生牡蠣食べ放題2,980円の衝撃!「赤坂元気(仮)」は一年中牡蠣を楽しめる楽園だ

1年を通して生牡蠣の食べ放題が楽しめるのが「赤坂元気(仮)」(東京都港区赤坂3-15-1 赤坂越後屋ビルB1)です。なんと生牡蠣食べ放題が2時間で2,980円、そして日本酒は60種飲み放題が1時間で1,500円という牡蠣好き・日本酒好きには天国のようなお店です。牡蠣はそのときで一番良い産地から仕入れているとのこと。日本酒はラインナップ変わりますが常時60種!牡蠣+日本酒、ぜひお試しを!(赤坂のグルメ牡蠣料理・かき小屋

生牡蠣食べ放題2,980円の衝撃!「赤坂元気(仮)」は一年中牡蠣を楽しめる楽園だ

f:id:posoi:20180129220143j:plain

こんにちは、ほそいあやです。

牡蠣シーズンまっただ中ですね! みなさん牡蠣食べてますか?

私は先日、「生牡蠣食べ放題」という罪深い行為をしてきたので自慢をしたいと思います。

 

f:id:posoi:20180129145652j:plain

赤坂にある「赤坂元気(仮)」にやってきました。(仮)までが店名です。

今日は、生牡蠣食べ放題(120分2,980円)に、日本酒飲み放題(60分1,500円)を組み合わせてみたいと思います。いいのかこんなことして。

 

f:id:posoi:20180129145704j:plain

お店は地下で、スポーツバーとしても楽しめます。この日はサッカーのゲームを放送していました。プロ野球シーズンは野球も楽しめるそうです。

 

f:id:posoi:20180129145705j:plain

ずらっと並んだ日本酒の銘柄。もちろんいつもこれだけの銘柄が揃っているわけではありませんが、日本酒好きの人なら反応してしまうラインナップではないでしょうか。

 

f:id:posoi:20180129150047j:plain

専用グラスを貰って、冷蔵庫に取りに行くセルフシステム。牡蠣がくるまで日本酒を選ぶとします。

 

f:id:posoi:20180129145706j:plain

日本酒の他に、焼酎、果実酒、梅酒、スパークリングワインも飲み放題なのである。

 

f:id:posoi:20180129145655j:plain

どれがよいかわからない場合でも、このようにカテゴライズされているので選びやすいですね。

 

f:id:posoi:20180129180234j:plain

「明鏡止水 日本の冬 初しぼり」 。酒造の説明によると「今年最初の新酒しぼりたてです。 旨味がギュッと詰まったパンチの利いた飲み口で、味わいはクリアでフレッシュ。 新酒ならではの味わいをお楽しみいただけます」とのこと。日本酒度は+3、お米の味がちゃんとするおいしいお酒だわ〜。

あ、横のブリキのバケツは牡蠣の殻入れです。

 

f:id:posoi:20180129220143j:plain

バーン!! 生牡蠣のお出ましだ〜〜〜

これ2時間で無制限に食べていいとか、サイコーな2,980円の使い道では?

 

f:id:posoi:20180129145656j:plain

大粒ではないけど食べ放題だし問題なし。レモンやポン酢も置いてありますが、私は何もかけずに海の味を感じながら食べるのが好きなのでこのままいっちゃいます。

うううううっ、、、うまい。うまい。うまい。

正直をいうとそんなに期待してなかったのですが、めちゃくちゃ新鮮です。ぷりぷりでジューシーで、ダイレクトに海の味が襲ってきます。

 

f:id:posoi:20180129145700j:plain

あっという間に1皿なくなった。飲むように食べてしまうな……。スナック感覚で口に運んでもいいんですよ、生牡蠣を。アホになれます。生牡蠣って一度に2、3個をありがたがって食べるものだと思ってきたので、自分の人生においてこんな幸せな日が来ると思わなかったよ。

 

f:id:posoi:20180129145702j:plain

これですよね、牡蠣と日本酒のマリアージュ。一度言ってみたかったんですマリアージュ。白ワイン派の方もいると思いますが、牡蠣と日本酒は絵になる感じもあって好きです。

 

f:id:posoi:20180129145653j:plain

 「庭のうぐいす 鶯辛」。庭のうぐいすといえば日本酒好きの人によく薦められる福岡のお酒ですが、中でもこれは超辛口のうぐいす。日本酒度+15。かなりキレがあります。牡蠣おかわり。

 

f:id:posoi:20180129145654j:plain

こちらは福島の酒造「國権」「純米生貯蔵酒 てふ」。ラベルも名前もかわいいです。可憐な香り、やわらかい味。牡蠣おかわり。

 

f:id:posoi:20180129161542j:plain

こちらの國権酒造の酒もうひとつ、「純米生原酒 垂れ口」。垂れ口とは酒をしぼる機械から垂れてくる酒のことをいうそうです。しぼりたてそのままのフレッシュな味が楽しめる冬季限定品。「ふなぐち」が好きな人はハマる!

  

f:id:posoi:20180129145701j:plain

生牡蠣を飲むように食べていたら、温かいものも食べたくなって「牡蠣のグラタン」を頼みました。ってまた牡蠣かよ。牡蠣とチーズの華麗な共演。温かい牡蠣もそりゃあうまいに決まってるのだ。

 

f:id:posoi:20180129145659j:plain

「極みチキン南蛮」。赤坂元気さんはうまい海鮮だけでなくうまい肉もあるんです。極みと付くのも納得するハイレベルなチキン南蛮冷たい牡蠣と温かいチキン南蛮を交互に食べてたらうますぎて頭がおかしくなってきたぞ。そろそろデザートいきます。

 

f:id:posoi:20180129145657j:plain

デザートは生牡蠣もう1皿!  すみません、まだ食べ足りなくて……生牡蠣って意外とたくさん食べられる悪魔の食べ物ということがわかりました。

 

f:id:posoi:20180129145658j:plain

以上、「赤坂元気(仮)」でした。とても幸せな2時間をありがとうございます。

すっごくおいしい牡蠣でした。次回はもっと喰うぞ〜と誓って店をあとにしました。ちなみにお店は昼からやっているので昼から牡蠣で一杯もできちゃいますYO!

 

紹介したお店

※掲載された情報は、取材時点のものであり、変更されている可能性があります。 

 

プロフィール

f:id:g-gourmedia:20140710135612j:plain

ほそいあや
「猫を愛でることと虫を食べることが趣味」
ブログ:http://seiten4go.com/
Twitter:https://twitter.com/hosoi/

 

ほそいさんの過去の記事はこちら

r.gnavi.co.jp

                             
ページ上部へ戻る