江ノ島食べ歩きグルメ激おすすめ14選!観光ランチに最適な人気店を厳選(マップ付き)

江の島(江ノ島)のオススメ食べ歩きグルメを一挙紹介!江の島といえば江の島水族館(えのすい)や江島神社、海水浴場といった観光スポットが多く、デートや家族連れのお出かけに人気のエリアです。定番のしらすを使った絶品グルメもあれば、思わず写真を撮りたくなるたこせん、おしゃれなスイーツなど、必ず食べておきたいものが目白押しですよ。オススメのお店を14軒まとめましたので、江の島観光のおともにどうぞ!(江ノ島・鵠沼のグルメ

江ノ島食べ歩きグルメ激おすすめ14選!観光ランチに最適な人気店を厳選(マップ付き)

f:id:mojori:20170726143533p:plain

こんにちはみやけです。夏が!夏がやってきましたね!!!たぶん。

 

というわけで東京都内から電車で約1時間半。ここにたどり着きました。

f:id:mojori:20170725023320p:plain

週末に夏休みに、江の島に行く予定を立てている方も多いのではないでしょうか?そんなあなたのために、今回は江ノ島の食べ歩きグルメを紹介します!

取材当日はあいにくの天気でしたが、まあぶっちゃけ今回は海は二の次なのでひたすら食べまくろうと思います。今回は神奈川に住んでいる友達夫婦を食べ歩き要員として連行して来ました。

f:id:mojori:20170725015847p:plain

 一口に江の島と言っても橋を渡る前の「駅周辺エリア」と橋を渡った後の「江の島エリア」とあるので、今回はざっくり2つのエリアに分けて紹介します。

f:id:mojori:20170725022906p:plain

ちなみに「江の島」「江ノ島と表記にそれぞれ違いがあるんですよ・・・住居表示は「江の島」で、駅名は「江ノ島」とか・・・(この記事では正式名称以外は“江の島”とさせてください)。

それでは早速、定番のしらすメニューから和スイーツまで!計14件を食べ歩きしていきますよ〜!!

【もくじ】

■この14軒以外にも江ノ島のグルメ情報はこちらで日々更新してま~す

 

1.【ハンバーガー】しらすたっぷりの江の島名物を食す!「湘南バーガー」

最初はまず弁天橋を渡った先、島内グルメから紹介していきます!

f:id:mojori:20170726021722j:plain

すぐ右手に見えるのが、江の島アイランドスパ。この中に江の島オリジナルバーガー、「湘南バーガー」はあります。

 

f:id:mojori:20170724160551j:plain

さつましらすバーガー(480円)

 

f:id:mojori:20170724160601j:plain

ぱかっとバンズを開けると、たっぷりのしらすが。

 

f:id:mojori:20170724160648j:plain

実はこのしらすバーガーにはわさびソースが使われています。
細かいしらす、しっかりと厚みのあるさつま揚げにわさびがピリっと効いて、しっかりと一口で美味しい!

 

f:id:mojori:20170724160428j:plain

こちらはしらすアイス(400円)。どんな味なんだ・・・!?と不安ですが、しらすが割としらす。存在感あります。生臭さは全く無く、ミルキーな味わい。例えるならお米アイスを強くしたような感じ・・・重くないのでするっと食べられちゃいます。

 

f:id:mojori:20170724162107j:plain

外には湘南バーガーの屋台もあり、もろきゅう(200円)もあります。さっぱりとしたもので食欲に火をつけましょう! 

 

店名:湘南バーガー 江の島本店
住所:神奈川藤沢市江の島2丁目1-6 江の島アイランドスパ別館 1F
TEL:0466-29-0688
営業時間:10:00~19:00
定休日:不定休
URL:https://r.gnavi.co.jp/ezvxxc0u0000/

 

2.【貝料理】目の前で焼いてくれる磯焼き!「貝作」

湘南バーガーの向かいには何やら香ばしい匂いが・・・

f:id:mojori:20170726021848j:plain

こちら「貝作」では焼き立ての海の幸をいただくことができます!

 

f:id:mojori:20170724160625j:plain

迷いますが、サザエのつぼ焼き(800円)と大あさり(2個700円)をチョイスしました。

 

f:id:mojori:20170724160849j:plain

でっかい! 

 

f:id:mojori:20170724160859j:plain

うまく内臓まで取れたと思ったら最後でしくってしまったの図。

ブリンブリンで歯ごたえがあって美味しい!目の前で焼いてくれるのがやっぱり嬉しい。

 

f:id:mojori:20170724160912j:plain

こちらははまぐり。熱々なので気をつけて。

 

f:id:mojori:20170724160926j:plain

ぷりっ、とろ〜っの食感。何よりもこの醤油のタレが最高です。是非飲み干したい。

 

店名:江の島 貝作
住所:神奈川藤沢市江の島1丁目3-20
TEL:0466-22-3759
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休
URL:https://r.gnavi.co.jp/s54w8sdx0000/

 

 

f:id:mojori:20170724161003j:plain

鳥居をくぐり、江の島弁財天仲見世通りを進んでいきます。

 

3.【饅頭・もなか】パリパリのアイスもなかを「井上総本舗」で

f:id:mojori:20170726143351p:plain

仲見世通りを少し登ったところに饅頭・もなかで有名な「井上総本舗」があります。 

 

f:id:mojori:20170724161349j:plain

江の島に来たら絶対に食べたいのがこのアイスもなか(400円)。バニラ・小倉・抹茶の三種類から選ぶことができます。今回は抹茶アイスもなかにしました。

 

f:id:mojori:20170724161404j:plain

注文するとそこから作ってくれるため、最中がパリッパリです。

 

f:id:mojori:20170724161447j:plain

一口食べると、意外にもそんなに甘くない。あずきは自然な甘さで、抹茶アイスもあっさりしています。最中も香ばしく、最後まで一気に食べきってしまいます。甘いものが苦手な方にもおすすめ!

ゆっくり食べていると垂れてきちゃうので、気をつけて食べて下さい!(※食べ歩きの時はウェットティッシュ持っているとポイント高いですよ!)

 

店名:井上総本舗
住所:神奈川藤沢市江の島2丁目1−9
TEL:0466-22-4640
営業時間:8:00~18:00
定休日:金曜日
URL:https://r.gnavi.co.jp/sna6k16s0000/

 

4.【だんご】「紀の国屋本店」のお団子でほっと一息

f:id:mojori:20170724162042j:plain

こちらはいろいろな種類から選べるお団子屋さん「紀の国屋本店」です。

 

f:id:mojori:20170724162138j:plain

ごまこしあんだんご(140円)と

 

f:id:mojori:20170724162154j:plain

冷やしだんご(350円)を頼みました! こちらは白玉で、みたらしのタレとヨモギには餡がかかっています。お店の横にはテイクアウト専用の椅子が設けられているので、そこで休憩も兼ねちゃいましょう。

 

f:id:mojori:20170724162205j:plain

ごまのこしあんだんごはねっとりとした食感で、弾力はそこまでありません。噛むたびにねっとり柔らかい。

冷やしだんごは逆にもちもち!みたらしは塩気が強めの醤油タレ、ヨモギは香りが良いです。甘さをより強く感じられるので満足感は大。冷やしているとここまで違うのか!とびっくりします。

 

店名:紀の国屋本店
住所:神奈川藤沢市江の島2丁1-12
TEL:0466-22-5663
営業時間:8:00~18:00
定休日:水曜日
 

5.【たこせんべい】顔よりもでかい!常に並ぶたこせん「あさひ本店」

f:id:mojori:20170726143408p:plain

一度江の島に来た人なら知っているのではないでしょうか?この「あさひ 本店」は焼き立てのたこせんが食べられる、いつも行列のお店です。

 

f:id:mojori:20170724162301j:plain

たこせん(350円)を注文するとこんな札を渡されます。かわいい。

次々と流れ作業で店員さんがたこせんを作っていきます。パッタンパッタンとプレスして出来上がっていく様は、見ていて楽しいものです。

 

f:id:mojori:20170724162314j:plain

できました!でかい!あとたこが丸見え!2〜3匹が丸々入っているのだそう。

 

f:id:mojori:20170724162328j:plain

焼き立て、ものすごく熱いです。さっきまで鉄板の上でプレスされてたんだから当たり前なんですが、すぐに冷めてしまうのでまずは熱々の状態で食べたい!

薄いからあっという間になくなります。3人でシェアしたけど、1人でも余裕かも。

なにより、ビールが飲みたくなります

 

店名:あさひ本店
住所:神奈川藤沢市江の島1丁目4−10
TEL:0466-23-1775
営業時間:9:00~18:00
定休日:木曜日
 

 

f:id:mojori:20170726145128p:plain

仲見世通りを登りきって、江島神社から見下ろす景色はザ・江の島!な感じがします。

 

f:id:mojori:20170726143431p:plain

江島神社縁結びのパワースポットとして有名です。拝んでおきましょう。

時間のある方は徒歩、もしくは江の島エスカーで上に登って展望台も行きたいところ。

 

6.【しらすまん】ほかほかしらすまんが食べられる「島童子(しまわらし) 」

ここで終わり・・・ではないんです。江の島の脇も行きましょう!仲見世通りから入り口に戻り、海岸沿いにすすみます。 

f:id:mojori:20170724162427j:plain

ひときわクマが目立つ(かわいい)このお店では、しらすまんをいただきます。

 

f:id:mojori:20170724162516j:plain

大きめでほっかほか

 

f:id:mojori:20170724162530j:plain

餡はしらすだけでなく、エビ等の具材もたっぷり。全体的にやわらかな味わいで、例えるならば「甘みのあるクラムチャウダーまん」というところでしょうか。

 

店名:島童子
住所:神奈川藤沢市江の島1丁目6−8
TEL:0466-22-0090
営業時間:[平日]11:00~17:00[土・日・祝]11:00~20:00
定休日:なし
 

7.【カフェ】穴場な一軒家カフェカフェーマル」で贅沢なひとときを

f:id:mojori:20170724162546j:plain

歩いていると、猫好きの私には見過ごすことが出来ない、可愛すぎる看板が。

 

f:id:mojori:20170724162618j:plain

何度か江の島には来ていたけれど、こんな素敵なカフェがあったなんて・・・!

 

f:id:mojori:20170726025303j:plain

店内はアンティーク雑貨や猫グッズで溢れた素敵すぎるレトロ空間。一足入っただけで「この店、間違いないぞ」と脳内に信号が走ります。

手作りケーキとコーヒーがケーキが全部美味しそうすぎて選べない・・・

f:id:mojori:20170724162640j:plain

ヨーグルトケーキとアイスコーヒーで1,000円のセットにしました。料金は先払い制。ケーキの酸味と甘み、キンと冷えたアイスコーヒーは、すっきりとした苦味。まさに至高の組み合わせです。

江の島でここまでゆったりとくつろげる空間って、ここだけなんじゃ・・・?ここはテイクアウトは出来ませんが、是非立ち寄って欲しい場所・・・!

f:id:mojori:20170726143452p:plain

 

店名:カフェーマル
住所:神奈川藤沢市江の島1丁目6−5
TEL:0466-27-7939
営業時間:12:00~19:00
定休日:木曜日
URL:https://r.gnavi.co.jp/jhdfgrux0000/

 

島内グルメは満喫したので、ここからはまた戻って駅周辺エリアに行きます!

 

8.【キッシュ】カラフルなキッシュ専門店「カフェ ラ キッシュ」

f:id:mojori:20170724162934j:plain

片瀬江ノ島駅の近くにある「Cafe La Quiche (カフェ ラ キッシュ) 」はキッシュ専門店。

ハムチーズ・いちごプリン・ショコラ・オニオングラタンなどなど・・・スイーツ系・お食事系どちらも充実したラインナップすぎて選べない・・・!

f:id:mojori:20170724163042j:plain

散々悩んだ挙句、一番人気のキッシュプリン(280円)とエビのオマールソース(380円)をテイクアウト。

 

f:id:mojori:20170724163221j:plain

まずはしょっぱい方から。まずひとつのキッシュにエビが5尾も乗っているのが太っ腹すぎます。サクサクのパイ生地に、クリーミーなソースがものすごく美味しい。味付けがしっかりとしていて、これはほんまもんのお食事キッシュですわ。 キッシュプリンはうって変わってしっとりと優しい甘さ・・・懐かしささえ感じます。この2つで食事が完成してしまう程のクオリティ。これが同じ店に売っているんだから感動です。

 

実はイートインだと、キッシュ食べ放題コースもあるんです!これは・・・胃袋整えて再度行くしかない・・・!!

 

店名:Cafe La Quiche (カフェ ラ キッシュ) 江ノ島
住所:神奈川藤沢市片瀬海岸2丁目17−22
TEL:0466-21-7784
営業時間:9:00~21:00
定休日:なし

 

9.【ポップコーン】日本初上陸のオシャレポップコーン!「コーノロジー」

f:id:mojori:20170724163058j:plain

2014年にオープンしたばかりのポップコーン店「cornology(コーノロジー)」は、アメリカ発のグルメ系ポップコーンのお店です。こちらはなんと日本初上陸なんだそう!

 

f:id:mojori:20170726145812j:plain

店内に入るとポップコーンの甘い匂い。

バター・キャラメルのスイート系の他にチェダーチーズトリュフパルメザンなんて塩味系のバリエーションもあり、ミックスも出来ます。

 

f:id:mojori:20170724163132j:plain

じゃん!ロッジマンズ・キャラメルのMサイズ(490円)にしました。見るだけでカロリーという概念が爆発しそうですね!

 

f:id:mojori:20170724163148j:plain

映画館のキャラメルポップコーンの、キャラメルまみれな当たりのやつがいっぱいある。最高すぎる。

一番贅沢なところを、味によれがない状態で食べられるということがいかに素晴らしいことだったのかということを思い知らされます。味はもちろん最高ですかりっ、じゅわ〜の食感がたまりません。これでこの大きさで480円はコスパは最強だと思うのですが、どうでしょうか・・・ッ!?!?

 

店名:cornology(コーノロジー)
住所:神奈川藤沢市片瀬海岸2丁目15−17
TEL:0466-77-4414
営業時間:11:00~17:00
定休日:月曜日
 

10.【おにぎり】ワゴン移動販売の絶品握り飯「おにぎり製作所」

f:id:mojori:20170724163243j:plain

片瀬江ノ島駅前まで戻ると、一際存在感のある移動販売車が。

 

f:id:mojori:20170724163302j:plain

「おにぎり製作所」です。そのまんまだ!

 

f:id:mojori:20170724163320j:plain

平日16時くらいに訪れたのですが、ちらほら売り切れてました。釜揚げしらす丼食べたかったー!味噌汁飲みたかったー!

 

f:id:mojori:20170724163337j:plain

釜揚げしらすおにぎり(250円)にしました。握りたてなのでほかほかです。

 

f:id:mojori:20170726022701j:plain

これ、めちゃくちゃうまい。今まで食べてきたおにぎりの中で一番うまいです。ふっくら釜揚げしらすが見た目以上にたっぷり使われてて、おにぎりにして正解という答えしか出ない・・・

基本毎日片瀬江ノ島駅前か江ノ島の中に居るらしいので、見つけたらラッキー!即テイクアウトしちゃいましょう!

 

店名:おにぎり製作所
住所:片瀬江ノ島駅前か、江ノ島
定休日:不定休

 

11.【みそもち】ざっくりもっちりな味噌もち「まんぷく堂」

f:id:mojori:20170724163449j:plain

江ノ電の江ノ島駅に通じるスバナ通りを歩いていると、青森名物串もちのお店「まんぷく堂」がありました。

 

f:id:mojori:20170724163519j:plain

みそもち(200円)

 

f:id:mojori:20170726022359j:plain

ざっくりとした噛みごたえ、味噌ダレがあまじょっぱくて美味しい。食べ歩き最中のいいアクセントになりそうです。しらすネギ味噌もちなんてメニューもあるので、江ノ島をひと串で味わえます。

 

店名:まんぷく堂
住所:江ノ電江ノ島駅前または江ノ島アイランドスパ内
営業時間:11:00〜18:00
定休日:不定休(悪天候の場合休み)
 

12.【ポキ丼】おしゃれなテラスで一風変わったしらす丼「カフェリビングルーム」

f:id:mojori:20170726022414j:plain

こちらもスバナ通り沿い。カラフルでおしゃれなお店「リビングルーム」があります。

 

f:id:mojori:20170726022449j:plain

ポキ丼(700円)を注文。生しらす・三崎のマグロ・エビ・サーモン・アボカドという贅沢な組み合わせ!お好みで辛いソースもかけてもらえます。

 

f:id:mojori:20170724163549j:plain

口に含むと今まで経験したことのない味が広がります。ホットソースの酸っぱ辛さが意外にも魚介と合うんです!美味しい!!お米が黄色いと見た目にもかなり鮮やか・・・

 

f:id:mojori:20170726022425j:plain

アメリカンベリーソーダ(680円)

これは本気のドリンク。ベリーが惜しげも無く投入されております。しゅわしゅわ甘くて、これは写真映えも良いのでオシャレ女子にはおすすめです。夏、最高〜!

 

f:id:mojori:20170724163624j:plain

Let it be...

 

f:id:mojori:20170724163652j:plain

なんかもう全てがかわいい。ここでも長居したい・・・
他にもフードもドリンクもメニューが充実しているので、是非直接言って迷ってみてください〜!

 

店名:カフェ リビングルーム
住所:神奈川藤沢市片瀬海岸1-8-38 グランブルー湘南 103
TEL:0466-47-7314
営業時間:11:00~20:00
URL:https://r.gnavi.co.jp/nv8hphhb0000/

 

13.【路上カフェ】江ノ電の目の前でパンとコーヒー「street cafe reto」

f:id:mojori:20170724163720j:plain

江ノ電の江ノ島駅の正に目の前!に「street cafe reto」はあります。

 

f:id:mojori:20170726161251j:plain

パンは毎朝手作りだそう。

 

f:id:mojori:20170724163737j:plain

シュガートースト(160円)とホットコーヒー(290円)

シンプルなシュガートーストってなかなか頼まないんですが、美味しかったです。コーヒーと合わないわけがない!

f:id:mojori:20170724163748j:plain

コーヒーカップにはお店のロゴが。こちらもかわいすぎます・・・。イートインスペースも広く、ここで江ノ電を眺めるのもいいかもしれません。

 

店名:street cafe reto
住所:神奈川藤沢市片瀬海岸1-3-7

 

14.【ジェラート/ピザ】「The Market SE1」のこだわりのジェラート

f:id:mojori:20170724163808j:plain

最後は江ノ電江ノ島駅から約徒歩3分、原料にこだわるジェラート屋さん「The Market SE1」に来ました!旬のフルーツや野菜を使ったジェラートを毎日作りたてで提供しています。

 

f:id:mojori:20170724163828j:plain

山のみるくと熊本県産のスイカでダブルにしました(500円)。シングルは400円です。

 

f:id:mojori:20170724163842j:plain

めっちゃスイカ!めっちゃミルク!!!と、頭の悪そうな感想で申し訳ありません・・・が、本当にフレッシュで美味しい!食べ歩きの〆にぴったりの味です。胃も生き返ります。

ここではジェラートの他にピザもテイクアウト出来るんです。お腹に余裕のある方は是非食べてみてください。

 

店名:The Market SE1
住所:神奈川藤沢市片瀬海岸1-6-6
TEL:0466-24-8499
営業時間:11:00~18:00
定休日:不定休
URL:https://r.gnavi.co.jp/6aubd5c80000/

 

紹介したお店のマップ

ここまで一気に14店、江の島エリア全体を回ってきました!マップにまとめましたので、参考にしてください。

夏真っ盛りの今、海でキャッキャウフフだけでなくグルメ目的にも訪れてはいかがでしょうか?食欲に火をつける食べ物も、暑い夏にぴったりなひんやりスイーツも沢山揃っておりますよ〜!!

f:id:mojori:20170726143517p:plain

 

 

 

 

著者プロフィール

みやけ(@a_komotomo)

f:id:g-gourmedia:20150119112541j:plain

食べることと散歩が好きな平成4年生まれ。無職になりました。

阿古本という名前で絵を描いていたりもします。

ツイッター:https://twitter.com/a_komotomo

note:https://note.mu/genghis_khan

 

 

 

みやけの過去の記事はこちら

r.gnavi.co.jp

                             
ページ上部へ戻る