湘南でしか食べられない幻(?)のブランド牛「ちがさき牛」を使った最高なグルメ丼を味わってきたぞ【フミコフミオの夫婦前菜 部長篇 第51回】

人気連載「フミコフミオの夫婦前菜」です。今回は「ちがさき牛」を食べるために、地元・茅ヶ崎の「フィーカルーム」(神奈川県茅ヶ崎市堤73-5 ハウスT&T2)さんを訪れました。ちがさき牛以外にも、高座豚、地元産の野菜といった、ここでしか食べられない食材がたくさん味わえるお店です。ランチタイムに入店し、注文したのは「ちがさき牛と地野菜のグリル丼」という肉好きにはたまらない一品。湘南が誇るブランド牛の美味しさをとことん味わいました。 (那珂・東海村のグルメランチ

湘南でしか食べられない幻(?)のブランド牛「ちがさき牛」を使った最高なグルメ丼を味わってきたぞ【フミコフミオの夫婦前菜 部長篇 第51回】

f:id:Delete_All:20190328154656j:plain

 

「ちがさき牛」というブランド牛をご存知だろうか。と偉そうな書き出しをしておきながら、実は、僕が「ちがさき牛」を知ったのはここ最近のことである。ものすごく美味しいらしいが、出回っている数が控え目なので、控えめに生きている僕のライフスタイルと交差しなかったのだろう。最近、ちがさき牛を食べたいという欲求を抑えられなくなっていきている。ただ、問題がひとつあった。

この原稿は3月つまり年度末に書いているのだが、サラリーマンとして年度末進行でドタバタしているため、「ちがさき牛」のもとに馳せ参じる時間をどうしてもつくれないのだ。。ぐるなび編集部に、今月ちと無理そうですと、泣きを入れようとしたら、「〆切までにはお願いしますね」とシャットアウトされてしまった。彼らは、本当に血の流れている会社員なのだろうか。にわかには信じがたい。

本日ご紹介するお店は、茅ヶ崎にある「フィーカルーム」さんである。ちがさき牛や高座豚、地元産の野菜といった、ここでしか取れない食材を味わえる素敵なお店である。私事で申し訳ないが今回も残念ながら妻は同行していない。重度の花粉症のため、外出を控えているのだ。「花粉症の季節が終わってからの取材でもいいですか?」とぐるなび編集部には訴えたのだが、〆切を理由に、却下された。つまり、全部ぐるなびのせい。

f:id:Delete_All:20190328155036j:plain

▲うさぎ専門店だと…?

グーグルマップを見ながらお店の看板を目印に場所を探してみたが、見つからなかった。地図が指し示す場所には「うさぎ専門店」があった。これが巷で話題のグーグルの劣化というやつか…うさぎを愛でて帰ろうかな、うさぎ専門ってガチのうさぎ、ラビットなのかな?バニーちゃんなのかな?などと呆けて諦めかけていたところで、となりに怪しげな看板のお店を発見。

f:id:Delete_All:20190328155053j:plain

▲まるで亡霊のようだwせんごく?

よく見ると、店名の文字が外されている。で、よくよく観察すると、目的のお店「フィーカルーム」さんであった。前のお店の残像が残りすぎており、わからなかったのだ。

f:id:Delete_All:20190328154930j:plain

▲控えめな外観が好印象。せんごくの残像が強すぎる。

f:id:Delete_All:20190328154913j:plain

▲店名を確認!控えめすぎるだろ…。

ランチタイムに入店。ちがさき牛を求めて、ステーキに後ろ髪をひかれつつ、「ちがさき牛と地野菜のグリル丼」(1,400円)をチョイス。おこづかいをもらったばかりだったのでアイスコーヒー(200円)も付けちゃった。

f:id:Delete_All:20190328154446j:plain

▲ちがさき牛と地野菜のグリル丼どーん!

ちがさき牛は柔らかくて、ジューシーであった。はじめて食べたよ、このお肉。最近、加齢にともなって噛みきる力が減退しているが、まったく問題なく噛みきることができた。

f:id:Delete_All:20190328154634j:plain

 ▲口の中で溶ける牛肉。ソースがかかっているのでこのままでも美味しい。

f:id:Delete_All:20190328154820j:plain

▲野菜もたっぷりである。

野菜もいろいろな種類がはいっていて嬉しい。野菜はどれも甘みがあって、食感が違って楽しい。お肉と一緒に食べるのもありだけど、野菜自身が美味しいので交互に食べたほうがいいと感じた。

f:id:Delete_All:20190328154625j:plain

▲野菜を味わいつくす!

f:id:Delete_All:20190328154756j:plain

▲お肉をタレ漬けの刑に処している図。

お肉もそのまま食べたり、タレにつけて食べたり、薬味と食べたり、いろいろな攻め方が出来て大変よろしかった。ステーキも食べたかったなあー。

f:id:Delete_All:20190328154536j:plain

▲「ちがさき牛ステーキ」という名の誘惑。次こそは。

ナイショで美味しいお肉を食べたことが妻にバレたら地獄の黙示録になるので、帰りの途上、ジャスミンティーと口臭予防ガムで証拠を隠滅するのを忘れない僕。はじめてのちがさき牛は、柔かくて食べやすい絶品のブランド牛であった。みなさんも機会があったら、ぜひ一度、湘南のブランド牛「ちがさき牛」を味わってみてくださいね!

f:id:Delete_All:20190328154459j:plain

神奈川県産をアッピールしておりました!

f:id:Delete_All:20190328154615j:plain

▲ギルティなお肉の図

今回のお店 

r.gnavi.co.jp

書いてる中間管理職

フミコフミオ

海辺の町でロックンロールを叫ぶ不惑の会社員です(再就職しました)。90年代末からWeb日記で恥を綴り続けて15年、現在の主戦場ははてなブログ。最近は諸行無常を嘆く日々。更新はおっさんの不整脈並みに不定期。でも、それがロックってもんだろう?ピース!

ブログ「Everything you've ever Dreamed」:http://delete-all.hatenablog.com/

ツイッター:https://twitter.com/Delete_All

 

                             
ページ上部へ戻る