グルメな人は手土産に何を持っていくのか?友人たちにイチオシを聞いたら全部みごとに美味しくて最高すぎた話

何かと必要になる場面が多い手土産。もちろんシーンに応じてふさわしい手土産は変わりますが、今回はとにかく美味しい手土産を紹介します。教えてくれたのはグルメな人たち。彼ら彼女らが普段からよく使っているというお店を紹介していただきました。府中で人気「くりばやし」の餃子、帝国ホテルのちょっとリッチな「シャリアピンパイ」、気軽なお肉屋さんといった風情ながら本格的な「冨永オリジナルデリカテッセン」のソーセージ・ハム、まるでスフレケーキのような食感がおもしろい「後藤かまぼこ店」のはんぺん、甘しょっぱい味がクセになる「中里」の揚(あげ)最中など、本当に美味しい手土産が揃っています。(府中のグルメ中華

グルメな人は手土産に何を持っていくのか?友人たちにイチオシを聞いたら全部みごとに美味しくて最高すぎた話

f:id:posoi:20190618030628j:plain

 

こんにちは、ほそいあやです。

皆さんは、誰かの家に遊びにいくときなどの手土産を買うのに、決まったお店がありますか?

グルメな人はもちろん、そうでもないという人も一軒くらいは手土産によく使うお店があるのではないでしょうか。

そういうの、逃さず知りたい。手土産は、自分以外の人が食べても喜んでもらえるという強い自信が伴っているものだから、高確率で本当においしいものに出会えると思っているし、信頼している人の愛用の手土産というものにはとりわけ興味がある。

今回は、グルメな友人イチオシの「おいしいもの」を買ってきてもらったり、教えてもらったりします。

 

府中の人はここの餃子しか食べない?「くりばやし」の餃子

府中出身・在住の友人は「くりばやし」の餃子を買ってきてくれた。以前彼女の家で食べたことがあって、すごくおいしかったので私もファンになっていた。

f:id:posoi:20190617155643j:plain

うれしい

府中の人は餃子といえばくりばやしだから、といっていたけど、食べてみれば本当にそうなんじゃないかと思うくらいおいしい。私は母方の実家が宇都宮だったこともあって子どもの頃からわりと餃子を食べていたし、なんならちょっと有名なジャンボ餃子の店が親戚んちだったりするので、少しは餃子にはうるさいほうかもと思うこともある。

それでもやっぱりくりばやしの餃子はうまい。宇都宮にもあったらいいのにと思うくらいにはうまい。

f:id:posoi:20190617151232j:plain

府中駅前にある。テイクアウト専門店です

f:id:posoi:20190617151231j:plain

オリジナル、スタミナ、しそ、えび、生姜、ニラ、を買ってきてくれた。どれもおいしいけど、にんにくがガンガンに利いたスタミナ餃子が私は好きです。オリジナル餃子もかなりのニンニクだけど、スタミナ餃子は合法ぎりぎりのニンニク量なので注意が必要。友人も電車では持ってこれないといって車で来てました。

 

f:id:posoi:20190617151230j:plain

肉も野菜も粗め。ビールがいくらあっても足りないよ

この日は冷凍のを買ってきてもらったけど、焼いてあるやつも買えます。

友人は子どもの頃から食べていて、家で餃子を作る時はいつもくりばやしの餃子を目指して作るのだけどどうしても再現できないらしい。自作餃子もこれに寄せたくなってしまうのか。気持ちはわかる。府中市民のソウルフードなんだなあ。 

 

くりばやし 府中駅前店
住所:東京府中市府中町1-3-6
TEL:042-368-7050
営業時間:10:00~20:00
定休日:1/1~2
公式HP:府中で人気のおいしい手作り餃子販売 くりばやし

 

帝国ホテルの名品「シャリアピンパイ」

東京 五つ星の手土産」という本がある。どこへ持っていっても恥ずかしくない味の手土産がまとめられている。著者は「おいしゅうございます」のセリフで有名な料理記者、岸朝子さんだ。

この本に載っている店をほとんど制覇した友人に、おすすめをきいてみた。

f:id:posoi:20190617233424j:plain

かつてこの本を片手にお店巡りをしていた友人。「済」のはんこがある

f:id:posoi:20190617151226j:plain

帝国ホテルの一階にある「ガルガンチュワ」

ガルガンチュワは帝国ホテルの味を気軽にテイクアウトできるお店である。ここの一日限定10個の「シャリアピンパイ」がやばいらしい。

f:id:posoi:20190617151229j:plain

明らかに餃子よりテンションの高い私(嘘です、餃子最高)

f:id:posoi:20190617151228j:plain

シャリアピンというのはかつて一世を風靡したロシアのオペラ歌手の名。帝国ホテルに宿泊した時に食べた牛フィレ肉のステーキに感激したことにより、そのステーキが「シャリアピンステーキ」と名付けられた。そしてシェフがそのステーキをきまぐれにパイに包んだことから生まれた料理らしい。

上客と一流シェフのやりとりから創作された料理は数あれど、めちゃくちゃリッチな雰囲気の逸品ですね。いきなりこんなの持ってこられたら冷蔵庫に用意しておいた発泡酒を出しづらくなりますね。

 

f:id:posoi:20190617151227j:plain

牛フィレ肉の高級感あふれる旨みと、じっくり炒めた玉葱の甘み。当然だけど、こんなに繊細な味のミートパイ食べたことない。どこのお宅にも自信を持って持っていける手土産だと思います。

 

ガルガンチュワ
住所:東京都千代田区内幸町1-1-1(帝国ホテル1F)
TEL:03-3539-8086
営業時間:8:00~20:00
公式HP:ホテルショップ ガルガンチュワ | 帝国ホテル 東京

 

クラフトビール好きの友人が推す絶品ソーセージ

いつも「みんなのごはん」の取材につきあってくれる、おいしいもののアンテナが優れた友人のイチオシはこちら。

f:id:posoi:20190617151238j:plain

冨永オリジナルデリカテッセン(豪徳寺

 

以下は友人の読んでるだけでうきうきしてくるエピソードです。

 

豪徳寺(寺の方)行く途中でたまたま発見。
その時は季節のソーセージしいたけだかキャベツだったんだけど、珍しくて買ったらとても美味しかったので、季節ごとに通うようになったわ。
今はあるかわからないけど、ソーセージ眺めながらホットドッグを店先で食べたりするのも楽しかったな。
お歳暮にと言えば適当においしいものを詰めてくれるのですごい重宝してたよ。
ソーセージはフワフワプリプリで朝から飲める。
ガーリックチューリンガーで昼夜問わずいつでも酒が飲める。
レバーケーゼでトーストがご馳走に。
ハム類は何種か見繕えばすてきなオードブルに。
と、いつでも食べたいソーセージが揃ってると思う。

 

f:id:posoi:20190617151237j:plain

ケースを撮るだけでいいねがいっぱいもらえそうな絵に

千葉東京の北東部にしか住んだことのない私は、東京の西側をあまり知らない。やっぱり洒落た店あんな〜、こっちにはデリカテッセンなんてないもん……くらいに思っていたんだけど、足を運んでみるとお洒落さもありつつ入りやすくて値段も手ごろ。住宅街にある親しみやすいお肉屋さんという風情だった。

 

f:id:posoi:20190617151236j:plain

薄くカットしてくれる

f:id:posoi:20190617151235j:plain

袋がかわいい

f:id:posoi:20190617151234j:plain

ビーフソーセージ(左上)、オリーブボロナ(下)、バイブルスト(中央)

ビーフソーセージにはピスタチオが練り込まれている。ビーフのソーセージって珍しいと思って買ってみたけど、すんごいうまくて笑ってしまう。見た目も漫画に出てくるようなザ・肉! って感じで笑ってしまう。

オリーブボロナも、ソーセージだけど肉感残しつつオリーブの塩味・酸味との調和もバッチリ。

ソーセージは、むちゃくちゃ高級な魚肉ソーセージ。っていう表現はどうなのさという感じだけど、食べてみればわかる。手でちぎって食べるのがおすすめです。

 

f:id:posoi:20190617151233j:plain

これはハマるわ〜

冨永オリジナルデリカテッセン
住所:東京都世田谷区豪徳寺1-50-18
TEL:03-3420-0973
営業時間:9:00~19:00
定休日:日曜、月曜

 

キングオブ商店街のキングオブおでん種「後藤かまぼこ店」

品川区に住む飲み友達にきいてみたところ、テレビでみたことのあるおでん種のお店を推されました。

f:id:posoi:20190617151245j:plain

全長1.3キロの商店街、戸越銀座

戸越銀座、有名な商店街ですね。食べ歩きの聖地としてたびたびメディアで紹介されています。

f:id:posoi:20190617151244j:plain

中でもよく紹介されるのが「後藤かまぼこ店」。戸越銀座に限らず、商店街の食べ歩き番組はおでん種のお店がよく取り上げられますね。お店ごとにアレンジされた具もあって面白いのが理由でしょうか。

 

f:id:posoi:20190617151243j:plain

練り物星人にはたまらない景色

f:id:posoi:20190617151242j:plain

この店の名物は「おでんコロッケ」。おでんをイメージしたコロッケなんだそうです。食べてみればわかるらしいから食べてみます。

 

f:id:posoi:20190617151241j:plain

おでんコロッケとはんぺん。見た目はふつうですね。

 

f:id:posoi:20190617151240j:plain

おでんコロッケは、じゃがいもコロッケにおでんの具をちりばめ、真ん中に大根がどーんと入っている。おでんの出汁で味付けされているので、ソースをつけずに食べます。小さなおでんワールドがそこに。おでんのじゃがいもが好きな人にはいいかも。これコロッケじゃなくておでんのじゃがいもだ。

 

f:id:posoi:20190617151239j:plain

スフレケーキだ!

感動したのがはんぺん。 ほろっと溶けるような口当たり。ふわふわのふわ。

スフレケーキと木綿豆腐の中間みたいな。味も普通のより濃くて、変な言い方だけどおでんに入れるのがもったいなくなる、このまま食べたい。こんなはんぺん食べたことない。面白い体験!

 

後藤かまぼこ店
住所:東京品川区戸越2-6-8
TEL:03-3781-5686
営業時間:10:00~20:00
定休日:火曜
公式HP:戸越銀座 後藤蒲鉾店

 

甘さとしょっぱさのハーモニー。中里の「揚最中」

最後は、わが夫のイチオシ手土産。

即答で「中里」の「揚最中」とのこと。たしかに我が家ではどこにでもこれを持っていく。人の家を訪問する日の朝に夫が消えてるなーと思うとだいたいこの店の紙袋をさげて帰ってくる。

f:id:posoi:20190617151225j:plain

「中里」はJR駒込駅前にあります

f:id:posoi:20190617151224j:plain

看板商品の「揚最中」は土曜は開店すぐにいかないと早々に売り切れる。右の黒いどら焼きのような「南蛮焼」も有名だけど、やはり中里といえば揚最中。

 

f:id:posoi:20190617151223j:plain

鳥獣戯画風の包みがたいへんよろしい

f:id:posoi:20190617151222j:plain

揚げてあるのはせんべいだけです

これ最中と呼んでよいのか。わかりやすくいうと、軽いおかきにあんこを挟んだもの。はじめて食べた時の、「最中だよ」と出されたものが全然最中じゃなかったショックは今でも覚えている。夫は生まれも育ちもこの地元なのだが、物心ついた時からこれを食べていたようだ。肌に馴染む食べ物がこれとは、この界隈の人たちは異文化を生きている。

最初はちょっとびっくりするけど、あんこの甘さと揚げせんべいのしょっぱさの共演はくせになり、計算されているなあと感心する。手がとまらないという友人もいた。

注意点がある。雨の日に買うのはさけたほうがよい。せんべいがしけやすいからだ。雨の日に買えない最中ってなんやねん(しけてもトースターで加熱すればOKです)。

 

中里菓子店
住所:東京都北区中里1-6-11 中里SUZUKIBLD
TEL:03-3823-2571
営業時間:平日 10:00~18:00、土・祝 10:00~17:00
定休日:日曜

 

大丸東京店もあるようです。

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
営業時間:平日 10:00~21:00、土・日・祝 10:00~20:00
定休日:元日

 

以上、「グルメな友人にイチオシ手土産をきく」でした。おすすめの飲食店の情報交換はよくするけど、手土産の話はあまりしたことがなかった。おいしい店を知っている人は、確実に喜ばれる手土産も心得ていることが多いと感じる。周りに気になる食通がいたらちょっときいてみると、気の利いた手土産を教えてくれるかもしれませんよ。

 

著者プロフィール

f:id:g-gourmedia:20140710135612j:plain

ほそいあや
「猫を愛でることと虫を食べることが趣味」
ブログ:http://seiten4go.com/
Twitter:https://twitter.com/hosoi/

 

ほそいさんの過去の記事はこちら

r.gnavi.co.jp

                             
ページ上部へ戻る