「鈴木酒販 三ノ輪本店」の角打ちが最高すぎる…!ここは酒とつまみの桃源郷

三ノ輪にある「鈴木酒販 三ノ輪本店」(東京都台東区根岸5-25-2 )をご存知でしょうか?三ノ輪の交差点近く、お酒の銘柄の垂れ幕がよく目立つ酒屋さんです。一歩入るとそこは、お酒と肴のワンダーランド。こだわりの日本酒、ワイン、焼酎、国産ラム……普通の酒屋さんの品揃えを超えています。立ち飲みスペースでの角打ちは遠方からの来客も絶えないほど人気!平日限定の利き酒セットは、なんと400円。お酒とおつまみのワンダーランドをぜひ体験してみてください。遠くからでも行く価値ありですよ。(上野のグルメ居酒屋

「鈴木酒販 三ノ輪本店」の角打ちが最高すぎる…!ここは酒とつまみの桃源郷

 

f:id:posoi:20180319105849j:plain


こんにちは、お酒大好きほそいあやです。

今日は私が大好きな酒屋さんを紹介しますね。紹介させてください!!

 
f:id:posoi:20180319105859j:plain

三ノ輪の交差点近く、お酒の銘柄の垂れ幕がよく目立つ酒屋さん。こちらが「鈴木酒販 三ノ輪本店」です。お店は神田にもあります。

 

一歩入るとそこは、お酒と肴のワンダーランド

f:id:posoi:20180319105857j:plain

鈴木酒販の魅力はその品揃えにあります。

 

f:id:posoi:20180319105854j:plain

こだわりの日本酒たち!

 

f:id:posoi:20180319105852j:plain

ワインもいっぱいある!

 

f:id:posoi:20180319105856j:plain

クラフトビールだってほら!

 

f:id:posoi:20180319105836j:plain

 レアな伊豆大島の焼酎とか、

 

f:id:posoi:20180319105835j:plain

国産ラムもいくつか揃っています。普通の酒屋の品揃えではない。

ここは何かしら自分の好きなお酒が見つかる場所なのであります。

 

f:id:posoi:20180319105843j:plain

鈴木酒販はこの三ノ輪の地で昭和34年から営業しています。明治通りが2車線だった時代の写真ですって(今は8車線)。けっこう昔からあるんですね。

ちなみに創業者が山形出身なので山形のお酒が多いそうです。

 

鈴木酒販といえば角打ち

f:id:posoi:20180319105858j:plain

妙に落ち着く立ち飲みスペース。この角打ちスタイルは6周年だそうです。

こちらの角打ちは遠方からの来客も絶えないほど人気なんですが、その理由は見渡せばわかります。

 

f:id:posoi:20180319105848j:plain

日本酒好きならわかるステキな面々。

 

f:id:posoi:20180319105839j:plain

壁一面に貼られたフードメニューはそれだけでわくわくする。おつまみは基本的にお店の商品ですが、温めてくれたりお皿に盛ってくれたりします。角切りベーコンはブルーチーズをかけたり、ものによっては一手間かけてくれるのが嬉しい。

 

f:id:posoi:20180319105849j:plain

平日限定の利き酒セットは、なんと400円。壁面の日本酒メニューから2種類選びます。

おすすめをくださいといって注いでもらったのは「陸奥八仙 華想い50 純米大吟醸(生)」と、季節限定の「七田 純米大吟醸 無濾過生」。

陸奥八仙、めっちゃフルーティー。七田は酸味とキレが心地よいです。

 

f:id:posoi:20180319105850j:plain

アテは缶つまのコンビーフユッケ風にしてみました。ごま油の香りがします。コンビーフだけど完全に料理。よくコンビーフでお酒のつまみを作るけど、こういうやり方もあるのか〜。缶詰から知見を得た。

 

f:id:posoi:20180319105844j:plain

おつまみはお燗器「かんすけくん」で温めてもらえます。かんすけくん働き者。

 

クラフトビールサーバーもある

f:id:posoi:20180319105851j:plain

クラフトビールサーバーは角打ちではなかなかお目にかかれないから嬉しい。しかもワンコイン♪ 今日は代官山のスプリングブルワリー、常陸野ネストなどのビールが入っていました。

 

f:id:posoi:20180319105846j:plain

プリングブルワリーの496(ヨンキューロク)を一杯もらっちゃいます。IPA(インディアペールエール)ならぬIPL(インディアペールラガー)。IPAのコクに下面発酵のキレを加えたいいとこ取りのビールです。

 

f:id:posoi:20180319105845j:plain

このビール大好き♡ コンビーフユッケ風ともばっちり合うぜ〜。

 

こんなイケてる酒屋のこと、もっと知りたい! 

f:id:posoi:20180319105834j:plain

店長の仲川さんにお話をうかがいました。

ーー 最近のせんべろブームで酒屋の角打ちも以前と比べ物にならないくらい目立ってきていますが、どんなお客さんが多いんでしょうか。

仲川「三ノ輪は都心ではないので、繁華街の角打ちによくある会社帰りの人たちが寄るような店の客層とは違います。会社帰りの人もいますが、上野浅草のほうで飲んだあとにちょっと足を伸ばして来る感じです。でも意外に男性のサシ飲みは少ないんですよね。」

ーー 三ノ輪ってディープな下町という感じであまり会社員は多くないですものね。逆に下町ならではのお客さんはいますか?

仲川「うちは子どももお年寄りも家族連れも来ますよ。休憩のできる酒屋さんと思ってくれていいと思います。子どもがジュース飲みに来たり、夏にアイス食べて帰るおばあちゃんがいたりもします。お酒飲めない人も来てくれてOKです。昼にコーヒー出すのとか考えようかなあ(笑)
それと、山谷が近いのでバックパッカーの外国人もちらほら来ます。あまり日本酒に興味がないみたいで淋しいんですけど。」

ーー なんという博愛な角打ち……! そして意外にインターナショナル。
休日はわりと混んでいますが、あの方たちはどこから?

仲川「せんべろツアーみたいなので、ハシゴ酒して回っているグループが来ますね。そういう時は遠方からのお客さんも多いです。」

ーー 確かに私がせんべろツアーの案内人だったら鈴木酒販はリストに入れる。

 

店長は缶詰マニア!

f:id:posoi:20180319113834j:plain

仲川店長はお酒好きなのはもとより、缶つまをはじめ数々の缶詰を食べてきた缶詰マニアなのであります。

どのくらいのマニアかというと「ユーストリームで缶詰レビューを配信していた」というくらいの。なにそれ。

仲川「古いパンクを流すユーストをやってたんですが、配信中に仲間と缶詰を食べ出したのがきっかけです」

それはめっちゃ視聴したい、と思ったらもうやってないんですって。残念……

ユーストはやめても缶詰に対する情熱は変わらず、缶つまの開発担当者を招いて角打ちでイベントを開催したりもしたそうです。

他の缶詰や食品もいろいろな展示会などに通って見つけてきたりと常にアンテナを張っています。

こだわって仕入れた缶詰は100種類。鈴木酒販、酒屋だけでなく缶詰バーも名乗ってもよいのでは。

 

f:id:posoi:20180319105853j:plain

缶詰めの棚を見てみましょう。充実のラインナップです。見たことのない缶詰があって見ているだけで楽しい。

気になる缶詰を見つけたら、ぜひ手にとって角打ちコーナーへGO!

 

f:id:posoi:20180319112007j:plain

やっぱり缶つまシリーズはたくさんあります。おすすめのお酒が書いてあるのも飲ん兵衛には嬉しい。

f:id:posoi:20180319105838j:plain

右のくじらの和ヒージョは、以前こちらで買ってどハマりしました。今日も買って帰りますんで。 

 

f:id:posoi:20180319105855j:plain

缶詰以外ではくさやチーズも人気。くさやが練り込まれたチーズを燻製したもので、他でなかなか売られていないやつです。私も好きなのですが、くさやが苦手な人に食べさせたらくさやなのにおいしいと喜んでいました。

 

店長におすすめのお酒をきいてみる

f:id:posoi:20180319105842j:plain

 悩んだすえ手に取ったのが「金鵄盛典(きんしせいてん) 特別純米 無濾過生原酒」。兵庫県のお酒です。

  

f:id:posoi:20180319105841j:plain

説明書きによると、「加古川市内の自社田で栽培した酒米「五百万石」を使用。穏やかで控えめなお米の香りにほんのり甘い口あたり。無濾過生原酒ならではのジューシーな旨みが広がり、後味はしっかりとした酸によるキレのある辛口に仕上がっています。」とのこと。
ウウッ、買って帰りたすぎる! しかし四合瓶がなく諦めた……。

価格は1,800mlで2,640円とお手ごろ。

 

f:id:posoi:20180319105840j:plain

「四合瓶がよければこれかな」と見せてくれたのが「惣譽 純米70 生原酒」。栃木のお酒です。

「特A地区の山田錦を贅沢に使った低精米の純米生原酒。ジューシーな旨みをじんわりと酸が引き締める、濃醇な味わいのお酒です。」とのこと。
山田錦で精米70というのはあまり見かけないかも。どんな味がするんだろう、気になる!

こちらの日本酒とおつまみを買い込み、帰路につきました。

 

酒盛りしたらお酒もおつまみも褒められて嬉しい 

f:id:posoi:20180319110855j:plain

週末の温泉旅行に宝物を持参して、湯上がりにみんなで酒盛りをしたのです。缶詰や乾きものだけでこんなに心躍る宴はないよ。

惣譽純米70が大評判。いいの見つけてきたね〜と褒められて上機嫌の俺。
精米歩合70ならではのお米の旨み、わかったかも。ちゃんと米の味がしてから、酸がやってきて引き締めていく……。1,382円とリーズナブルなのもよし。またひとつ好きなお酒が増えました。

 

f:id:posoi:20180319105837j:plain

くじらの和ヒージョも大好評。ホロホロのくじら肉とキノコが入っていてボリューム満点、なにより遠慮なくごろごろ入ってる丸ごとにんにくが最高。レンチンすると香りが広がってイタリア料理店にいるみたいですよ(くじらだけど)。アヒージョをよく作る身としてはなんか缶詰に負けた気がして悔しい。

 

以上、「鈴木酒販 三ノ輪本店」でした! お酒とおつまみのワンダーランドをぜひ体験してみてください。遠くからでも行く価値ありですよ。

 

紹介したお店

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。

 

プロフィール

f:id:g-gourmedia:20140710135612j:plain

ほそいあや
「猫を愛でることと虫を食べることが趣味」
ブログ:http://seiten4go.com/
Twitter:https://twitter.com/hosoi/

 

ほそいさんの過去の記事はこちら

r.gnavi.co.jp

                             
ページ上部へ戻る