こんなに安くていいのか…!福岡の大衆酒場「角のうぐいす」は一品料理180円からの超良心的価格なのに激旨で毎日でも通いたい

福岡の西中洲に2017年9月にオープンした「角のうぐいす」(福岡県福岡市中央区春吉2-12-14 デザインセンタービル2-1Fテナント)は、一品料理が180円から、最大でも680円という激安なのに旨くて、お肉系メニューもたくさんあるのです。その超良心的価格設定で早くも人気店となりつつあります。ちなみに名物は「豚の角串」と「牛すじどろ炊き」(ともに230円)で9割のお客さんが注文します。ほかにもガリガリ君が入ったサワーなど風変わりなメニューもたくさんあって、毎日行っても飽きないくらい刺激もバッチリ。ちょい飲み、ガッツリ飲み、飲み会などさまざまな用途に使えそうですね。 (中洲 歓迎会・送別会

こんなに安くていいのか…!福岡の大衆酒場「角のうぐいす」は一品料理180円からの超良心的価格なのに激旨で毎日でも通いたい

f:id:maki_a:20180425171730j:plain

個性派ぞろいの飲食店が立ち並ぶ、福岡春吉エリア

ここに2017年9月、超良心的な大衆酒場が誕生しました。

 

その名も「角のうぐいす」

f:id:maki_a:20180425171800j:plain

店名の通り、春吉交差点の角っこにお店はあります。

 

中に入ってみるとご覧の通り。

f:id:maki_a:20180425171840j:plain

老若男女でワイワイガヤガヤ。平日の夜なのに大賑わい!オープンして1年未満ですが、もう既に人気店の仲間入り。

コの字のカウンター席にテーブル席もあり、店内は想像以上に広々としていますよ。

 

カウンター前の大鍋には、こんな美味しそうな串を発見!!

f:id:maki_a:20180425171852j:plain

ん~~~♡おいしそ~~~

 

 

まずは名物串とビールから!

 

早速席に着いて、ビールと串を注文しちゃいました♡

まずは後輩たちと乾杯♪

f:id:maki_a:20180425171804j:plain

グラスに描かれているロゴがカワイイ♡

グビッと一口飲んだところで、先ほどの串が到着しました。

 

f:id:maki_a:20180425171814j:plain

「角の豚串」(1本230円・手前)と「牛すじどろ炊き」(1本230円・奥)です。

この2つは「角のうぐいす」の看板メニューで、9割のお客さんが注文するとか。

 

私たちも名物串をいただきま~す。

f:id:maki_a:20180425171856j:plain

まずは「角の豚串」から。

豚肉以外にネギとコンニャク、うずらの卵が刺さっています。

 

豚肉は大きくて食べ応えある♡

しかも、一口噛むとホロリとほぐれて柔らかい!

甘辛い醤油ベースで味付けされているから、ビールが驚くほど進みます(笑)

f:id:maki_a:20180425171718j:plain

続いて黒毛和牛を使った「どろ炊き」。

3種類のブレンド味噌でじっくり炊いていて、とっても柔らか♡

添えられた柚子胡椒をつけて食べるのも◎。

 

毎日でも通えるコスパの良さが魅力

 

次は何を頼もうかとメニューを見てみると…

f:id:maki_a:20180425171722j:plain

一品メニュー180円~?!最高金額680円?!?!

めちゃめちゃ良心的やんww

「チュッチュ棒」(しかも1グループで180円&食べ放題)や、

「うぐいす野郎の桜干し」(別名みりん干し480円)といったユニークなメニューも。

 

こんな素敵な店、近くにあったら毎日通っちゃう…(笑)

 

その中から「ポテサラうぐいす」(380円・税別)をチョイスしてみました。

f:id:maki_a:20180425171726j:plain

お分かりいただけますか?

このポテサラ、アボカドを一緒に練り込んでいるから緑がかっているんです。

まさに“うぐいす色”!

ねっとりなめらからでどこか懐かしい味♡アボカド好きは必食です!

 

 

続いては、「大手羽Z」(280円・税別)。

f:id:maki_a:20180425171831j:plain

おぉ!!!“Z”の形になっとる~~~(笑)

手羽先、手羽中、手羽元を丸ごと使って揚げているから大きい~!

 

我慢できずに、思わずガブッ。

f:id:maki_a:20180425171827j:plain

「皮はパリッ、中からジュワッと肉汁があふれ出てきました。熱くてウマウマです~~♡」

 

10種以上のスパイスで味付けした手羽に、

甘辛い酢醤油がかけられていて、なんだかクセになるおいしさ!

手羽をつまんでいた指までうまい!!!(笑)

 

 

全制覇したいユニークなドリンクメニュー

 

酒がすすむアテを楽しんでいると、ビールはすっかり空に。

次のドリンクメニューを頼むことにしました。

 

f:id:maki_a:20180425171714j:plain

ドリンクもめっちゃ豊富やん♡

 

私は最近ドハマリしているレモンサワーを。

店長さんからセットで頼んだほうがお得と教えてもらい、出てきたのがコレ。

f:id:maki_a:20180425171743j:plain

冷凍レモン2個分、氷、ボトル600mlが付いた「レモンサワーセット」(780円・税別)です。

これで約3杯分も堪能できるらしい!絶対セットのがお得やん!

 

冷凍レモンをたっぷり入れてみた。

f:id:maki_a:20180425171738j:plain

780円で約3杯分ということは………1杯約260円??!!

あぁ、神様、仏様、角のうぐいす様…♡

 

後輩コジーは、インスタ映えを狙ってコチラをオーダー。

f:id:maki_a:20180425171903j:plain

さぁーて、サワーに頭からダイブしている水色のこの子は…??

 

f:id:maki_a:20180425171906j:plain

はい、ガリガリくんでしたー!(笑)

ガリガリくんが丸ごと一個入っている「ガリガリ君ソーダ」(480円・税別)は、

まずはそのままアイスをかじって、溶けてきたらシャーベット状にして味わうのがグッド。

 

しかも当たりが出たらもう一杯サービス!だけど…

f:id:maki_a:20180425171822j:plain

………残念、外れてしまいました(泣)

こんな仕掛けも面白いですよね!

 

ほかにはこちらも…

f:id:maki_a:20180425171757j:plain

ドドン。

花火が刺さった「夏祭り」(480円・税別)!

グラスの中にはイチゴのカキ氷を使ったサワーが入っています。

入道雲のようにフワフワしているのは綿菓子です。一足早く夏を先取り♪w

とびっきり甘くて飲みやすいですよ。

 

ユニークなドリンクを堪能していると、追加のフードができあがりましたー!

f:id:maki_a:20180425171859j:plain

店長さん「レバテキ(480円・税別)をお持ちしましたー」

 

低温加熱で仕上げた薄切りレバーは、きれいなピンク色♡

塩とごま油のタレにつけて味わうと……うまっ!

火入れしているのに、レア感を堪能できるのがうれしい♡

レモンサワーが、ガンガン進むばい!!

 

f:id:maki_a:20180425171747j:plain

そして最後はこの美しい一皿でしめます。

「牛ハラミ山葵まみれ」(680円・税別)です。

 

こんなにワサビがのっているのに、肉の甘味が強いからそこまで辛さを感じない!

炭火で焼き上げた牛ハラミはとってもジューシーですよ。

これで680円って…マジ最&高♡(笑)

 

カウンター席は気さくな店長と話せるベストスポット

 

角のうぐいすはグループはもちろん、一人飲みにも最適なお店です。

特にカウンター席がおすすめ。なぜなら目の前に、気さくでユーモラスな店長がいるから!!!

f:id:maki_a:20180425171835j:plain

店長「見てください、このメガハイボール!ジムビーム1リットルで500円(税別)なんですよ!!」

 

この満面の笑みで写っているのが店長さん。

「毎日でも気軽に通えるお店を作りたい」と、大衆酒場のスタイルにしたそうです。

 

店長以外のスタッフさんもみんな元気いっぱい!

追加で注文した「クリームうぐいす」(480円・税別)を持ってきてくれたのは、

笑顔が爽やかなイケメンのお兄さんでした。

f:id:maki_a:20180425171818j:plain

お兄さん「クリームうぐいすは、〆のスイーツといったところでしょうか。女性に人気ですよ」

 

ガッチリ体型のこちらのお兄さん。

実は甲子園に出場したことのある、すごい経歴の持ち主でした!!

撮影にご協力いただきありがとうございましたー!

f:id:maki_a:20180425171711j:plain

味は、まさしくクリームソーダ!

でもノンアルコールじゃないのよ♡

見た目がかわいらしいから、写真映え確実です!

 

f:id:maki_a:20180425171844j:plain

たらふく食べて飲んだところで本日は終了!

皆さんも「角のうぐいす」で名物メニューを思う存分堪能してくださいね。

予約をして来店したほうが確実ですよ♪

 

r.gnavi.co.jp

 

著者・SPECIAL THANKS 

f:id:maki_a:20171025165348j:plain

Maki

福岡九州の編集プロダクション・シーアール所属。

フリーペーパー営業、旅行雑誌編集部を経て、 現在は編集プロダクションに所属。 気になる飲み屋があれば、一人でもふらりと入ってしまうほどお酒が大好き。 今では同世代から親世代まで、幅広い飲み友達をもつ。

                             
ページ上部へ戻る