倉敷・美観地区の食べ歩きグルメ!岡山在住者が厳選したホントに美味しいお店10選(マップつき)

岡山のナンバーワン観光スポット「倉敷・美観地区」の食べ歩きグルメを岡山在住ブロガーさんが厳選したまとめ記事です。岡山と言えばなんと言ってもきびだんごにジーンズ、そしてデミソースで食べるとんかつが有名ですが、倉敷・美観地区でもたっぷり岡山グルメを楽しめます。元祖きびだんごのお店や、うどん日本一の称号に輝いたお店にも注目です。ジーンズにちなんだビールや肉まんには驚き。美観地区を食べ歩きながら倉敷と岡山を満喫してくださいね。(倉敷のグルメ

倉敷・美観地区の食べ歩きグルメ!岡山在住者が厳選したホントに美味しいお店10選(マップつき)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/keyturn/20171030/20171030111946.jpg

こんにちは!岡山グルメブロガーのきーたんです。岡山に移住して早5年……。気づけば岡山のお店に1,150軒食べに行っております!

 

今回は岡山県内の観光客数ランキングで不動の1位を誇る「倉敷・美観地区」エリアの食べ歩き店を紹介します。

老舗の銘菓からガッツリメシに異色の変わり種までいろいろ紹介していきますね〜。

【もくじ】

 

 

1.【うどん】駅前のぶっかけうどん発祥のお店「倉敷うどん ぶっかけふるいち 仲店」

f:id:keyturn:20171015090959j:plain

岡山県随一の観光名所である美観地区方面、倉敷駅の南口を出てコンコースを歩くと自社ビルと大型ビジョンが目に飛び込んできます。

 

本店は今甘味処になっていて、うどんが食べられるのは商店街の中。この日はちょうど商店街のお祭りもあってかなり賑やかな感じでした!

f:id:keyturn:20171015091217j:plain

コチラのお店、なんと代々木公園で毎年行われている「うどん天下一決定戦」で2016年と2017年の2年連続で優勝しているという全国的にも有名なお店でもあります!

 

こちらのお店は7時からやっていることもあって、9時の時点でもなかなかの賑わい。

f:id:keyturn:20171015091044j:plain

 

ぶっかけうどん以外にもいろんな種類のうどんが食べられます。

f:id:keyturn:20171015091032j:plain

 

それでは元祖「ぶっかけうどん」を早速いただきます! ねぎ、のり、天かす、うずらの卵が入ってます。

f:id:keyturn:20171015090829j:plain

 

岡山ではうどんもワサビでいただくのが主流です。

f:id:keyturn:20171015091240j:plain

 

まぜまぜ…

f:id:keyturn:20171015090901j:plain

 

f:id:keyturn:20171015091008j:plain

麺は太麺でもっちりしていますが、ほどよいコシがあって食べやすい感じです。これくらいのほうがつゆが麺にしっかり絡む感じがありますね!

つゆ自体はしっかりと甘辛い味付けになってますが、それがワサビと絡むと味が引き締まっていいですね〜。

全国のうどんの名店と競って1位になった味を、是非是非みなさんも確かめに行ってみてください!

 

店名:倉敷うどん 「ぶっかけ」ふるいち 仲店
住所:岡山倉敷市阿知2-3-23
TEL:086-422-2389
営業時間:7:00~21:00
定休日:年中無休
URL:https://r.gnavi.co.jp/6vav5wwy0000/

 

2.【ぜんざいたい焼き】ただの白いたい焼きじゃないぞ…!「ぶっかけふるいち 本店」

f:id:keyturn:20171015092245j:plain

ホントだったら駅前の大通り沿いに本店があって、そこで食べようと思ってたんですが、この日は商店街のお祭りがあったのでうどんを出している仲店の前で売ってました!

 

f:id:keyturn:20171015092853j:plain

「ふーまん」も気になりますが、ここではあえての「ぜんざいたい焼き」を !

 

f:id:keyturn:20171015092834j:plain

屋台を出して焼いてました!
 

f:id:keyturn:20171015092900j:plain

 

早速いただきます。

f:id:keyturn:20171015093014j:plain

焼き立てをいただいたのでホントにアツアツ!

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/keyturn/20171015/20171015093133.jpg

半分に割ろうとすると…

 

f:id:keyturn:20171015093135j:plain

このモッチリ感!

口に入れてもやっぱりたい焼きとは一味違った食感。お餅感があって美味しいですね〜。あんこも甘みがしっかりしてるので1つでも食べごたえ十分!

見た目と口に入れた時のギャップが楽しい、面白いたい焼きでした〜!

 

店名:倉敷うどん 「ぶっかけ」ふるいち 本店
住所:岡山倉敷市阿知2-1-8
TEL:086-425-3200
営業時間:11:00~18:00
定休日:年中無休

 

3.【えびす饅頭】秋冬しかやっていない!3代続く老舗の大判焼きは焼きたてが最高!

f:id:keyturn:20171015094034j:plain

倉敷駅前の商店街の中の1つ「えびす商店街」。

 

アーケードが終わるちょうど手前にお店があります。

f:id:keyturn:20171015094559j:plain

 

お店の窓に値段表があります。

ご丁寧に40個までの値段が1つずつ書いてあります。割引があるわけではないので単純に掛け算ですね(笑)。

それにしても1つ75円は安い!

f:id:keyturn:20171015094755j:plain

 

おじいさんが一つ一つ丁寧に焼いてます。

f:id:keyturn:20171015094717j:plain

 

イメージしていた大判焼きよりも一回り小さい感じです。

f:id:keyturn:20171015095022j:plain

 

焼き立てなので皮がパリっとしていますね!

f:id:keyturn:20171015095037j:plain

 

f:id:keyturn:20171015095105j:plain

やっぱり焼き立ては美味しいですね!

あんこ自体はしっかりと甘くて、生地はイメージしていた大判焼きよりも薄い感じもあるので「あんこ食べた〜!」っていう満足感がしっかりあります!

小ぶりなサイズが食べ歩くのにちょうどいいですよ♪

 

店名:えびす饅頭
住所:岡山倉敷市阿知2-16-37
TEL:086-424-4458
営業時間:9:30~17:00(秋~春)
定休日:夏

 

4.【倉敷地ビール】ジーンズ発祥の街ならではの異色の地ビール!「倉敷屋 本町店」

f:id:keyturn:20171015100803j:plain

美観地区の裏通りを歩いていると昔ながらの建屋が所狭しと並んでいます。そんなお店の1軒が、「倉敷屋本町店」。倉敷地ビールがいただけます。

 

f:id:keyturn:20171015101048j:plain

地ビールは3種類。

 

f:id:keyturn:20171015101158j:plain

スタンダードなビールとインディゴビールいただきます!

 

f:id:keyturn:20171015101408j:plain

麦のコクがしっかりしたタイプの「黒」。

 

f:id:keyturn:20171015101340j:plain

フルーティーでさっぱりした味わいの「インディゴ」。

 

f:id:keyturn:20171015101417j:plain

2つ並べるとその色の違いがはっきり分かりますね。

インディゴの方も見た目は不思議な感じもしますが、味はとっても正統派でビールとは思えないくらいライトな感じで飲みやすいです!

お昼の時間に飲むビールほど美味しいものはないですね(笑)

 

店名:倉敷屋 本町店
住所:岡山倉敷市本町3-15
TEL:086-425-0081
営業時間:月~金 9:30~17:30 / 土・日・祝 9:00~18:00

 

5.【コロッケ】食べ歩きの定番!全国コロッケコンクールで金賞受賞のコロッケはいかが

f:id:keyturn:20171015101454j:plain

金賞コロッケという名前の由来は、遡ること今から30年前の1987年(僕が3歳!)の時に全国コロッケコンクールで優勝したコロッケということで「金賞コロッケ」という名で売り出されたようです!かなり歴史のあるコロッケなんですね〜。

 

f:id:keyturn:20171015101604j:plain

よくあるネーミングですがそこはさすが!岡山ならではの「倉敷の下津井産のタコ」が入ったたこコロッケもありますよ〜!
 

f:id:keyturn:20171015101712j:plain

ではではまずは金賞コロッケから食べてみましょう!
 

f:id:keyturn:20171015101915j:plain

牛肉の旨味がしっかりつまったしっかり味のコロッケなのでそのまんまで美味しいです。

 

「原料に北海道産の男爵芋と和牛の脂肪分を抜いた赤身のミンチを使い…」というのが金賞コロッケの特徴なんですが、本当に旨味が濃厚!

 

f:id:keyturn:20171015101848j:plain

続いてたこコロッケ。
 

f:id:keyturn:20171015101745j:plain

思った以上にタコがゴロゴロ!

タコの風味も効いてて個人的にはこっちのほうが好きかもです♪

下津井のタコはやっぱり風味がいいんですよ〜!是非是非味わってみてくださいね〜!

 

店名:金賞コロッケ 倉敷
住所:岡山倉敷市本町3-15
TEL:086-423-0223
営業時間:9:30~18:00 ※閉店時間が早まる場合有
定休日:年中無休
URL:https://r.gnavi.co.jp/9hxebvf20000/

 

6.【ジャースイーツ】倉敷の有名ゲストハウスが運営する絶品手作りスイーツ「はれもけも」

f:id:keyturn:20171015125616j:plain

倉敷には有鄰庵という築100年超の古民家を使った有名なゲストハウスがあるんですが、その会社が手がけるスイーツ専門店「はれもけも」がこの2017年10月にオープンしております!

 

お店の奥からイートインスペースに上がれるみたいですが、外にもベンチがあるのでそこで食べたりできます。

 

f:id:keyturn:20171015124549j:plain

ショーケースにはプリンやケーキが並んでます。

 

f:id:keyturn:20171015125550j:plain

ドリンクも手頃な値段でいろいろ揃ってます。
 

f:id:keyturn:20171015124733j:plain

おすすめの「ジャースイーツ」をいただきます。

 

f:id:keyturn:20171015124739j:plain

こちらは「瀬戸内の早生みかんレアチーズ」。

 

f:id:keyturn:20171015124854j:plain

ごろっとミカンが入ってます!レアチーズと柑橘の組み合わせが爽やか!! 

 

f:id:keyturn:20171015124744j:plain

続いて「ごろっと鳴門金時と黒糖」。

 

f:id:keyturn:20171015124741j:plain

お芋のスイーツは秋にぴったりですね!黒糖も優しい甘さなので2つ目もペロッと食べられちゃいました(笑)

 

f:id:keyturn:20171015125154j:plain

こちらのユニークなサービスは、食べ終わった容器を返却するとクッキーがもらえること! なんかこういうの良いですね〜♪

 「季節の旬のものを手作りで」 という素敵な想いがしっかりつ伝わってくるお店ですよ〜!

 

店名:はれもけも
住所:岡山倉敷市阿知2-17-16
TEL:086-486-5002
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜(火曜は不定休)

 

7.【むかし吉備団子】創業1856年!元祖吉備団子の「廣榮堂本店」が作る本物のきびだんご

f:id:keyturn:20171030112606j:plain

きびだんごの歴史は古く、発祥から160年と言われています。今では岡山土産としていろいろなメーカーがいろんな味のものを発売しているんですが、今回紹介するのは元祖のお店で素材にもこだわった本物のきびだんご!

 

f:id:keyturn:20171015104941j:plain

さすが本店という雰囲気。
 

f:id:keyturn:20171015105014j:plain

ありましたありました。 「むかし吉備団子」!
 

今回購入したのは1番小さい8個入りのもの。これはオンラインとかでは買えない特別パッケージです。15個入り以上は杉の木箱に入ってます。

f:id:keyturn:20171015163349j:plain

ちなみにこの「むかし吉備団子」は通常の「元祖きびだんご」と比べて倍くらいの値段です(笑)。

 

f:id:keyturn:20171015163400j:plain

一つ一つ個包装されてます。

 

f:id:keyturn:20171015163410j:plain

 

見た目はこんな感じ!

f:id:keyturn:20171015163440j:plain

普通のきびだんごしか食べたことなかったんですが、これは本当に別格!!通常の「きびだんご」と比べてとても上品な甘さと、モッチリ感がかなりUPしてます!

中にあんこが入っているわけではないんですが、この上品な甘さが何個でもパクパク食べたくなりますね〜。これをいただいた方についていきたくなる気持ちも分かります(笑)。なるほどこのきびだんごは岡山土産として誇れますね!

自分で食べるもよし!普段良く見かけるきびだんごとは一味違うこちらの「むかし吉備団子」はお土産にもバッチリ!

 

店名:廣榮堂 倉敷雄鶏店
住所:岡山倉敷市本町5-22
TEL:086-421-3888
営業時間:9:00~18:00
定休日:12/31~1/1
URL:https://r.gnavi.co.jp/ctkhrcfp0000/

 

8.【手作り体験】岡山土産「むらすずめ」が自分で作って食べられちゃう「橘香堂 美観地区店」

f:id:keyturn:20171030112008j:plain

美観地区の入り口すぐにある橘香堂さん。

 

f:id:keyturn:20171015110123j:plain

なんとこちらは「むらすずめ」が自分で作れるみたいなんです!

 

f:id:keyturn:20171015110854j:plain

「むらすずめ」とははこんな感じで、カステラのような卵たっぷりの生地であんこを包んでいます。生地を焼いた時にできる気泡をあえて外に出すのが特徴的ですね〜。ちょっと変わった形は編笠をモチーフにしているとのこと。

フワフワもっちりの生地とあんこの組み合わせがピッタリなんです♪

 

店内に入ってレジでお会計を済ませると早速店員さんが工場に案内してくださいます。かわいい店員さんを前に緊張を隠せません!(笑)

f:id:keyturn:20171020100334j:plain

 

焼いた生地を裏返してあんこをのせて…

f:id:keyturn:20171018180700j:plain

 

生地で包みます、が…めっちゃ熱いです!!(鉄板触らなければ火傷はしませんよ〜)

f:id:keyturn:20171018180719j:plain

 

はい!完成!この気泡がむらすずめの特徴ですね♪

f:id:keyturn:20171018180808j:plain

 

体験で作らせてもらえるのは1回につき3つ。お店の方がフィルムに包んで持って帰らせてくれますんでできたてをその場で食べるも良し!

f:id:keyturn:20171015170135j:plain

 

1番キレイなのを選んでもやはり店頭で売られているものとはちょっと違いますね(^_^;)

f:id:keyturn:20171015170151j:plain

 

この卵たっぷりのもっちりした生地が本当に美味しいんですよね〜♪

f:id:keyturn:20171015170223j:plain

むらすずめもきびだんごとならぶ岡山の代表的な銘菓で、橘香堂の創業明治10年から続く由緒ある味なんです。

岡山駅でももちろん売られていますが、やはりこれは自分で作ったものを焼き立てでいただくのがオススメ!

 

店名:橘香堂 美観地区店
住所:岡山倉敷市阿知2-22-13
TEL:086-424-5725
営業時間:9:00~18:00
URL:https://r.gnavi.co.jp/1x806zga0000/

 

9.【とんかつ】行列必至!創業50年超のとんかつ店「かっぱ」は秘伝のデミソースが決め手

f:id:keyturn:20171015112042j:plain

全国区のテレビでも放送される、倉敷の行列必至の名物とんかつ屋さんが「かっぱ」です。

オープンは11:20なので、少し早めに行って行列を回避しようと思っていたんですが、食べ歩きながらえっちらほっちらお店の前にたどり着いてみるとすでに待ち人多し…。

 

f:id:keyturn:20171015112021j:plain

 11時ちょっと過ぎたくらいなんですが、すでに16組も前に…。

 

オープン時間になると店員さんが順番に案内してくれるんですが、お店の前はものすごい人だかり!!

f:id:keyturn:20171015112838j:plain

われわれは2巡目に回ることになってしまったので、オープンしてから30分くらいは待ちましたかね…。

土日は普通にお昼時に行ったら1時間待ちが当たり前とのことですので、観光ついでにという方はスケジュールを良く考えて行かれることをオススメします!

 

f:id:keyturn:20171015120225j:plain

店内は昭和の雰囲気が残る落ち着いた雰囲気。

 

f:id:keyturn:20171015120208j:plain

とんかつが名物なんですが、洋食屋さんとしてのラインナップが一通り揃ってます。

 

f:id:keyturn:20171015121121j:plain

並んでいる時にオーダーは取っていただいていたので、席についてからは比較的スムーズに料理が出てきます。

 

f:id:keyturn:20171015121403j:plain

これが「名代とんかつ」!

岡山のB級グルメは「デミカツ丼」が有名ですが、こちらのはあくまでライスとデミカツは別々。秘伝のソースというだけあって、イメージしていたデミソースよりもかなり深みのある味…!力強いトンカツをどっしりと受け止めてくれるというような、そんな印象です。

 

f:id:keyturn:20171015121517j:plain

厚切りのロースは食べごたえ抜群!!

男性でも少なめが良い方は、一回りトンカツのサイズが小さい「ミニとんてい」にしておいた方がいいかもしれませんね〜。

そもそも岡山以外だとなかなかトンカツをデミソースで食べる文化が少ないと思うので、岡山に来られた際には是非!

 

店名:名代とんかつ かっぱ
住所:岡山倉敷市阿知2-17-2
TEL:086-422-0440
営業時間:火~日11:20~15:00/17:00~20:00
定休日:月
URL:https://r.gnavi.co.jp/ras0u6770000/

 

10.【デニムまん】ジーンズ発祥の地から生まれた自虐的肉まん「倉敷デニムストリート」

f:id:keyturn:20171030112430j:plain

美観地区に面したコチラのお店。奥には「星野仙一記念館」もあるのですぐ分かる場所かと思います。

 

f:id:keyturn:20171015130804j:plain

お店の前にはちょうど外国からの観光客の方が。さすが世界のokayama denim!
 

f:id:keyturn:20171015130857j:plain

テイクアウトメニューはデニムデニムデニムデニムのオンパレード!デニムソフトにデニムまん、デニムバーガーとデニムスカッシュ
 

f:id:keyturn:20171015130912j:plain

店頭の一番目立つPOPにデカデカと「食欲をなくすNo.1、それは青色です」とか書いちゃってます…。

デニム=インディゴ。ですが、もちろんインディゴを生地に練り込んだら大問題。ちゃんと天然由来の素材で色を出してるみたいですよ〜。
 

f:id:keyturn:20171015131113j:plain

それにしてもこの色。どんな味がするんでしょうか…。ドラクエのスライムに見えなくもない…。

 

f:id:keyturn:20171015131143j:plain

割ったら普通に肉餡が入ってます。ノーマル肉まんです。

口に入れたら普通に美味しい肉まん(笑)。その話題性からか2014年の発売からいろいろな意見が飛び交っておりますが、インスタ映え?には持って来いの肉まんは倉敷観光の土産話に是非〜!

店名:倉敷デニムストリート
住所:岡山倉敷市中央1-10-11
TEL:086-435-9135
営業時間:10:00~17:00

 

食べ歩きに便利なマップ&まとめ

岡山県民にとって身近な存在である倉敷・美観地区。でも近すぎると案外足を運びづらいところもあったりするわけですが、今回いろいろ歩いてみると本当に紹介したいお店がたくさんあって大変でした!

美味しいお店、雰囲気の良いカフェ。歴史を堪能しながら、ロケ地でもよく使われるこの場所はさすが岡山No.1観光スポット!

ぜひ皆さんもこちらを参考にいろいろと美観地区の食べ歩きを楽しんでください♪

 

f:id:keyturn:20171030112905j:plain

 

筆者プロフィール

f:id:keyturn:20161106201133p:plain

どうも、きーたんです。
2012年に東京都から岡山県へ移住。
本業の傍ら「1日1軒新しいお店で食べる!」をモットーにしてブログを始めたら、気づけば月間10万PV超え。ただいま訪問件数は岡山県内で1,000軒以上。

ブログ:http://okayamagourmet.com/

Twitter:https://twitter.com/keyturn312

Instagram:https://www.instagram.com/keyturn312

Facebook:https://www.facebook.com/key.turn0312

                             
ページ上部へ戻る