読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

材料3つで3分でできる!激ウマ「ナッツバター」がアレンジ無限大で汎用性高すぎ

現在、動物性脂肪を使っていない食品の人気が高まっています。塩豆腐やアーモンドミルク、ライスミルクなどがその代表ですが、今注目を浴びているのがナッツバター。ナッツと塩とハチミツをミキサーにかけるだけでできてしまう手軽さも魅力です。バターの替わりにパンに塗るだけでも美味しいですが、さらにそれを使ったレシピもご紹介。カフェで使われるメニューもどんどん増えそうですね。(高田馬場のグルメカフェ

材料3つで3分でできる!激ウマ「ナッツバター」がアレンジ無限大で汎用性高すぎ

高田馬場 カフェ レシピ FCF おすすめ

f:id:foodcreative:20151130133840j:plain

塩豆腐やアーモンドミルク、ライスミルクなど、動物性脂肪不使用な食品を取り入れる人が増えています。

動物性脂肪不使用な食品の中でも、今、最もおすすめしたいのがナッツバターです。

作り方はとっても簡単!ナッツ、はちみつ、塩をミキサーにかけるだけで作れちゃいます。

材料3つ、たった3分でこの美味しさが味わえるなんて……!

バターの代わりにトーストに塗るだけで十分美味しいナッツバターは料理に使用しても最高なんです。

今回は、感動の美味しさのナッツバターの作り方とナッツバターを使用したレシピをご紹介しますよ。

 

1. ピーナッツバター

f:id:foodcreative:20151130132441j:plain

 

材料:作りやすい分量

f:id:foodcreative:20151130132652j:plain

 

  • ローストピーナッツ(無塩、薄皮をむいたもの) 150g
  • はちみつ          大さじ4
  • 塩             ひとつまみ

 

 

作り方

f:id:foodcreative:20151130132555j:plain

1. ピーナッツをミキサーに入れて細かくなるまで2分程攪拌する。

f:id:foodcreative:20151130132732j:plain

2. はちみつ、塩を加えてなめらかになるまで1分程混ぜる。

 

 

※煮沸消毒した容器に入れて冷蔵保存し、2週間を目安に食べ切ってください。冷蔵庫に入れると冷えてかたくなるため、食べるときはレンジ加熱や湯煎にかけて温めてから食べるのがおすすめです。

 

作り立てのピーナッツバターは風味豊かで濃厚!口いっぱいに広がる香りの余韻にいつまでも浸っていたいほどです。混じりっけなしのコクのある味わいは手作りならではですね。

 

ピーナッツバターを使用したアレンジレシピをご紹介します!

 

豚とザーサイのコクうま担々麺

f:id:foodcreative:20151130132850j:plain

材料:2人分

 

  • 豚ひき肉      150g
  • チンゲンサイ    1/6株
  • ザーサイ      10g
  • 水         600cc
  • 鶏がらスープの素  小さじ2
  • ピーナッツバター  大さじ4
  • 醤油        大さじ2
  • ラー油       大さじ1/2
  • 塩こしょう     適量
  • ごま油      小さじ1
  • 中華麺(生)    2玉

 

 

作り方

 

  1. チンゲンサイは根元に6等分の切り目を入れ、切り目から縦に裂いて6つに分け、熱湯でサッと茹でて水気を切る。ザーサイはみじん切りする。
  2. 鍋にごま油を引いて中火にかけ、豚ひき肉、ザーサイを入れて豚ひき肉の色が変わるまで炒めたら、水、鶏がらスープの素、ピーナッツバター、醤油、ラー油を加えて煮立たせ、ふつふつとする位の火加減で5分煮たら塩こしょうで味を調える。
  3. 鍋にお湯を沸かして中華麺を茹で、器に盛って2.のスープをかけ、チンゲンサイを添える。

 

 

 

豚肉のうま味とピーナッツバターのコクや風味が合わさったスープは、かなり濃厚!スープをすする手が止まらなくなるほどの病みつきになる味わいです。濃厚ながらもラー油の辛さでパンチを効かせるから、最後まで飽きずに食べられますよ。半分ほど食べたら、こしょうをお好みでたっぷめに加えても美味しいです。

 

 

2. くるみバター

f:id:foodcreative:20151130133045j:plain

材料:作りやすい分量

 

  • ローストくるみ(無塩)  150g
  • はちみつ         大さじ4
  • 塩            ひとつまみ

 

 

 

  1. くるみをミキサーに入れて細かくなるまで2分程攪拌する
  2. はちみつ、塩を加えてなめらかになるまで1分程混ぜる。

 

 

くるみの甘みやほろ苦さを感じるくるみバターは大人な味わい。お好みでシナモンパウダーを入れると風味が良くなりますよ。ワインを飲みながらちびちびつまむのも最高です。

 

 

くるみバターを使用したアレンジレシピをご紹介します!

 

温しゃぶサラダのくるみバターだれ

f:id:foodcreative:20151130133436j:plain

材料:2人分

  • 豚しゃぶしゃぶ用肉    200g
  • 醤油           大さじ1/2
  • レタス           2枚
  • ミニトマト        5個
  • くるみバター      大さじ1と1/2
  • 酢            大さじ1
  • 醤油           小さじ2
  • みそ           小さじ2

 

作り方

  1. 豚しゃぶしゃぶ用肉に醤油をもみ込んで10分おく。くるみバター、酢、醤油、みそを混ぜる。レタスは食べやすい大きさに手でちぎる。ミニトマトは半分に切る。
  2. 沸騰したお湯で豚しゃぶしゃぶ用肉を30秒ほど茹でて火を通す。
  3. 器にレタス、ミニトマト、2.を盛り、1.のくるみバターだれをかける。

 

くるみのほろ苦さ、醤油や味噌のうま味が合わさった味わい深いくるみバターだれが豚肉の美味しさを引き立たせます。濃厚ながらもたれに入っている酢の酸味で後味はさっぱり!熱々の茹でうどんにのせて食べるのもおすすめですよ。

 

 

 

3. アーモンドバター

f:id:foodcreative:20151130133631j:plain

材料:作りやすい分量

 

  • ローストアーモンド(無塩)  150g
  • はちみつ           大さじ4
  • 塩              ひとつまみ

 

作り方

  1. アーモンドをミキサーに入れて細かくなるまで2分程攪拌する。
  2. はちみつ、塩を加えてなめらかになるまで1分程混ぜる。

 

甘みや香ばしい香り、コクが詰まっているアーモンドバターは、アーモンドのほのかな渋みが味のアクセントに!ココアパウダーを大さじ2程度入れると、パンと相性抜群の濃厚なチョコクリームになりますよ。

 

アーモンドバターを使用したアレンジレシピをご紹介します!

 

アーモンド香るエスニックから揚げ

f:id:foodcreative:20151130133737j:plain

材料:2人分

  • 鶏もも肉      300g
  • アーモンドバター  大さじ1と1/2
  • 醤油        小さじ4
  • レモン汁      小さじ1
  • 黒こしょう     小さじ1/5
  • 薄力粉      大さじ6
  • 片栗粉                大さじ2
  • 揚げ油                適量

 

作り方

  1. 鶏もも肉を4cm角位の大きさに切ってポリ袋に入れ、アーモンドバター、醤油、レモン汁、黒こしょうをもみ込んで20分おく。キッチンペーパーで水気をふき、薄力粉と片栗粉を混ぜてまぶす。
  2. 鍋に揚げ油を170度に熱し、1.をきつね色になるまで揚げる。
  3. 油を切って器に盛り、お好みでレモン(分量外、適量)を添える。

 

アーモンドバターをもみ込んだから揚げは風味豊かでこっくりとした味わいです。醤油のうま味やレモン汁の酸味と合わせてエスニックな味わいに仕上げています。

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか?そのまま食べたり、パンに塗るだけで十分美味しく味わえるナッツバターは、料理にプラスするだけでいい風味やコクが加わり、料理がグンと美味しくなりますよ!

そのまま食べたり、トーストに塗るバターの代わりに使うなどして、日々の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。美味しいのはもちろんのこと、食物繊維やビタミン、ミネラルなどが摂れてきれいや健康サポートまで期待できますよ。ぜひお試しくださいね!

 

 

 

著者プロフィール 

f:id:foodcreative:20151130134045j:plain

五十嵐ゆかり

株式会社フードクリエイティブファクトリー代表。1987年生まれ。千葉県出身。発酵食品を料理にプラスしてグンと美味しく、ヘルシーにするコツなど、日々の暮らしに取り入れやすいレシピを提案している。美容や健康にうれしい要素を取り入れたレシピを得意とする。

ブログ:http://ameblo.jp/fcf-yukari/

HP:http://foodcreativefactory.com/

Twitter:https://twitter.com/igarashi_yukari

(編集/監修:フードクリエイティブファクトリー 河瀬璃菜http://foodcreativefactory.com/)

                             
ページ上部へ戻る