コスパ最強の激ウマ天丼と「天サンド」の衝撃!江戸前の伝統と最先端が楽しめる「蔵前いせや」がハンパない

浅草エリアで天ぷらを楽しみたい方におすすめのお店を紹介します!老舗の天ぷら店が並ぶ浅草~蔵前エリアですが、浅草から一駅離れた蔵前だとコスパ抜群のお店もたくさんあります。その一つが「蔵前いせや」。サービスランチの天丼はなんと700円!浅草エリアでこんなお安い値段で天ぷらが楽しめるなんて!なんとこちらのお店では「天サンド」も扱ってます。ハイブリッドな旨さがたまりませんよ!(浅草のグルメ天ぷら

コスパ最強の激ウマ天丼と「天サンド」の衝撃!江戸前の伝統と最先端が楽しめる「蔵前いせや」がハンパない

f:id:g-gourmedia:20160920115212j:plain

こんにちは。料理研究家の河瀬璃菜です。サクサクの衣にプリプリの海老や、ふわふわのアナゴを楽しめる「天ぷら」。日本って最高だな〜と思う料理の一つだと思います。

 

特にここ東京では江戸近海でとれた魚介類に卵を使った衣をまとわせ、ごま油できつね色に揚げる「江戸前天ぷら」という食文化が長年、老若男女に愛されています。

 

そんな老舗天ぷら屋さんが立ち並ぶ浅草の一駅おとなり蔵前に、老舗の伝統の味をしっかりと守りつつ、天ぷら界に新たなる風を吹き込むハイブリッドなメニューがあるとのことで早速行ってまいりました。

 

これぞ老舗の力!サクふわな衣におさまりきれない具材が豪快にのった海老・穴子

まずは天丼から楽しもうとメニューを見てましたが、待って。安すぎやしませんか・・・?

f:id:foodcreative:20160825161918p:plain

サービスランチだと700円・・?!?通常、浅草で食べる天丼っておそらくこの倍は軽くしますよね。こんなにリーズナブルに食べられるならここぞとばかりに一番豪華な丼を頼んでみました。 

f:id:foodcreative:20160825161919p:plain

海老・穴子丼 新香、味噌汁付き(1500円)です!!なんとも豪華な・・・見目麗しゅうございます。


横から見ても

f:id:foodcreative:20160825161920j:plain

上から見ても

f:id:foodcreative:20160825161921j:plain

画面におさまりきらなーーーーい!むしろおさめるつもりもないくらいの豪快さ。

こちらはタレに浸した後。

f:id:foodcreative:20160825161922j:plain

継ぎ足し継ぎ足しで受け継いできた秘伝のたれのこのしずる、たまらないですね・・・。

f:id:foodcreative:20160825161923j:plain

見てください。この重量感のあるずっしりとした重みの海老。重くて箸が震えます。

揚げたて熱々な海老は身もプリップリ。

f:id:foodcreative:20160825161924p:plain

カリッサクッとした衣の食感に海老のプリプリ感、二つの食感が素晴らしいハーモニーを生み出しています。

f:id:foodcreative:20160825161925j:plain

巨大すぎる穴子穴子の旨味と甘辛いたれのバランスが最高です!

口の中いっぱいにごま油の香りを感じることができこれぞ江戸前天ぷらといった感じですね。

f:id:foodcreative:20160825161926p:plain

その年に一番美味しいお米を使用しているこだわりのお米にたっぷりと染み込んだ甘辛たれ、もうこれだけでいいや。とすら思う美味しさです。

 

天ぷらってたくさん食べすぎると胃もたれするのかなと思いきや完食した後も胃もたれどころかまだ食べたいという食欲すらわいてきます。

 

そんな時は個別に具材を揚げることもできるのでお好みで追加してもいいかも!

f:id:foodcreative:20160825161927p:plain

 

■ハイブリッド飯「天サンド」920円は病みつきになる旨さ

天丼もひとしきり楽しみ、一息つこうと思いきや・・・

f:id:foodcreative:20160825161930p:plain

つけませんでした。「天サンド」ってなんぞや・・?!カツサンドでも卵サンドでもない新しいサンド

f:id:foodcreative:20160825161931j:plain

はい。挟まってます!エビ天にイカ天〜〜〜!甘辛いたれがしみたパンは外側だけ焼いて、たれがよくしみ込むように工夫されているのだとか。

カラシを薄く塗って、食感を出すのにほうれん草の茎のみを使用しているこだわりよう。

レタスやキャベツではあまり相性が良くなく試行錯誤の上、たどり着いたのがこのスタイルなのだとか。

f:id:foodcreative:20160825161932p:plain

こちらもえびはプリップリ。冷めてパンと馴染んだ味もこれまた美味しい。


そしていせやさんの天ぷら衣は通常より多めに卵を使っているため衣だけでも味わい深くいただくことができます。


衣が美味しすぎて、「天かすだけ欲しがる人もいそうですよね〜〜」なんて言っていたら・・・

f:id:foodcreative:20160825161928j:plain

なんといただけました!!!!天かす〜〜!欲しいと言われるお客様には無料で差し上げているのだとか。


「ちいさなお子様には天かすをごはんの上に乗せてたれをかけた丼をサービスで出すこともあるよ。少年だった子が大学生になり、大人になり結婚し、子供が生まれ子供を連れてきてくれて。そんな人の成長を見守ることができるのがとても嬉しいんです」
と大将。

 

あぁ・・・これが下町の人情かと都会で荒んだ心が癒されますね。

f:id:foodcreative:20160825161929j:plain

いただいた天かすは次の日に天かすTKG(卵かけごはん)にして美味しくいただきました。

 

■蔵前いせやに行くには??

f:id:foodcreative:20160825161933p:plain

スカイツリーのお膝元、蔵前駅より徒歩5分程度の場所に位置する蔵前いせや。

f:id:foodcreative:20160825161934j:plain

大通りに面しているのですぐに見つかるかと思います。店内はカウンターのほか、座敷もあり、のんびりと過ごすことができます。

f:id:foodcreative:20160825161935j:plain

f:id:foodcreative:20160825161936j:plain

店内には多数の有名人の色紙もあり有名店なのが伺えます。

f:id:foodcreative:20160825161937j:plain

平日は、地元の方やサラリーマン、休日は観光客や家族連れなど幅広いお客様がひっきりなしに来られるのだとか。


こちらのいぶし銀な大将は4代目。

f:id:foodcreative:20160825161938j:plain

貫禄ある面持ちとは裏腹にとても気さくでフレンドリーに出迎えていただけますのでご安心を。


今度はのんびり浅草観光したあとクイっとビールをひっかけながら天ぷらを楽しみにきたいと思います!


下町人情あふれる江戸前天ぷらが楽しめる蔵前いせや。心とお腹を癒されにぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。

 

 

紹介したお店

蔵前いせや

住所: 東京都台東区蔵前4丁目37-9

TEL:03-3866-5870

営業時間:11時30分~14時30分,17時00分~20時30分

定休日:水曜日

r.gnavi.co.jp

 

f:id:foodcreative:20160325171439j:plain

河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)

1988年5月8日生まれ。福岡県出身。フードクリエイティブファクトリー所属

料理好きな母のもとで育ち、食に携わる仕事に就きたいという思いを自然と持つようになりました。両親が共働きで常に忙しくしていましたが、食卓を囲み食事を一緒に食べることで自然と会話が生まれ、どんなに忙しくてもコミュニケーションを大切にすることができました。そんな経験から、食卓でのコミュニケーションは大変重要で気づきの多いものだと私は思っています。「食を通して大切な人との暮らしをもっと楽しく」という意図に基づき、レシピ開発や料理教室講師、イベント企画運営、メディア出演、コラム執筆、執筆プロデュースなど、食に関わる様々な活動をさせていただいています。

2014年7月よりフードクリエイティブファクトリーの執筆プロデューサーに就任し、月間40本の記事をプロデュースしています。

著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン

Blog:河瀬璃菜 公式ブログ Powered by LINE

   http://foodcreativefactory.com/

Twitter:https://twitter.com/linasuke0508

                             
ページ上部へ戻る