読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【中毒性注意】話題のベーカマ超簡単レシピも!ベーコンを使ったやみつき廃人飯レシピ

みんなが大好きなベーコン。カリッと焼いて香ばしく食べたり、スープに入れると甘みがジュワッと出て美味しいですよね。そう言えば某人気グルメドラマでも、深川方面のお店で主人公の方が「ポパイベーコン」を美味しそうに食べてました。そこで本日はベーコンの病み付きレシピ3選です。この夏Twitterで話題になった「ベーカマ」から新型ベーコンエッグにバターフライまで。ベーコンならではのジャンク感溢れるレシピをお楽しみください。(門前仲町のグルメランチ

【中毒性注意】話題のベーカマ超簡単レシピも!ベーコンを使ったやみつき廃人飯レシピ

門前仲町 ランチ レシピ FCF

みんなが大好きなベーコン。カリッと焼いて香ばしく食べたり、スープに入れると甘みがジュワッと出て美味しいですよね。

 

今回はそんなベーコンを使った廃人飯をご紹介します。これを作る時はダイエット解禁です。思う存分自分を解放しましょう。

 

カロリーのことは一切忘れて存分にベーコン料理を試してみましょう!ベーコンのパートナーはこの夏Twitterで話題になったカマンベールチーズ、そして卵、最後はバターです!

 

1. ベーカマ

f:id:foodcreative:20150924162352j:plain

 

《材料 2人分》

  • ベーコン…4
  • カマンベール…1
  • ブラックペッパー少々

 

《作り方》

  1. カマンベールにベーコンを縦と横に巻きつける。
  2. 巻き終わりを下にして耐熱皿に置き、オーブントースターで15分程焼き色が付くまで焼く。
  3. 皿を取り出し、ブラックペッパーをかけていただく。

 

 この夏Twitterではベーコンでカマンベールを包む「ベーカマ」が大きな話題となりました。調理にはフライパンを使うのが一般的ですが、実はオーブントースターで15分間放置プレイでできちゃうんです!まん丸ベーコンをナイフで切ってみると、ジュワ―とジューシーに焼けたベーコンの中から、熱々とろーんなチーズがでてきます!

 

うま味がチーズに溶け込んで美味しい!クラッカーや焼いたバケットに乗せてもいいですし、はちみつをかけて食べるのもオススメです。はちみつをかけると甘じょっぱくてクセになりますよ。

 

ビールにもワインにもよく合うので、おもてなしに出したら盛り上がりますね!

 

 

2. ベー玉

f:id:foodcreative:20150924162521j:plain

 

《材料 2人分》

  • ベーコン…2
  • …2

 

《作り方》

  1. ベーコンを縦に細長く2分割する。マフィン型にクッキングシートを敷き、型の側面に合わせてベーコンを張り付ける。
  2. 1.の中に卵を割り入れ、オーブントースターで15分程焼く。

 

朝食でおなじみのベーコンエッグ。マフィン型で焼くとコロンっと可愛いベー玉に!こちらもオーブントースターに入れるだけなので簡単ですね。焼いている間にベーコンの塩気が卵についているので、なにもかけなくても美味しいです!

とろーり出てくる半熟卵が食欲をそそります。

 

 

3. ベーコンバターフライ

f:id:foodcreative:20150924162618j:plain

 

《材料 2人分》

  • ベーコン…6
  • バター…60g
  • ホットケーキミックス…100g
  • 牛乳…80ml
  • 適量
  • ケチャップ適量

 

《作り方》

  1. バターを10gずつに切る。ベーコンで切ったバターを隠れるように包み、巻き終わりに爪楊枝を刺す。
  2. ホットケーキミックスと牛乳をだまが無くなるまで混ぜ合わせ、1.を絡ませる。
  3. 170℃に熱した油で、きつね色になるまで揚げる。皿に盛り、ケチャップを添える。

 

ベーコンとバターを揚げちゃうなんともジャンクな一品。食べてみるとサクッと揚がった衣の中からジュワッとベーコンのうま味とバターの香りがあふれ出てきます!

これはアメリカ人だけではなく、揚げ物好きにはたまらないでしょう。

バターを包むときは、しっかりと冷やしたバターを使うと巻きやすくなります。

ダイエットは明日からということで、ぜひお試しください。

 

 

いかがでしたか?ベーコン自体が調味料みたいなものなので、凝った味付けをすることなく美味しく食べられるのが優秀ですよね!ベーコンが入ると料理もうま味いっぱいになります。

ベーカマは特に見た目がインパクトがあるので作ってみたくなったのではないでしょうか?ぜひベーコンを買ってお試しください!

 

 

 

 

著者プロフィール

f:id:foodcreative:20150924162742j:plain

mayuco

フードコーディネーター、インナービューティーダイエットアドバイザー。

1987年生まれ。桑沢デザイン研究所卒業後、インテリアショップでディスプレイなどを担当。祐成クッキングアートセミナーで学び、日々活動中。“おいしく食べて、心も体も内側からキレイに”をテーマに、食べてキレイになれるレシピをメインに研究している。

blog :http://ameblo.jp/5050kamui

Instagram:http://instagram.com/mayu_uco

 

(編集・レシピ監修:河瀬璃菜/フードクリエイティブファクトリー http://foodcreativefactory.com/

                             
ページ上部へ戻る