丼から飛び出す中トロに圧倒される!「若いわい」のまぐろ丼は腰を抜かすほど旨い静岡最強グルメだ

マグロ、桜えび、しらすなど静岡にはさまざまな名物がありますが、今回紹介する「若いわい」のランチは静岡最強グルメと呼ぶにふさわしい美味しさとインパクトがあります。特に人気の高い「本まぐろ中トロめし」は、中トロの圧倒的なインパクト、そして上質の脂が醸し出す極上の旨味が特徴で、「うまい」としかいいようのないメニューなのですが、それがなんと1,290円という値段で食べることができます。コスパにも優れた「若いわい」では地元民にも愛されています。静岡へ行ったらぜひお試しください。(静岡のグルメランチ

丼から飛び出す中トロに圧倒される!「若いわい」のまぐろ丼は腰を抜かすほど旨い静岡最強グルメだ

f:id:hanage-works:20170521230953j:plain

地元民も愛する「若いわい」のランチ

マグロ!桜えび!しらす!

静岡といえば豊富な駿河湾の海の幸。一度は食べていただきたいグルメがたくさんあります。

その中でもひときわ輝きを放つインパクト抜群のランチを提供するお店。それが静岡市葵区音羽町にお店を構える「若いわい」です。

 

静岡に海鮮のお店はたくさんあるけれど、なぜ「若いわい」を推すのか。それはボリュームと圧倒的なコスパ、そして美味しさの3点が揃っているからです。

わたしの周りの知人もそうですが、地元の方のリピートが後を絶たないですし、現にわたしもこうやって引き寄せられるように再訪してしまったわけです。

そんな魅力的な「若いわい」の店主・太田さんにお話を伺いながら、絶品ランチをいただいてきました。

 

「若いわい」の歴史

「若いわい」の原点は割烹料亭。もともとは、現オーナーのおじいさまが、エスパルスやちびまる子ちゃんで有名な清水市(現在の静岡清水区)で、「若岩井」という名のお店を経営していました。

そんな「若岩井」さんが、2015年に「若いわい」として、新たなスタイルで再出発したのです。

「若いわい」はこんなお店

閑静な住宅街に突如現れる「若いわい」。暖簾をくぐって、下駄箱に靴を入れ、扉を開けると、そこには落ち着いた空間が広がっています。

f:id:hanage-works:20170521231016j:plain

清掃が行き届いた清潔感のあるシックな店内。優しい音楽が流れて、ゆったりとした時間が流れます。

雰囲気の良い鮨処と言っても入りにくさは感じないので、身構える必要はありません。テーブルもカウンターも掘りごたつタイプなのでリラックスして過ごせますよ。

f:id:hanage-works:20170521231019j:plain

f:id:hanage-works:20170521231029j:plain

f:id:hanage-works:20170521231032j:plain

太田さんと会話のできるカウンターも良いですが、充分に光が射し込む窓際の席もおすすめです。

f:id:hanage-works:20170521231026j:plain

f:id:hanage-works:20170521231023j:plain

仕入れに関して

魚の仕入れに関しては、地域を限定しておらず、静岡築地など、その時にベストなルートで仕入れているそう。

母体が水産業者ということで、魚の活きの良さは間違いないでしょう。米や野菜などは、できるだけ地のものを使うようにこだわっているそうですよ。

「若いわい」のランチメニューにシビれろ!

リーズナブルでボリューム満点のランチが話題の「若いわい」さん。どうですかこれ、本まぐろ・南まぐろ・バチまぐろ・いくら・うなぎなど、バラエティ豊かな海鮮めしが揃っています。

f:id:hanage-works:20170521231039j:plain

しかもどの丼もインパクト抜群で、小鉢3種と味噌汁付きとお得感がハンパないです。

今回は、お客さんに人気No.1の「本まぐろ中トロめし」と店主・太田さんセレクトの「南まぐろ中トロめし」をいただきました。

 

一番人気「本まぐろ中トロめし」

「本まぐろ中トロめし」が運ばれてきました。圧倒的なインパクトの丼に、小鉢が3種、味噌汁も付きます。

f:id:hanage-works:20170521231041j:plain

上質の脂がのった本まぐろの中トロは、きれいなピンク色。「好きな色は何ですか?」って聞かれたら、これからは「本まぐろの中トロ色」って答えよう。

 

f:id:hanage-works:20170521231043j:plain

f:id:hanage-works:20170521231120j:plain

そんなきれいな本まぐろの中トロを一口パクリ。幸せの脂が口いっぱいに広がって、唾液の分泌が急激に活発になりました。

 

f:id:hanage-works:20170521231129j:plain

これは…うまい!!

 

グルメライターとして「うまい」なんて稚拙な表現は恥ずかしいけれど、うまいものは「うまい」でいいじゃないですか。だって本当にうまいんだもの。

一切れだけで幸せになったのに、まだまだ五切れの幸せが待っています。んー、最高!

もちろんこの丼の魅力はそれだけではありません。甘くてクリーミーなネギトロとほろほろの角煮が幸せの鐘を鳴らします。カーン!カーン!

f:id:hanage-works:20170521231103j:plain

いや、これで1,290円って…お店の心配をするレベル。こんなに安くていいんですか!?太田さん!(笑)

 

店主おすすめ「南まぐろ中トロめし」

続いて、太田さんセレクトの「南まぐろ中トロめし」。先ほどの本まぐろよりも赤みを帯びた色。これまた艶のあるきれいな色ですね。

f:id:hanage-works:20170521231058j:plain

f:id:hanage-works:20170521231106j:plain

脂が最大の特徴だった本マグロと比べると、ほどよい脂ののりとほどよい赤身感がありますね。ネギトロがクリーミーなことを考えると、丼としてのバランスはこちらのほうが好みでした。

 

f:id:hanage-works:20170521231110j:plain

これも…うまい!!

さすが店主のおすすめ!間違いない!!

 

「本まぐろ中トロめし」は上質の脂をとことん味わいたい人に、「南まぐろ中トロめし」は上質の脂をほどよく味わいたい人におすすめです!

両者の味は全然違うので、複数人で訪れた場合はみんなでいろいろシェアするのも楽しいですね。

 

特別な海鮮めしがここにある

太田さんは、知り合いの方に「静岡はいいものはあるけど、特別感がないね」と言われたことがあるそうです。

そう言われると、静岡って美味しいものは多いけれど、派手さはあまりないのかもしれません。でもわたしは「若いわい」の海鮮めしに確かな特別感を覚えたんです。

器から飛び出しそうなネタから感じる圧倒的なパワー。驚くほどリーズナブルな価格設定。迷ってしまうくらいの豊富なメニュー。

充分に特別で上等なランチじゃないですか?

わたしは「静岡にも特別なものはあるよ」と声を大にして叫びたいのです。ここ「若いわい」さんの海鮮めしこそ、静岡の特別な料理のひとつだと確信しています。

 

夜の顔も見てみたい

夜のメニューも見せていただきました。「おしゃれな鮨処だし、夜はさすがに高いかな?」と思いきや、意外にも高くないですね。

f:id:hanage-works:20170521231126j:plain

f:id:hanage-works:20170521231117j:plain

f:id:hanage-works:20170521231048j:plain

f:id:hanage-works:20170521231108j:plain

普段は、夜の鮨処なんてこわくて入れませんが、「若いわい」さんなら大丈夫そうです。お鮨はもちろん、居酒屋っぽい料理や静岡らしい料理があるのも嬉しいですね。

お酒を飲みながら、カジュアルに料理を楽しめそうです。

f:id:hanage-works:20170521231123j:plain

 

まとめ

静岡の「若いわい」さんで味った安くて美味しい海鮮めし。心もお腹も満たされた後、「次は違うメニューも食べてみたいな」と、すでにリピートする気満々のわたしでした。

最後に、太田さんから読者の皆さんへメッセージ。

「1店舗で、本まぐろ・南まぐろ・バチまぐろの3種類を選べるのは珍しいと思いますので、ぜひ味わってみてください」

仕入れの条件が揃った時だけ、本まぐろ・南まぐろ・バチまぐろの3つが一堂に会した特別な限定メニューが登場することもあるそう。もし出会えたらラッキーです!

ぜひみなさんも「若いわい」さんの絶品ランチを味わいに来てください。わざわざ静岡を訪れる価値はありますよ!

紹介したお店

f:id:hanage-works:20170521231016j:plain

  • 住所:静岡静岡市葵区音羽町3-18
  • 電話番号:054-297-5626
  • 営業時間:11:30~14:00、17:30~22:00
  • 定休日:月曜日
  • 席数:約30席
  • 支払方法:現金・クレジットカード(Diners)
  • 駐車場:あり(15台ほど)

駐車場は、図のように店舗前と向かい、裏手に計15台分。基本的にまわりの道は一方通行なのでご注意を。

f:id:hanage-works:20170521231112j:plain

プロフィール

f:id:g-mag:20160907105849j:plain

Hanagex

静岡よいとこ一度はおいで」

Twitter:https://twitter.com/hanageworks

                             
ページ上部へ戻る