読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松茸を超えた!? 松茸とシイタケの良いとこどり「松きのこ」をこの秋絶対に食べるべき

「松きのこ」をご存知でしょうか?松茸ではないのに松茸のような味がすると松茸界を騒然とさせた噂のあれです!松茸の香りとシイタケの旨味を持つスーパー食材と言われています。もう、不味いはずがありません。絶対に食べて欲しいです。本日はそんな「松きのこ」を使った簡単な絶品レシピをご紹介します。(広島市のグルメランチ

松茸を超えた!? 松茸とシイタケの良いとこどり「松きのこ」をこの秋絶対に食べるべき

広島駅 ランチ FCF レシピ

f:id:foodcreative:20150916144331p:plain

 

食欲の秋!美味しいものであふれる季節がやって来ました。

 

高嶺の花とは分かっていながらも、松茸、食べてみたいですよね。でも高いし、国産ものなんてなかなか手に入らないです。

 

そんな時の救世主、「松きのこ」をご存知ですか?

 

松茸ではないのに松茸のような味がすると松茸界を騒然とさせた噂のあれです!松茸の香りとシイタケの旨味を持つ食材と言われています。

 

本日はそんな「松きのこ」を使った簡単な絶品レシピをご紹介します。

 

 

噂の「松きのこ」とは?

f:id:foodcreative:20150916142526j:plain

松きのこは、かつて松茸の大産地だった広島県世羅町で生み出されたしいたけの仲間のきのこのことで、ビタミンD・亜鉛・βグルカンなどの栄養素が豊富です。ほんのり甘味のある味わいと、キノコとは思えぬ柔らかい絹のような歯ごたえが特徴的。人工栽培のため汚れや虫喰いが少ないそうです。

 

 

シンプルに旨みを満喫!松きのこのホイル焼き

f:id:foodcreative:20150916143545j:plain

<材 料>

f:id:foodcreative:20150916143604j:plain

 

  • 松きのこ ・・・2本
  • すだち ・・・1/2個
  • 醤油 ・・・小さじ1
  • 塩 ・・・少々

 

 

<作り方>

1. 松きのこの根元部分約1.5cmは切り落とす。キッチンペーパーで全体を優しく拭き汚れを取る。そのあと縦半分に切る。

f:id:foodcreative:20150916143634j:plain

2. 全体に醤油をまぶす。断面にもしっかりと醤油を吸わせましょう。

f:id:foodcreative:20150916143647j:plain

アルミホイルに並べて包み、トースターで5~6分加熱する。

f:id:foodcreative:20150916143703j:plain

 

香ばしくてジューシーなホイル焼きがあっという間に完成!

f:id:foodcreative:20150916143716j:plain

 

松きのこの旨みがギュッと凝縮されたホイル焼き。ホイルを空けると松茸のような良い香りが立ち込めます。すだちをギュッと絞り、お好みで塩を漬けていただきましょう。

 

みんな大好き!松きのこの炊き込みごはん

f:id:foodcreative:20150916143855j:plain

 

<材 料> 1人分(作りやすい分量)

f:id:foodcreative:20150916143930j:plain

 

 

  • お米 ・・・2カップ
  • 水 ・・・400ml
  • 松きのこ ・・・約5本(65~70g)
  • 人参 ・・・1/2本
  • 淡口醤油 ・・・小さじ1
  • 本みりん ・・・小さじ1
  • 出汁用昆布(5cm四方)・・・1枚

 

 

<作り方>

1. 松きのこの根元部分約1.5cmは切り落とし、キッチンペーパーで全体を優しく拭き汚れを取る。そのあと薄くスライスする。

f:id:foodcreative:20150916144011j:plain

2. 人参は皮を剥き薄くスライスしたあと、細切りにする。

f:id:foodcreative:20150916144025j:plain

2. 鍋または炊飯器に研いだ米と水を入れ、出汁昆布をのせて30分~1時間浸水する。

f:id:foodcreative:20150916144108j:plain

3. 淡口醤油・本みりんを加え、人参をのせて米を炊く。

f:id:foodcreative:20150916144122j:plain

4. 米が炊き上がったら松きのこをのせて蓋をし、約15分間蒸らす。

f:id:foodcreative:20150916144141j:plain

※蒸らす前

 

f:id:foodcreative:20150916144153j:plain

※蒸らしたあと

 

その後、昆布を取り出して軽く混ぜ、余計な熱を逃がしてから再び蓋をして約5分蒸らす。

f:id:foodcreative:20150916144215j:plain

 

 

【おいしさのポイント】

生でも食べることができる「松きのこ」。熱を通し過ぎると香りや味が落ちてしまうので、炊き上がってから加えることがおいしさのポイント!

刻んだうす揚げを入れて具だくさんにしても美味しいですよ。

 

 

いかがでしたか?

 

まるで松茸のような甘みと優しい香り、そして椎茸の旨味を感じさせてくれる「松きのこ」。松茸よりもお手頃なのに、美味しくて生でも食べられるなんて嬉しい限り。

きのこなのにとても柔らかい歯ごたえは、小さなお子様の離乳食・幼児食にもおススメです。咀嚼・嚥下機能が落ちる高齢者の方でも食べやすいですよ。

 

家族みんなで楽しむことができる、美味しい秋の味覚、松きのこ。

これは一度食べたら病み付き間違いなし…?是非お試し下さいね!

 

 

 

 

著者 

インナービューティー研究家・フードコーディネーター

國塩亜矢子(くにしおあやこ)

 f:id:foodcreative:20150728170500j:plain

神戸市出身、東京都内在住。大学卒業後、広告企画営業職などを経験し、結婚後は食の世界へ転身。

現在は「働く女性・頑張るママの元気とキレイを応援したい」「正しく楽しく食べてキレイ&健康に!」 という想いのもと、「インナービューティー」を軸とした自宅での少人数制レッスン、 セミナー講師・メディアでのコラム執筆・レシピ開発等の仕事を通じ、「正しい食のあり方」×「美」についてのエッセンスを伝えている。 また、フードコーディネーターとして雑誌・販促物などの制作にも携わる。

2014年出産。現在は1児の母として、離乳食レシピはもちろん 妊活・マタニティ・授乳ママレシピの開発にも積極的に取り組み、女性のライフステージごとに関わる「食」の大切さを幅広く発信中。

著書「決定版!節約・冷凍レシピ」(宝島社)

 

女子栄養大学認定・食生活指導士1級

日本野菜ソムリエ協会認定・べジフルビューティーアドバイザー、調味料ジュニアマイスター

 

★ブログ:「旬食美人学~Let's enjoy meals & beauty !~」

http://ameblo.jp/ayablo-1220/

★HP:「旬食美人学」

http://syunsyokubijingaku.jimdo.com/

 

 

(編集・メニュー監修:河瀬璃菜/フードクリエイティブファクトリーhttp://foodcreativefactory.com/

                             
ページ上部へ戻る