【レシピ】冷えた揚げ物はめんつゆで味きめて卵でとじればたいてい旨いしごちそう感がハンパない

卵とじのどんぶりと言えばカツ丼や親子丼ですが、たいていの揚げ物でも卵とじの丼ものは美味しいですよ。めんつゆで味をきめればたいてい美味しいしごちそうに見えちゃいます。余った揚げ物やスーパーで買ってきた惣菜を使って少しでも食卓を充実させましょう。今回は、メンチカツ、ハムカツ、アジフライを卵でとじてみます!(有楽町のグルメ創作和食

【レシピ】冷えた揚げ物はめんつゆで味きめて卵でとじればたいてい旨いしごちそう感がハンパない

こんにちは!料理研究家の五十嵐ゆかりです。

 

揚げ物を卵でとじる代表的料理と言えばかつ丼ですが、他の揚げ物もめんつゆで味をきめて卵でとじればたいてい美味しいしごちそうに見えちゃいます。

余った揚げ物やスーパーで買ってきた惣菜を少しの材料を加えて卵とじ丼にするだけで、そのままレンジでチンしておかずにするより、充実した食卓になりますね。

今回は、メンチカツ、ハムカツ、アジフライを卵でとじてみましょうね。

  

1. スパイシーさがクセになる! ぺッパーガーリックのせメンチカツ丼

f:id:foodcreative:20170630174620j:plain

材料:1人分

  • メンチカツ…1個
  • 水…100ml
  • めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1
  • 卵…1〜2個
  • ごはん…丼1杯分
  • フライドガーリック…適量
  • 黒こしょう…適量

作り方

  1. メンチカツは食べやすい大きさに切る。 
  2. 鍋に水、めんつゆを入れて中火で煮立てたらメンチカツを加え、卵を溶いてまわしいれ、半熟状になったら蓋をしてそのまま30秒おく。
  3. 器にごはんを盛り、2.をかけてフライドガーリックを散らし、黒こしょうをふる。


フライドガーリックでにんにくの風味をプラスし、ブラックペッパーで味全体をひきしめた卵とじメンチカツ丼はがっつり系が好きな人にはたまらない味!ごはんが進む一品ですよ。お好みでごま油を仕上げにたらりと垂らすのもオススメ。

 

2. とろ〜りチーズが全体を包み込む ハムカツチーズ丼

f:id:foodcreative:20170630174623j:plain

材料:1人分

  • ハムカツ…2枚
  • 水…100ml
  • めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1
  • 卵…1個
  • ピザ用チーズ…30g
  • ごはん…丼1杯分

 

作り方

  1. ハムカツは食べやすい大きさに切る。
  2. 鍋に水、めんつゆを入れて中火で煮立てたらハムカツを加え、卵を溶いてまわしいれ、半熟状になったらピザ用チーズを散らして火を止め、蓋をしてそのまま30秒おく。 
  3. 器にごはんを盛り、2.をかける。

 

卵とじにチーズという一見邪道にも見えるこちらのレシピですが、ハムカツとチーズの相性は抜群!とろ〜りとろけたチーズが卵にも絡み、濃厚な味わいに。

 

3. 刻み大葉が爽やかに香る アジフライの卵とじ丼

f:id:foodcreative:20170630174633j:plain

材料

  • 大葉…5枚
  • 水…100ml
  • めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1
  • アジフライ…2枚分
  • 卵…1個
  • ごはん…丼1杯分

作り方

  1. 大葉は千切りして水に3分程さらし、水気を切る。
  2. 鍋に水、めんつゆを入れて中火で煮立てたら、大葉(2枚分)、アジフライを加え、卵を溶いてまわしいれ、半熟状になったら蓋をしてそのまま30秒おく。
  3. 器にごはんを盛り、2.をかけて残りの大葉(3枚)をのせる。


卵とじアジフライには、大葉を合わせるとさわやかさが加わり彩りもよくなります。
めんつゆを使った煮汁とアジフライの相性は抜群で、しっかりとお互いのおいしさを引き立たせてくれますよ。


余った揚げ物や冷めたお惣菜などを使って作る、卵とじアレンジレシピを紹介しました。
スーパーのお惣菜コーナーで購入できる揚げ物と冷蔵庫にあるもので作れるレシピなので、時間がないときやがっつり丼ぶりが食べたくなったときにぜひ作ってみませんか。

 

 

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/f/foodcreative/20170131/20170131113657.png

五十嵐ゆかり(管理栄養士・料理研究家)

1987年生まれ、千葉県出身。ゆるく気軽に取り入れられるグルテンフリーレシピや減塩でもおいしく作れる料理のコツなど、日々の暮らしに取り入れやすい健康レシピを提案している。美容や健康にうれしい要素を取り入れたレシピを得意とする。企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、講演、イベント出演、料理教室など、多方面で活動中。魅力発信☆むつざわ未来ラボの一員としての出身地の千葉県長生郡睦沢町のPR、PAKUTASOフリー素材モデルとして福岡県大刀洗町のPRに携わるなど、地域活性化活動にも取り組んでいる。

著書に「食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖」や「発酵いらずのちぎりパン」、「塩レモンでつくる基本のおかず」など。

 

ブログ:http://lineblog.me/igarashiyukari/
Twitter:https://twitter.com/igarashi_yukari
HP:http://foodcreativefactory.com/

                             
ページ上部へ戻る