松木安太郎の解説はなぜ大声なのか……サッカー冬の時代を生き抜いた男の反骨心

今回は解説者・指導者として日本で知らない人はいない松木安太郎氏に登場していただきました。普段テレビでは話す機会のないサッカー冬の時代の記憶や、独特な解説の裏にある狙い、ヴェルディ監督時代のエピソードなど盛りだくさんの内容です。また、松木氏はご実家がウナギ屋さんということで、ウナギへのただならぬこだわりやトリビアについても披露していただきました。 (人形町・小伝馬町のグルメランチ

松木安太郎の解説はなぜ大声なのか……サッカー冬の時代を生き抜いた男の反骨心

f:id:g-gourmedia:20170216113305j:plainあれは2011年だったと思う。

カタールで開催されたアジアカップで日本は奇跡の快進撃を続け、

ついに優勝に輝いた。

 

その大会で松木安太郎氏もブレイクした。

松木氏がテレビ放送の中で確固たる地位を築いたのだ。

それまで松木氏のテレビ解説に寄せられる声はひどかった。

 

一番多かったのは「解説になっていない」というものではなかっただろうか。

確かに松木氏は細かい戦術を解説するよりも

感情的にも聞こえる台詞を大声でマイクにぶつけている。

 

だがカタールの大会の際に気付いた人たちがいた。

自分たちがテレビを見て声に出していることを松木氏が語っているのだと。

松木氏の解説は自分たちの声の代弁なのだと。

 

まるでドラマを見ながらTwitterでつぶやいているように、

テレビの音声に自分たちの素直な気持ちが反映されている。

その声の持ち主が松木氏だった。

 

松木氏がそんな評価を受け始めた一方で、

違和感を感じた人もいたのではないか。

なぜなら本来の松木氏の持ち味は違っていたからだ。

 

現役時代は闘志を前面に出したプレー。

日本代表としては期待されながら惨敗したロサンゼルス五輪予選、

決勝で負けたメキシコワールドカップ予選も経験した。

 

そして少人数で会ったときには

一つひとつのプレーの細かい機微や、

戦術上の狙いや問題点などを詳しく教えてくれていたのだ。

 

決して明るく脳天気に話すだけの人物ではない。

日本サッカーの悲哀を経験してきた。

そのため日本サッカーを発展させたいという気持ちは強い。

 

だからこそ高く構えているのではなく、

ピッチとテレビの前を繋ごうとしてくれている。

そんな人物にあえて自分の苦しかった時期を聞いてみた。

 

なかなか認められず「日本代表にまだ呼ばれないのか」

僕は中学3年生まではGKで、そこからDFになったんですよ。小学校のときはずっとGKだったんです。それでベスト11に選ばれたりしていました。ただ当時はGKといっても、競技人口が少なかったから、GKの練習だけをするわけじゃなかった。ミックスの年代でやっている時代です。だからそのあとDFに転向してもやっていけたんですよ。

 

自分のサッカー人生の中で辛かったのは日本代表に行くまでかなぁ。辛いというか、「まだ呼ばれないのか」ってずっと思っていましたね。読売クラブでは16歳、17歳で試合に出ていて、18歳のときはレギュラーでフル出場していたし。21歳のときからは優勝戦線も絡んでましたからね。それで代表にやっと入れたのが26歳。森孝慈監督(故人)になってからだから。

 

代表に入れなかったときは、「じゃあ自分は読売クラブで勝つしかないな」と。勝って認めさせるというか。負けず嫌いで激しかった性格も、全面に出してたから、それも敬遠されていた要因だったかもしれない。僕のことを、文句を言うヤツだ、みたいな感じで思ってたのかもしれない。今だったら当たり前なんですけどね。

 

今でも日本人選手はそういうぶつかり合いが足りないという外国人監督が言いますよね。昔、モノを言ってはいけないような時代があったからじゃないかな。監督の言うことに大人しく従えるかどうが、いい選手の評価とそうじゃない選手の評価につながるような時代だったことが、日本のサッカーにブレーキをかけてたんじゃないかなと。

 

その時代に読売クラブはヨーロッパや南米の選手はこうやって戦ってるというのを真っ向からやってたけど、なかなか認められなかった。チームとしても、選手としても、その時期が辛かったかなと思いますね。

 

選手は評価されないと荒みますよね。評価されてこそ成長出来る。実績が人を変えると思いますよ。実績を作るまで我慢できるかどうか。いい選手になるには、そういう面もあるでしょうね。ギラギラしたところを持ってる選手が必要なんですよ。

 

 

B代表から日本代表へ……「ナニクソ」という反骨心

そのうち、1982年ぐらいから日本B代表には呼ばれるようになりました。B代表、日本リーグ選抜という名前でね。そのB代表で中国での大会やマレーシアの大会に出たんです。そこに呼ばれるようになってからは頑張ろうという気になりました。やっと認められるようになって。

 

B代表の監督は上田亮三郎先生で、すごく自由にやらせてもらいましたよ。僕は23歳、24歳ぐらいでね。年齢が上だったからキャプテンをやることにもなって。そのチームには高校3年生で早稲田大学への進学が決まっていた大榎克己がいた。そのとき僕は中盤をやってたから、大榎と組んでたんだけど「若くてうまいなぁ」なんて思いながらプレーしてました。大榎はいいところでポーンと点取るタイプで、「これで高3かよ~」って。

 

他にもいいメンバーが揃ってた。草木克洋とか谷中治とか、名取篤とか辻谷浩幸とか水沼貴史とか。みんなうまいんだけど一癖も二癖もあるような選手ばっかり。そんなメンバーがみんな一つになってたし、戦う、戦う(笑)。マレーシアの大会ではブラジルからアメリカーノというプロのチームが出てて、乱闘騒ぎになったんだけど試合は勝ったりしてね。結局大会で3位に入りましたよ。

 

そうこうしてると、水沼と僕は一緒にA代表に選ばれた。A代表チームで初めて試合に出たのは1984年のブルネイ遠征で、国際Aマッチのデビューは1984年4月15日のロサンゼルス五輪最終予選のタイ戦。

 

これがほろ苦い試合でね。相手のエースのピアポンにハットトリックを決められて大敗したんですよ。ピアポンをマークしていた選手は試合が終わった後、自分の部屋から出てきませんでしたね。それで僕が缶ビール持って「おい、出てこいよ」と言いに行ったのを覚えてます。

 

そのタイ戦は、試合の直前に僕が出ることになったんですよ。前日まで控え組だったんだけど、レギュラーの選手が急に体調不良になっちゃって。だから当日、急に先発になって、それが初めての国際Aマッチでした。

 

タイ戦では僕と都並敏史の両SBが最初のうち、ほとんど上がらなかったんです。2人とも攻撃的なタイプだったけど。でも失点をして攻撃参加するようになったら、そっちのほうがよかったってあとで言われてね。

 

結局試合に負けたんですけど、そうすると次からレギュラーの選手が戻って出番がなくなった。一度も練習でやってなくて、いきなり試合に出てマイナス評価されて、そりゃあんまりだろうと今では思いますけどね。

 

代表に入った当初は、やっぱりなかなか自分がレギュラーを取れなかった。練習もきつかったし、環境もあまり整っていなくてね。年齢的には中堅に差し掛かってから代表に入りましたから、若い連中に負けないように、「ナニクソ」と思ってやってました。それは辛かったかな……いや、辛いという気持ちはあまりなかったんですけど、練習は辛かった(笑)。読売クラブは日本代表のやり方と合わないという時代もあったくらいですから。でもそれから先、木村和司とか水沼とかがプレーするようになって、やっと考え方が似ている選手がきたと思いました。

 

韓国に連敗……W杯の夢は破れた

結局、ロス五輪には出られなかった。だけど、メキシコワールドカップ予選では、最後に韓国との一騎打ちになって、ホーム&アウェイで勝ったほうが出られるというところまで行きました。それまで日本代表は調子がよかったし、すごくいい雰囲気だった。

 

その第1戦、1985年10月26日の国立競技場で、2点先制されてしまった。やっぱり自分たちのミスだったよね。今で言うラインコントロールの部分。2失点とも、センターバックがサイドバックと同じラインまで上がったときにミスが出てしまった。

 

あの時、僕は金鋳城(キム・ジュソン)をマークしてた。当時19歳で生きのいい韓国の選手で。結局その後ワールドカップに3回出ましたね。だけど、僕は絶対目の前にいるヤツに仕事させないと誓ってた。

 

当時はほぼマンツーマンに近い戦術だったから、僕は目の前にいる選手に仕事をさせないということだけを考えてました。金鋳城(キム・ジュソン)はいい選手だったし、韓国のサイド攻撃は強烈だったけど、あんまりやられなくて済んだと思いますよ。ガンガン走ってずっと競争みたいになってたけど、絶対前に行かせないという気持ちでディフェンスをしてた。で、実際に金鋳城(キム・ジュソン)が得点には絡まないで助かったんだけど。

 

第2戦では、その金鋳城(キム・ジュソン)を外して大型の選手を使うだろうという予想があったからだと思うんだけど、僕は2戦目に出られなかった。こっちも大型のDFを入れようということになったから。でも、僕は監督の起用については何の文句もなかった。そして前日まで、いつ自分の出番が来てもいいように、ちゃんと準備したのを憶えてますね。

 

結局第2戦も負けて、ワールドカップの本大会には手が届かなかった。終わった後、みんな暗かったよね。夢破れて、みんな涙していた。そういう試合でしたよね。オカちゃん(岡田武史)とかみんなで一緒に。

 

僕は試合に出られない悔しさもあったから「やっぱりダメだったか」と思ってた。確かCKからのヘディングで、「なんだ、高さ関係ないじゃん」と思ったんだよね。僕だったら相手にヘディングさせなかったとか、自分のいいように考えてしまう。プライドを持ってやってたからね。2011年に亡くなった森さんに、僕が死んであの世で会ったら言おうと思ってますよ。「森さん、僕を使ってたら勝ってたかもしれないよ」ってね(笑)。

 

……あのとき、あの試合で人生が変わる選手が半分いて、残りは変わらない選手だった。僕は人生変わると思ったからね。すべて賭けた。試合に出れても出られなくても、とにかく自分の出来ることを全部やろうと思って。最後まで。あの一戦に賭けていた。

 

韓国はいろんな選手がいたんだけど、全員プロだった。そのへんは韓国の思いと落差があったのかな……。絶対に負けられないというチームが韓国だった。何が何でもという思いは日本もみんな持ってたけど、たぶんどこかで韓国の選手の思いのほうが強かった。それは生き方の違いで。結局、僅差のときは何が勝負を分けるかというと、そこしかない。そこがあの時代の、あの試合で勝敗を左右したのかなって思っているんですけどね……。

 

 

35歳でヴェルディの監督に

Jリーグ始まったときに僕はヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)の監督で、当時は35歳でね。今やっとその年齢で監督するのが、どれくらい大変かわかるようになったと思うよ。今考えると初年度のヴェルディは、今のどんなチーム運営よりも難しかったと思いますよ。いろいろな個性と新しい世界の戦いでしたよね。

 

練習をクローズなんて出来る環境じゃないし、記者も入り浸ってるし、なんでもオッケーという世界だった。それで勝たなきゃ、すぐ「辞めるのか」という話でね。

 

だから代表の監督とか見てても恵まれているなと思いますからね。周りもしっかりカバーしてくれている。まぁ僕らのときもカバーしてくれたけど、その限度がありましたからね。

 

それに今だから言えるけど、あの当時は外国籍選手にかけられるお金が少なかったんですよ。今考えてもものすごく低い。他の選手と比べたら、とても口に出せない金額ですよ。だけど、これから先はどんどん外国の有望な選手を若いうちに見つけて、育てて売らなきゃいけないと思ってた。

 

すると、テストプレーヤーとして南アフリカのネイションズカップで優勝した南アフリカから、18歳のマーク・フィッシュがやって来たんですよ。ストッパーで、その後イタリアやイングランドでプレーしたりした名選手。南アフリカチームで62試合プレーしたし、長いことキャプテンを務めた英雄ですよ。南アフリカワールドカップのときは何度もテレビカメラに映されてたくらい。

 

確かにいい選手だし、年俸も800万円でいいって言うし、移籍金もかからなかった。ところがヴェルディがノーと言って契約してくれない。当時は「年俸が高ければいい選手」という評価の仕方をしていた時代だから、嫌な思いをしたというかね。今はそういうことを出来ないクラブは財政的に厳しいよね。

 

あのころはいろんな批判材料があったけど、いろんな新しい作業を試みて、チャレンジもした。だけどなかなか周りが動かない時代でしたね。そんな中で何とか勝てたというのは、これはやっぱり、そこに関わっていた選手、フロントの力ですよ。

 

f:id:g-gourmedia:20170216113359j:plain

中途半端な解説はしない…テレ朝会長に「世の中が松木に追いついた」と言われた

解説者をしていても何かと批判はありますよ。でも、あるときテレビ朝日の早河洋会長から、「いやぁ、世の中が松木に追いついた」と言ってもらってね。そういう表現をしてくれたときはうれしかったね。今でも忘れられないですよ。

 

テレビは短い言葉で表現しなきゃいけない。だから戦術を伝えようとすると中途半端になっちゃう。そして中途半端な説明じゃ、視聴者はわからなくなるんですよ。となると、サッカーがエンタテインメントということを優先して考えて話さなきゃいけない。

 

ただね、戦術論はずっと考えていましたよ。ヴェルディ川崎のころは「3バック」というとみんな守備的だと拒否反応がある時代でね。だから言葉にしないで3バックにした試合もありました。選手を騙してるわけじゃないけど、選手の起用法で3バックをやってることもあった。

 

当時、清水エスパルスの監督だったエメルソン・レオンなんて、こちらのフォーメーションが「どうにもわからなくなった」と言うこともあったし。相手の監督もこちらのシステムを読み切れなかったから、その間に逆転して勝ったというのがたくさんあって。

 

参考にしたのは1990年と1994年のワールドカップ。それぞれ西ドイツ(当時)とブラジルが優勝したんだけど、そのままは取り入れられなかった。西ドイツは今で言うフォアリベロを置いて4バックと5バックを入り乱れてやってた、ギド・ブッフバルト、ローター・マテウス、アンドレアス・ブレーメがいるから出来るというチーム戦術だった。1994年のパレイラは、守備的だとブラジル国内からバッシングを受けていたけど、でもうまくいった。

 

結局11人の選手をどううまく使うかということなんですよ。1チーム11人というのは昔から変わってない。それでも流行というのはあって、そのベースが出来上がるのが一つのワールドカップの優勝なワケですね。

 

今の流行は、3トップ気味のやり方で、それに3バック、4バック、中盤の形をどうするかということで変化を付けていく。中盤にはバランサーだなんだかんだっていろんな言葉使うけど、結局配置による仕事の量をどうするかということなんです。

 

今大切なのは、最初にマッチアップしたところからどんどんシステムを変化させる相手にどう対応していくかということ。どれだけ早くミスマッチを解消するかというためには、相手のどんな変化にも素早く対応できる運動量が肝になっている。

 

だから原口元気だったり久保裕也だったり、そういう運動量のある選手が前線から中盤に必要だということになるんです。ただ、気をつけなければいけないのは今Jリーグのほとんどのチームが、目標とする海外のチームと同じようにやりたいと思っても、結局はなかなかうまく行かない。それって、今チームにいる選手をどう生かすかということを考えないとダメってことでね。

 

代表チームはこの選手を使いたいからこういうシステム、こういうシステムを使いたいからこういう選手って考えることができる。ところがクラブチームはそれが出来ないから、そこをどうやって料理するかというところが、監督としての腕になってくるんですよ。

 

ヨーロッパなんか見てると、全員で守備をするようなチームもあって、上位チームを苦しめるとかね、そういうところが面白いんだから。そういうリーグが戦術的に面白いでしょ?

 

 

実家はウナギ屋さん……関東風と関西風どちらも好き

うちの実家は明治2年創業のウナギ屋「近三」と言って、まぁ老舗と言えるのかどうかわかんないですけど、古くからやってます。

 

ウナギには関東風と関西風があって、ウナギを最初に焼いて、それを蒸すのが関東風。関西は蒸さないんです。焼いて食べる。蒸すと柔らかくなる。ただ、関西風は皮のパリパリ感、香ばしさが出てくるんです。それから関西風は腹開き、関東風は背開きという違いもあるんですよ。だから関西風と関東風では開いたときの皮の色が違う。白と黒、黒と白という風に違うんです。

 

ウナギが嫌いな人は、固いとか、匂うという理由から嫌になっちゃうのかな。皮に歯ごたえがありすぎるとか。ちょっと臭いが生臭いと感じちゃうとか。それから小骨がイヤと言うのも聞きますね。そういう人たちはいいウナギ屋でもう一度試してみてほしいな。

 

いいウナギ屋って、やっぱり品質のいいウナギを使ってるし、手間を掛けてる。ウナギの臭いは脂についていて、生臭さは油と一緒に出てくるんです。その油からどうやって臭いをウナギに付けさせないかという工夫や手間も必要なんですよ。皮が固すぎるというのは焼き方の問題ですね。小骨は下ごしらえで一手間掛けるんです。小骨があるところに包丁を細かく入れておくと、骨が細かくなって、蒸すと柔らかくなって刺さらない。

 

あとはタレの種類。ただ、ウナギの味のポイントはタレだけじゃないですよ。もちろん、いろんなお店のタレの味がありますけど、でもやっぱり元々のウナギの品質。ウナギの大きさ、品質っていうものが一番ベースです。あとは捌き方、料理の仕方、手間。それはなんでも一緒ですよね。

 

僕は関東風も関西風も大好きなんです。毎日でも食べられる。だから僕はどっちのタイプも食べられるウナギ屋さんがどこかにないかなと探してるんですけどね。そうしたら一人前ずつ頼んで両方楽しみたいから。だけどまだお目にかかってない。「ぐるなび」を見た方に関東風、関西風を一緒に食べられるところを教えてもらいたいですね。情報、待ってますね!

 

r.gnavi.co.jp

協力:ロイヤルパークホテル水天宮

www.rph.co.jp

 

 

松木安太郎 プロフィール

f:id:g-gourmedia:20170216113439j:plain小学生時代から読売クラブ一筋で、高校生でトップチームに昇格、リーグ戦出場も果たす。1984年には日本代表に選出されW杯予選を戦ったが、敗退した。

1990年に現役引退し、指導者の道へ。1993年からはヴェルディ川崎を率い2年連続で優勝。

テレビ中継の解説者としても活躍し、バラエティ番組など様々なテレビ番組に出演している。


東京都出身、1957年生まれ。

 

 

 

 

取材・文:森雅史(もり・まさふみ)

f:id:g-gourmedia:20150729190216j:plain

佐賀県有田町生まれ、久留米大学附設高校、上智大学出身。多くのサッカー誌編集に関わり、2009年本格的に独立。日本代表の取材で海外に毎年飛んでおり、2011年にはフリーランスのジャーナリストとしては1人だけ朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の日本戦取材を許された。Jリーグ公認の登録フリーランス記者、日本サッカー協会公認C級コーチライセンス保有、日本蹴球合同会社代表。

ブログ:http://morimasafumi.blog.jp/

                             
ページ上部へ戻る