「菊タローちゃんこ」って知ってる? この季節に絶対食べるべき激ウマ鍋「菊タローちゃんこ」とそのアレンジ

レスラーやプロレスファンの間では人気1位(!?)との噂もある鍋レシピが「菊タローちゃんこ」です。レスラーの菊タローさんが改良に改良を重ねた、簡単だけど激ウマなお鍋です。白菜で作る常夜鍋にショウガがどっさり入ったもの、というイメージに近いかもしれません。さらにこの基本の菊タローちゃんこをアレンジした「キムチちゃんこ鍋」がめちゃうまそう!豚肉の旨味もぎゅっと凝縮され、寒くなってきた今ぜひ食べていただきたいお味になっています。いつもの鍋に飽きたらぜひ!(梅田・大阪駅のグルメ

「菊タローちゃんこ」って知ってる? この季節に絶対食べるべき激ウマ鍋「菊タローちゃんこ」とそのアレンジ

f:id:foodcreative:20161027151431j:plain

こんにちは!料理研究家の河瀬璃菜です。ここ最近急に寒くなったせいか体調を崩している方をよく見かけます。寒さから身体を守るべく今回はとびっきりの鍋をご紹介します。

 

「菊タローちゃんこ」と巷では呼ばれているのですが、シンプルな材料なのにこれまた美味しくて驚くこと間違いなしですよ!

 

レシピ考案者はメニュー名通りプロレスラーの菊タローさん。

f:id:foodcreative:20161027151430j:plain

レスラー歴は22年半、小さい頃から料理をして来たので、自己流の料理は得意。ちゃんこ以外にも、大阪人だけに、たこ焼きお好み焼き焼きそばは専門店に負けないと本人が言うだけでなく、周りの人間も認める。

2016年12月より、アメリカへ無期限遠征へ出発予定。

 

早速ですが菊タローさんの絶品すぎる鍋がこちら!

 

 

菊タロー「豚と白菜のショウガ鍋」

f:id:foodcreative:20161027151431j:plain

 

材料(4人分)

f:id:foodcreative:20161027151432j:plain

  • 豚バラ肉・・・500グラム
  • 白菜・・・3/4玉
  • しょうが・・・1個
  • 鳥ガラスープの素・・・大さじ3
  • 水・・・700cc

 

作り方

 

1. 白菜はざく切りにする。しょうがは細切りにする。豚バラ肉は食べやすい大きさに切る。

2. 白菜、豚バラ肉、しょうが、鳥ガラスープの素の順で鍋に重ねたら水を注ぐ。

f:id:foodcreative:20161027151433j:plain

3. 蓋をしてこげないように白菜がクタクタになるまで中火で20分程度煮込む。

4. 味が足りないようであれば鶏ガラスープの素で調える。

 

菊タロー「豚と白菜のショウガ鍋」のコツ

  • しょうがは皮に栄養が豊富に含まれているので皮を剥かない
  • しょうがを多めにいれることが風邪対策にもばっちり!
  • 最初に少し多めに水を入れることでスープも多くなり、焦げつかない。
  • しょうがの味が丸くなるまで煮込む。煮込みが足りないと、食べた時に辛く感じます!
  • 締めは断然ちゃんぽん麺!もしなければ市販のつけ麺用の麺でもOK!

 

     

菊タロー『豚と白菜のショウガ鍋』おすすめのちょい足し具材

きのこ、油揚げ、ねぎ、にんにく、油揚げ、柚子胡椒など

菊タローさんいわく基本的にベースの鍋なので、しょうがの風味と喧嘩しなければ、何を入れても美味しく頂けますとのこと!

元々は菊タローさんが当時お付き合いしていた方のお母さんに作っていただいたのが誕生の背景なのだそう。その際はミルフィーユ状になっていたそうですが、キノコを入れたり、とにかくスープが美味しいので、もっと豚肉の量を増やしてダシが出るようにしたり、しょうがは皮の部分が1番栄養あるので、皮は剥かないようにしたりと、少しずつ変わってきたのだとか。

たっぷりのしょうがが入った鍋は食べているそばから身体がポカポカと暖かくなります。本当に驚くほどスープが美味しいのですが、スープを飲みすぎるとちゃんぽん麺が食べられなくなるので要注意。

 

そして美味しすぎる菊タローちゃんこの派生、絶品キムチちゃんこ鍋も特別に教えていただきました。これがまた堪らない美味しさなんです・・・!

 

 

菊タローさんに聞いた菊タローキムチちゃんこ鍋

f:id:foodcreative:20161027151435j:plain

材料(4人分)

  • 豚バラ肉・・・500グラム
  • 白菜・・・1/2玉
  • タシダの素・・・大さじ2
  • コチュジャン・・・大さじ3
  • キムチ・・・400g
  • パスタ・・・100g
  • シュレッドチーズ・・・100g
  • 生卵・・・1個
  • 水・・・700cc

作り方

  1. 白菜はざく切りにする。豚バラ肉は食べやすい大きさに切る。
  2. 白菜、豚バラ肉、キムチ、タシダの素の順で鍋に重ねたら水を注ぎコチュジャンをいれる。
  3. 蓋をしてこげないように中火で煮込み、水分が増えてきたらパスタを加えさらに煮込む。
  4. 3.にシュレッドチーズ、生卵を加え半熟状態になるまで煮込む。


※チーズの焦げ付きが心配な場合は取り分けた後にチーズをかけてください。

f:id:foodcreative:20161027151436j:plain

とろけるチーズに濃厚な卵のコク、キムチの辛さが溶け込んだ絶品菊タローキムチちゃんこ鍋
コチュジャンが入ることで味に深みが出てこちらのスープもこれまた美味しいです。
パスタを具材に入れるって初めてだったのですが・・・完全にハマります!

 

冬の定番鍋に仲間入りすること間違いなしな菊タローちゃんこ鍋に、菊タローキムチちゃんこ鍋
菊タローさんの歴史と料理に対する愛情がたっぷり詰まっているからこその美味しさなのかもしれません。


料理が苦手な方や男性でも手軽に作れますのでぜひ今晩挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

f:id:foodcreative:20160325171439j:plain

河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)

1988年5月8日生まれ。福岡県出身。フードクリエイティブファクトリー所属

料理好きな母のもとで育ち、食に携わる仕事に就きたいという思いを自然と持つようになりました。両親が共働きで常に忙しくしていましたが、食卓を囲み食事を一緒に食べることで自然と会話が生まれ、どんなに忙しくてもコミュニケーションを大切にすることができました。そんな経験から、食卓でのコミュニケーションは大変重要で気づきの多いものだと私は思っています。「食を通して大切な人との暮らしをもっと楽しく」という意図に基づき、レシピ開発や料理教室講師、イベント企画運営、メディア出演、コラム執筆、執筆プロデュースなど、食に関わる様々な活動をさせていただいています。

2014年7月よりフードクリエイティブファクトリーの執筆プロデューサーに就任し、月間40本の記事をプロデュースしています。

著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン

Blog:河瀬璃菜 公式ブログ Powered by LINE

   http://foodcreativefactory.com/

Twitter:https://twitter.com/linasuke0508

                             
ページ上部へ戻る