに東京駅と同じコスパのメニュー(ランチミールスは1,080円)を用意。このエリアでこの価格、ありがたいですよね。

 

赤坂店は東京ガーデンテラス紀尾井町の2階にある

f:id:g-gourmedia:20170303171107j:plain

ちなみにお店の方によると、「赤坂店は東京駅に比べてお替わりされる方が断然少なく・・・場所柄でしょうか」。思わず、「でしょうね~!」と言いそうになりました。

 

皆さんも東京駅近辺でご飯の際は、無限カレーをお忘れなく!

 

紹介したお店

エリックサウス

住所:東京都中央区八重洲2丁目1 八重洲地下街八重洲地下2番通り

TEL:03-3527-9584

r.gnavi.co.jp

 

プロフィール

猫田しげる

デカ盛りと食べ放題を求めて津々浦々。おいしいものもおいしくないものも大好きです。

 

猫田しげるの前回・前々回の記事はこちら

r.gnavi.co.jp

 

r.gnavi.co.jp

                             
ページ上部へ戻る