肉&寿司を食べまくって2,980円!タッチパネル注文の「MKレストラン」は1人食べ放題でも全然恥ずかしくないゾ

1人で食べ放題に行くのは少しハードルが高いと思われるかもしれませんが、一度体験するとヤミツキになってしまうそうです。1人食べ放題にピッタリなのが池袋や新宿、渋谷、御徒町などに店舗がある「MKレストラン」。しゃぶしゃぶ、飲茶、寿司が食べ放題になるお店です。食べ放題のコースは全部で4つあり、一番上のコースでも2980円とお安い価格設定になっています。飲み放題もセットで付けられます。ランチでもディナーでも利用できるので、1人でも複数名でも気軽に食べ放題を楽しめるお店です。(池袋のグルメランチ

肉&寿司を食べまくって2,980円!タッチパネル注文の「MKレストラン」は1人食べ放題でも全然恥ずかしくないゾ

f:id:g-gourmedia:20170718143401j:plain

こんにちは。食べ放題大好きのイラストレーター深蔵です。

ダイエット中の身ではありますが、何をどれだけ食べても、決まった料金以上はかからない食べ放題って、まさにパラダイスですよね。

ところで、1人食べ放題ができたら最高だなって思いませんか?

1人で食べ放題行くのはちょっとハードルが高い……と思われがちですが、一度体験するとその気軽さにヤミツキになってしまうのです。

というわけで、今回は1人食べ放題に超絶オススメのお店を紹介します。

f:id:tin:20170626143859j:plain

その名も「MKレストラン」。詳しくは後述しますが、こちらのお店はしゃぶしゃぶ・飲茶・寿司が食べ放題……!そして、ぼっち食べ放題にありがたすぎる環境なのです。

5月に渋谷井の頭通り店がオープンし、関東は新宿御徒町池袋渋谷の4店舗となりました。今回は池袋東口店にお邪魔してきましたよ。

 

「1人食べ放題」にMKレストランが最適な理由

さて、ではMKレストランが1人食べ放題(特にデビュー戦)に最適な理由を解説していきましょう。

理由その1:ランチメニューは食べ放題とそれ以外がある

f:id:tin:20170626144010j:plain

取材はあえてランチタイムを外して行きましたが、ランチには食べ放題メニューと食べ放題ではない「しゃぶしゃぶランチ」「飲茶ランチ」があります。

そう、普通のランチもあるため、1人で食べ放題に来ていると気づかれにくいのです!

f:id:tin:20170705144845j:plain

周りの人は自分のことなんて気にしてないってわかってるのに、「あのデブ1人で食べ放題来るとか必死かよw」って声が聞こえてきちゃう人(筆者)にも安心です。

 

理由その2:注文がタッチパネル

f:id:tin:20170626144208j:plain

MKレストランの注文は全てタッチパネルで行います。

店員さんを呼んでコレとアレとソレと……と頼むと「このデブどんだけ食うんだよ、だからデブるんだよ」と思われていないかドキドキしてしまう人(筆者)も、タッチパネルなら安心……!オーダー時に店員さんから蔑んだ目で見られません(だいぶ被害妄想なんだけど)。

 

理由その3:1人前の量が少なめ

f:id:tin:20170626144255j:plain

お肉は一人前40g、サイドメニューは1個から注文可能です。オーダー制の食べ放題だと、複数人で行ってシェアしないとたくさんの種類を食べられないことも多くありますが、MKレストランは安心の1皿少量盛りなのです。飲茶も1個から注文できてしまいます。デブ(筆者)でも流石に胃袋に限界がありますが、これなら安心していろいろ注文できます。

もはや1人食べ放題のためにある?と聞きたくなるような素晴らしきシステム!これはもう行かない理由なんてないですよね?

 

食べ放題は全部で4コース

というわけで、いよいよコースのご紹介です。

f:id:tin:20170626144010j:plain

MKレストランの食べ放題コースは以下の4コース。

・しゃぶしゃぶのみ(2180円)
・しゃぶしゃぶ+飲茶(2580円)
・しゃぶしゃぶ+寿司(2580円)
・しゃぶしゃぶ+寿司+飲茶(2980円)

ランチタイムはこれに「飲茶のみ食べ放題」というコースが追加されます(価格もランチタイムの方が少しお得になっています)。

※一部店舗ではメニューが異なります。

ちなみに、「ソフトドリンク飲み放題」(+280円)と「アルコール飲み放題」(+1480円)も選べます。今回は贅沢に「しゃぶしゃぶ+寿司+飲茶」のコースと「ソフトドリンク飲み放題」にしてみました。

コースが決まれば、次はしゃぶしゃぶのスープを選択します。数人で行った場合はここで「どれにする~?」という会話が始まりますが、1人だとどれを選んでも自由!!!

 

f:id:tin:20170705144838j:plain

多数決で敗れ、「あっちのスープのほうが良かった……」と落ち込むこともなし! 

f:id:tin:20170626144335j:plain

「オリジナルスープ」(写真左)と「チゲスープ(3辛)」(写真右)にしました。辛いのが苦手な人がいるとチゲスープを頼むのは遠慮しますよね。しかし、何度も言いますが今日は1人!そんな気をつかわなくても大丈夫!!!最高だ~~~!

食べ放題のコースとスープの種類を店員さんに伝えたら、後はタッチパネルで追加注文していけばOK。ここまできたら、後は心ゆくまで食べ放題を楽しめます!

f:id:tin:20170626144351j:plain

最初にしゃぶしゃぶ用の盛り合わせが運ばれてきますが、1人前で量は控えめ。これなら追加をじゃんじゃん頼める……!うれしいですね。

f:id:tin:20170705144910j:plain

メニューがめちゃくちゃ豊富(詳細は記事末尾にて!)なので、あれもこれも頼みたくなっちゃいます。

誰にも気を使わずに食べまくれるし、注文するときに「これ食べる人ー?」とかいちいち確認しなくても大丈夫。だって1人だから!いやほんと、素晴らしすぎませんか?

 

誰にも気をつかわずに、好きなものを好きなだけ食べていい幸せ

f:id:tin:20170626144648j:plain

さぁ宴のスタートです!!

これぜ~んぶボクだけのもの!! と思うと多幸感がハンパじゃありません。

f:id:tin:20170705144918j:plain

ふふふ、胸が高鳴りますね……!

f:id:tin:20170626144710j:plain

まずはオリジナルスープのお肉を…

f:id:tin:20170626144722j:plain

ポン酢につけて……

f:id:tin:20170705144927j:plain

あっさりしてて、いくらでも食べれちゃいそう。しゃぶしゃぶ神だろ。

MKレストランではしゃぶしゃぶ用のタレとして数種類のタレが用意されています。

f:id:tin:20170626144744j:plain

ポン酢とごまだれに加えてMKオリジナルのMKソース、そして和風たれと梅塩があるのです。

迷うところですが、一番のオススメはMKソース。少し辛めの濃厚なタレで、これまた美味しいんです。ちなみに、このMKソースのレシピを知るのは世の中に3人だけらしいですよ。まさに秘伝のソース!!!

しかも、このMKソースはブレンドしても美味しいのです。たとえば……

・MKソース+ごまだれ=辛さがまろやかになって美味しい!
・MKソース+ポン酢=辛味とさっぱりとした酸味でいくらでもお肉が進む!!
・MKソース+にんにく=アジアン風になって野菜が旨い!!!
・極めつけは鍋で軽く茹でて半熟状にした玉子をMKソースと絡めて食べる!これがマイルドでまた旨い!

スープの種類と合わせたらまさに無限大の組み合わせです。たまりません。

f:id:tin:20170626144757j:plain

3辛のチゲスープもいただいてみましょう。か、辛いけど辛さのなかに旨みが広がる……! 

f:id:tin:20170705145901j:plain

どんなペースで食べても、何から食べても、2種類のスープに何の具材を入れようと、すべて自由!なぜなら1人だから!!!楽しい。 

f:id:tin:20170626144911j:plain

チゲスープが思いのほか辛かったので、あんまんで口の中のしびれを緩和させる作戦。
こんなふうに食事の途中にあんまんを挟んでも、誰にも何も言われない幸せったら。

f:id:tin:20170705145911j:plain

優しい甘さで、口の中がリセットされます。甘辛ループって本当に永遠に食べ続けられますよね。小さめサイズなので「あんまん美味しいから後でまた食べよう」などとお試し感覚で食べられる。

 

しゃぶしゃぶもいいけど寿司と飲茶もね!

f:id:tin:20170626144930j:plain

ここらでお寿司いただきましょう!あんまんの後に寿司?と各方面から怒られそうですが、まあ良いではないですか!

食べ放題お寿司にはなんとイクラも!プチプチっとした食感、そしてイクラの甘みと旨み……食べ放題のお寿司とあなどるなかれ、ついつい注文しまくってしまう美味しさです。タコもエビもタマゴもどんどんいただいちゃおうっと。

飲茶も注文しましょう。1個ずつ頼めるのに、蒸したてを運んでくれるのがうれしい!プリップリのつやっつやですよ。

f:id:tin:20170626144957j:plain

f:id:tin:20170626145012j:plain

 

しゃぶしゃぶの具材も少量盛りなのが◎

けっこうたくさん食べてきましたが、もう少し食べたいなぁ~と思ったら追加注文!本当に食べきりサイズなので、気軽に注文できます。ありがたい。 

f:id:tin:20170626145100j:plain

豚肉スライス・豚バラスライス、鶏ミンチを1人前ずつ注文したのが上の写真。お肉の1人前はだいたいこれくらいで、お肉は3~4枚くらいです。ね、言ったでしょ、「あとちょっとだけ」という想いにみごとに応えてくれているんですよ……!

f:id:tin:20170626145126j:plain

野菜も少し追加。ウィンナーも1本から注文できます。

f:id:tin:20170626145131j:plain

うずらの卵もネギも1個からOK。

f:id:tin:20170626145142j:plain

あれもこれも欲張って問題なし。ここは天国か。

f:id:tin:20170626145154j:plain

シメも種類豊富です。今回はチゲスープにうどんを入れて、チゲうどんにしてみました。

f:id:tin:20170705145930j:plain

うどんがもちもちしてて食べごたえ抜群です。うどんは「1人前1玉」なのでお腹いっぱいの状態だと少し多く感じるかも。そのへんは注意が必要です。

 

最後にはもちろんデザート

f:id:tin:20170626145221j:plain

一通り食べまくりましたが、デザートもありますよ。あんまんも良かったのですが、せっかくなのでゴマ団子をいただきました。

f:id:tin:20170705145941j:plain

ジャスミン茶ともっちもちのゴマ団子で一服すると、もはや食べ放題ではなく中華カフェ気分です。  

 

メニューが本当に豊富すぎて悩ましい

さて、最後になりましたが、豊富すぎるメニューを一部お見せしちゃいます。

f:id:tin:20170626144403j:plain

お肉の種類は豚肉と牛肉、鶏肉とたくさん。鶏ミンチもあるのが良いですよね~。

f:id:tin:20170626144416j:plain

f:id:tin:20170626144426j:plain

野菜は1人前がだいたい20g。ネギやベビーコーンは1本から注文できます。

f:id:tin:20170626144444j:plain

しゃぶしゃぶの具材は、お肉や野菜以外に餃子やウインナーなども。これらもすべて1個から注文OK。

f:id:tin:20170626144457j:plain

シメにはご飯やうどん、春雨、フォーなんかもあります。リゾットセットや雑炊セットもあって、いろいろ楽しめるのが素晴らしい。

と、ここまではしゃぶしゃぶ食べ放題のみで楽しめるメニューです。これだけでも充分パラダイスなのですが、飲茶とお寿司もつけると以下のようなものも食べられます。 

f:id:tin:20170626144510j:plain

f:id:tin:20170626144518j:plain

f:id:tin:20170626144527j:plain

飲茶は餃子や焼売、小籠包など定番メニューから、デザート系もバランス良く揃っています。飲茶食べ放題のコースだと、フライドポテトやコロッケまでも頼めちゃいます。

続いてお寿司

f:id:tin:20170626144607j:plain

f:id:tin:20170626144617j:plain

寿司屋さんほど種類は多くありませんが、基本はだいぶ押さえられていると思いません?むしろ個人的には「こんなに選べるのか」と驚きました。2貫じゃなくて1貫から注文できるのもうれしい配慮です。

f:id:tin:20170705145949j:plain

ここまで散々エラそうに言っておいて何ですが、実は筆者も今回が1人食べ放題デビューでした。そしてハマってしまいそうです。

1人で食べ放題、最初はアレコレ考えるものの、いざ入店してしまうと本当に何も気にならなくなります。ていうか、控えめにいって最高です。誰も自分のことなんて見ていないし、まさに自由。ぜひぜひ誰にでも1人食べ放題トライしてほしいです!

 

紹介したお店

 

プロフィール 

f:id:tin:20160726231820j:plain

イラストレーター深蔵  @fukazou
元製パンメーカー社員のイラストレーター。
食べることが大好きでフードコーディネーターの資格を取得。
日々美味しいものを探し求める日々を送っている。

twitter:@fukazou
URL:http://fukazone.com

                             
ページ上部へ戻る