読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡グルメの真髄はこれだ! 地元で愛される二大人気店「牧のうどん」「資さんうどん」徹底ガイド

福岡県の麺類といえば「豚骨ラーメン」の印象が強いですが、実は“うどん発祥の地”なのはご存知でしたか? 博多祇園山笠発祥のお寺として有名な「承天寺」の境内に「饂飩蕎麦発祥之地」(うどんそば発祥の地)という石碑が建っているそうです。というわけで、今回は福岡県の2大人気うどん店「牧のうどん」と「資さんうどん」の徹底ガイドです。(博多駅のグルメランチ

福岡グルメの真髄はこれだ! 地元で愛される二大人気店「牧のうどん」「資さんうどん」徹底ガイド

博多駅 ランチ グルメレポ FCF

f:id:g-gourmedia:20151022154310j:plain

福岡県の麺類といえば「豚骨ラーメン」の印象が強いですが、実は“うどん発祥の地”なのはご存知でしたか? 博多祇園山笠発祥のお寺として有名な「承天寺」の境内に「饂飩蕎麦発祥之地」(うどんそば発祥の地)という石碑が建っているんですよ。

 

今回は福岡を代表して粉ものライターcyanが、福岡県の2大人気うどん「牧のうどん「資さんうどんを徹底ガイドします。

 

 

それではさっそく「牧のうどん」から!

f:id:foodcreative:20150831204738j:plain

1973年に福岡県糸島市でうまれた歴史あるうどん店「牧のうどん」。

 

今年で創業42年目を迎える人気店は、福岡うどんの代表格として「マッキー」の愛称で地元民から愛されています。今回お邪魔したのは、福岡空港にほど近い「牧のうどん 福岡空港店」。

f:id:foodcreative:20150831204835j:plain

 

この店舗にはなんと展望台が……! ちょっとした観光スポットと化しておりますが、本日はなんと雨上がりのため貸し切り。

f:id:foodcreative:20150831205027j:plain素敵な眺めを満喫したらいざ店内へ。

 

入るとすぐにドーンとメニューがお出迎えです。

f:id:foodcreative:20150831205539j:plain

種類の多さに心踊ります。店内にはささっと食べれるカウンター席や、家族で楽しめるお座敷席も。

 

席についたらメニューを眺めて、こちらにオーダーを記入します。今回は両店の比較に福岡名物「ごぼう天うどん」をベースにセレクトします。そして牧の特徴は「固麺・中麺・柔麺」が選べること。

f:id:foodcreative:20150831210302j:plain

 

福岡うどんとは、麺にコシがなく柔らかいのが特徴で、その中でも特に柔らかい「牧のうどん」は「汁を吸って増える!食べても食べても減らない!」という福岡あるあるとしてもお馴染みなんですね。そんな予備知識を念頭にいれて福岡のうどんをお楽しみください。

 

ちなみに今回注文したのは人気NO.1の「肉ごぼううどん」です。

f:id:foodcreative:20150831210408j:plain

それではさっそくご登場いただきましょう。

 

わーお!このボリュームでこのお値段はたまりません。

肉ごぼううどん(¥650)

f:id:foodcreative:20150831210452j:plain

 

一緒に登場したのが、山盛りのネギと謎のやかん。

f:id:foodcreative:20150831210524j:plain

f:id:foodcreative:20150831210530j:plain

 

すき焼き風に甘辛く煮込んだお肉と、まるまるとしたごぼう天とあげ玉がトッピングされています。同じごぼう天と言っても、形も味もうどん屋さんによってバラバラです。

f:id:foodcreative:20150831210653j:plain

 

そして気になるのが麺とスープですよね。まずは麺。今回は一番人気の柔麺でオーダーしました。写真からでも十分に伝わる太めでもっちりした麺の様子。

f:id:foodcreative:20150831210745j:plain

 

そして利尻昆布・サバ・カツオ・ウルメイワシで出汁をとった黄金色のスープ。

f:id:foodcreative:20150831210817j:plain

 

先程の山盛りネギをお好みでかけていただきます。

f:id:foodcreative:20150831210844j:plain

 

これぞ福岡県民の心のふるさと。お肉の甘みとスープが合います。そして時間をかけて徐々にごぼう天にもスープが染み込むのもたまりません。

 

我を忘れてうどんを食しているとあるときふと気がつくんです。「あれ、これスープ減ってない?」ということに……。そう、これが先程お伝えしていた福岡あるある、

 

「麺がスープを吸ってるんじゃない?現象」なんです。

 

おめでとうございます!これを体験すればあなたも立派な福岡県民です。そして、そういうときに役にたつのがあの謎のやかん。ふたを開けると……

 

熱々のスープ。

f:id:foodcreative:20150831210948j:plain

 

そうなんです、牧のうどんはスープのおかわりが自由。自分のペースで思う存分スープを味わえるんです。それでは僭越ながら……

f:id:foodcreative:20150831211239j:plain

オアシスかと思う程の癒しがここにあります。

 

うどん→雑炊の流れが最高!

ごぼう天やお肉、そしてうどんを存分に堪能したあと、挑戦したのが知る人ぞ知る雑炊(¥280)!  この雑炊、実は裏メニューとして愛されている逸品なんです。

 

スープの出汁とふわふわ卵のハーモニーが絶妙です。とろろが入っていて優しい味にうっとり。

f:id:foodcreative:20150831211140j:plain

うどんも絶品ですが、お腹に余裕のある方はこちらの雑炊もご賞味あれ!

 

牧のうどんの美味しさはなんと言っても麺!

本店の近くにある製麺所で全店分の生地が作られ運ばれています。麺に対しての思い入れは強く、出店の条件に「麺を2時間以内に届けられる場所」があるのだとか。そして各店舗に配送された生地を店内で製麺していきます。この状態で店内へ到着です。

f:id:foodcreative:20150831211358j:plain

 

平に延ばされたあとは、機械を通って麺に。

f:id:foodcreative:20150831211443j:plain

 

そのままお湯にダイブ。

f:id:foodcreative:20150831211501j:plain

 

しっかりと茹でられます。

f:id:foodcreative:20150831211612j:plain

 

約500gを器へ。見てください!この器にみっちりのうどん。これぞ「牧のうどん」の真骨頂です。

f:id:foodcreative:20150831211613j:plain

 

トッピングを含め、お持ち帰りも充実!

うどんのお持ち帰りも可能です。さらにトッピングもお持ち帰り可能なのが嬉しい。

 

お持ち帰り専用うどんセット(4人分) ¥500

f:id:foodcreative:20150831211733j:plain

 

今回私はお持ち帰りの定番かしわ弁当(¥400)と子どもたちにも大人気の唐揚げ(¥140)をおみやげに。 このかしわ弁当、味がしっかりとついていて冷めてもとっても美味しいんです。

f:id:foodcreative:20150831211850j:plain

 

唐揚げ、通称「まきチキン」もお家で食べても変わらぬジューシーさが魅力です。

f:id:foodcreative:20150831211854j:plain

店内でもお持ち帰りでも、たっぷりと「牧のうどん」を堪能してきました。

 

福岡県民が愛する「牧のうどん」は、いつも大勢のお客さんでにぎわっていますが、特に込み合うのがお正月・GW・お盆です。帰省した福岡県民たちが心のふるさとをもとめて、お店に集結するのも福岡あるある。毎年11月に開催される福岡マラソンでは、初のうどんの給食としても話題になりました。

 

それほどまでに福岡県民のDNAには、うどんが組み込まれているといっても過言ではない!はずです。

 

 

 

お待たせしました!北九州人の心の味「資さんうどん」に迫ります

福岡県のうどんと言っても、エリアによって少し特徴が違うのもまた魅力のひとつです。言うなれば「牧のうどん」は福岡エリアの味で、「資さんうどん」は北九州エリアの味といったところでしょうか。

 

福岡エリアのうどんを堪能したあとは、北九州のエリアのうどんも食して欲しい!ということで、訪れたのは「資さんうどん 諸岡店」さんです。

f:id:foodcreative:20150831212114j:plain

 

1976年に北九州で誕生した「資さんうどん」は、創業以来、親しみやすい価格とメニュー豊富さで人気のお店。365日24時間営業しているので、食べたいと思ったときにいつでも足を運べるのも愛されるポイントのひとつ。みんなに優しい地元のうどん屋さんなのです。

 

お店の外のウインドウには見本がずらり。

f:id:foodcreative:20150831212208j:plain

広い店内には、テーブル席とお座敷席が多数。

 

着席してメニューを開くとその豊富な種類に驚きます。

f:id:foodcreative:20150831212250j:plain

f:id:foodcreative:20150831212330j:plain

丼ものやサイドメニューも充実。

f:id:foodcreative:20150831212339j:plain

f:id:foodcreative:20150831212346j:plain

f:id:foodcreative:20150831212411j:plain

上記のメニューはHPでダウンロードもできるので、優柔不断なあなたにはオススメです。オーダーするメニューはもちろんごぼう天うどんベースで、人気メニューかしわトッピングを注文します。

 

うどん屋さんにおでん !?

そしてなんと資さんうどんには人気メニューにおでんがあるんです! ごぼう天うどんを待ちながらおでんコーナーへ。

おでん鍋には定番から変わり種までおでんがずらり。

f:id:foodcreative:20150831212535j:plain

 

セルフで好きなネタを選べますが、今回はお店の方にお願いしてピックアップしてもらいました。

f:id:foodcreative:20150831212616j:plain

定番の玉子・大根・糸こんにゃく(各¥80)に加え、変わり種は資さん印のかまぼこ(¥80)や、九州らしいおでん種の味付け椎茸(¥80)、牛すじに牛てっちゃん(各¥120)など。種類豊富なおでんはどれもしっかり味が染み込んでいて最高です。

 

資さんのごぼ天うどんかしわトッピング!

もっと食べたいところですが、メインディッシュの到着です。

ゴボ天うどんかしわトッピング(¥640)

f:id:foodcreative:20150831213039j:plain

 

北九州名物の甘辛く煮付けた鶏肉「かしわ」。

f:id:foodcreative:20150831213053j:plain

 

つるっとした控えめな太さの麺。

f:id:foodcreative:20150831213202j:plain

 

椎茸・昆布・鯖・うるめ・鰹の旨味がたっぷりのスープ。

f:id:foodcreative:20150831213518j:plain

 

お好みでとろろ昆布をかけていただきます。とたくさん入れると塩辛くなるのでご注意を。

f:id:foodcreative:20150831213629j:plain

そしてメインはシュッと細長く噛み応えのあるごぼう天です。

 

 

北九州の味付けの特徴は味が福岡に比べて濃いところ。少し甘みを感じる「牧のうどん」に比べて、しっかりとした味付けがポイントですね。

 

そして資さんでは麺が選べるんです。うどん麺も2種類あって、通常の麺と太さ1.6mm(茹でる前の生麺時)の細めんがあります。特別に茹でる前の麺を撮影させていただきました。だいぶ差がありますね。

f:id:foodcreative:20150831213642j:plain

 

お土産は1年中爆発的に売れるというあの和スイーツ

おでんもうどんも堪能したあと、「資さんうどん」にはとっておきのデザートが待っています。この特製のぼたもち(¥120)です。

f:id:foodcreative:20150831213859j:plain

 

食後にちょうどいいサイズ感と、甘さ控えめのぼたもちは子どもからお年寄りまで人気で、ぼたもちを目的に来店される方も多いとか。もちろんお持ち帰りもあるので、お腹いっぱいの場合はおうちでゆっくり味わうこともできます。

 

そんな私はお家でも食べたいのでお持ち帰りメニューでぼたもちとしっとりかしわにぎり(1個¥100)を購入。

f:id:foodcreative:20150901152142j:plain

 

晩ご飯の時間帯に取材にうかがったのですが、店内は子ども連れの家族や仕事帰りの会社員、そして学校帰りの学生さんなどでとても賑わっていました。家族3世代でお食事をしているテーブルもあり、なんだかほっこりとした気分でお店を後にしました。

 

 

 

今回は福岡のうどん事情とその愛される理由をたっぷりとお伝えしました。福岡にお越しの際は是非うどん屋さんにも足を運んでみてください。

 

福岡で愛されるうどんもラーメンのように、きっと全国区になることを信じてやまない私でした。

 

 

紹介したお店 

牧のうどん 空港店

TEL:092-621-0071

住所:福岡県福岡市博多区東平尾2-4-30

r.gnavi.co.jp

 

 

資さんうどん 諸岡店

TEL:092-558-6088

住所:福岡県福岡市博多区諸岡2-15-27

r.gnavi.co.jp

 

 

 

 

プロフィール

cyan

東京でADやら放送作家アシスタントやらTVの仕事を経て、福岡に出戻りファッションやらグルメやらのライターとして活動。なんでも食べるし、なんでも書くをモットーにしたなんでもライター。

 

(編集:河瀬璃菜/フードクリエイティブファクトリー http://foodcreativefactory.com/

                             
ページ上部へ戻る