【保存版】この夏は「しまなみ海道」へ行こう!オススメ名物グルメと自転車で行ける絶景スポット(マップ付き)

愛媛県今治市と広島県尾道市間、瀬戸内海に浮かぶ6つの島々をつなぐ「しまなみ海道」は、ドライブルートとしても、またサイクリングコースとしても有名です。自転車をこぎながら美しい景観を眺められ、「サイクリストの聖地」とも呼ばれています。今回は、そんなしまなみ海道のオススメグルメを紹介。ご当地グルメのオムそばやはっさく大福、海鮮丼、塩ラーメンなど美味しいものが目白押しです。しまなみ海道の食べ歩きグルメと、絶景スポットを一挙に紹介します!(今治のグルメ尾道のグルメ

【保存版】この夏は「しまなみ海道」へ行こう!オススメ名物グルメと自転車で行ける絶景スポット(マップ付き)

f:id:g-gourmedia:20170713111654j:plain

こんにちは。美味しいものを求めて嗅覚をコンパス代わりに畦道、山道を徘徊するさすらいのライダー、四国案内人の林ぶんこです。

さて、夏休みも近づいてまいりましたが、みなさま夏のご予定はもう決まっていますか?決まっていないなら、海を感じながらのさわやかドライブ旅行なんていかがでしょう?

ぜひ来てほしいのが、瀬戸内海に浮かぶ島々をつなぐ「しまなみ海道」です。ドライブルートとしても人気のしまなみ海道ですが、美しい景観を眺めながら、島々を結ぶ吊り橋やアーチ橋などバラエティ豊かな橋をサイクリングで楽しめるスポットとして「サイクリストの聖地」とも呼ばれています。今や日本国内だけでなく海外からも注目されているんですよ。今回は、そんなしまなみ海道のオススメグルメスポット13カ所と、絶対に立ち寄っていただきたい絶景お立ち寄りスポットを紹介します。記事末尾には紹介したスポットのマップを用意しましたので、旅のおともにどうぞ!

【もくじ】

【はじめに】しまなみ海道とは?

しまなみ海道(西瀬戸自動車道)とは、愛媛県今治市から広島尾道市までの、瀬戸内海に浮かぶ6つの島々を7本の橋でつなぐ全長約70kmの高速道路。日本初の海峡横断自転車道が併設されており、米CNNトラベルが選ぶ「世界で最も素晴らしい7つのサイクリングコース」のうちの一つにも選ばれています。

しまなみ海道には駐車場完備の14カ所のレンタサイクルターミナルがあり、各ターミナル間で乗り捨ても可能です。レンタサイクルを利用すれば、旅のスケジュールや自分の体力に合わせて好きな区間だけを気軽にサイクリングして楽しめます。

またサイクリストのための休憩施設として、給水、トイレ、空気入れや工具などを貸してくれるサイクルオアシスがあちこちにあり、パンクなどのトラブルが起こった際には応急修理をしてくれるレスキューポイントも数カ所に設置されています。万が一、自走できなくなってしまった場合には、自転車ラックを設置したレスキュータクシーというサービスもあります。

ここで、実際に行く方向けに注意点を!どの橋の上までのアプローチもけっこうな上り坂です。こまめに水分補給をして疲れたら休む、あるいは自転車から降りて押して上がる、など決して無理をしないようにしましょう。 

さて、ではいよいよお待ちかねのグルメ & 絶景ポイントをご案内します!

 

1.【かき氷】ここでしか食べられない!人気全国区の「登泉堂」(今治

f:id:tepo1173:20170619171932j:plain

まずは四国側の出発地となる今治市のお店から。タオル、バリィさんと並んで、今治が誇る全国区レベルの人気モノが、こちら創業130年の老舗甘味処「登泉堂」です。

かき氷は30年ほど前から始めたそうなのですが、あまりの美味しさに、いつの間にやら看板商品ともいえるほど有名に。「いちごミルクかき氷」は毎年夏本番前には売り切れてしまうほど人気です。日経新聞の「並んででも食べたいかき氷ランキング」で西日本1位に輝いたこともあって、いつもお店の前には長い行列ができています。

f:id:tepo1173:20170628170657j:plain

残念ながら夏本番には売り切れてしまう幻のかき氷、「いちごミルク」(670円)。ふわっふわの雪氷に、イチゴシロップがたっぷり!このシロップ、イチゴが持つ甘さが最大限に生かされた添加物なしの登泉堂オリジナルなのです。

かき氷というより、凍らせたイチゴをそのまま食べているようなみずみずしさです。甘さの調節ができるよう、透明なシロップが添えられています。 

毎年3.5t(!)ものイチゴシロップを仕込んでいるのだそうですが、シーズン初めの4月下旬から、だいたい6月中にはイチゴシロップが品切れになってしまうんだそう……。

でもイチゴが売り切れても、充実のラインナップなので安心してください。美味しいかき氷のオンパレードです……!

f:id:g-gourmedia:20170714132212j:plain

「いよかん」「梅みつ」「ブルーベリー」「宇治」「くり金時」などなど、登泉堂のかき氷メニューは充実しきっています。なかでも、特にオススメしたいのがこちら「チョコレート」(580円)。

ふわふわ氷にチョコソースとココアの絶妙なハーモニー。チョコレートパフェの下に入ったコーンフレークをすっきりさせたような味?いやいや、もっとさっぱりした甘さの…空気のような冷たいエアチョコ?

何とも表現できないチョコかき氷の美味しさは、ぜひご自分の舌で味わってみてください!美味しいですよー!

f:id:tepo1173:20170619172304j:plain

自宅ではキューブ氷をガリガリ削ったかき氷しか作れなくても、登泉堂オリジナルジャムをシロップとしてアレンジしてみれば、おうちで登泉堂風のかき氷が楽しめます。お土産にも是非!

 

店名:登泉堂(とうせんどう)
住所:愛媛県今治市郷新屋敷町2-5-30
TEL:0898-22-5735
URL:https://r.gnavi.co.jp/69v6w78p0000/

 

2.【焼き鳥】今治ご当地グルメといえばコレ!地元の人気店「まるとみ」(今治

f:id:tepo1173:20170619172606j:plain

ご当地グルメとして観光客にも人気上昇中!の今治焼き鳥の雄「まるとみ」。いつもたくさんのお客さんでワイワイ賑わっています。

f:id:tepo1173:20170619172713j:plain

今治焼き鳥」といえば、炭火ではなく鉄板を使い、上からコテ状の鉄板でジューッとサンドプレスして焼くのが特徴。この調理法が生まれた理由については「せっかちな今治人が早く焼き上げたいがために編み出した」とか「今治造船で余っていた鉄板を無駄にしないように使ってみたのが始まり」などと言われています。

f:id:tepo1173:20170619172909j:plain

鉄板が絶妙な角度で斜めになっており、余分な脂は下へ流れる仕組みです。

f:id:tepo1173:20170619173019j:plain

外はカリカリで中はジューシー♪ 絶品とり皮が焼き上がります。

f:id:tepo1173:20170619173048j:plain

焼き上げた後にタレをつけるのも今治焼き鳥の特徴。

f:id:tepo1173:20170619173110j:plain

どうです?カリッカリでぷりっぷり、肉汁ジュワーッ……んまーっ!たまらーん!!

旨すぎて悶絶者続出中の「まるとみ」のとり皮(300円)。持ち帰りもOKなので、ホテルで安心して一杯飲むこともできますよ。

 

店名:焼き鳥本舗まるとみ
住所:愛媛県今治市片山2-3-6
TEL:0898-23-2740
URL:https://r.gnavi.co.jp/2gcs9b0r0000/

 

【絶景スポット1】サイクリングで訪れたい秘島(馬島) 

f:id:tepo1173:20170619175535j:plain

今治側のしまなみ海道サイクリングのスタート地となっているのが、糸山公園にあるレンタサイクルターミナル「サンライズ糸山」。ここに車を置き、自転車を借りて来島(くるしま)海峡大橋を渡ってみましょう。

f:id:tepo1173:20170619175353j:plain

クロスバイク、ママチャリ、電動アシスト自転車、子供用マウンテンバイク、タンデム自転車、などいろいろな自転車を借りることができます。

f:id:tepo1173:20170619175423j:plain

サンライズ糸山のロビーから眺める来島海峡。対岸の小さな島「馬島」は、居住者以外は125cc以下のバイク、または自転車か徒歩でないと上陸することができない秘島です。でも、サイクリング旅ならサンライズ糸山から10分程度で気軽に訪島できます。

f:id:tepo1173:20170619175943j:plain

鳴門海峡、関門海峡と並ぶ日本三大急潮流のひとつ、来島海峡。潮の流れが速いため、橋の上から眺める馬島の海の色はこんなにきれい。ただし、しつこいですが潮の流れが大変速いため海に入ることはできません。上の写真に小さ~く写っている人たちのように、砂浜に寝っ転がって波音を楽しむくらいにしておきましょう。

f:id:tepo1173:20170619180320j:plain

馬島に降りるには来島大橋からこのエレベーター(無料)に乗ります。

f:id:tepo1173:20170619180351j:plain

自転車と一緒に乗れるこのエレベーター。シースルーですので、中からはこのように来島海峡の絶景が楽しめます。無料ですし、利用しない手はないですよね。

f:id:tepo1173:20170619180430j:plain

島に置かれている橋脚の高さは約65m。真下から眺めるとその大きさに圧倒されます。

f:id:tepo1173:20170619180529j:plain

島の神社の横の小道からつながる南東のビーチには、干潮時だけ通れる岩のトンネルや、それに続く砂浜が現れたりしますので、ぜひ神社を目印に行ってみてください。

干潮でない時に訪れても、潮の流れの向きによってその日の通航水路が決まる、という世界でもここだけの大変珍しい変則航路(順中逆西)の急流を通っていく大型タンカーなどが間近で眺められます。

 

3.【海の幸】珍しい貝も!海鮮七輪バーベキュー「道の駅よしうみいきいき館」(大島)

f:id:tepo1173:20170619181848j:plain

来島海峡大橋を渡った先の大島に到着です。下田水港にある道の駅「よしうみいきいき館」、ここの人気は「海鮮七輪バーべキュー」。並べられているたくさんの新鮮な海の幸から自分の好きなものを選んで七輪で焼いて食べます。アワビもありますよ!(七輪レンタル300円)

f:id:tepo1173:20170619181921j:plain

どれも新鮮だし美味しそうだし……で目移りしてしまいますが、外せないのがヒオウギ貝。オレンジや黄色の鮮やかな色をした貝で、愛媛の南予は愛南町の特産品。流通量が少ないため、あまり市場では見かけない貝です。そんな珍しくて美味しいヒオウギ貝が「よしうみいきいき館」にはたくさん!

活きているので、貝がたてる泡がぷくぷくと浮かんできます。またピューッ、ピューッと勢いよく水を飛ばしている貝もいます。うほ~新鮮新鮮!

f:id:tepo1173:20170619181955j:plain

イケスに泳いでいる魚を選んでお刺身などにしてもらうこともできます。ソーセージや肉類のコーナーもありますよ。

f:id:tepo1173:20170619181722j:plain

来島海峡を渡る海風に吹かれながら、新鮮海の幸でのバーベキュー。夏のしまなみ旅行では絶対行っておきたいところですね。

 

店名:道の駅 よしうみいきいき館
住所:愛媛県今治市吉海町名4520-2
TEL:0897-84-3710
URL:https://r.gnavi.co.jp/pyjg5nwp0000/

 

【絶景スポット2】しまなみ海道イチの絶景!「亀老山展望公園」(大島)

f:id:tepo1173:20170619202219j:plain

標高307mの亀老山山頂にある展望台からの眺望は、しまなみ海道随一といわれています。空気が澄んだ日には来島海峡の向こうに西日本最高峰の石鎚山(いしづちさん)まで見渡すことができます。夕景やライトアップされた橋の夜景も美しいですが、夜の山道運転には気をつけてくださいね。

f:id:tepo1173:20170619202253j:plain

世界的建築家、隈健吾氏デザインのこの展望台は、自然景観を守るため、構造躯体を地中に配し、その上に樹木を植えて、外からは見えない造りになっています。

f:id:tepo1173:20170619202704j:plain

海と空の切れ目がわからない!海に浮かぶ島なのか、それとも空に浮かぶ雲なのか……まるで、天上の世界に迷い込んでしまったかのような感覚に。絶景と爽やかな海風に包まれて気持ち良すぎて動けない…もうずーっとここに居たい……。

f:id:tepo1173:20170619202050j:plain

公園内には亀老山の名前の由来になった、黄金の観音さまを乗せた亀の石像もいます。

 

4.【ラーメン】サイクリストから人気の塩ラーメン「さんわ」(伯方島)

f:id:tepo1173:20170619203658j:plain

大島から伯方島に入りました。ここにもしまなみ海道名物の美味しいラーメン屋さんがあります。それが、伯方の塩ラーメン「さんわ」。

f:id:tepo1173:20170619204002j:plain

2017年の5月より現在の場所に移転し、広々店内でゆったり美味しいラーメンをいただけるようになりました。

f:id:tepo1173:20170619203621j:plain

 「瀬戸内海の穏やかで優しい風景を味で表現したい」との想いから生まれた「さんわ」の塩ラーメン(580円)。特注のストレート細麺がこだわりのスープにからんで、一口食べれば、なるほど!優しい海の味が口の中に広がります。

 

店名:さんわ 伯方島本店
住所:愛媛県今治市伯方町木浦甲1650-1
TEL:0897-72-1211
URL:https://r.gnavi.co.jp/ja32vjen0000/

 

5.【オムそば】知名度上昇中のご当地グルメ「イマイ流かあちゃん亭」(伯方島)

f:id:tepo1173:20170619204844j:plain

伯方島に来たら素通りできないのが、伯方ショッピングセンターの中にある「イマイ流かあちゃん亭」。B級ご当地グルメイベントなどで最近めきめき知名度を上げている「大三島ソースオムそば」の発祥店です。

ケチャップとマヨネーズをかけるのが主流だったオムそばに、今治の「黄金ソース」をかけてみたのがきっかけで、こちらのソースオムそばが誕生したのだそう。

f:id:tepo1173:20170621173740j:plain

卵2つを絶妙な半熟加減に焼き、焼きそばと天かすをのせます。卵にはすぐ火が通ってしまうため、一瞬たりとも目を離せないんだそう。

f:id:tepo1173:20170619205616j:plain

ソースとマヨネーズ、青のりと紅ショウガを散らしてできあがり!美味しそう~!

f:id:tepo1173:20170619205703j:plain

この道すでにウン十年のイマイさんが焼く「大三島ソースオムそば」(500円)です。甘い黄金ソースにからまった焼きそばと玉子のふわとろ感がたまらない、しまなみのかあちゃんの味。土日祝は大三島の「多々羅しまなみ公園」でも食べることができます。

 

店名:イマイ流かあちゃん亭
住所:愛媛県今治市伯方町有津甲71
TEL:0897-72-0788
URL:https://r.gnavi.co.jp/b6tzz4wm0000/

 

6.【海鮮丼】ワンコインで新鮮な海の幸!大人気の「大漁」(大三島

f:id:tepo1173:20170619211306j:plain

三島の「大漁」といえば開店前から行列ができる人気のお店。安くて旨い海の幸を目当てに、腹ペコサイクリストたちがここを目指してやってきます。

f:id:tepo1173:20170619211541j:plain

激安で美味しいワンコイン海鮮丼の店として有名でしたが、近頃メニューの改定があり、海鮮丼は780円になりました(しかし、780円でも十分スゴい内容ですよね…?)。

ですが、これに納得できなかったのがお店の大将。「高い交通費を払って大三島まで来てくれたお客さんに申し訳ない。ワンコインメニューをなんとか残したい!」ということで、新しくメニューに加わったのがワンコイン、480円の「しまなみ丼」です。

f:id:tepo1173:20170619211349j:plain

しまなみ丼には鯛、マグロ、サーモン、イカ、アナゴがガッツリの酢飯の上にのっています。見るからに新鮮そのもの……!こんなにたっぷりネタがのっていて良いのでしょうか。味噌汁はプラス80円。おもてなしの心で出しているメニューのため、売り切れ御免。平日30食、休日50食程度の早い者勝ちです。

 

店名:食事処 大漁
住所:愛媛県今治市三島町宮浦5507-1
TEL::0897-82-1725
URL:https://r.gnavi.co.jp/h3pugzwm0000/

 

7. 【塩ソフト】あの伯方の塩はここで作られていた!「伯方塩業 大三島工場」(大三島

f:id:tepo1173:20170620072231j:plain

CMでおなじみ「♪は!か!た!のしお♪」の伯方塩業株式会社 大三島工場です。入り口にあるチャイムをハンマーで順に叩くと、あのテーマソングになります。

輸入塩を溶かしている溶解タンクや自然乾燥している巨大な塩の山などを見ながら、塩がどうやって作られているのかを学ぶ工場見学を受け付けています(無料、お土産付き。10名以上は要予約)。

f:id:tepo1173:20170620072301j:plain

そして工場見学の後に食べたいのが名物「伯方の塩ソフトクリーム」(300円)。真っ白ではなく、薄青緑色?といった色合いです。しょっぱいのかな?と思いきや、うっすら塩の味でバニラの甘さが引き立っています。うん、これは美味しいぞ。

f:id:tepo1173:20170620072318j:plain

工場売店には大三島工場限定の「バリィさんの焼塩」や、「みきゃん」シリーズのフルール・ド・セル(塩の花)など、お土産に喜ばれそうなものがいっぱい。

f:id:tepo1173:20170620072422j:plain

夏休みの自由研究に、塩の工場見学はいかがでしょう?

 

店名:伯方塩業 大三島工場
住所:愛媛県今治市三島町台(うてな)32
TEL:0897-82-0660

 

【絶景スポット3】サイクリングで渡りたい!美しい「多々羅大橋」(大三島~生口島)

f:id:tepo1173:20170620080323j:plain

愛媛と広島の県境にかかる、白鳥が羽を広げたような姿の優美な多々羅(たたら)大橋。愛媛県今治市の大三島広島尾道市の生口島(いくちじま)をつないでいます。

多々羅しまなみ公園からレンタサイクルを借りてぜひ渡ってみましょう(上浦レンタサイクルターミナル  TEL:0897-87-3855)。

f:id:tepo1173:20170620080345j:plain

公園内にある「サイクリストの聖地」記念碑(写真右上)。地元産の大島石でできていて、瀬戸内の島々を自転車のサドルでつなぎ、未来へと運んでいるテーマを表現しているのだそう(サドルだったのか……)。また、金属でできた人型のオブジェはサイクルスタンドなんですって。面白いですよね!

f:id:tepo1173:20170620080852j:plain

塔から斜めに張られたケーブルで吊られているこのような橋のことを斜張橋(しゃちょうきょう)といいます。多々羅大橋は橋長1,480m、中央支間長890mの世界最大級の斜張橋で、フランスのノルマンディー橋と姉妹橋縁組をしています。

f:id:tepo1173:20170620080533j:plain

県境を示すサインや、橋塔の真下に立って手を叩くと龍が鳴いているような共鳴音が聞こえる「多々羅鳴き龍」という面白い仕掛け(?)もあり、なかなか見どころが多い橋なのです!

f:id:tepo1173:20170620080717j:plain

 海の上を自転車で走るとほんっと気持ちいいですよ~。

 

【絶景スポット4】レモンとアートの島あれこれ(生口島)

f:id:tepo1173:20170620080943j:plain

三島から多々羅大橋を渡って、やってきたのは生口島。広島県に入りました。生口島は国内有数のレモンの産地!産地である瀬戸田には、レモンのモニュメントが置かれています。

f:id:tepo1173:20170620081032j:plain

レモンだけでなく柑橘栽培に適した生口島ではいろんな種類の柑橘が栽培されており、世界的にも珍しい柑橘のテーマパーク(!)「シトラスパーク瀬戸田」には、世界中から集められた約500種もの柑橘類が展示されています(2017年7月現在、リニューアルのため閉園中。再開日は未定)。

f:id:tepo1173:20170620081058j:plain

平山郁夫画伯の故郷でもある生口島はアートにも力を入れており、平山郁夫美術館、耕三寺・耕三寺博物館の他にも、「島ごと美術館」といって島全体を美術館にするというコンセプトのもと、作家たちが島の風景に溶け込むアート作品を屋外に展示しています。

f:id:tepo1173:20170620081131j:plain

これはサンセットビーチ沿いにある、「空へ」という作品です。他にも全部で17作品ありますので、島内をサイクリングしながら探してみてはいかが?

 

8.【コロッケ】昔なつかしい味でしみじみする「岡哲商店」(生口島)

f:id:tepo1173:20170620081300j:plain

さて、いろんな観光スポットに立ち寄ってお腹がすいたら、生口島の名物コロッケを。やってきたのは、夕暮れ時に美味しそうな匂いが漂ってくる、どこか懐かしくレトロな街並みの「しおまち商店街」です。

f:id:tepo1173:20170620081329j:plain

この商店街の一画に、黄色い紙が一面に貼られたお店があります。

f:id:tepo1173:20170620081347j:plain

こちらが「岡哲商店」。本業は隣のお肉屋さんですが、コロッケ店はこちらのトヨコおばあちゃんが1人で切り盛りしています。

「暑くなってくるとねぇ、揚げるのもだんだんしんどくなってきてねぇ……。でもねぇ、みなさんがねぇ、美味しいって言ってくれるから揚げなきゃいかんわねぇ」って、首にタオルを巻きながら揚げてくれました。

f:id:tepo1173:20170620081523j:plain

トヨコおばあちゃんが揚げてくれた「ビーフコロッケ」(90円)。外はサクッと、中はしっとり、ジャガイモが甘い!食べていたら、なんだか小学校時代にタイムスリップしたかのように、仲良しだったみっちゃんのことを思い出しました(笑)。

とっても美味しいコロッケでした。暑い中揚げてくれてありがとう、トヨコおばあちゃん!

 

店名:岡哲商店
住所:広島尾道市瀬戸田町瀬戸田517-4
TEL::0845-27-0568

 

【絶景スポット5】瀬戸内海に沈むしまなみの美しい夕日を眺めよう(生口島)

f:id:tepo1173:20170620081747j:plain

忘れてはならないのが瀬戸内海に沈む美しい夕日です。沈む間際の日の光が島々のグラデーションを浮かび上がらせ、空と海を茜色に染めていきます。

f:id:tepo1173:20170620081723j:plain

穏やかな生口島の夕暮れ。浜辺のお地蔵さんも「一日お疲れさま!」と夕日に微笑んでるみたいですね。

f:id:tepo1173:20170627132051j:plain

茜色の海に映える "島ごと美術館" アート作品「波の翼」。

f:id:tepo1173:20170627132155j:plain

アート作品と夕日のコラボは美しすぎて、思わずため息が出るほど。余計な言葉はいりませんね……。しかし写真ではその美しさをとてもお伝えすることはできません。本当に、ぜひ訪れてご自分の目でその美しさを確かめてくださいね。

f:id:tepo1173:20170627132944j:plain

 

9.【ジェラート】レモン、桃、塩…思わず迷うフレーバー「しまなみドルチェ」(生口島)

f:id:tepo1173:20170622161410j:plain

生口島のジェラートといえば「しまなみドルチェ」。老舗の有名店です。生口島には「しまなみドルチェ」が本店と耕三寺店の2店あり、こちらは本店。横には広い駐車場と島の駅があり、サイクルオアシスにもなっています。

f:id:tepo1173:20170622155854j:plain

「瀬戸田のはるか」(はるかは柑橘類の1種で甘いです)、「瀬戸田のレモン」など地元、生口島産の柑橘を中心に、「尾道の桃」や「伯方の塩」など近隣の特産物を使ったジェラートが人気。シングル320円、ダブル380円です。特に一番人気は「瀬戸田のデコみかん」と「伯方の塩」のダブルなのだそう。

私もいただいてみましたが、フルーティーなデコみかんに伯方の塩がマッチして、まるでしまなみの山と海のようにさわやかなジェラートでした。人気の理由もよくわかる!

 

店名:しまなみドルチェ 本店
住所:広島尾道市瀬戸田町林20-8
TEL:0845-26-4046
URL:https://r.gnavi.co.jp/kd96tkmp0000/

 

10.【はっさく大福】名物スイーツでエネルギー補給「はっさく屋」(因島)

f:id:tepo1173:20170620093254j:plain

因島(いんのしま)大橋のふもとにある「はっさく屋」。こちらの名物が、しまなみ海道イチの人気ご当地スイーツともいえる「はっさく大福」です。サイクルオアシスにもなっているので、朝8時の開店からサイクリストたちが次々にやってきます。

f:id:g-gourmedia:20170628144356j:plain

因島は、はっさく発祥の地。はっさく大福(140円)には、果汁たっぷりのジューシーなはっさくが甘い白あんとみかん餅にくるまれています。酸っぱさと甘さとモッチモチさのバランスが絶妙で美味しい!

温州みかんがまるごと1個入った「まるごとみかん大福」(250円)もさっぱり甘くて、何個でもイケてしまう美味しさです。

f:id:tepo1173:20170620093340j:plain

バックヤードで製造工程を見学させていただきました。

写真右側のはっさくの山は左に行くほどキレイに皮がむかれて、白あんにどんどん包まれていきます。

f:id:tepo1173:20170623005949j:plain

こちらが、はっさく屋大将の柏原さん。はっさく大福の外側の生地になるみかん餅を石臼でついています。このみかん餅が、あのモチモチ感を出す最重要ファクター!せいろで蒸した広島産のもち米を餅つき機の白い杵がドン!と突き、柏原さんがぱっと返しながら水を加えていく作業が続きます。

f:id:tepo1173:20170620093429j:plain

つき上がったみかん餅で、先ほどの白あんに包まれたはっさくをくるんでいきます。ものすごい速さで、はっさく大福がみるみるうちにできあがっていきます。お店の営業日は早朝5時から仕込みをされているのだそう。

f:id:tepo1173:20170620100144j:plain

先日、俳優の吉田鋼太郎さんと長澤まさみさんが映画のロケでこちらに来られたとか。柏原さんも、どことなく「因島の吉田鋼太郎さん!」と呼びたくなるようなダンディーな方でした!

f:id:tepo1173:20170620100231j:plain

はっさく屋の店内からは、こんな素晴らしい因島大橋の眺めも。

 

店名:はっさく屋
住所:広島尾道市因島大浜町246-1(因島大橋公園内)
TEL:0845-24-0715
URL:https://r.gnavi.co.jp/s1phe0c10000/

 

11.【カフェオレ大福】上品な大人の甘さ!もう1つの変わり種大福「菓子処中島」(因島)

f:id:tepo1173:20170620103212j:plain

因島の名物、変わり種大福といえば、もう1つ忘れてはならないのが老舗「菓子処 中島」の「カフェオレ大福」(162円)です。内側から生クリーム→自家製コーヒーあん→求肥、の3層構造になっており、それらが口の中で溶け合って絶妙なカフェオレ味となります。

コーヒーの香りと苦みがほんのり効いた上品な大人の甘さの「カフェオレ大福」は第25回全国菓子大博覧会で栄誉大賞を受賞しています。

f:id:tepo1173:20170620103305j:plain

金柑(きんかん)がまるごと入った、珍しい「金柑大福」(162円)も人気の一品。

 

店名:菓子処 中島
住所:広島尾道市因島重井町2260-18
TEL::0845-25-0107

 

12.【バーガー】でっかい太刀魚フライにかぶりつこう!「鮮魚一色商店」(因島)

f:id:tepo1173:20170620104550j:plain

因島の土生(はぶ)港からすぐの土生商店街 "愛はぶ通り"は、毎週土曜日になると通ってくる人たちがいます。

f:id:tepo1173:20170620104620j:plain

彼らのお目当ては「鮮魚一色商店」の「おさかなバーガー」(300円)!大きな太刀魚のフライと、マヨネーズから手作りの自家製タルタルソース、キャベツをコッペパンに挟んだものです。

f:id:tepo1173:20170620104644j:plain

創業100年の魚屋「鮮魚一色商店」の明るいおかみさんが作るおさかなバーガーは大人気で、お昼を待たずして売り切れてしまうことが多いそう。毎週土曜のみ、数も限られているため、なかなか手に入りにくいですが、電話しておけば取り置きしてもらうことも可能です。

また、通常だと揚げたフライがある程度冷めてからパンに挟みますが、「揚げたてをすぐに食べたい!」という方は、11時頃までに来店して注文すれば揚げたての「おさかなバーガー」を食べられるそうです。

f:id:tepo1173:20170620104724j:plain

どうです?しっかりつかまないと中のフライがずり落ちてしまうほどのこの重量感!

大きな口をあけてかぶりつけば、うーん、幸せ♪サクサクふわっふわ、ボリューム満点の太刀魚フライに優しいお味のタルタルソース、後味もさっぱりで絶品です!

家の近くにあったら毎週土曜に通いたい……。土曜日に因島を訪れたなら、ぜひ召し上がってみてくださいね。

 

店名:鮮魚 一色商店
住所:広島尾道市因島土生町1897-6
TEL:0845-22-0115

 

13.【食堂】海を眺めながら足湯でほっこり…「立花食堂」(向島)

f:id:tepo1173:20170620171624j:plain

因島大橋を渡った向島には、立花海岸に面した足湯のある癒しの空間「立花食堂」があります。

f:id:tepo1173:20170620171557j:plain

サイクルオアシスにもなっている立花食堂、南国風の広い庭園には足湯の他にリゾートチェアも置かれており、サイクリングの疲れもゆったり癒せます。

f:id:tepo1173:20170620171702j:plain

ランチメニューは「日替わり定食」(1200円)や、「海鮮丼」(1200円)、「ラーメン」(650円)など。カフェメニューは各種ドリンクに「ケーキセット」(850円)など。濃厚なチーズケーキが有名ですよ。

f:id:tepo1173:20170620171733j:plain

海を見ながらの絶好のロケーションの中、美味しいお食事がいただける「立花食堂」。ランチは売り切れることが多いので、早めに行くことをオススメします。

 

店名:立花食堂
住所:広島尾道市向島町立花287-1
TEL:0848-36-5662
URL:https://r.gnavi.co.jp/menrgjpp0000/

 

【紹介したお店のマップ】

赤は記事中で紹介したグルメスポット、青は絶景スポットとなります。こちらのマップをおともに、ぜひしまなみ海道へ行ってみてくださいね!

 

 プロフィール

f:id:tepo1173:20170623073612j:plain

林ぶんこ

相棒エストレヤと四国の畦道や山道をトコトコするさすらいの0850(オバハン)ライダー。

ブログ:四国トコトコ
twitter :@tepo11734

                             
ページ上部へ戻る