材料はどれも岡山産!県外出身のご主人が作る岡山料理専門店「ikiya」の素晴らしさを、岡山を知る全ての人に伝えたい

岡山市で岡山県産の食材にこだわり続ける岡山料理の専門店「cooking of art Ikiya」で岡山料理を堪能できます!「サワラ」「ガラエビ」「牛窓マッシュルーム」「ヨメナカセ」「牡蠣」「連島レンコン」「ママカリ」「タイラギ」「黄にら」「岡山パクチー」「シャコ」「大手饅頭」…と岡山のご馳走がずらりと並びます。岡山B級グルメも良いですが、岡山食材にこだわったこんなお店、知っておいて損はありません!(岡山市のグルメ居酒屋

材料はどれも岡山産!県外出身のご主人が作る岡山料理専門店「ikiya」の素晴らしさを、岡山を知る全ての人に伝えたい

f:id:g-gourmedia:20180524163847j:plain

こんにちは! 岡山グルメブロガーのきーたんです!

 

実力はすごいのに、アピールが下手な人、あなたの周りにもきっといますよね。

岡山県もそうなんです。

 

アピール下手と言われて久しい岡山県。

しかし、食材の豊富さは胸を張れるレベルだと個人的には思っています。

南は瀬戸内海に面しているので特有の魚介類も多く、日照量が多いことでも有名。他県と比べても農業に適した地域です。

 

アピール下手の岡山県で、徹底的に岡山県産食材と岡山料理にこだわるお店 

そんな地産地消にはうってつけの岡山県。なんですが、案外、岡山県産にこだわっているお店は少ないのも事実。でも今日紹介する「ikiya」は、岡山県食材に対するこだわりがとにかくスゴイんです!!

なぜ他の飲食店はここまで岡山県産の食材にこだわることができないのでしょうか…?

 

それは年間を通して「岡山県産食材にこだわると、安定供給が難しいから」。

これにつきます。

産地を限定してしまうと、市場価格の変動に合わせてどうしても仕入れ値が上がってしまう時期があります。

「今、岡山県産の食材使ったら高いから、ほかの産地(海外含む)の使おう」

これが普通のやり方です。

 

でも「ikiya」の店主はそれをしない。

それはひとえに利益第一ではなく、「岡山県産のものを使った料理を年間通して出すんだ」という熱い気持ちがあるから。

是非、県外から来られた方はそんな店主の熱い気持ちも含めて岡山の食材を食べ尽くしていただきたいと思います。

 

 

そんな思いのつまったお店「ikiya」は岡山駅東口から徒歩15分ほど。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/keyturn/20180305/20180305175620.jpg

 

カウンターに座ると、目の前には岡山にちなんだ飲み物や調味料が並んでいます。

f:id:keyturn:20180305181850j:plain

 

そうそう、NARUTOの作者「岸本斉史」さんも岡山県出身です。岸本さんが生まれた地域の特産である「黒豆」を使ったお茶もありました。

f:id:keyturn:20180305182247j:plain

 

カウンター前の冷蔵ケースには、岡山県産の食材がズラリ!

f:id:keyturn:20180305181904j:plain

f:id:keyturn:20180305181922j:plain

f:id:keyturn:20180305181914j:plain

順々に説明していきますね!

 

「さわらのまこ」「がらえび」…お通しから岡山感が全開!

お通しから岡山っぽさが全開です!

左から「さわらのまこ」「がらえび」「菜の花」。

さわらの真子(さわらの卵)は岡山だと普通のスーパーにフツーに売ってますからね!

がらえびは岡山ではバラ寿司に欠かせない具材。このお通しではスナック感覚で食べられて美味しいです。

f:id:keyturn:20180305182140j:plain

 

お通しをいただきながらゆっくりメニューを見ていきましょう。

もう本当にどれも岡山ならではのものが多いんです!

f:id:keyturn:20180305180252j:plain

 

ママカリに鰆(サワラ)、

f:id:keyturn:20180305180307j:plain

 

下津井のタコに笠岡のシャコ、

f:id:keyturn:20180305180321j:plain

 

野菜でいうと、やっぱりテレビにもたびたび取り上げられている「黄ニラ」が有名です!

f:id:keyturn:20180305180333j:plain

 

黄ニラの産地で作られている「岡山パクチー」も、最近はどんどん勢いがついて東京の飲食店にも流通し始めています。

f:id:keyturn:20180305180344j:plain

 

「千屋牛」に「ピーチポーク」、「森林どり」! 岡山は畜産も盛んなので、牛・豚・鶏もブランド肉があるんですよ!

f:id:keyturn:20180305180357j:plain

 

岡山はB級グルメも充実!

f:id:keyturn:20180305180408j:plain

f:id:keyturn:20180305180426j:plain

これは1回くらいじゃ絶対に食べきれないですね…!

 

マッシュルームにヨメナカセ、サワラ、牡蠣… 岡山を味わい尽くす

まずは「牛窓マッシュルームと岡山ミニトマトのサラダ」。

実はマッシュルームの生産量全国1位は岡山県なんです。

そのほとんどを牛窓町(現瀬戸内市)にある「ミツクラ農林」さんで作っているんです!

f:id:keyturn:20180325131942p:plain

(引用:野菜情報サイト 野菜ナビ

 

f:id:keyturn:20180305182451j:plain

 

続いては「ヨメナカセ」。

牛の血管の部分で岡山の県北では結構ポピュラーな食材です。地域によっては「コリコリ」って呼ばれたりもするみたいですね。

f:id:keyturn:20180305182544j:plain

 

こちらのお店ではピリ辛炒めになっていて、独特のコリッとした食感がたまらんのです!

f:id:keyturn:20180305182638j:plain

 

次はこれ、岡山が誇る名物料理!僕の大好きな「サワラのタタキ」。

ネギと黄ニラ、わさびが添えられています!

f:id:keyturn:20180305183252j:plain

 

サワラのタタキの素晴らしいところは、しっとりとした濃厚な味わいの切り身が薬味と合わせて食べることによってその旨味が際立つところ!

普通のタタキもありますけど、個人的には塩たたきが断然オススメ!!

f:id:keyturn:20180305184053j:plain

 

どんどんいきましょう、「生がきの炙り 昆布のせ」。

大きくてぷりっぷりの太った牡蠣が4つもあって780円は破格!!

f:id:keyturn:20180305183729j:plain

 

こちらは「連島レンコンの鶏ミンチはさみ揚げ」。

全国的な知名度はそこまで無いかもしれませんが、岡山の人にとっては「レンコンは連島レンコンじゃないと!」とこだわる人も少なくありません。

しっとりとしたホクホク感の味わえるレンコンなので、こういう天ぷらがピッタリです!

f:id:keyturn:20180305184839j:plain

 

鶏のミンチとも相性いいですね♪

f:id:keyturn:20180305184921j:plain

 

ママカリをはじめ岡山食材の握りが最高にうまい

続いて、岡山ならではの食材を握りにしていただきました〜!ママカリ、タイラギ、黄にら、パクチーです!

f:id:keyturn:20180305185245j:plain

 

「パクチーの軍艦」は甘めの刺し身醤油がかかっていてパクチーの風味と良いバランスです。

f:id:keyturn:20180305185307j:plain

 

「黄ニラの握り」は黄ニラの繊細な甘さが酢飯と合います!

f:id:keyturn:20180305185313j:plain

 

「タイラギのにぎり」ぱっと見はホタテのような感じですが、食感はサクサクとした感じがあって旨味ものってて美味しいんです!

ここのは少し炙ってあるから香ばしさも出ていていいですね♪

f:id:keyturn:20180305185318j:plain

 

岡山名物と言えば忘れちゃいけないのが「ママカリ」!

やっぱりママカリはお店で食べるのが一番!!酢の締め具合が絶妙で美味しいんです〜!

f:id:keyturn:20180305185326j:plain

 

もう一つご飯もの!

意外と岡山駅前の飲食店でも食べられるところが少ない「シャコ丼」。

シャコって馴染みが無い食材かもしれませんが、岡山郷土料理「バラ寿司」によく入っているんですよね。

海老みたいな感じですけど、もうちょっとぼそっとした食感。

ボイルして殻を剝くとこんな感じ。

f:id:keyturn:20180305190122j:plain

 

北海道なんかではボイルしたものをそのまま丼に乗せるみたいですが、岡山ではシャコを「かつ丼」みたいにして食べるんですよ〜!

f:id:keyturn:20180305190057j:plain

 

岡山銘菓「大手饅頭」がアイスになった

〆のデザート岡山銘菓の「大手饅頭」をアイスにしたもの。

こちらのお店では、豆乳、牛乳、バニラアイスを混ぜて作るそうです!

f:id:keyturn:20180305191749j:plain

 

大手饅頭は甘酒と餡こで作られているんですが、それがうまーく甘さ控えめに仕上げられていて食後のデザートにぴったり!

f:id:keyturn:20180305191817j:plain

ごちそうさまでした!

 

ikiya周辺は居酒屋さんが集まっているエリアになってます。

店内は掘りごたつ式のテーブル席がメイン。

f:id:keyturn:20180305175746j:plain

 

4人用の半個室もありますよ。

f:id:keyturn:20180305175752j:plain

 

もともとは鳥取出身のご主人。

岡山県産にこだわり始めた今のスタイルにしたのが2010年。

これだけ岡山県産にこだわったお店は他に知りません!岡山の食文化を盛り上げるためにもいつまでも頑張っていただきたいお店です!

 

紹介したお店

TEL:050-3469-7260

 

筆者プロフィール

f:id:keyturn:20161106201133p:plain

どうも、きーたんです。
2012年に東京都から岡山県へ移住。
本業の傍ら「1日1軒新しいお店で食べる!」をモットーにしてブログを始めたら、気づけば月間10万PV超え。ただいま訪問件数は岡山県内で1,000軒以上。

ブログ:http://okayamagourmet.com/

Twitter:https://twitter.com/keyturn312

Instagram:https://www.instagram.com/keyturn312

Facebook:https://www.facebook.com/key.turn0312

                             
ページ上部へ戻る