読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

驚きの品揃え!池袋駅改札目の前にある「ランチパックの聖地」に圧倒されまくり

ヤマザキのランチパック、皆一度は食べたことがあるのではないでしょうか。コンビニでついつい買ってしまうことも多いですよね。ところで秋葉原・梅田・池袋にランチパックの専門店があるのは皆さんご存知でしょうか?しかも池袋店は店舗外のイートインスペースで食べることもでき、改札の外にあるので電車に乗らなくても立ち寄ることができるとか。しかも圧倒される品揃えだそうですよ。(池袋のグルメランチ

驚きの品揃え!池袋駅改札目の前にある「ランチパックの聖地」に圧倒されまくり

池袋 ランチ FCF グルメレポ レシピ

コンビニや売店、スーパーのパン売り場で見かけるランチパック。正方形の食パンに具がサンドされた独特の形状ですが、大人から子供まで幅広い世代に支持されているパンのシリーズです。

 

そんなランチパックですが、実はのものすごいバリエーションがあることをご存知でしたでしょうか。その数、実に60種類以上!全国販売されているのは約半分ですが、ご当地のランチパックには見たことのない種類がたくさんあります。

 

今回はそんな、貴重で珍しいランチパックが揃っているランチパック専門店のランチパックSHOP池袋店を取材しました。

なんとこちらイートインも可能!新たなランチパックの発見もできて、見ているだけでも楽しいとにかく興味深い場所なのです。

 

 

ランチパック専門店 ランチパックSHOP 池袋店って?

f:id:foodcreative:20150831205249j:plain

JR池袋駅の北口改札を出て目の前!

青く輝くこちらのお店が「ランチパックSHOP」です。その名の通り、多数のランチパックが販売されているお店。

 

定番商品はもちろん、ご当地限定のランチパックを多数取り揃えているため、普段はお目にかかれないような珍しいランチパックを楽しむことができます。

 

さらに、店頭では購入したランチパックをトーストしてくれるサービスも!ドリンクの販売と、スタンディングのイートインスペースもあるので、その場で焼きたてのランチパックがいただけます。ランチパックファンにとっては聖地と言えるでしょう。

 

 

ランチパック専門店 ランチパックSHOP 池袋店のここがすごい

1. 想像を超える!バラエティーに豊かなランチパックの種類。

店内を覗いてみると、本当に商品全てがランチパック!

f:id:foodcreative:20150831210356j:plain

 

見たことのないランチパックもたくさんあり、種類の多さに圧倒されます。

 

f:id:foodcreative:20150831205256j:plain

 

売れ筋商品にはラベルが!

人気商品が一目でわかるので、とても見やすいです。

 

f:id:foodcreative:20150831210542j:plain

 

その他、ランチパックに纏わる最新情報や、人気情報などがのPOPがいたるところに貼られていました。とにかく種類が多いので、何を買ったらいいか迷う。という時はこちらのPOPや黒板を参考にしましょう

 

f:id:foodcreative:20150831205300j:plain

 

f:id:foodcreative:20150831210711j:plain

 

 

2. イートインも可能!店頭でトーストしてくれ、コーヒーは一杯100円!

f:id:foodcreative:20150831205348j:plain

 

なんとこちらの池袋店では、購入したランチパックをその場でトーストしてくれるサービスがあるのです!

外で焼きたてのランチパックが味わえるなんて、嬉しい限りです。

 

 

ドリンクもコーヒーが100円〜150円とかなりリーズナブル。

 

f:id:foodcreative:20150831210801j:plain

カウンターのみで席数は多くないものの、サクッとパンとコーヒーをいただきたい時にはとても重宝しそう!朝食や軽食を摂りたいとき、気軽に立ち寄れる雰囲気でした。

  

 

3. ランチパックだけじゃない!ここでしか買えないレア商品も!

f:id:foodcreative:20150831205307j:plain

 

ランチパックを食べているとふと思うこと。それは「パンの耳はどこいったの!?」ということ。そんな疑問を解消できるのが、こちらの商品でした。

 

f:id:foodcreative:20150831205315j:plain

 

ランチパックを作る時にできるパンの耳を使ったラスク!名ずけて「ちょいパクラスク」です。こちらお土産として購入。

 

池袋店ではミニサイズの「ちょいパクラスク」が4種入った限定商品がありました。

お味は「フレンチトースト」「味わいミルク」「コンソメ」「さつまいも」と気になるものばかりです。

 

f:id:foodcreative:20150831205320j:plain

 

食べてみると、とってもサクサク!!一口サイズなのでパクパク食べれてしまいます。

お子様のおやつはもちろん、コンソメ味はお酒のおつまみにも良さそうです。

 

こちらの商品は池袋店と秋葉原店の限定販売だそう。しっかり箱に入っているので、手土産に最適です!

 

 

店長おすすめ!トーストしたら絶対美味しい!人気ランチパック3選

f:id:foodcreative:20150831205403j:plain

 

気になる商品ばかりのランチパック。目移りして何を買おうか迷う!そんなときは店員さんに聞いてみましょう!

というわけで今回はランチパックの達人である店長さんに、これは絶対トーストしたら美味しい!ランチパック厳選3つを紹介していただきました!

 

 

1. 不動の人気No.1商品!ピーナッツはトーストしたらさらに美味しい!

f:id:foodcreative:20150903151745j:plain

 

ランチパック誕生当初からの商品で今も売上No.1の商品といえば、こちらのピーナッツ味!

 

なめらかなピーナッツクリームに、ふんわりとした食パン。ファンが多いのも納得の商品です。

 

いつもはそのまま食べるピーナッツですが、店長のおすすめということで、トーストしてみることに。

 

f:id:foodcreative:20150831205359j:plain 

中のピーナッツクリームがトロっととろけて、外のパンはサクサク!パンとピーナッツクリームはこんなに相性が良いのですね。これは絶対一度トーストしてみるべき!!クリームは熱々なので、火傷には十分注意してくださいね。

いつもと違ったランチパック(ピーナッツ)の美味しさが楽しめます!

 

 

2. 牡蠣の旨味が決め手!牡蠣ソース入りカレー

f:id:foodcreative:20150903151916j:plain

 

中国地方限定のご当地ランチパックがこちら。広島産牡蠣のオイスターソース入りのカレーサンドです!

トーストすると、カレーのスパイシーな香りが食欲をそそります。

 

f:id:foodcreative:20150831210936j:plain

 

カリッとしたパンに、中は牡蠣の風味がしっかりと感じられる濃厚なカレー味!辛さは控えめなものの、旨味がしっかりあるので満足できる一品。カレーパン通の方にもおすすめです!

 

 

3. 2つの味が楽しめる!厚切りハムカツとたまご

f:id:foodcreative:20150903152842j:plain

 

1つで2つの味が楽しめるお得なランチパックがこちら。

 

 

ガツンと肉厚なハムカツとふんわりとしたたまごサラダ。トーストすることでどちらも風味が増して美味しさが倍増!

 

f:id:foodcreative:20150903154449j:plain

 

厚切りのハムカツは温めることでさらにジューシーに。たまごも更にふわふわです。これはハマる方が続出しそうなサンドですね。

 

 

 

トーストしなくても美味しかった!これは押さえておきたい珍ランチパック

f:id:foodcreative:20150901090146j:plain

 

普段めったに見られないご当地のランチパック。中でも気になる商品を入手し、色々食べ比べてみることにしました。その中でも特にこれは食べたほうがいい!というもの2選です。

 

1. マヨマヨネーズ

f:id:foodcreative:20150901090152j:plain

 

固形マヨとクリームマヨが融合された、特級のマヨネーズサンド!

 

f:id:foodcreative:20150903151221j:plain

 

こってりしているのかと思いきや、マヨネーズの酸味が効いててペロッといただけます。

 

固形マヨがチーズのような濃厚さで、マヨラー男性はもちろん、女性にも人気の商品です。

 

 

 

2. 沖縄産ちゅら恋紅芋あん&ホイップ   

f:id:foodcreative:20150901090312j:plain

 

ランチパックには珍しい黒糖のパンを使用したサンド!

 

中には紅芋あんとホイップクリームが詰まっています。

 

f:id:foodcreative:20150903151228j:plain

 

黒糖パンのコクと、紅芋の優しい甘み、ホイップクリームが絶妙にマッチして、最高に美味しいです。甘味系のランチパックを食べたいとき、ぜひおすすめしたいサンドです。

 

 

最後に!オリジナルランチパックを作ってみた。

f:id:foodcreative:20150901085218j:plain

 

バラエティー豊かな商品が多数あるランチパック。そんな中、自分でもランチパックが作れたら!ということでオリジナルランチパックを作ってみました。今回は余った餃子の中身を使ったのでトーストが必須です。

 

オリジナル餃子ランチパック

材料(2人分)

 

  • パン(8枚切り)・・4枚

 

<餃子の具>

  • 豚ひき肉・・・・・・70g
  • にら・・・・・・・・20g
  • ねぎ・・・・・・・・15g
  • しょうが・・・・・・小さじ1
  • (A)しょうゆ・・・・大さじ1/2 
  • (A)ごま油・・・・・大さじ1/2
  • (A)酒・・・・・・・小さじ1
  • (A)砂糖・・・・・・小さじ1/2
  • (A)こしょう・・・・少々 

 

作り方

 

  1. にら、ねぎはみじん切りにする。しょうがはすりおろす。食パンは耳を切り落とす。
  2. ボウルに豚ひき肉を入れ、ねばりがでるまでよく練る。(A)を加えてさらに練り、にら、ねぎ、しょうがを加えて全体をよく混ぜ合わせ、ラップをかけておく。 
  3. パンに 2. の1/2量をのせ、さらにもう1枚の食パンをのせてサンドする。パンの縁を水で湿らせ、手で押さえて閉じる。
  4. ホットサンドメーカーに、3. をのせ、蓋をして加熱する。

 

焼く前の状態がこちら。

パンの縁をしっかり閉じることで、あの独特のランチパックの見た目に近しい形状に。

 

f:id:foodcreative:20150901085218j:plain

  

焼いた後がこちら。

  

f:id:foodcreative:20150901085223j:plain

 

外はカリッと、中はジューシーな餃子味のサンド!

 

f:id:foodcreative:20150901085339j:plain

 

思った以上に美味しかったです。

餃子のタネが余ったらぜひ試していただきたい一品です。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。見たこともない珍しい、斬新なランチパックはどれも試してみたくなるものばかりでした。

 

新製品は頻繁に変わるので、最新情報はfacebookの「ヤマザキランチパック」や、ランチパックスペシャルサイトでチェックするとグッドです!日々進化するランチパックに今後も興味深々です。

 

 

r.gnavi.co.jp

 

 

www.facebook.com

 

 

 

www.yamazakipan.co.jp

 
 
 
 

 

書いた人

料理研究家・栄養士 梅原けい

 

f:id:foodcreative:20150831202454j:plain

栄養士免許を取得後、食品商社に就職。OL勤務の傍ら、フードコーディネーターのスクールに通う。同校卒業後、多数の料理イベント出演、ケータリングなどで経験を積む。現在は企業や飲食店へのレシピ・メニュー開発、料理番組の出演、料理教室の開催、セミナー講師などで活動する。

 

(編集:フードクリエイティブファクトリー  http://foodcreativefactory.com

                             
ページ上部へ戻る