読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごはんもカブもモリモリ進む!今が旬のカブはすりおろしてもチリソースに絡めてもふりかけにしてもメチャメチャ美味しい

冬が旬のカブの簡単で人気のレシピを紹介します!煮物にして良し、炒め物にして良し、サラダにして良しの冬のカブですが、本日はひき肉や豚肉を使わずに美味しい「ふりかけ」「カブチリ」そして「豚キムチとカブのあんかけうどん」を作ります!もちろん葉っぱまで使うので栄養も余すところなくいただけちゃいます。旬の美味しさをいただきましょう!(有楽町のグルメ創作和食

ごはんもカブもモリモリ進む!今が旬のカブはすりおろしてもチリソースに絡めてもふりかけにしてもメチャメチャ美味しい

和食 レシピ FCF

今が旬のカブ。まっ白なその身にはたっぷりと水分が含まれていて、生で食べればシャキシャキ、加熱すればトロンとなめらか。メインおかずからおつまみまで、幅広い料理に使えますね。

カブは加熱すると甘みが増すため、味付けの際に砂糖やみりんなどで甘みを加えるときは要注意!!入れすぎると甘ったるい味になって料理の味が台無しになってしまいます。それさえ注意すれば、味付けは失敗しにくいですよ。

今回は、今しか味わえない旬のカブの美味しさを味わい尽くす「カブがもりもり進むレシピ」をご紹介します!

 

 

ごはんもカブもモリモリ進む!カブの食べるふりかけ

f:id:foodcreative:20170131113653j:plain

材料:作りやすい分量

  • カブ…2個
  • A 醤油…大さじ3
  • A きび砂糖(なければ砂糖)…大さじ3
  • A 白ごま…大さじ1
  • A かつお節…2g
  • A ラー油…小さじ1
  • ごま油…大さじ1

作り方

  1. カブは葉と根を粗みじん切りする。
  2. フライパンにごま油を引いて弱火で熱し、カブをしんなりするまで炒める。
  3. Aを加えて味付けする。

 

白ごはんにドサッとのせて食べるのがおすすめの、具感のあるふりかけです。

カブの甘みに醤油の塩気が合わさった甘じょっぱい味には、かつお節のうま味が効いてごはんが進む進む!食べる手が止まりません!!

甘じょっぱさの中にラー油のパンチ、ごま油の風味が効いてやみつきになる味ですよ。

 

 

 

豚キムチとカブのあんかけうどん

f:id:foodcreative:20170131113654j:plain

材料:1人分

  • 茹でうどん…1袋
  • カブ…2個
  • 豚ロース薄切り肉…80g
  • キムチ(辛めのものがおすすめ)…60g
  • 卵黄…1個
  • A 水…300ml
  • A 鶏がらスープの素…小さじ1/2
  • A 醤油…小さじ2
  • A 片栗粉…大さじ1/2

作り方

  1. カブの根はすりおろし、葉(少々)は細かく刻む。豚ロース薄切り肉は5cm幅に切る。
  2. 鍋にすりおろしたカブの半量、Aをよく混ぜて片栗粉を溶かしたら強火で熱し、煮立ったら豚ロース薄切り肉、キムチ、うどんを加えて3分煮る。
  3. 器に盛り、残りのすりおろしたカブをのせ、葉を散らしたら卵黄をのせる。

 

カブは生と加熱で分けて使うことでそれぞれの良さをいかします。

加熱したカブは甘みが増し、キムチの辛さとのバランスが良くなります。

トッピングの生のカブを混ぜながら食べることで瑞々しさと爽やかな甘みが加わり、味わいの変化を楽しめますよ。卵黄もお好みのタイミングで崩してくださいね。

 

 

 

カブチリ

f:id:foodcreative:20170131113656j:plain

材料:1人分

  • カブ…2個
  • 長ネギ…1/6本
  • A 水…150ml
  • A トマトケチャップ…大さじ2
  • A 片栗粉…大さじ1
  • A 酢…大さじ1
  • A 醤油…小さじ2
  • A おろしにんにく…小さじ1/2
  • 豆板醤…小さじ2/3
  • ごま油…大さじ1

作り方

  1. カブは皮をむいて6〜8等分のくし切りにし、葉(少々)は細かく刻む。長ネギはみじん切りする。
  2. フライパンにごま油、豆板醤、長ネギを入れて中火で熱し、長ネギが透き通るまで炒めたら、かぶを加えて全体に油がまわるまで炒める。
  3. Aをよく混ぜて片栗粉を溶かしてから加え、とろみがつくまで煮たら塩こしょう(分量外、適量)で味を調える。

 

カブがゴロッと入ったカブチリは、豆板醤でパンチを効かせたチリソースがごはんと相性抜群!

ケチャップだけでは甘ったるくなるため、醤油で塩気、豆板醤で辛味を効かせるのがおいしく仕上げるポイントです。動物性の具が入っていなくても満足感がありますよ。辛いのが好きな方は豆板醤で辛さを調整してくださいね。

 

 

旬野菜の味わいは何ものにも代えがたいものです。カブがおいしい季節のうちに、「カブがもりもり進むレシピ」で旬のカブをぜひ存分にお楽しみください!

 

 

 

f:id:foodcreative:20170131113657p:plain

五十嵐ゆかり(管理栄養士・料理研究家)

1987年生まれ、千葉県出身。ご家庭でも簡単に作れるヘルシースイーツや減塩でもおいしく作れる料理のコツなど、日々の暮らしに取り入れやすい健康レシピを提案している。美容や健康にうれしい要素を取り入れたレシピを得意とする。企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、講演、イベント出演、料理教室など、多方面で活動中。魅力発信☆むつざわ未来ラボの一員としての出身地の千葉県長生郡睦沢町のPR、PAKUTASOフリー素材モデルとして福岡県大刀洗町のPRに携わるなど、地域活性化活動にも取り組んでいる。

著書に「食材の栄養素を最大限に引き出す便利帖」や「発酵いらずのちぎりパン」、「塩レモンでつくる基本のおかず」など。

ブログ:http://lineblog.me/igarashiyukari/
Twitter:https://twitter.com/igarashi_yukari
HP:http://foodcreativefactory.com/

 

(編集:河瀬璃菜/フードクリエイティブファクトリー

                             
ページ上部へ戻る