無水調理って、こんなにコクと旨みがスゴイのか…!素材の美味しさをそのまま凝縮する「無水レシピ」からもう離れられない

ダッチオーブンを使って「無水」で調理すると、素材の美味しさがそのまま凝縮されて、コクと旨みがすごいんです!やってみたい!やってみたいけどダッチオーブンなんて持ってないし…という方にもうれしいのが、某ニトリの商品、これなら安い!こちらを使って作る「無水カレー」「無水豚汁」「無水肉じゃが」が、控えめに言ってめちゃウマだそうです。素材の美味しさをまるごといただいちゃってくださいね。(鎌倉のグルメカレー

無水調理って、こんなにコクと旨みがスゴイのか…!素材の美味しさをそのまま凝縮する「無水レシピ」からもう離れられない

こんにちは。料理研究家の河瀬璃菜です。

昨今のアウトドアやグランピングブームで改めてその便利さを見直されている「ダッチオーブン」。燻製したり、ローストチキンを作ったりと汎用性が高いことでも知られています。

そんなダッチオーブンですが、「無水調理」にとっても向いているのをご存知でしょうか。無水調理とは、食材の持つ水分や脂を活用し、水を使わずに調理をする調理法です。その無水調理で、普段のお料理を作ると、味が格段に美味しくなるのです!

 

・・・とは言ってもダッチオーブンなんて持ってないし、高そう!と思われている方も少なくはないのではないでしょうか?

 

そんな皆様のために今回はこちら!

 

f:id:g-gourmedia:20171116145031j:plain

 

某ニトリの某ダッチオーブン(1,380円。安)を使って、いつも食卓に並ぶお料理を無水調理で作ってみました!

宣伝臭くなりましたが、宣伝でもなんでもありませんので悪しからず(笑)

 

早速紹介していきます。

 

 

コクがすげえ!「無水カレー」

f:id:linakawase:20171027011424j:plain

材料(2人分)

  • 豚バラブロック肉・・・300g
  • 玉ねぎ・・・2個
  • カレールウ・・・2かけ
  • 塩・・・小さじ1
  • 固形ブイヨン・・・1個
  • バター・・・10
  • 醤油・・・大さじ1
  • パセリ・・・適量
  • ガラムマサラ(あれば) … 小さじ1
  • トマト(角切り)・・・3個
  • レモン・・・適量
  • A セロリ・・・1本
  • A 人参・・・・1本
  • A 生姜・・・1かけ
  • A にんにく・・・・1かけ

 

作り方

  1. 豚バラブロック肉は、一口大に切り、塩コショウ(分量外)で下味をつけ、中火で熱したダッチオーブンで両面にこんがりと焼き色がつくまで焼き、取り出す。
  2. 玉ねぎはみじん切りにしたら、中火で熱したダッチオーブンにバターをとかし、塩小さじ1/2を加え、飴色になるまで炒める。
  3. Aはそれぞれ食べやすい大きさに切り、フードプロセッサーで撹拌させる。
  4. 2.に3.を加え水分が飛ぶまで煮詰めたら、塩小さじ1/2を加え混ぜ合わせる。
  5. 4.に1.、固形ブイヨン、醤油、トマトを加え蓋をしたら、弱火で60分加熱する。
  6. 5.にカレールウを入れよく混ぜ合わせたら、蓋を外し、5分加熱し最後にガラムマサラをふりパセリを散らす。食べる際にレモンをギュッと絞る。

 

市販のカレールウを使っているとは思えないほどの、コクの深さに思わずニンマリすること間違いなし!

野菜の美味しさを全て詰め込んだかのような味わいのカレー、一度食べていただければその味の美味しさに納得するはずです!

 

 

控えめに言って旨すぎる「無水豚汁」

f:id:linakawase:20171027011602j:plain

材料(2人分)

  • 豚バラ薄切り肉・・・200g
  • 玉ねぎ・・・・2個
  • 白菜・・・1/8玉
  • にんじん・・・1/2本
  • 大根・・・1/4本
  • こんにゃく・・・1枚
  • 万能ネギ・・・適量
  • 味噌・・・大さじ1
  • ごま油・・・適量
  • 生姜・・・1かけ
  • 酒・・・大さじ2
  • 塩・・・・小さじ1
  • 水・・・200cc

 

作り方

  1. 豚バラ薄切り肉は、塩(小さじ1/2)と黒コショウで下味をつける。玉ねぎは薄切りにする。白菜はざく切りにする。にんじん、大根は皮をむきいちょう切りにする。こんにゃくは手でちぎる。
  2. 中火で熱したダッチオーブンにごま油をひき豚バラ薄切り肉を炒める。玉ねぎ、白菜、にんじん、大根、こんにゃく、生姜、塩(小さじ1/2)、酒を入れ、炒めたら蓋をし弱火で40分煮込む。
  3. 野菜の水分が出てきたら、水を加え味噌を溶かし、万能ネギをのせごま油をまわしかける。

 

こちらは途中まで無水調理をした豚汁!はじめにじっくりと野菜の水分を出すことで、旨味がギュッと濃縮された豚汁になります。

控えめに言っても美味すぎる・・・!!!!

今年の冬はこの豚汁で過ごします。

 

 

野菜のうま味がお肉に染みわたる「無水肉じゃが」

f:id:linakawase:20171027011751j:plain

材料(2人分)

  • 牛バラ薄切り肉・・・250g
  • じゃがいも・・・3個
  • にんじん・・・1/2本
  • 玉ねぎ・・・・1個
  • インゲン・・・4~5本
  • 糸こんにゃく・・・・1袋
  • ごま油・・・適量
  • 醤油・・・大さじ2
  • みりん・・大さじ2
  • 酒・・・大さじ1
  • 塩コショウ・・・少々
  • バター・・・1かけ

作り方

  1. 牛肉は塩コショウで下味をつける。じゃがいも、にんじんは皮をむき乱切りにする。玉ねぎは薄切りにする。インゲンは下手を切り落とす。糸こんにゃくは下ゆでする。
  2. 中火で熱したダッチオーブンにごま油をひき、牛ロース薄切り肉を色が変わるまで炒めたら、インゲン以外の具材、醤油、酒、みりんを入れ、蓋をし、弱火で20分煮込み、インゲンを加えたら10分煮込む。
  3. 2.にバターを溶かし入れる。

 

 

野菜のうま味がお肉に染み渡った絶品肉じゃがの完成です!どうして今まで水を入れていたのだろうと不思議に思うほどの美味しさ。最後に溶かすバターがさらにコクと香りをプラスしてくれ、ご飯がモリモリ進みます。

 

 

無水調理をすることで、いつもの料理がぐっと美味しく、更には野菜の栄養分の流出も通常の調理に比べて少ないとも言われているので、健康を意識する方にもぴったりですよ!

是非作ってみてくださいね。

 

 

f:id:linakawase:20170728153635j:plain

河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)


1988年5月8日生まれ。福岡県出身。

レシピ開発、商品開発、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食に纏わる様々なお仕事をしています。

 

時短、ズボラ、ねと飯系が得意。料理ができない人でも作ってみたくなるレシピを提案します。

著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」 など
Blog: http://lineblog.me/linakawase/
Twitter:https://twitter.com/linasuke0508

                             
ページ上部へ戻る