吉祥寺は食べ歩きグルメの宝庫!ハモニカ横丁から井の頭公園の美味しいオススメ18店

吉祥寺といえば「住みたい街ランキング」で毎年トップクラスに入る人気のエリア。人気だけあって、グルメも充実していて食べ歩きにもピッタリなのです。北口のハモニカ横丁周辺にも、南口の井の頭公園周辺にもオススメのグルメがありますよ。大人気の肉たっぷりメンチカツはじめ、かまぼこ、焼き小籠包、焼鳥といったB級グルメ、クレープ、ソフトクリーム、ドーナツといったスイーツ、タコライス、サンドイッチといったランチがわりになりそうなものまで種類豊富です。(吉祥寺のグルメ

吉祥寺は食べ歩きグルメの宝庫!ハモニカ横丁から井の頭公園の美味しいオススメ18店

f:id:mojori:20170822000626p:plain

こんにちはみやけです。原宿江の島に引き続き食べ歩き街巡り第3弾!!今回は・・・

 

f:id:mojori:20170822000753p:plain

吉祥寺です!!

 

f:id:mojori:20170817163645j:plain

北口には古着やアンティーク雑貨を取り扱うおしゃれなお店が沢山あふれていて・・・

 

f:id:mojori:20170820230215j:plain

南側には有名な井の頭恩賜公園があります!お花見に利用するなんて方も多いのではないのでしょうか?

 

吉祥寺はグルメスポットがものすごく多く、厳選するのに一苦労でした・・・そんななんでもありまくり吉祥寺を、今回も友人と一緒に食べ歩いてきました。

f:id:mojori:20170822000823p:plain

 

「北側」=商店街があるところ

「南側」=井の頭恩賜公園

の2つに分けて、食べ歩きスポットを紹介していきます〜!

f:id:mojori:20170822000839p:plain

 まずは北口側から攻めますよ!

【もくじ】

※ここに載せ切れなかった吉祥寺グルメ情報はこちら!

※吉祥寺でランチならこちらもどうぞ

1.「塚田蒲鉾店」で吉祥寺揚げは最初に食べておこう

f:id:mojori:20170817152919j:plain

吉祥寺駅前の商店街には、ハーモニカ横丁(通称:ハモニカ横丁)という細い路地があります。この路地には絶対に外せない食べ歩き店が沢山。

まずは商品がズラッと並んでいるのが目立つ「塚田蒲鉾店」から。おでんのタネ・伊達巻・ハンペン・さつま揚げなど、練り物ならどんとこいな蒲鉾専門店です!

 

f:id:mojori:20170817153132j:plain

こちらでは吉祥寺揚げ」が人気。具材を魚のすり身で包んでパン粉で揚げたものです。150円のチーズの吉祥寺揚げを頼んでみました。

 

f:id:mojori:20170817153200j:plain

蒲鉾=和風・・・と思いきや、ベーコン・ほうれん草が入って洋風の味!サクサクの衣、トロ〜っと出てくるチーズが味も視覚的にもたまりません・・・

 

f:id:mojori:20170817153221j:plain

もうひとつ買ったのがアスパラ。中心のアスパラの存在感がすごい。歯ごたえ・風味ともに最高です。ビール飲みたい・・・

吉祥寺揚げはホタテやエビなど具材の種類が沢山。少しずつお持ち帰りして、食卓でゆっくり食べ比べしたいですね・・・

 

店名:塚田蒲鉾店
住所: 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8
TEL:0422-22-4829
営業時間:9:00〜19:00

 

2. 行列の理由を知る「サトウ」のメンチカツ

f:id:g-gourmedia:20170825173957j:plain

皆さんは吉祥寺の商店街で、こんな行列を見たことがありますか?

カップルも家族連れも、皆一心に並んでいるこの行列。実はすべて精肉店・「サトウ」のものなんです。ちなみにこちらは土日の様子。

 

f:id:g-gourmedia:20170825174111j:plain

平日のお昼だとこんな感じ、並んで20人ほど。それでもすごい行列ですよね。一体精肉店の何が彼らを突き動かしているのでしょうか・・・

 

f:id:mojori:20170821230826p:plain

 それはズバリ、このメンチカツです。一個200円、ゴロッとしています。

 

f:id:mojori:20170817153638j:plain

しっかりと揚げられた衣にかぶりつくと、中から肉汁がじゅわ〜っと広がります。ザックリした衣とのこのギャップよ・・・もちろんお肉はぎゅっと詰まっていて、粗くみじん切りされた玉ねぎのシャキシャキ感もたまりません。

5個以上で買うと1個あたりの値段が180円とお得になるので、家族へのお土産にも最適です。その時は、是非自分の食べ歩き用もプラスで買っておきたいところ。そのくらい、まずは揚げたての状態で食べて欲しいんです!

 

f:id:mojori:20170822000859p:plain

お肉は松坂牛を使用とのこと。なんて、なんて贅沢なメンチカツなんだ・・・!

 

f:id:mojori:20170822003202j:plain

コロッケもしっとりしていて美味しい!余計な味付けをしていなくて、素朴な味わいです。これなら毎日でも食べたい。

一つでもかなりの満足感のメンチカツとコロッケ。食べればあなたも行列の理由がきっとわかるはず。平日の午前〜昼に吉祥寺に行けるのであれば、忘れずに寄っておきたいところ・・・!

メンチカツがかなり有名なお店の印象ですが、もちろん生肉もこだわっているんです。こちらは並ばずに購入できるので、奮発したい夜はこちらのお肉ですき焼きをさせていただこうかなと目論んでおります。

 

店名:サトウ 吉祥寺
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8
TEL:0422-22-3130
営業時間:10:00〜19:00
 

 

3.「天音」のパリパリ羽根付きたい焼き

f:id:mojori:20170817154332j:plain

ハモニカ横丁の路地に入ってみましょう。細い通りの壁にひっそりと営業している和菓子「天音」も是非、寄ってもらいたいところ。

 

f:id:mojori:20170817154410j:plain

羽根つきたい焼き155円を注文します。

 

f:id:mojori:20170817154439j:plain

きました!アツアツです。

 

f:id:mojori:20170817154457j:plain

そして、サックサクです。

 

つぶあんが美味しい!ほど良い甘さで、さらっとした口当たりです。羽根部分からの皮は薄く、しっかりと焼かれています。一口めの「サクッ」に感激を覚えるので、アツアツの状態で、その場でかじりついてください。皮が薄めなのも私好み・あんこの素朴な甘みも私好み・・・と、とにかく自分史上最高にストライクなたい焼きでした。

 

店名:天音
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9 ハモニカ横丁
TEL:0422-22-3986
営業時間:11:00〜なくなり次第
定休日:不定休
 

 

4.「ハモニカ・クイナ」のタコライスは千切りのレタスが最高だぞ

f:id:mojori:20170817155234j:plain

こちらもハモニカ横丁の中にあるから、「ハモニカ・クイナ」ですね。タコライスの専門店です。

 

f:id:mojori:20170817155435j:plain

テイクアウトの場合も、イートインの場合も先払い制。ソーキそばもあるけれど、今回のお目当てはタコライスなので1Fにて注文します。

 

f:id:mojori:20170817160553j:plain

どん。タコライス880円です。

 

f:id:mojori:20170817155513j:plain

別添えのトマトソースをぶっかけて、いただきます。 

 

f:id:mojori:20170817160653j:plain

ご飯・ひき肉・チーズ・アボカド・レタス・トマト。スプーンを入れると、層状になった具材が鮮やかに出てきます。一口で全部味わえて美味しいやつ・・・!辛めのトマトソースを、アボカドの濃厚さが中和してくれます。

 

f:id:mojori:20170817160753j:plain

ハモニカクイナのタコライスは、千切りのレタスがポイント。千切りにすることで軽くシャクシャク食べられます。そういえばざく切りレタスだと存在感が大きかったけど、こうすることによって、ご飯と具材をふわっと軽く包んでくれるんですね。

 

店名:ハモニカ・クイナ
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-8
TEL:0422-21-6607
営業時間:11:30~22:00
定休日:不定休
 

 

5.「上海 焼き小籠包」で幸せのハフハフ、しませんか?

f:id:mojori:20170821003408j:plain

焼き小籠包ですよ。外はパリッ、中にはあふれんばかりの肉汁がジュワッ、ハフハフしながら食べる、アレです。ハモニカ横丁の「上海 焼き小籠包」で食べることが出来ます。

お店の前に椅子があるので、そこで熱々のまますぐ食べられるんです!

 

f:id:mojori:20170821003422j:plain

4個入り420円

 

f:id:mojori:20170821003433j:plain

ジュワワワ〜〜〜〜〜!!

 

f:id:mojori:20170822000923p:plain

焼き目はサックリしているのに、中にはびっくりするくらいスープが溢れています。

穴を開けてスープを吸ってから、ばくんといただきます。これがなかなかコツがいるのですが、楽しい&美味しい!油がくどくなく、香ばしいからあっという間に食べられてしまうなあ・・・

子供の頃読んだ美味しんぼの小籠包の回では「口の中ヤケドしちゃって、皮がベロンベロンよ!」と恐ろしいことを三谷さんが言っておりました。

こちらは焼き小籠包ですが、急いで一口で食べようとすると火傷してしまうので気をつけてくださいね。食べやすさを考えると私は焼きの小籠包の方が好きです。

 

店名:上海 焼き小籠包 吉祥寺
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-4 ハーモニカ横丁平和通り
TEL: 0422-24-7660
営業時間:11:00〜20:00
定休日:水曜日
URL:https://r.gnavi.co.jp/mvpe7rbb0000/

 

6.「ポヨ」のローストチキンは立ち呑みもOK!

f:id:mojori:20170817161847j:plain

こちらも駅前ハモニカ横丁。「ポヨ」ではチキンを食べながら立ち呑みが出来ます!おしゃれな内装。中には本を読みながら、一人昼呑みをする女性がいたり・・・店員さんもとてもフレンドリーで、雰囲気がとても良い!

 

f:id:mojori:20170817161935j:plain

ローストチキンは大山地鶏、ひなどりから選べます。

 

f:id:mojori:20170817162001j:plain

どん。

ここで呑んでしまうと夜まで居座る気しかしなかったので、大山地鶏の半身を1,080円でテイクアウトしました。お外で食べられないので、家に持ち帰って食す(唐揚げテイクアウトもできましたが、どうしても、これが食べたかった・・・!)。

 

f:id:mojori:20170817170244j:plain

トースターで表面をカリッとさせていただきます。時間が経っていても、中はふっくらジューシー。ローズマリーの香りも効いています。丸ごと買ってホームパーティーでも良いですね。

他のメニューも豊富なポヨ、次回は立ち呑みリベンジします!

 

店名:ポヨ
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-1
TEL:0422-20-6151
営業時間:11:30〜00:00
定休日:なし
URL:https://r.gnavi.co.jp/f5uvjehw0000/

 

 

7.「リンデ」で本場ドイツのプレッツェルを食べよう

f:id:g-gourmedia:20170825174335j:plain

ハモニカ横丁を存分に堪能したら、次は商店街を北側に歩いてみましょう。こちらの「リンデ」はドイツパン専門店。本場ドイツの味を楽しむことができます。

 

f:id:mojori:20170817161058j:plain

ドイツといえば・・・プレッツェルですよね!というわけで、216円のバタープレッツェルを購入。大きい!

 

f:id:mojori:20170817161113j:plain

固すぎず、歯ごたえがありつつももっちりとしています。バターの塩気がプレッツェルと合う!噛めば噛むほど味が出る、本格的なパンです。美味しい。

良く見かける砂糖をまぶしたスイーツ系プレッツェルではないので、自分なりにおつまみと組み合わせてドイツビールを飲みたいですね・・・もちろんこのままでも美味しくいただけます。

 

f:id:mojori:20170817161042j:plain

平日に来るとこんなお得な特典があります。ちょうど水曜日だったのでお得になっちゃいました。ラッキー!

2階にはイートインスペースもあり、シチューやコーヒー等と一緒にゆっくり過ごすのもおすすめです。

 

店名:リンデ 吉祥寺本店
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-27
TEL:0422-23-1412
営業時間:10:00〜19:00
定休日:なし
URL: https://r.gnavi.co.jp/snzapse00000/

 

8.「サーカス」で分厚い昔ながらのクレープを食べる

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mojori/20170817/20170817161538.jpg

商店街を横にそれると、パチンコ店の隣にどんと構えるクレープ屋さん「サーカス」が。この雰囲気のある佇まい、只者じゃないぞ・・・

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mojori/20170817/20170817161556.jpg

クレープの種類がものすごく多く、しかも260円〜と、格安の値段!散々悩んだ挙句、具は生クリーム×ピーチをチョイスしました。

 

f:id:mojori:20170817161621j:plain

でかい。

 

f:id:mojori:20170817161649j:plain

とにかく、クレープの皮が厚くてもちもち。歯ごたえもしっかりあるので、甘いものなのに完全にお食事クレープ状態です。でも、不思議と後をひく美味しさ・・・皮と生クリームとの相性がバッチリなので、シンプルな具材にして正解。

持つ手にも胃にもズシリと来るので、食べ歩きの際はシェアして食べるのがおすすめです。

 

f:id:mojori:20170822001005p:plain

 

店名:クレープハウスサーカス
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-12-13 センチュリーホーム吉祥寺ビル 1F
TEL:0422-21-4257
営業時間:13:30~20:00
定休日:火曜日
URL: https://r.gnavi.co.jp/gwex8ch20000/

 

9.「ブレイクタイム」の手作りキッシュ

f:id:mojori:20170817161308j:plain

商店街をさらに駅とは反対方向に進んだところに、パイとキッシュの専門店「ブレイクタイム」はあります。鮮やかな黄色が目印です。

 

f:id:mojori:20170817161322j:plain

店先にテイクアウトOKって書いてあると、食べ歩きしやすくて嬉しいですよね。

 

f:id:mojori:20170822102902j:plain

カマンベールチーズとベーコンのキッシュ 480円

勝手にキッシュ=パサパサなイメージがあったんですが、こちらは卵液がじゅわっと溢れてきて、その上にチーズの濃厚さが加わります。その場で手作りしているからこそできる技かな、と思います。

 

f:id:mojori:20170817161440j:plain

こちらはアップルパイ 260円。

 

f:id:mojori:20170817161458j:plain

さくさくのパイ生地の上に、大ぶりに切られたさくさくのりんご。柔らかな味わいのカスタード。リンゴがくた〜っとなるまで煮たアップルパイも好きですが、このフレッシュなタイプのアップルパイも大好きです。

 

店名:ブレイクタイム
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-20
TEL:0422-27-6712
営業時間:11:00〜22:00
定休日:火曜日
URL:https://r.gnavi.co.jp/69gtsj3a0000/

 

10.ロシア料理屋「カフェロシア」の本格ピロシキ!

f:id:mojori:20170817162136j:plain

商店街・ハモニカ横丁を後にしたら、パルコ・ユニクロのある方面。吉祥寺駅の西側へ向かいます。 ビルの地下一階にひっそりと、ビビッドなピンクが印象的なロシア料理カフェロシア」はあります。こちらではピロシキのテイクアウトが可能です。

 

f:id:mojori:20170817162154j:plain

肉・野菜のピロシキはそれぞれ250円。食べ歩きに嬉しい小さなサイズです。是非温めてもらいましょう!

 

f:id:mojori:20170817162413j:plain

野菜はキャベツの甘みが美味しい。肉はひき肉のスパイスが効いています。本場ロシアということもあり、クセが強いのかな?と不安でしたがそんなことはなく、優しいお味でした。意外とさっぱりしているのと、手頃な大きさなので、食欲に火をつけるのにぴったり!

食べ歩きとして紹介しましたが、こちらは是非店内で食べたいなと思いました。豊富なメニューの数々がとっても気になるんですもの・・・

 

店名: Cafe RUSSIA 吉祥寺
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-10 ナインビルB1F
TEL:0422-23-3200
営業時間:11:30〜23:00
定休日:なし
URL:https://r.gnavi.co.jp/3frpvj4m0000/

 

11.「カーニバル」でお好み度高めのBentoとソフトクリーム

f:id:mojori:20170817162044j:plain

ユニクロを右手に、中道通りを進みます。ここは古着屋や雑貨屋、ギャラリーなどが沢山あるおしゃれストリートなのです。

 

f:id:mojori:20170817162504j:plain

少し進むと右手に見えてくる「カーニバル」には世界からの輸入食品・お菓子等が置いてあります。まさに吉祥寺版KALDIのような雰囲気。(KALDIあるけどね)

こちらでは、好きな具材をご飯に載せるBukkake Bentoと、トッピング自由なアイスクリームが有名です。

 

f:id:mojori:20170817162527j:plain

アジア系を中心に様々な料理がズラリ。ここからは、ビーフストロガノフ・豚キムチマヨ・ナスとパプリカの和風マリネを3品チョイス。

 

f:id:mojori:20170817162638j:plain

味のバランスを考えた(つもり)の自分なりの丼。これで460円だと…!?

 

f:id:mojori:20170817162757j:plain

うまっ…!!

一口目でこの至福の表情。

 

f:id:mojori:20170822001031p:plain

 

f:id:mojori:20170822003136j:plain

野菜のシャキシャキ加減、程よい酸味…全てがバッチリ。この組み合わせも最高。味付けが本格的なのは、やはり世界の商品を取り扱っているからでしょうか?

コスパ最高のお弁当、これは職場の近くにあったら毎日通ってしまうわ。

 

f:id:mojori:20170817162550j:plain

お弁当の他に外せないのがソフトクリーム

ソフトクリームの味を「バニラ」「いちごヨーグルト」「ミックス」から選んでソースを決めます。私はプレーンで250円。

店員さんからベースのソフトクリームを受け取ったら、自分でトッピングをします。

 

f:id:mojori:20170817162610j:plain

M&M・バナナチップ・クッキーチップを、好きなだけかけることができます!見た目カラフルでカワイイ〜〜!!

 

f:id:mojori:20170822121243j:plain

ざくざくしたトッピングが最高!食べ進めるとコーンフレークが出てくるところも嬉しいです。

 

店名:カーニバル
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-12 1F
TEL:0422-22-3303
営業時間:10:30~21:30
定休日:なし
URL: 

 

12.「はらドーナッツ」でヘルシーなティータイムを

f:id:mojori:20170817163543j:plain

「はらドーナッツは防腐剤・保存料を一切使用していないドーナッツ屋さんです。

 

f:id:mojori:20170817163743j:plain

店の外からでも、とにかくおしゃれ。レトロな雰囲気の吉祥寺に真っ白なお店。

 

f:id:mojori:20170817163906j:plain

シナモンドーナッツ 160円

向かいに公園があったので、そこのベンチで食べました。ふっくらもちもちの食感。豆乳とおからを使用しているので、普通のドーナッツと比べて低カロリーなのも嬉しいです!全国の女子!ダイエット中にでも罪悪感なく食べられるぞ!

  

店名:はらドーナッツ 吉祥寺
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町4-13-15 中央マンション101
TEL:0422-22-0821
営業時間:10:00〜19:00
定休日:なし
URL:

 

13.「ウッドベリーズ」のすっきり生フローズンヨーグルト

f:id:mojori:20170817164207j:plain

ここからはやっと南側・公園口に出ます!

 

「生フローズンヨーグルト」この文字でワクワクが止まらない「ウッドベリーズ」で、口の中をさっぱりさせちゃいましょう。お店に入ると、ヨーグルトの香りがものすごいです。

 

f:id:mojori:20170822123020j:plain

こちらではフレーバーを自分で選んで、その場でフローズンヨーグルトを作ってくれるんです。なるほど、だから生なのか。

ココナッツ&ライムやアップルマンゴー北海道ハスカップ等フレーバーが充実していてなかなか選べません…

 

f:id:mojori:20170817164306j:plain

ダブル 580円
オーガニックバナナと三浦すいかをチョイスしました!

 

さっぱりしてて、甘ったるくない。しゃりしゃりしてて気持ちがいいです。しっかりとヨーグルトの酸味がするのと、フルーツのフレッシュさが加わって、美味しい。目の前で作ってくれるからこその美味しさはプライスレスです。

 

f:id:mojori:20170817164343j:plain

外で食べるとあっという間に溶けるので気をつけてください。(お店の中でも食べられます)

口の中が一気にさっぱりしたので、まだまだいくらでも食べられるぞ〜!

 

店名:ウッドベリーズ 本店
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-4-1 井の頭ビル 1F
TEL:0422-48-3315
営業時間:平日12:00〜19:00 土日祝11:00〜19:00
定休日:なし
URL:

 

14.「ウフタマコ」の極厚タマゴサンドは必食

f:id:mojori:20170822003226j:plain

マルイの前を歩いているとこんな看板が。オープンしたばかり、そして今話題のタマゴサンド!これは行かなくてはなりません。

「カリカリ梅タマゴサンド」「明太子タマゴサンド」「ピータンタマゴサンド」など、毎日50種類以上のタマゴサンドが店頭では売られています。どんな味なのか、すっごく気になりますが、果たして制覇できるのかがものすごく難しいところ・・・

 

f:id:mojori:20170821005629j:plain

最初は直球のプレーンでTAMACOサンドにしました。310円です。

卵フィりんぐのぶ厚さがすごい。パン2枚分くらいあるぞ・・・!?

 

f:id:mojori:20170821005640j:plain

ふわっと口当たりの良い卵フィリングは、卵何個分使っているんだ?ってくらいの贅沢。あとはレタスが本当にシャッキシャキで、濃いめのソースとパンをうまく中和してくれます。

いろいろな味がありますが、王道プレーンをまずは頼んでみてくださいませ。

 

店名:ウフタマコサンド 丸井吉祥寺
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-7-1 丸井吉祥寺 1F
TEL:0422-26-9907
営業時間:10:30〜20:00
定休日:なし

 

15.老舗の焼き鳥屋「いせや」で一本80円の焼き鳥を食べる

f:id:mojori:20170822125405j:plain

ついに来ました。井の頭恩賜公園。ものすごく・・・のどかです・・・

 

f:id:mojori:20170817164013j:plain

その井の頭公園の入り口に構えているのが、「いせや 公園店」です。昭和35年から焼き鳥を売り続けている、吉祥寺の地元の方からも長く愛される老舗の焼き鳥屋です。広いカウンターの前で、購入する列・焼き上がりを待つ列とで分かれてます。

味付けは塩かタレから選べますが、これはズバリ「お店の人オススメの味付けでお願いします」でいきましょう。

 

f:id:mojori:20170817164446j:plain

こちらはひなどり、ハツ。塩気もばっちり、口の中でブリンと弾力のある食感が心地良いです。
なんと1本80円という驚異的な安さなので、5本頼んでも400円!コスパすごい。

 

f:id:mojori:20170822125736j:plain

タレはどろっとしていなく、むしろサラリとしています。しつこくないので何本でも食べられてしまいそうです…焼き加減も塩味も、長年の積み重ねで最高の状態の焼き鳥になっているのだと感じます。もはや、「いせや」があるからこそ吉祥寺に住む理由があるなんて人も居る気がします。

 

より歴史の深い「いせや総本店」もすぐ近くにあり、どちらかが休業日の場合はもう一つのお店に行けば大丈夫です。安心してください。どちらの店も中ではお酒を飲みながら焼き鳥を食べる事ができるので、じっくり味わいたい人はお店に入ってしまいましょう。

 

店名:いせや公園店
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-15-8
TEL:0422-43-2806
営業時間:12:00~22:00
定休日:月曜日
URL:https://r.gnavi.co.jp/d3mfav0k0000/

 

店名:いせや総本店
住所:東京都武蔵野市御殿山1-2-1
TEL:0422-47-1008
営業時間:12:00~22:00
定休日:火曜日
URL: https://r.gnavi.co.jp/rfur26vh0000/

 

16.「ケーニッヒ」でホットドックをテイクアウト

f:id:mojori:20170817164634j:plain

いせやから少し駅側に戻りましょう。こちらの「ケーニッヒ」は3種のパンと5種のソーセージから組み合わせた本格派ホットドックが食べられます。

 

f:id:mojori:20170817164703j:plain

パン×ケーニッヒ 650円
パンの長さに収まらないソーセージが嬉しいです。

 

f:id:mojori:20170817164723j:plain

スモーキーなソーセージがぷりぷり。噛みごたえのある白パン。口の中が幸せです。ケチャップ・マスタード・ピクルスはホットドッグには欠かせないですが、調味料がなくても十分だなと思うくらい味が濃いです。

 

他にはジャンボフランク・ハムステーキも様々な味付けで楽しむことができます。もちろんドイツビールもセットで購入できます!黄金の組み合わせすぎて幸せ度の伸びしろが半端ないです。

 

店名:ケーニッヒ吉祥寺公園口店
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-17-10
TEL:0422-49-4186
営業時間:10:30~20:00
定休日:なし
URL:https://r.gnavi.co.jp/auer26wz0000/

 

 

17.「GG」で焼きたてピザを丸ごとテイクアウト!

f:id:mojori:20170817164800j:plain

ケーニッヒの手前で左に曲がると見えるのが「GG」

 

f:id:mojori:20170817164839j:plain

「ピザ」「テイクアウト」・・・やっちゃう!?テイクアウトして井の頭公園で食べちゃう!?

というドキドキする体験、実際にやってみました。

 

店に入ると目の前には本格的な大きい釜。メニューはトマトベースとモッツァレラベースのどちらかで選ぶことができます。

 

待つ事約5分、焼き上がり完了。こんなにすぐゲットできるとは思いませんでした。 

f:id:mojori:20170817165050j:plainシンプルに、マルゲリータを注文。一枚で900円…安い!熱々のうちに食べるぞ!

 

f:id:mojori:20170817165128j:plain

なるほど。薄めの生地だから焼き時間も少ないのね。

一気に高温で焼き上げられたピザはパリッとしていて、にんにくの効いたフレッシュなトマトソースに溶けたモッツァレラチーズ、忘れてはいけないバジルのアクセント。この組み合わせを考えた人を私は心から尊敬します。

 

何よりも野外で食べる焼きたてピザ、格別すぎます。

 

f:id:mojori:20170822001111p:plain

 

店名:GG
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-17-1 プレジール B1F
TEL:0422-26-5024
営業時間:平日11:30~16:00 17:30~22:30
土日祝 11:30~22:30
定休日:なし
URL: 

 

 

f:id:mojori:20170817165510j:plain

公園ではちゃっかりボート漕いできました。友達がとっても可愛かったです。  

 

18.井の頭公園からの帰りは「チャイブレイク」で〆

f:id:mojori:20170817164548j:plain

散々食べた…お腹いっぱいだ…という身体にドリンクを流し込みたい。そんな時には井の頭公園近くの紅茶専門店「チャイブレイク」でテイクアウトしましょう。

 

f:id:mojori:20170817164559j:plain

ノーマル500円/スパイスチャイ550円 

スパイスチャイはマサラ・シナモン・ジンジャーが入った、一番本場に近いチャイとのこと。ノーマルよりも色が濃く、しっかりガツンとくる味でした。ノーマルはチャイ初心者にオススメの軽い味わい。これも美味しかった!ホットだとより濃厚な味わいが楽しめるはず。

店内には紅茶専門店ということもあり、茶葉の販売もしています。

猛暑日の最後にすっきりとしたチャイで最高の〆。こちらで食べ歩きの旅、終了です。

 

店名:チャイブレイク
住所:東京都武蔵野市御殿山1-3-2
TEL:0422-79-9071
営業時間:平日9:00~19:00 土日祝8:00~19:00
定休日:火曜日
URL:

 

吉祥寺だけが食べ歩きしたい街ですか? 」

f:id:mojori:20170822135416j:plain

色々な街を食べ歩きしてきましたが、唯一「行きたい店が多すぎて困った」のがここ、吉祥寺でした。

 

都心からのアクセスが良く、家電量販店・商店街・洋服屋何でも揃っている。緑も沢山あって、少し駅から歩けば住宅街。

「まあでも便利なところは他にも沢山あるし、ここに住みたくなる人の一番の理由は吉祥寺のおしゃれさとか、雰囲気なのでは?」「だからこそ『住みたい街』に毎年取り上げられているのでは?」と勝手に思っていたのですが、今回食べ歩きをしてみて、グルメの側面だけでも吉祥寺に住みたい理由にはなり得るなこれは・・・と発覚してしまいました。それくらい充実していて、リーズナブルで美味しくて、完全に惹かれてしまいました。

「住む」には色々な要素があって簡単に出来るものではないので取り急ぎ・・・「吉祥寺=食べ歩きしたい街」には自信を持って賛成します(「だけ」とまでは言いません。そのためにこれからも食べ歩きます)。

 

吉祥寺食べ歩きマップ

 

吉祥寺のランチスポットを色々お探し中の方はこちらにもたくさん掲載中ですよ!

f:id:g-gourmedia:20180430125656j:plain

 

著者プロフィール

みやけ(@a_komotomo)

f:id:g-gourmedia:20150119112541j:plain

食べることと散歩が好きな平成4年生まれ。無職になりました。

阿古本という名前で絵を描いていたりもします。

ツイッター:https://twitter.com/a_komotomo

note:https://note.mu/genghis_khan

 

 

 

みやけの過去の記事はこちら

r.gnavi.co.jp

                             
ページ上部へ戻る