浮気のつもりが本命に!? 福岡「萬六」の塩ホルモンが旨すぎて、もうタレ派に戻れないかもしれない

タレをいっさい付けずに食べる「塩ホルモン」が名物の元祖博多塩ホルモン 萬六(福岡県福岡市中央区渡辺通5-15-6)をご紹介します。 福岡といえば、もつ鍋を筆頭にホルモン料理が名物ですが、プリプリのモツを焼いて味わうホルモン焼きも外せません。 福岡のホルモン焼きは甘辛いタレに漬け込んだものや、タレをつけて食べるものが一般的ですが、このお店の焼ものメニューは、オール「塩」。 鮮度の良さはもちろん、余分な脂を取り除くなどの下処理もきっちりと施されており、焼きあがったら何もつけず、そのままいただけます。 コリコリと小気味良い弾力で噛めばジュワッと旨味が染み出すメチャクチャ美味しいです。ぜひ行ってみてくださいね!(歓迎会・送別会 福岡

浮気のつもりが本命に!? 福岡「萬六」の塩ホルモンが旨すぎて、もうタレ派に戻れないかもしれない

f:id:morika0812:20190228161526j:plain
福岡のうまかもん、代表格といえば「ホルモン料理」。モツ鍋はもちろん、プリプリのモツを焼いて味わうホルモン焼きも外せません。

ホルモンがいち早く根付いた街・筑豊や北九州エリアの影響を受けてか、福岡ホルモン焼き甘辛いタレに漬け込んだものや、タレをつけて食べるものが一般的

f:id:morika0812:20190228161732j:plain

しかし、今回ご紹介するのは、タレをいっさい付けずに食べる「塩ホルモン福岡では、おそらくココだけしか味わえない逸品です。

 

路地裏にひっそりと佇む、塩ホルモンの名店

f:id:morika0812:20190228161752j:plain

やって来たのは、福岡の中心部・天神のお隣にある「渡辺通」エリア。日赤通りから春吉方面へ1本入ると、そこはちょっぴりディープな飲食店通り。老舗の小料理店、寿司屋、スナックなどが立ち並ぶ一角に、今回のお目当てである『元祖博多ホルモン 萬六』はあります。

f:id:morika0812:20190228161803j:plain

赤い暖簾をくぐって中へ入ると……。

「いらっしゃいませ!」――スタッフさんが元気な声で迎えてくれました。

カウンター席にはほろ酔いの常連さん。BGMは90年代・懐メロ。う〜ん、つかみはバッチリです♡

f:id:morika0812:20190228161813j:plain

イントロクイズで盛り上がるサラリーマンの方々をすり抜け、奥の座敷席へ。

嬉しいことに、ハンガーには煙や臭いをガードする衣類カバーがセットされています。

これで「あなた、ホルモン焼き食べてきたでしょ!? 臭うわよ!」と、怒られることもない、かもしれません。(※効果には個人差があります)

f:id:morika0812:20190228161825j:plain

何はともあれ、生ビール(550円)とハイボール(450円)で乾杯! 早速、炭がセットされた七輪も運ばれてきました。

f:id:morika0812:20190228161840j:plain

ご覧の通り、焼ものメニューは、オール「塩」。卓上にもタレの姿は見当たらず、七味がポツンと置いてあるだけ。この潔さ、ぐっときます。 

ツヤツヤと輝く色白美人な「塩ホルモン

f:id:morika0812:20190228161855j:plain

脇目も振らずに、名物を注文。目の前に現れたのは、色白美人な「塩ホルモン」(600円)でした。輝く白さ、清廉なたたずまいに思わずうっとり。

「普段食べているホルモンとは、見た目も色も違う!」と驚いていたら、大将の小嶋さんが秘密を教えてくださいました。

f:id:morika0812:20190228161905j:plain

『萬六』の塩ホルモンは、北海道旭川の味がルーツなのだそう。本場同様に、牛ではなく豚のホルモンを使い、それを塩味の調味料に漬け込んでいます。

f:id:morika0812:20190228161917j:plain

塩で味付けるため、ごまかしは一切ききません。鮮度の良さはもちろん、余分な脂を取り除くなどの下処理もきっちりと。『萬六』では、食感を良くするために細かく隠し包丁まで入れてあります。

さぁ、焼きあがったら何もつけず、そのままパクリ!

f:id:morika0812:20190228161928j:plain

コリコリと小気味良い弾力、噛めばジュワッと染み出す旨味。臭みは皆無で、べったりとした脂っぽさもなく……。

 「めっちゃ旨い!!!」

正直、ホルモンはガッツリタレ派の私。ですが、こんなに清らかなホルモン、初めて出会いました。

ちょっとした出来心で塩に浮気したものの、これは本気の恋の予感……!?

 

 ホルモンだけじゃない、魅惑の“焼もの”たち

f:id:morika0812:20190228161938j:plain

あっさりしているので無限に食べられそうな「塩ホルモン」。しかし、その他の魅力的なメニューも見逃せません。こちらは、鶏セセリ、鶏ハツ、鶏モモ(各450円)。ツヤとハリがあって、目からも鮮度の良さが伝わります、

f:id:morika0812:20190228161951j:plain

こちらも、もちろん味付けは塩。炭火で焼き上げるので、表面はパリッと香ばしく、中はプリプリとジューシー

 

ヤゲン軟骨(450円)のみちょっぴりとガーリックを効かせるなど、部位に合わせて小技が効いています。ニクいです。

f:id:morika0812:20190228162011j:plain

続いては、焼きおにぎり!ではなく、肉厚で巨大なしいたけ。噛めばムチムチ、椎茸ジュースがじゅわ〜〜〜♡ 

f:id:morika0812:20190228162001j:plain

旭川は、塩ホルモンと豚トロ発祥の地であるそうで、『萬六』でも美味しい豚トロ(550円)や豚サガリ(580円)が味わえます。鶏もいいけど、甘い脂がとろける豚も格別!

 

サイドメニューも、シンプルイズザベスト!

f:id:morika0812:20190228162022j:plain

焼もの以外の一品料理は、15品ほど。福岡の居酒屋さんとしては品数が少ない方かもしれませんが、ラインナップが実にいい。キャベツ(380円)や酢モツ、自家製らっきょ、鶏わさなど、シンプルに旨い精鋭たちが揃っています。

f:id:morika0812:20190228162032j:plain

ポテトサラダ(450円)も、余計なものが入っていない王道タイプ。この素直な感じ、泣かせるね〜。おっさん女子の心と男心を、ガッツリつかんで離しません。

 

極め付けの〆は、セルフ焼き魚定食!?

ホルモン、鶏焼きが自慢の『萬六』ですが、実は魚もめちゃ旨い

店主・小嶋さんの伯父さん兄弟が、壱岐漁業や水産加工場を営んでいるそうで、壱岐から直送される「魚のみりん干し」も名物の一つです。

f:id:morika0812:20190228162042j:plain

この日は、銀ダラみりん(880円)と秋刀魚みりん(580円)、両方を注文。七輪の上でパチパチと焼ける音、香り、たまりません! 

 

このまま酒のアテにするのもいいですが、焼き魚といえば、やっぱり白いご飯が欲しくなる〜

f:id:morika0812:20190228162050j:plain

と、いうことで、ドーーーーーンとOTR!

銀ダラ On The Rice!

 

白飯(250円)と味噌汁(380円)をセットにして、セルフ銀ダラみりん定食の出来上がりです♡ 銀ダラは厚みがあって、しっとりジューシーで、甘さの加減も完璧。

ご飯との相性は言うまでもなく、至福です。

 

 壱岐焼酎をはじめ、焼酎ボトルもずらり

f:id:morika0812:20190228162059j:plain

伯父さん兄弟が壱岐にいらっしゃるだけあり、カウンターには壱岐焼酎をはじめとした多彩な焼酎もずらり

f:id:morika0812:20190228162110j:plain

「常連になったらこんなのもあるよ♪」と、カウンターの紳士が見せてくださったのは、可愛いイラスト入りのキープボトル。なんと、大将の小嶋さんが自ら描いてくださるのだとか。こちらもめちゃウマです!

(ちなみに、大将の小嶋さんは塩顔イケメン!!!笑)

f:id:morika0812:20190228162834j:plain

初見さんから常連さん、お一人様からグループ客まで、居心地良くくつろげる『萬六』。ぜひ、ふらりと立ち寄って、絶品の塩ホルモンを楽しんでくださいね。

 

紹介したお店

元祖博多ホルモン 萬六

住所:福岡福岡市中央区渡辺通5-15-6
電話:092-733-4758
営業時間:18:00~24:00
定休日:日曜 ※月曜が祝日の場合は連休に

 

著者・SPECIAL THANKS

f:id:morika0812:20190228164128j:plain

えり もりか

福岡生まれ博多湾育ちの呑み喰い道楽女子(グルメライター)。

Twitterでの食べ歩き日記をきっかけに福岡の編集プロダクション「シーアール」へ入社し、2018年フリーランスへ転身。地元タウン誌やグルメ情報誌の編集・ライティングを中心に活動を続け、年間300軒以上のグルメ取材をこなす。得意ジャンルはラーメン以外。高級ランチから路地裏の酒場までオールマイティに、日々放浪中。

Instagram:https://www.instagram.com/morika0812/ 

 

                             
ページ上部へ戻る