豊後水道で獲れた鮮魚や宮崎の地頭鶏など…。大分駅前の「かんてきや」で九州を代表する美味を味わい尽くしてきた!

海や山に囲まれた自然豊かな九州は、国内有数の食材の宝庫。そんな九州を代表する美味を一度に味わえる超優秀店が大分駅前「かんてきや 大分本店」です。大分名産のカボスブリや豊後牛ステーキ、宮崎県日向市の「地頭鶏の炙り焼き」、ゴマサバがこぼれた琉球こぼれ寿司など、九州グルメの底力をとことん味わえるお店です。大分へ行かれた際はぜひお立ち寄りを!【PR ぐるなび】

豊後水道で獲れた鮮魚や宮崎の地頭鶏など…。大分駅前の「かんてきや」で九州を代表する美味を味わい尽くしてきた!

【PR 株式会社ボナー

f:id:maki_a:20180130163427j:plain

海や山に囲まれた自然豊かな九州は、国内有数の食材の宝庫

そんな九州を代表する美味を一度に味わえたら、かなり幸せなことだと思いませんか?

 

今回は、そんな願いを叶えてくれる超優秀店をご紹介したいと思います。

 

 

JR大分駅前とアクセス抜群!

 

店は、JR大分駅近く!

f:id:maki_a:20180130163551j:plain

噂のお店はどこにあるのかしら…と歩いていたら、発見しました。

 

f:id:maki_a:20180130163544j:plain

「かんてきや 大分本店」です!!!

 

f:id:maki_a:20180130163547j:plain

駅前とか立地よすぎる~!!!

これなら終電ギリギリまで楽しめちゃいますね♪

 

さぁ、今宵はどんな料理に出会えるのかしら…♡

はやる気持ちを抑えつついざ、入店~

f:id:maki_a:20180130163539j:plain

店内は広々とした開放的な空間。

カウンター席、テーブル席、奥には個室もありました。

 

ショーケースにはピチピチのお魚や大分名物・カボスも。

これは期待できそうだ~。

f:id:maki_a:20180130163438j:plain

早速、席について乾杯!

 

f:id:maki_a:20180130163558j:plain

宴開始じゃーーーーー!!

 

後輩コジー「着物姿がキレイなお姉さん!福岡から来た私たちにおすすめを教えてくださ~い!」

f:id:maki_a:20180130163506j:plain

あかねさん「もちろんです♡みなさん、福岡から来られたんですね。でしたら、豊後水道で獲れた魚介を味わってはいかがですか。すぐにお出しできる、『獲れたて鮮魚の宝石箱』(680円)と『大根釜揚げシラスのサラダ』(750円)がおすすめですよ」

 

後輩コジー「では、それをお願いします!」

 

 

豊後水道で獲れた鮮魚は必食!

 

魚は、カウンター前の調理場で料理長が捌きます。

f:id:maki_a:20180130163441j:plain

料理長「うちは、大分県と愛媛県に挟まれた海域、豊後水道で獲れた鮮魚を使っているからおいしいよ~。流れが速く、プランクトンが多い海域で育った魚だから、大きくて身が引き締まっているのが特徴なんよ。地元の人はもちろん、県外の人にもぜひ味わってほしいね」

 

料理長も太鼓判を押す、最初の一品が到着しました!

 

インスタ映え必至!「獲れたて鮮魚の宝石箱」

 

あかねさん「お待たせしましたー」

f:id:maki_a:20180130163427j:plain

トビッコ、イクラ、タイ、サーモン、カボスブリと、

こんもり盛られた魚介類がキラキラ光っとる~!(内容は日により異なります)

 

 

\これぞまさに鮮魚の宝石箱や~~♡♡/

f:id:maki_a:20180130163434j:plain

興奮して間近で見つめちゃう後輩コジー(笑)

 

 

あかねさん「カボスブリは大分ブランドのお魚で、その名の通り、餌にカボスを加えて育てた魚です。脂がさっぱりとしていて食べやすくおすすめです」

 

おぉ!まさしく大分県の名産というわけですな!

かぼすブリ”にイクラとトビッコを乗せてパクッ。

f:id:maki_a:20180130163448j:plain

旬のかぼすブリは脂がのっていて口当たりなめらか~。

丸々としたイクラからプチュッとはじけ飛ぶ濃厚な旨味とトビッコのプチプチした食感もたまりません。九州の甘い醤油ともマッチしていますね。

 

 

酒のアテにもピッタリ!「大根釜揚げシラスのサラダ」

 

ゆうすけさん『大根釜揚げシラスのサラダ』をお持ちしました!」

f:id:maki_a:20180130163510j:plain

これまた笑顔が素敵な青年が登場!

 

f:id:maki_a:20180130163513j:plain

釜揚げシラスがどーーーーーーーん。

 

私「ちょっと見て!シラスがこんなに!

f:id:maki_a:20180130163535j:plain

釜揚げシラスが大好きすぎて…、つい興奮して持ち上げちゃいました(笑)

 

ふっくらしていて味が濃い~。

こんもりと盛られたシャキシャキの大根ともよく合いますね。

もう一皿おかわりしたい…(ムシャムシャ)。

 

シラスのサラダをアテにビールをクイッと飲み干し、

2杯目のドリンクを追加注文!

気になっていたご当地ハイボールをチョイスしてみました。

 

 

カボス、ヘベスを使ったご当地ハイボールに挑戦してみよう

f:id:maki_a:20180130165540j:plain

「ビームカボス」(432円)と“へべす”を使った「へべすハイボール」(453円)です!

 

What’s“へべす”?

宮崎県日向市の特産品で、カボスやユズ、スダチといった柑橘系の一種なのだそう。

スダチより玉が大きく、種がほとんどないため果汁がたっぷりとれるそうですよ。

 

といわれても、見た目は全然変わらないですよね…(笑)

こうなりゃ飲み比べだー!

f:id:maki_a:20180130163503j:plain

後輩コジーん~♡ビームカボスは、酸味がきいていてとっても爽やか~。ジムビームの香りと味わいもしっかり感じられます♪」

 

「ヘベスを使った宮崎シトラスハイボールは、カボスと比べて香りがマイルド。甘みを感じつつも、柑橘ならではのさっぱり感があるから飲みやすい!」

 

初体験のヘベスでしたがとっても美味♡これ福岡で広めてほしいなぁ。

 

 

とろけるような味わい!「豊後牛のステーキ」

 

後輩コジー「あっ!ステーキがありますよ。次はこれを頼みましょう!!」

 

目をキラキラとさせながら後輩コジーが頼んだのがコチラ。

f:id:maki_a:20180130163456j:plain

大分が誇るブランド牛を炭火で焼き上げた豊後牛のステーキ」(1,800円)です!!

これ絶対おいしいやつ~♡

 

赤身が美しい~♡

添えられているカボスをギュッとしぼって食べると…。

f:id:maki_a:20180130163500j:plain

 

う、うまーーーーい!!肉質が柔らかくて口の中でとろけていくよう~♡

カボスの酸味もきいて美味♡♡

自家製のさっぱりとしたステーキソースにつけてもグッドです。

 

駅前にある居酒屋で豊後牛ステーキが食べられるなんて、思ってもみなかったわ。

 

宮崎県日向市の「地頭鶏の炙り焼き」

 

そうそう、大分だけでなくお隣の宮崎県を代表する料理もありました。

f:id:maki_a:20180130163452j:plain

「地頭鶏(じとっこ)の炙り焼き」(100g780円)です!!!

コリコリッとした適度な歯ごたえの地鶏は、噛めば噛むほど旨味が口に広がります。

ご当地ハイボールとの相性バッチリです!

大分県産の柚子胡椒をたっぷりつけるとまたうま~い♪

 

調子にのってまたもやアルコールを追加注文(笑)

 

福岡のブランドイチゴ、あまおうを使った九州シトラスサワー あまおう(432円)です!

f:id:maki_a:20180130163532j:plain

甘くておいしい~♡

飲みやすいから、ハイボールが苦手という人におすすめしたい一杯です!

大分でも福岡の魅力を感じられるなんて…感激!

 

さらにこんな一杯をおすすめしてもらいました。

f:id:maki_a:20180130163524j:plain

2個分のカボスが入った「カボスサワー」(626円)。

カボスの爽やかな香りを感じながら、一口飲むと…スッキリしていてうま~♡

最後の一口までしっかりカボスの酸味を楽しめるのがうれしい♪

 

 

そろそろ〆のメニューへまいりますよ。

今日は初めからコレに決めていた!!

f:id:maki_a:20180130163517j:plain

「琉球こぼれ寿司(500円)!!!

こぼれているのは、ゴマサバ~!こんなにどっさり盛られているなんて、贅沢すぎるー(嬉泣)しかもプリプリッで身が引き締まってる!酢飯との相性もよすぎるよ…。

 

これは絶対、日本酒に合うはず!

「かんてきや 大分本店」は酒のラインアップも豊富だから悩むなぁ~。

f:id:maki_a:20180130163444j:plain

そんなときは、地酒を飲むべし!

スタッフさんにおすすめの一杯を持ってきてもらうことにしました♪

 

f:id:maki_a:20180205173802j:plain

後輩コジー「たっぷり注いでくれるからうれしい~♪早く飲みたい!こちらのお酒はどこで作られたものなんですか?」

 

f:id:maki_a:20180130165915j:plain

スタッフさん「大分県国東市にある“萱嶋酒造”で作られた『西の関』(648円)です。クイッと飲んじゃってください♪」

 

 

甘口で口当たりまろやか。すっごい飲みやすい~。

芳醇な米の旨味も堪能できる一杯です。

f:id:maki_a:20180130172741j:plain

/こりゃたまらんばい…!\

このまま今日は大分に泊まりたい(切実)。

 

 

「かんてきや大分本店」について聞いてみた。

 

最後に、料理長にお店について聞いてみました♪

 

「今日は絶品料理をありがとうございました!九州を代表するおいしいものが味わえて大満足です!」

 

f:id:maki_a:20180130170011j:plain

 

料理長「かんてきやって、九州を中心に全国で7店舗展開しているんですけど、それぞれの店舗でメニューが異なるのが特徴なんです。できるだけその土地のものを味わってもらいたいと、各店舗の料理長がメニューを考えているんですよ」

 

「チェーン店だけど、店舗によってメニューが違うんですか!それは嬉しい。確かに、北九州市や博多駅前にもお店がありますよね。今度はそちらの店舗にも伺ってみようと思います」

 

料理長「大分本店では、4月からレギュラーメニューが一新します。とはいっても、今回紹介したメニューはそのまま残しますので、ご安心を!リーズナブルなメニューをどんどん増やしていこうと思っていますので、ご期待ください!」

 

f:id:maki_a:20180130173240j:plain

みなさんも大分を訪れた際は、「かんてきや 大分本店」へ!

大分だけでなく、九州を代表する名物料理を堪能できますよ♪

 

 

r.gnavi.co.jp

 

著者・SPECIAL THANKS

f:id:maki_a:20171025165348j:plain

Maki

福岡九州の編集プロダクション・シーアール所属。

フリーペーパー営業、旅行雑誌編集部を経て、 現在は編集プロダクションに所属。 気になる飲み屋があれば、一人でもふらりと入ってしまうほどお酒が大好き。 今では同世代から親世代まで、幅広い飲み友達をもつ。 

                             
ページ上部へ戻る